映画 THE A-TEAM

USAで、現在公開中の映画 "THE A-TEAM"
邦題 ”特攻野郎Aチーム THE MOVIE” 日本公開は、8月。

1980年代に、USA、日本で大人気だったTVドラマ(シーズン1~5)、
”特攻野郎Aチーム”の映画版。

確か日本でも、昔よく再放送されていて、なんとなく覚えているけど
ちゃんと観た記憶がないんですよね、私。
印象に残っていることと言えば、TV版B.A.役のMR.Tのモヒカン刈りかな~。

でも映画はTVドラマを観ていなかった人も楽しめるようになっているから大丈夫です。

ストーリーはそれほど複雑ではありません。
米軍特殊部隊Aチームの4人が無実の罪で、4人別々の刑務所に送られ
それぞれ脱獄して、自分たちをおとしいれたのは、一体誰なのか?
名誉を挽回するため真実を追う!

ジョン”ハンニバル”スミス大佐役には、リーアム・ニーソン。
彼って、役柄の幅が広いですよね。
歴史・文芸映画から、ラブ・ロマンス、アクションまで、なんでもこなしてしまう。
最近の彼のアクション映画というと、
USAでは2008年に公開された、″TAKEN”(96時間)を思い出します。
フランス、パリで、ティーンエイジャーの娘を誘拐され必死になって娘を捜す父親役。
生意気な娘も、あんなカッコイイ、パパに助けられたら素直になるよ~。
″TAKEN”(96時間)でも、ステキだったリーアム・ニーソン、
今回も”ハンニバル”役がバッチリ決まっていました。

フェイス役には、映画″THE HANGOVER”で一躍大人気となった、
ブラッドリー・クーパー。
女性に優しく、すぐ口説き落とすハンサムなフェイス役は彼にピッタリ。
撮影中は、より鍛えた身体を見せる(魅せる?)ため
専属トレーナーをつけて、エクササイズはもちろん、
毎日たった2000カロリーの食事に押さえていたので大変だった!
…とインタヴューで言っていました。
それだけに、すばらしい肉体を見せてくれますよ~!
元彼女、キャプテン・ソーサ(ジェシカ・ビール)との絡みも見逃せません。

そして謎のCIA捜査官リンチ役のパトリック・ウィルソンも良い味だしていました。

映画はメキシコ、USA、ヨーロッパなどシーンが変わるけど
全て、カナダ、ヴァンクーヴァー近郊で撮影されたそうです。


さて観終わった感想は…


それなりに、アクションは迫力あったし、
4人のキャラがそれぞれ違って楽しめたけど
もう少し話にヒネリがあってもよかったかな~。


私の採点 ★★★☆☆(3つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by schatz1995 | 2010-06-26 08:13 | 2010年全米公開映画 | Comments(2)
Commented by shirakian at 2010-08-30 21:45
Aチーム観ました♪ 楽しい映画でしたよね。
ブラッドリー・クーパー、ほんとにはまり役でした(笑)。
Commented by schatz1995 at 2010-09-01 16:10
shirakianさん:
フェイス役は彼以外に誰ができるんだ?! 誰もいないぞ~!ってくらいブラッドリーのための役でしたね。
カッコいいわ~♪