ドラマ KITCHEN CONFIDENTIAL


とってもシビアなUSAのTVドラマ・コメディ業界。
ちょっとでも視聴率が低かったりすると
容赦なく、ズバッとストーリー完結を待たずに放映カット!
運が良ければ未放映分の続きは、DVDで観れるけど…。
批評家の評価も高くて、内容が良くても、放映された曜日や時間が悪く
人気が今ひとつで、キャンセルされる番組も沢山。

中でも個人的に放映時(2005年)、過小評価されたと思うコメディが…コチラ

KITCHEN CONFIDENTIAL (キッチン・コンフィデンシャル)

d0175590_1032451.jpg


実在の人気シェフである、アンソニー・ボーディンのベスト・セラー
″KITCHEN CONFIDENTIAL”をもとに
"SEX AND THE CITY"の製作総指揮であるダーレン・スターが手掛けたコメディ。
主人公の総料理長ジャック・ボーディンは、実在のアンソニーがモデル。

"SEX AND THE CITY"の4人の女性たちが本当に食事していそうな
NYのオシャレなレストランが舞台。
キッチン・スタッフ、フロア・スタッフ、そしてレストランを訪れる客が中心の
ウィットにとんだコメディ。
30分のシットコムでありながら、キッチンの設備は本格的で
毎回美味しそうな料理をタップリ観れます。

d0175590_10502481.jpg


主な登場人物は…

左から
タニヤを好きなのに、なかなかハッキリ告白できないパティシエ、セス(ニコラス・ブレンドン)
ふんわりおっとり系の接客フロント係、タニヤ(ジェイミー・キング)
ジャックの悪友、ワルイことは何でもする副料理長スティーヴン(オーウェン・イオマン)
料理の腕は素晴らしいが、プレイボーイの総料理長ジャック(ブラッドリー・クーパー)
4人の先輩シェフにいつもからかわれイジメられる
新人シェフのジム(ジョン・フランシス・デイリー)
オーナーの娘で強気な性格のフロア・スタッフ、ミミ(ボニー・サマーヴィル)
セスといつも冗談半分ケンカばかりしているシーフード・シェフのテディ(ジョン・チョー)

キッチン・スタッフが皆、”女性好き”な設定。
特にジャックは、ほとんど毎回違う女性とのラブ・シーンあり!

ブラッドリー・クーパーの得意分野であるラブ・コメディを思いっ切り味わえます。

ライバル・レストランとの抗争?とか、
キッチン・スタッフの厳しい先輩・後輩シェフの上下関係とかのジョークは
”ホント、ありそうだな~”と思わされ、
そんなおもしろいシーンが沢山あるのに、残念ながらシーズン1途中で終了。

その後、きちんとシリーズ1を完結させたDVD(エピソード13)が発売され、
ジワジワと人気が出て、
ブラッドリー・クーパーが映画で成功したことも重なって
なんでTV放映時に人気が出なかったのか?!
”キッチン・コンフィデンシャル”は過小評価の秀作コメディ…と語り次がれています。
チョット大げさかな…(笑)

d0175590_11261026.jpg


このコメディの数年後、ブラッドリーは映画俳優として人気が出て、
オーウェン・イオマンは人気ドラマ"THE MENTALIST"(メンタリストの捜査ファイル)
のウェイン役でレギュラー獲得。
ニコラス・ブレンドンは時々”クリミナル・マインド”でペネロピの彼ケヴィン役で出演。
(ケヴィン、もっと頻繁に出演して欲しいな~。)
ジョン・チョーも映画やドラマで活躍しているので
このコメディがシリーズ化されていたら彼らの現在は、どうなっていたのかな…
と、ふと思ってしまいます。




長髪の方が好きだけど、シェフらしい短髪のブラッドリー・クーパーも捨て難い?!

よかったらクリックしてくださいね。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
by schatz1995 | 2010-07-23 12:05 | USA TVコメディ | Comments(0)