最新傑作映画 THE KING'S SPEECH

毎年11月下旬になると、数々の映画賞のノミネートが発表されますが
どの映画賞にも作品賞主演男優賞(コリン・ファース)
助演男優賞(ジェフリー・ラッシュ)助演女優賞(ヘレナ・ボナム・カーター)
のカテゴリーで続々とノミネートされ、大絶賛の映画

THE KING'S SPEECH

英国王のスピーチ

観ました!

現在の英国女王エリザベス2世の父親であるジョージ6世が主人公の実話。

ストーリーは…(予告編で観れる程度のネタバレあり)

d0175590_11555577.jpg


時は1935~1936年。

子供の頃から吃音症であることから、内気なアルバート王子(コリン・ファース)は、
妻エリザベス(ヘレナ・ボナム・カーター)、
幼い娘2人、長女エリザベス(母と同名、現・英国女王エリザベス2世)、
次女マーガレットと仲睦まじく、愛情あふれた生活を送っている。
公の場でのスピーチは特に彼を悩ませ、
40代になる現在まで、いろいろな医者に診てもらっているが、
吃音を克服できていない。

ある時、妻エリザベスが探してきた、
言語療法士<スピーチ・セラピスト>(ジェフリー・ラッシュ)の
カウンセリングを受けることにしたアルバート王子。
かなりユニークなセラピー療法を行う、この破天荒なセラピストに戸惑う王子。
セラピーでは階級は存在しないとする、このセラピストは
お互いに自分のファーストネームの”ライオネル”
アルバート王子のニックネームである”バーティー”と呼び合うことを提案する。
最初は、あまり乗り気ではなかった王子も、徐々にヤル気を出していく。

そんな時、王子の父親であるジョージ5世(マイケル・ガンボン)が崩御。
次の王位は兄であるエドワード王子(ガイ・ピアース)ヘ。
<ちなみに映画では幼少からの名から、ディヴィットと呼ばれている>
消極的なアルバートと違い、
エドワードは社交性にあふれ奔放な外交的な性格で、
”王位を賭けた恋”のエピソードで有名な
アメリカ人のウォリス・シンプソン夫人(過去に離婚歴があり、
エドワードと恋愛中も既に別の男性と結婚していた人妻だった。)と恋に落ち、
彼女を離婚させ自分の妻にしようとしたが、英国国教会及び周囲に大反対され
英国王エドワード8世としての王位を1年も満たないうちに放棄し
ウォリスとの愛を貫く。

兄である国王エドワード8世が退位したことにより
弟であるアルバートが英国王ジョージ6世として即位することに…。
国王となればスピーチの場面も更に増え、
緊張、葛藤で悩み続けるジョージ6世。

当時、英国はドイツとの戦争勃発、第二次世界大戦開戦の時期。
ラジオ放送の中継により、”自分の生の声”で、
国民に開戦のスピーチをしなければならないジョージ6世。

彼のスピーチは国民に胸に届くのか…?!


まず!
アルバート王子(ジョージ6世)役のコリン・ファースが素晴らしい!
コリン・ファースは今年2月の英国アカデミー主演男優賞(シングル・マン)
を受賞したけど、コレで2年連続受賞は間違いナシですね。
優しい夫、優しい父親であるが吃音症のため引っ込み思案な王子が
国王となり堂々と自信を持っていく姿が良く表現されています。

そして、スピーチ・セラピスト役のジェフリー・ラッシュが、これまた素晴らしい!
印象が強い、クセのある役柄が多い彼だけど今回も魅せてくれます!

妻エリザベス役のヘレナ・ボナム・カーターも
夫に献身的であると同時に、頼りになる強い妻を見事に演じています。


ところで、アルバート王子(ジョージ6世)役は、
最初ヒュー・グラントにオファーが来て、彼が蹴ったから、
コリン・ファースになったようだけど
かなり高い評価を受けているこの映画をパスしたことに対して
ヒュー・グラントは、かなり後悔しているそうで…。
ヒュー・グラントもコリン・ファースも大好きな私ですが
ヒュー・グラントが国王を演じていたら、映画はどうなっていたのかな~。
でもコリン・ファースだったから、ここまでの傑作になったのではないかな~。
…いろいろ考えてしまいます。


日本では来年2月公開予定の 映画”英国王のスピーチ”

イチ押し、自信を持ってオススメです!




私の採点   ★★★★★(満点5つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by schatz1995 | 2010-12-27 13:53 | 2010年全米公開映画 | Comments(2)
Commented by shirakian at 2011-03-10 20:48
Schatzさま
 こんにちは☆
 ほんとにステキな映画でしたよね!
 英国王室に対する親近感がぐっと増してしまいましたよ(笑)。
Commented by schatz1995 at 2011-03-11 06:25
shirakianさん:
英国王室は良くも悪くも世界で一番注目される王室・皇室ですよね。 あまりにも関連するドラマや映画が多いので、時々フィクションorノンフィクションか判らなくなってしまいますが(笑)、この映画で、ジョージ6世が、妻エリザベス、娘エリザベス&マーガレットに注ぐ深い愛情に心を打たれました。