最新映画 MIDNIGHT IN PARIS

監督・脚本 ウッディ・アレン

主演 オーウェン・ウィルソン

MIDNIGHT IN PARIS

(原題: ミッドナイト・イン・パリ)

フランス・パリを舞台に、現代と1920年代を時間旅行するロマンチック・コメディ映画。

以下、予告編で観れる程度のネタバレあり。

d0175590_5473812.jpg


脚本家のギル(オーウェン・ウィルソン)は、小説を出版しようと試みているが
今ひとつ上手くいかない。
婚約者のイネス(レイチェル・マクアダムス)と、裕福な彼女の両親と一緒に
USAからフランス・パリを訪れ旅行中。

パリ観光中もレストランでの食事の時も
ギルとイネスの仲は、どこかギクシャクしてケンカばかり。
ある夜、2人は別行動し、出先からホテルヘ帰る途中、
ギルは道に迷い、石畳の階段に座り途方にくれる。
ボ~ン、ボ~ンと真夜中24:00を知らせる教会の鐘。
そんな彼の前に時代錯誤な馬車が現れ、
馬車の中から顔を出した人に”乗りなよ!”と勧められるまま、ギルは同乗する。
…すると!1920年代の芸術の都パリヘ、タイム・スリップ。

華やかなパーティーに忍び込むギル。
そんな彼の前に実在の偉大な作家たち
アーネスト・ヘミングウェイ(コリー・ストール)、
F・スコット・フィッツジェラルド(トム・ヒドルストン)、
ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ
これまた実在した画家パブロ・ピカソ、
サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)などが現れて、彼に話しかけて来る。
そして魅力的な女性エイドリアナ(マリオン・コティヤール)に出逢い、
すっかり1920年代に魅了されたギルは
毎晩24:00になると迎えに来る馬車に乗り、古き良き時代ヘ…。

d0175590_6271243.jpg


ちなみに右の二人、レイチェル・マクアダムス&マイケル・シーン
この映画がキッカケで、恋愛関係に発展。 ただいまプライヴェートで交際中。


ウッディ・アレンの映画だから、とにかく皆オシャベリです(笑)。
特に実在した作家や画家たちが、ホントに言いそうなセリフを
おもしろ可笑しく表現しています。
観客もギルと一緒に時間旅行して、当時の雰囲気をタップリ堪能できます。

オーウェン・ウィルソン&レイチェル・マクアダムス
映画 WEDDING CRASHERS でも恋人役で共演していて
あの時の彼女は、強きな性格でもカワイイ役だったのに
今回は、”こんな嫌なオンナは見たことない!”ってくらい(苦笑)
ぜいたくでワガママな婚約者役を演じています。
オーウェンは、お得意の”のらりくらり・つかみどころのない”役を好演。

フランス・サルコジ大統領の妻で、モデルのカーラ・ブルーニ
ミュージアム・ガイドとして出演しています。




私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by schatz1995 | 2011-06-09 07:01 | 2011年全米公開映画 | Comments(2)
Commented by obenben at 2011-06-09 19:48 x
こんにちは。

私、ブログを始めて約2か月。どういう訳か多忙になり、大好きな海外ドラマもBDのHDDにどんどんたまる一方で、なかなか視聴できないでいます。(悲しい。)

ちょっと疲れ気味のところへ「ロマンチック・コメディ」。
いいですね。なんか肩の力が抜けていきます。
もし、日本で今夏上映なら、「MIDNIGHT IN PARIS」、ぜひ見たいと思います。(邦題は何かな。ちょっぴりそれも楽しみ。)
Commented by schatz1995 at 2011-06-10 10:53
obenbenさん:
こんにちは!
あら~海外ドラマを視聴する時間がないとは残念ですね…。
コチラは5月で、ネットワーク局のドラマ&コメディがシリーズ終了し(新シリーズは9月開始)、7月あたりから今度は、ケーブル局でドラマ&コメディの新シリーズが結構始まるので、今月は少し私もTVを観ることを休んでいます(笑)。
この映画を観ると、1920年代のヨーロッパを訪れたいな~という気分になります。 女性の服装もアクセサリーもオシャレなんですよ、とっても。