ラリーのミッドライフ★クライシス シーズン8開始

USA ケーブルTV HBOで放映されている大人のためのコメディ

CURB YOUR ENTHUSIASM

ラリーのミッドライフ★クライシス

シーズン8開始です!

d0175590_10553774.jpg


8シーズンめを迎える、このコメディ。
ストーリーは至ってカンタン!

プロデューサー、脚本家、俳優、コメディアンで有名な主人公ラリー・デイヴィット
(ラリー・デイヴィット本人そのまま)の日常を描いたコメディ。
このコメディ自体も全て彼が仕切っています。

舞台は、ロスアンジェルスと言うより、
高級住宅街のビバリー・ヒルズ、ベル・エアー近辺に暮らす
エンターテインメント業界のリッチな人々を中心に
一般的に、タブーとされている宗教&人種問題、数々の世の中の問題を始め、
Hな話題も含め、放送禁止用語バンバン用いて描いています。

今回シーズン8は、ニューヨークも舞台になるそうだけど…。

このラリー・デイヴィットが、かなりの曲者、嫌味な50代のオヤジで、
ステレオ・タイプの敬遠される嫌味な典型的ユダヤ系アメリカ人を
ラリー自ら演じています。
”こんなヤツが夫はもちろん、
親戚、友人、知人、隣人、上司、同僚だったら、絶対に嫌だ!”
と、敬遠したいほど、ラリーは超個性的な人物なのです(苦笑)。

ラリーは誰もが遠慮して言わないコトでも、スバリ口にして、
自分が正しいと思ったことは、間違っていても、あくまでも突き通し、
一言も二言も余計、ああ言えばこう言う口達者、
そんな彼だから、たまに良いことをしても上手くいかず、カラ回り。
そんな彼のすること、なすことが面白いコメディ。

d0175590_11195643.jpg


もともとラリー・デイヴィットは、
シーズン9まで続いた(1989~1998年)
超大人気コメディ"SEINFELD"(となりのサインフェルド)
プロデューサー、脚本家として有名です。

そして”ラリーのミッドライフ★クライシス” シーズン7では、
この”となりのサインフェルド”のメンバーがリユニオンされるエピソードがいっぱい。


実は、このコメディ、どこまでがホントか?どこまでがフィクションか?

分からないところも面白さのヒトツです。

ほとんどの俳優、有名人が本名で登場し、
”役”を演じている人も、ファースト・ネームは同じまま。
例えばラリーの妻、シェリル・ディヴィット女優シェリル・ハインズが演じ、
ラリーのマネージャー、ジェフ・グリーン俳優ジェフ・ガーリンが演じ、
ジェフの恐妻スージーは、スージー・エスマンが演じていて、
皆ファースト・ネームはそのまま、でも実生活は夫婦ではないんですよね。

d0175590_1135549.jpg


例えば俳優テッド・ダンソン&女優メアリー・スティーンバーゲン
実生活でも夫婦で、このコメディでも、実名のまま夫婦として何回も登場。

このコメディは台本は、あって無いもので
シュチュエーションや場所は決定していても、セリフは、ほとんどアドリブだそうです。


でもひとつ納得いかない!のが、この”ラリーのミッドライフ★クライシス”と言う邦題。
だって、”ミッドライフ・クライシス”って、
真面目だった人が人生折り返し地点に来て、(40代後半から50代にかけて)
例えば、男女関わらず、いきなりモーター・バイクに興味を持ったり、
高額なショッピングしたり投資したり、女(男)遊びしたり、無謀なコトをしたり、
変な行動を起こしたり…することだけど
このラリー・デイヴィットの性格は、ずっと若い頃から変わらず変人で(笑)、
別に”中年の危機”になってから始まったことではないからね~。


CURB YOUR ENTHUSIASM を直訳すれば、 キミの熱情を抑制して…
このコメディで言えば、
”ラリー、そんなに興奮しないでよ、まぁまぁ抑えて、抑えて!”って感じかな~。


シーズン8は、ラリーとシェリルがホントに離婚するか、どうかも注目。


とにかく面白いので、ず~っと続いて欲しいコメディです!





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
by schatz1995 | 2011-07-17 12:20 | USA TVコメディ | Comments(2)
Commented by おれんじ at 2011-07-17 13:30 x
ラリーのミッドライフクライシス、3年前ぐらいに見たことがあるけど
・・・・あの時の僕にはこのドラマの面白さが分からなかったなーwww

今見たらどんなんでしょね?w

テッド・ダンソンといえばCSI:12に出演するみたいですね!
Commented by schatz1995 at 2011-07-17 23:56
おれんじさん:
このコメディに通じるユダヤ系アメリカ人のブラック・ジョークは、
実際にUSAに暮らしてみて、彼らの性格・特徴を把握してから初めて、
そのジョークに対して笑える…って感じでしょうか?!
日本人には少し受けにくいかな…。
おれんじさんも、またしばらくして機会あったら観たら、印象変わるかも!
CSIの新主役はテッド・ダンソンと聞いたときは、
”そう来たか〜! 堅実な選択だな…。”と思いました。
俳優としては実績ある彼だけど、人気ドラマの中心人物の顔として、
新鮮さが無いと言うか、今更、彼?と言う感じもしないではないけど。
私は、コメディや悪役を演じているテッドのほうが好感持てるので、
逆に”逮捕する”側に立ったらどうなんだろう?と言う感じです。
これで視聴率巻き返しなるか、CSI?!