クリミナル・マインド シーズン7開始!


クリミナル・マインド シーズン7 

いよいよ開始!

エピソード1 IT TAKES A VILLAGE


アメリカ国防総省(ペンタゴン)に防衛関係の連絡・交渉の仕事に就いていたJJ
そして”死亡”とされていたエミリーもBAUに復帰♪ 

シーズン6 エピ2 JJ最後のエピソードについては、コチラ→
シーズン6 エピ17&18 エミリー最後のエピソードについては、コチラ→

d0175590_13545975.jpg


やっぱり、このメンバーだよね!

番組冒頭のシーズン7 タイトル・ロールも新しくなりましたよ~。


さてストーリーは…
以下、超ネタバレ、且つ、とてもとても長~いです!

d0175590_135751100.jpg


上院議会の査問委員会に呼ばれて順番に質疑を受けているBAUメンバーたち。

停職になるのか? 解雇か?

ストーリーは、査問委員会の質疑、問題となった”2週間前の出来事”について
行ったり来たりするけど、
ここでは、査問委員会での発言と、その”出来事”について、まとめて書きます。

さて、JJ(A・J・クック)がBAUに復職して、既に3ヶ月半。
以前MEDIA LIAISON だった彼女も、現在SUPERVISORY SPECIAL AGENTに昇進。
(つまりモーガン、以前のエミリーと同位置)

エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)が亡くなってから早7ヶ月。

デレク・モーガン(シェマー・ムーア)は、
エミリーを殺した(とされる)国際指名テロリストのイアン・ドイルの行方を密かに追っていた。
このことを知っているのは、ペネロピ・ガルシア(カーステン・ヴァングスネス)だけで、JJにも内緒。

イアン・ドイルの足跡が、なかなか掴めなかった数ヶ月、
イアンが長年死んだとされていた息子デクランを捜しているに違いないと
思ったモーガンは、捜す矛先をデクランに変える。
そして息子デクランが、ヴァージニア州の全寮制学校に通っていることを突き止める。
そして、インターポール(国際刑事警察機構)、ユーロポール、CIAなど
誰も所在を見つけることが出来なかったドイルをついに発見。 
彼は長年会っていない息子に近付こうとしていた。

そしてモーガンは、アーロン”ホッチ”ホッチナー(トーマス・ギブソン)に連絡する。
シーズン6フィナーレで言われていたように、規模を”縮小された”BAU。
なんと、顔中ヒゲ面”ワイルド”ホッチは、パキスタンの砂漠にて
US.ミリタリーと共に臨時で特別任務を遂行していたのだった!

モーガンから、”デクランを見つけることがドイルを見つける唯一の方法だと思った。
デクランを見つけた。”との連絡を受けたホッチ。
ドイル捜しはFBI公認ではなく、モーガン単独行動と黙認してきたホッチだが
”息子まで巻き込むことにはOKを出していないぞ!“と怒るホッチ。
モーガン ”ドイルもデクランを見つけたかも?! ”
ホッチ ”分かった、私もUSAヘ帰国する。”
モーガン ”(ホッチの帰国を)待って行動したほうがいいか?”
ホッチ ”ワナかも知れない。 自分が到着する前にドイルを見つけたら、彼を撃て!”

息子デクランの家では、護衛のFBIエージェント2人、養母代わりの乳母が殺されていて、
デクランは行方不明。
ドイルの隠れ家の屋上で、ドイルを追い詰め逮捕したモーガン。
しかし今度は、ドイルが誘拐したと思っていた息子デクランは
ドイルと再会する前に何者かがデクランを誘拐!と判明。

そして、ヒゲ面ホッチ、ワシントンDCのFBI本部に戻って来る。

誰が息子を誘拐したのか、ドイルも困惑している様子。

d0175590_143364.jpg


事実を話すのは今だ!
と、ホッチは、JJに連絡して、BAUメンバーをミーティング・ルームに集める。

エミリーが死んだとされていた、この7ヶ月間、
エミリーが幾つかの別名、偽名を使用し、
フランス・パリで現在も内密にFBI活動していることをBAUの中で知っているのは、
ホッチとJJだけ。

その件をホッチから説明を受け、信じられないといった表情で話を聞く、
モーガン、ガルシア、スペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)
そして、デイヴィット・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)

ガルシア ”彼女、生きているの?”
リード ”でも埋葬したのに…。”
”何か言いたいことがあるなら私に直接言ってくれ。
全ての責任は、この自分にある。“ と神妙なホッチ。
”何か言いたいことがあるかだって?! あるさ! 言いたいこと!”
と、怒り心頭のモーガン。

そこに、死亡したはずのエミリー登場!

リードとガルシアに抱き付くエミリー。
”本当に本当に(ウソをついて)ごめんなさい。”と、モーガンに抱き付くエミリー。
あまりの突然の予期せぬ出来事に当惑を隠し切れないモーガン、リード、ガルシア、ロッシ。
特にモーガンは泣きそうな、なんとも言えない複雑な表情を浮かべている。

尋問室にて、自分を殺したはずのエミリーを眼の前にして、
”当然(やはり不死身だな)!”と苦笑するドイル。

さて調査の結果、長年、乳母に育てられていたデクランを誘拐したのは、
デクランの生母であり実母クロエだと判明。
このクロエと言う女性も一筋縄では行かない凶悪犯。
デクラン妊娠の際に中絶しようとして、ドイルに発見され、
デクラン誕生までの7ヶ月間、ベッドに繋がれたまま監禁生活を余儀なくされ、
誕生後、手切れ金を渡されても、ドイルを恨んでいるクロエにとって、
長年会っていない血を分けた息子の存在は、どうでもよく、
ドイルへの復讐のために息子を誘拐。
リードは、クロエと、ドイルの敵である協力犯ラクランが本当に“欲しい”のはドイルだから、
息子デクランとドイルの人質交換をすべきだと示唆。
ホッチは、交換ではなく全員拘束すると宣言。

d0175590_14343925.jpg


デクランを連れたまま、プライヴェート・ジェット機で
国外逃亡を図るクロエと協力犯ラクランの前にBAUメンバーたち。

人質交換の際に、激しい攻防となり、クロエに撃たれ重体のドイルに
小さい頃に生き別れ、凶悪犯ではあるが自分を溺愛してくれた父、
”覚えているよ…。”と父ドイルの手を握る息子デクラン。
”悪かったな、息子よ。”と遂に息を引き取るドイル。
息子デクランは助かるが、クロエもラクランもBAUメンバーに撃たれ死亡。

d0175590_1439331.jpg


犯人と交渉するワイルド”ヒゲ面”ホッチ

これで、エミリーの敵、イアン・ドイル事件は終幕を迎えたが…
 

FBI本部の壁に飾られている殉職者の写真の中から
エミリーの写真を取り外そうとしているロッシ。
エミリー含め、それを見つめるメンバーたちだが、モーガンだけカヤの外。
“(事実を隠されて)怒っているのは分かっている。 
しかしプレンティスを(ドイルから守り)助けるためだったんだ…。”
と、モーガンに説明するホッチ。

そこへ上司エリン・ストラウス(ジェーン・アトキンソン)登場。

d0175590_1441596.jpg


上院議会の査問委員会に呼ばれて審議を受けたBAUメンバーたちは停職それとも解雇?

☆ 個人的な恨み及び復讐(エミリー殺害)で、
  国際指名テロリスト(イアン・ドイル)をFBIで拘束のもと、
  HOMELAND SECURITY(国土安全保障省)に連絡せずに、
  政府の資金で勝手に行動し、2人のFBIエージェントを含め6人も死亡させた

☆ 罪のない子供(デクラン)を危険な眼に合わせた

☆ 多大なる政府の資金を、FBIエージェントだったエミリー・プレンティスの
  手術代&葬式に使用(しかしプレンティスは偽装死で生きていると言う事実)

☆ 犯人逮捕の際、地元警察に連絡せず、BAUのみで勝手に行動。

☆ USA政府は人質交換しない規定だが、勝手に人質交換しようとした。
  (リードは例のごとく、“いや、過去に人質交換の例がある…と、
  ベラベラ話始めるが上院議員に静止される。)

d0175590_14475564.jpg


査問委員会には、ヒゲを剃って、スッキリ顔で出廷したホッチ


そして結果は…

上院査問委員会のBAUメンバーに対する審査結果は、
誰も解雇、停職にならず、一切“お咎め無し”。

しかしこれからBAUに対する政府の監視の眼はキツくなるから、
“ハメを外さず、ルールに従って行動するように。”と皆に言い聞かせるストラウス。


ストラウスは、エミリーに、
”あなたとBAUチームが、再び一緒に働けるならラッキーだわ。 
もしあなたに”その気“があるなら…だけど。”と、復職を匂わす発言。
ちょっと戸惑った様子で、“考えさせて下さい。”とエミリー。
その5秒後、“私、BAUに戻るわ!”とニッコリ笑うエミリー。
BAUメンバー皆、笑顔。

“(全くお咎め無しなんて)上院査問委員会で何を言ったんだ?”
と、エミリーに聞くモーガン。

エピソード1最後のシーンは、
エミリー以外のBAUメンバーが上院査問委員会を退室するなか、
エミリーは、どれだけBAUメンバーが清廉潔白で、
素晴らしいFBIエージェントか議員に語り、
FBIエージェントになる際の宣誓文を復唱し、
メンバーは皆、宣誓した時の気持ちを持ち続け、
日々誇りをもってFBI任務を遂行していると語るシーンで終了。



さて、まず熊みたいな頬ひげ顎ひげ口ひげと顔全体ヒゲ面ホッチです!
(上記写真より、パキスタン在住時は、さらにヒゲぼうぼうの彼です。)
ワイルド・ホッチもなかなかイイかも♪
ハンサムは何したって似合うんだよ~って(笑)!
でもロッシとの会話で分かったことは、
“毎日、息子ジャックとスカイプしていたけど、ジャックはヒゲ面のファンではないんだよね(笑)。”
やっぱりキリッ!とヒゲを剃ったホッチがイイよね~ジャックも分かっているわ♪


そして、シーズン6で新メンバーとなった、
アシュレイ・シーヴァー(レイチェル・ニコルズ)の行方は…
JJとエミリーとの会話の中で
アンディ・スワンのチームに移動になった。”と判明。
アンディ・スワンとは、人身売買事件を専門とするFBIチームのリーダーの女性で
(シーズン6最後のエピ24)で登場。
トーマス・ギブソンもインタヴューで語っているけど、
シーヴァーのエピソードは未完(父親はシリアル・キラーの終身刑犯)なので、
彼女には、今後ゲストで再び登場して欲しいな~。


さてシリーズ7の要は、“死んだはずの”エミリー・プレンティスの復帰。

ホッチ&JJだけが知っていた、隠していた事実を他のメンバーが、
すんなり納得したハズもなく
(最後のシーンで、エミリー復帰を皆、笑顔で迎えていたが…)
これからどんな展開になるのか?!

ガルシア
は、素直にエミリー復帰を喜び、
エミリーの猫セルジオの世話もしているのよ!なんて笑顔で話していたから、
大丈夫かな…多分。

ロッシは大人だからかな~感情的になるシーンはなく、
一応すんなりとエミリー復帰を見つめていたような感じだけど、
今まで、ロッシ&ホッチの大人の関係で、
彼ら2人にしか知り得なかった出来事も数々あるが、
今回は自分にも“その事実”を隠され、
“みずくさいな…ホッチ。”と、彼は思わなかったのか?!

リードは喜んでいながらも複雑な様子。
査問委員会の廊下で、ストラウスに
”(いろいろあったけど)少なくてもプレンティスが戻って来たのは良いことでしょう。”
と言われ、
”ホントにそうかな…?”と疑う発言のリード。
姉のように慕っていたエミリーに裏切られたショック…これは、まだまだ問題アリですね~。

そして一番複雑なのが、モーガン
だって、エミリーはモーガンの腕の中で気を失い、病院に搬送され、そのまま死亡。
モーガンは、“なんでもっと早くエミリーを助けられなかったか!”と自分を責め続けて、
身を粉にして、エミリーを殺したイアン・ドイルを捜索していたのに、
信頼していた上司ホッチ、同僚JJに事実を隠され、ウソをつかれ、裏切られた…
と言うショックはかなり大きいはず。
死んだはずのエミリーが眼の前に登場したシーンの
モーガンの何とも言えない、うれしいけど悲しい複雑な表情は、
私の眼に焼きついて離れません…。

単なる上司、同僚ではなく、絆の深い“ファミリー”だったBAUメンバーたちに
今回のことで、“大きなヒビ”が入ったことは事実。




これからどうなるのか?! 
やっぱりクリミナル・マインド最高 
シーズン7 眼が離せない!楽しみです!





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2011-09-23 15:17 | クリミナル・マインド | Comments(17)
Commented by おれんじ at 2011-09-23 17:37 x
超真剣に読ませていただきましたwww
CBS公式サイトでホッチの髭面姿の写真が最近UPされていて
ここはどこなんだと思っていたらまさかのパキスタン!!!
髭も悪くないですね! てか、最近髭にあこがれてるので羨ましいwww

もしかして、新たなスピンオフでシーヴァーの話を作っちゃったりなんて事は? 

JJは昇格なんて・・・season2か3でホッチに昇格を誘われてたのは覚えてるけど・・・昇格とは素晴らしい!!!

モーガンもリードの気持ちもよく分かるな・・・
まさかのseason3以来のBAU解散危機なんて事は避けて(ノД`)・゜・。

日本では来年の2月ぐらいに放送なんだろうな・・

criminalminds7に目が離せません!
Commented by at 2011-09-23 21:08 x
シーズン7 いよいよ始まりましたね(^^♪ とても詳しいネタバレありがとうございます。動画サイトで見た時の「?」が一気に氷解しました。メンバー間の関係がどう修復されていくのか興味津々です。上院議会の諮問にも堂々の答えてるなどメンバーが一回り成長したように感じました。最後に犯人をリードが射殺したのに 少しビックリ!いつもなら この役回りモーガンのような気したので・・・もっとも 今回 射殺したらお咎めくっちゃいますものね。
次回も楽しみです。これからもよろしくお願いします 
Commented by Laura at 2011-09-24 01:49 x
こんにちは!
待ちに待ったS7が始まりましたね♪
放送直前に「ハーパーボーイズ」シーズンプレミアに登場した「ダマグレ」のグレッグ=トーマスを見てしまったので、ワイルドホッチにちょっと違和感が(笑)
今後のBAUメンバーがどのようになるか、目が離せませんね。
アシュレイ役レイチェルもクリマイに出演したい発言をインタビューでしていたそうなので、父親絡みのエピソードでゲスト出演して欲しいですね。
毎週の放送がより楽しみなS7です~^^v
Commented by Shira at 2011-09-24 10:23 x
う~ん、やはり1話でケリつけちゃいましたね。できればもう少し深く長く2~3話とかを希望していたんですが、1話ずつのエピが基本の番組では難しいんでしょうか。一段落ついたのはほっとしましたけど。
それと聞き逃してしまったのか出てこなかったのか、sabbaticalに入っていたのはリードとロッシのどちらだったのか・・・ちょっと気になりましたw
Commented by ナタネ at 2011-09-24 15:41 x
ギャー!キャー!!待ってました(*^_^*)

コメントの返事頂いていたのにも関わらず、タイミングを逃して返事出来ぬまま・・失礼しました(>_<)
SVU相変わらず見ています♪
こちらの方もハマリ中なんですが、やはり「クリマイ」に比べりゃ、話は別です(笑)

SVUのライアン・オニール可愛い人ですね!
キツイ感じはぬぐえませんが、私はステファニー・マーチも好きですね^^
何でもシーズン10くらいでいったん復帰しているんですよね?

それも楽しみ~!ようやく頑張って今はシーズン4を見ています(ペース早いかな?^^;)

でも、日本ではシーズン6も年明けだろうから辛いです(T_T)
人生の中でここまでハマるドラマも珍しい・・
エミリー復帰も1話からだなんて、割と意外でした(でもそうしないとエミリーが長く見られないか;)
ブログ内も毎回見させて頂いているのですが、やはりアメドラはバラエティに富んでいて幅広い!
私も日本のドラマや某○流ドラマは見ないですね。
パクリと同じことの繰り返しが多すぎる!オリジナリティなさすぎ!!

「クリマイ」の見れない寂しさをこちらのブログで癒させてもらっています♪(^O^)
Commented by ナタネ at 2011-09-24 15:45 x
名前間違えてしまった~!^^;
>検事補ケイシー・ノヴァク(ダイアン・ニール)
でしたね・・
失礼しました!(横文字に弱い私・・^^;)
Commented by Schatz1995 at 2011-09-25 06:33
おれんじさん:
超長い文章を超真剣に読んでもらって、ありがとうございます♪
パキスタンでの臨時特別任務シーンは、1分にも満たなかったので、
今後、回想シーンで、またワイルド・ホッチが観れたらいいな〜と密かに期待(笑)。
シーヴァーは、いつかゲスト出演して欲しいです。
>モーガンもリードの気持ちもよく分かるな・・・
ですよね…エミリー生存はうれしい半面、ショックは大きいですよね。
今後のエピで、彼らの複雑な心の葛藤も描かれていくと思います。
Commented by Schatz1995 at 2011-09-25 06:49
亮さん:
ネタバレ楽しんでいただいて、ありがとうございます!
JJいわく、エミリーの事件以降、リードは熱心に射撃練習しているようで、
その成果が出たかな? (今までは、どちらかと言うと彼の苦手分野だったから、射撃。)
BAUメンバーの人間関係が、どうなっていくか…
エピ2以降も尾を引いて行くらしいので…ドキドキ!
Commented by 王冠 at 2011-09-25 06:54 x
おはようございます。迷いましたが、読ませていただきました。

やっぱり、クリミナルマインド最高!間違いないです。

プレンティスをいかに上手く復帰させるか。でしたが、要らぬ心配だった様です。

しつこいようですが、レンタル派の私は、まだS5も観ておりません。ですので、 Schatz1995 さんのブログが頼りです。これからも楽しみにしております。宜しくお願いいたします。
Commented by Schatz1995 at 2011-09-25 06:57
Laura さん:
(月)に”ハーパー★ボーイズ”で、9年振りにグレッグに会えて、
(水)に”クリミナル・マインド”で、4ヶ月振りに、ワイルド・ホッチ(笑)に会えて、
トーマス・ファンにとって、超ぜいたくな1週間でした♪
今シーズンは、今までと違うBAUメンバーの微妙な関係が、キーポイントですね。
Commented by Schatz1995 at 2011-09-25 07:09
Shiraさん:
シーズン6のエミリー最後のエピは2話に渡っていたので、
今回も2話に出来ないことはないけど、
やっぱり”イアン・ドイル話”に早くケリをつけたかったのでしょうね。
でもエミリーが偽装死から、たった7ヶ月で復帰と言う早い設定が少し?かも。
せめて設定が”1年後”とか少し年月が経ってからの方が自然かなと。
でもプレンティスのキャラが好きなので、復帰は文句ないんですけどね(笑)。
sabbaticalについては言及しなかったけど、
reinstatementにサインしていないのはリードだけ…と言う件が引っかかります。
今後の鍵かな…。
Commented by Schatz1995 at 2011-09-25 07:24
ナタネさん:
今シリーズは事件解決だけではなく、
事実を隠していたメンバーと、嘘をつかれてショックの大きいメンバーとの
深かった絆が元通りになれるのか?…それが重要ポイントですね。
Law & Order SVUでは、
ステファニー・マーチもダイアン・ニールもレギュラー降板以降も、よくゲスト出演しています。
2人もブロンド・ロングヘアで強気な性格、なんとなく似ていますよね!
今回シーズン13からレギュラー登場の刑事役のケリー・ギディッシュも好きな女優です。
Commented by Schatz1995 at 2011-09-25 07:42
王冠さん:
迷った末にまで読んでいただいて、ありがとうございます。
ネタバレ満載の私のブログを読んでもらえば、
DVD観る以前にS6&S7の内容はバッチリですね〜なんて(笑)。
私個人は自分の未視聴の映画やドラマのネタバレは全然平気で、
ドンドン先をチェックして知りたい派なので
王冠さんの気持ちも分かります!
S5は、ホッチの葛藤がよく描かれていて好きなエピも多いです。
Commented by Sieg at 2011-09-27 13:04 x
schatz1995さん、初めまして。
動画を眺めて満足していましたが、ストーリーを読んですっきりしました。ありがとうございます。
それぞれの表情が興味深いエピソードでした。
トーマス・ギブソンを目当てに見始めた作品ですが、今ではマシューのファンです。ですから、どうしても彼に目がいってしまいます。特にヘアスタイルに。(笑) 
たしか、前シーズンでエミリーに頭痛のことを話していたと理解しているのですが・・今後の展開が楽しみです。
schatz1995さんのエピソード紹介も楽しみにしています。
Commented by Schatz1995 at 2011-09-28 02:07
Siegさん:
ブログ訪問ありがとうございます!
リードの短髪ふんわりパーマのNEWヘアスタイル、
どうしても気になっちゃいますよね~。
私は肩までの長髪が一番彼に似合っていると思うので、余計に…(笑)。
医者には”異常ナシ”と言われたリードの頭痛のストーリーは、
まだ解決していないので、そのうち再び出てくると思います。
クリミナル・マインドは一番好きなドラマなので、
どんどん記事を書いていくので、また遊びに来てくださいね!
Commented by kitilyou at 2011-09-30 17:42 x
JJ、JJ、JJ 素敵!S6でのJJも素敵でしたが、さらに成長して、もうキャリア&素敵なママ&奥様!理想の女性像です!エミリーもペネロープも健在、S6は登場わずか、でも、じっと待ちます。降板騒ぎ思えば、なんのその、夢の続きを見れますもの♥♪
Commented by Schatz1995 at 2011-10-02 08:07
kitilyouさん
エミリーやガルシアは、初登場から、それほど外見が変わらないように思うけど、
JJは子供っぽいカワイイ顔立ちから、スッキリとした美人になったと思います。
今シーズンは沢山活躍するとイイですよね!