ブレイキング・バッド シーズン4終了 !


BREAKING BAD   ブレイキング・バッド


シーズン4 フィナーレ!


ケーブルTV製作のドラマは、通常1シーズン、たった13エピソードだけなので
AMC ケーブルTVの大人気ドラマ ”ブレイキング・バッド”
7月にシーズン4開始して、3ヶ月で、もうシーズン終了…早過ぎるよ~。

よく練られた奥が深い複雑なストーリー展開、おもしろいです、面白過ぎです!!!

以下、シーズン4 フィナーレ ネタバレに注意

d0175590_9381688.jpg


余命わずかと宣告されている末期ガン患者、
ウォルター“ウォルト”ホワイト(ブライアン・クランストン)は、高校の元化学教師。
自分の死後、妻、息子、娘が暮らす充分なお金を残せるように
自らの化学知識を活かして、誰にもマネ出来ない
高品質・高純度の Crystal Methamphetamine
(クリスタル・メタンフェタミン=クリスタル・メス、覚醒剤の一種)を
製造して儲けようとするが…
違法なことをすれば、当然いろいろ問題が挙がってくる…。

d0175590_9415788.jpg


ガスタボ“ガス”フリング(ジャンカルロ・エスポジート)

ガスは表向きは、物腰柔らかなファースト・フード・チェーンや、
その他産業を手掛けるビジネスマンだが
裏の顔は、感情を一切見せず冷酷非情のドラッグ売買を手がける
元締めディストリビューター。
背筋も凍るような恐ろしい存在のガスとトラブルが絶えないウォルト。
自分の家族の命まで狙われていると脅されて
ガスを殺害しようと、あれこれ試みるが、なかなか成功しないウォルト。


ブレイキング・バッド シーズン4 エピソード13 FACE OFF

自分で製造した小型爆弾で、ガスの殺害を試みるウォルト…
FACE OFFのタイトル通り、ガスの顔が…!!!

このシーンは犯罪ドラマ史上、語り継がれるほど、息を飲むほど緊迫するシーンかも…。
はぁ~あまりにもショックでした…。

d0175590_9455434.jpg


かつての教え子で、クリスタル・メス製造の助手である、
ジェシー・ピンクマン(アーロン・ポール)とは
信頼し合ったり、心から憎み合ったり、愛憎相半ばする複雑な関係のウォルト。

ある日、ジェシーが付き合っている彼女アンドレア小さな息子ブロックが、
意識を失って病院に搬送され、
ジェシーが持っていた、ガスを殺すために用意していた、
猛毒RICIN(リシン)の小瓶を誤飲したと思うジェシー。
ジェシーはウォルトが、隙を狙って、わざとブロックに飲ませたと殴りかかって疑うが
ウォルトは自分は無実だと否定し、
ガスこそ自分は殺されると気が付いていて
巧妙な手口を使って、ウォルトとジェシーを仲違いさせようと
ブロックを危険な目に合わせたに違いないと訴える。

最終的には、意識不明の状態から助かるブロックは猛毒リシンではなく、
LILY OF THE VALLEY (スズラン)による毒だと判明。

シーズン4 エピ13最後のシーンは
ウォルトの家の庭先にあるスズランの植木鉢…。

このフィナーレのシーンも息を飲み込んでしまいました…。


クリフハンガーでシーズン終了ではなく、
一見、問題が解決したように終了しているが
実は気になることが、あまりにもあり過ぎて!
もう今から来年製作予定されているシーズン5が待ち切れない~!

ウォルトの肺ガンの進行状況は?!

ウォルトの義弟であり、
Drug Enforcement Administration (DEA) 連邦政府麻薬取締局エージェントである、
ハンク・シュレイダー(ディーン・ノリス)。
ドラッグ・カルテルに命を狙われ、孤軍奮闘しながら、ガスが怪しいと付き止めた彼も
ジェシーがドラッグ関係に首を突っ込んでいると薄々付き止めても
ウォルトまでもドラッグの世界にドップリ浸かっていることまでは
気が付きそうで、気が付いていないが、どうなるのか?!
ハンクはウォルトの裏の顔を付き止めることができるのか?!


ブレイキング・バッドは大人気のうち、
来年のシーズン5(全16エピソード)で、シリーズ終了することが既に決定しています。





ブレイキング・バッド最高!






にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2011-10-12 10:11 | ブレイキング・バッド | Comments(2)
Commented by おれんじ at 2011-10-16 20:30 x
僕が見る前に最終回を迎えないことを切に願うのでありますwww
Commented by Schatz1995 at 2011-10-17 07:57
おれんじさん:
大丈夫ですよ~。
来春以降タップリ観てください♪
ブライアン・クランストンのファンになること確実です。