最新傑作映画 THE IDES OF MARCH

製作・監督・脚色・出演:ジョージ・クルーニー

主演:ライアン・ゴスリング

政治スリラー・ドラマ

THE IDES OF MARCH  

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~


映画タイトルは
古代ローマ暦の3月15日=ジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)の暗殺日から。

今、USAでは来年の大統領選挙に向けて
続投か否かの民主党のオバマ現大統領の対抗馬をめぐって
共和党大統領予備選挙が行われ、各候補たちがキャンペーンを行っている真っ最中。

まさにタイムリーな映画です!

毎回この予備選挙のときに、
候補者たちの不利益になる過去(セクハラ、浮気、隠し子、違法献金など)、
不適切な言動(宗教、人種、ゲイ問題など)が
”まぁ~よくこれだけあるもんだ!”と呆れるくらい次から次へ暴露されます。

この映画 THE IDES OF MARCH
民主党大統領予備選挙が開催されている中での
ペンシルヴァニア州知事であり、次期民主党大統領候補の
マイク・モリス(ジョージ・クルーニー)のスキャンダルをめぐるストーリー。


以下、あらすじ&感想です。

サスペンス・スリラーなので、ネタバレは抑えて、予告編で観られる程度。

d0175590_5475442.jpg


次期大統領の座を狙うマイク・モリスの参謀の一人である、
スティーヴン・マイヤーズ(ライアン・ゴスリング)
主にプレス・広報担当で、マイクが公の場で発言する内容の原稿も考え
予備選挙キャンペーンのため日々忙しく駆け回っている。

アメリカ合衆国大統領になるためには
まず民主党代表としてノミネートされなければならず
そのイスは、たった一人に。

オハイオ州でのキャンペーンで、
同じく民主党のアーカンソー州上院議員テッド・プルマン(マイケル・マンテル)
討論会を繰り広げるマイク。
票を拡大するには、両候補とも
ノース・カロライナ州上院議員トンプソン(ジェフリー・ライト)
公認“後押し”支持が欲しい。

ある日、スティーヴンは、ライバルであるプルマン候補の
キャンペーン・マネージャー、トム・ダフィー(ポール・ジアマッティ)から
“重要な話がある。”と呼び出される。
ライバル候補の参謀からの電話に、最初は拒否し、怪しむスティーヴンも
連絡が付かなかった自分の上司であり、
且つマイク・モリスのキャンペーン・マネージャー、
ポール・ザラ(フィリップ・シーモア・ホフマン)に内緒で
ライバルのマネージャーと会うことに…。

…と同時に、キャンペーンで働いているインターンで若くて魅惑的な
モリー・スターンズ(エヴァン・レイチェル・ウッド)とも内密に
性的関係を結んでいるスティーヴン。

敵対するライバル候補のマネージャーと密会したことがバレて
自分と付き合っているモリーの“ある人物”との過去の意外な関係を知ってしまい、
窮地に立たされ、信じていた者に裏切られたスティーヴンの取った行動とは?!





成功、裏切りが絡み、駆け引きが多い政治社会で
”なんか、ホントに選挙の裏で実際に起こっていても全く不思議ではないな~。”
と思わせるような内容。

仕事熱心、でも”したたかな”スティーヴンを
飄々としたライアン・ゴスリングが好演。
実力派フィリップ・シーモア・ホフマンポール・ジアマッティ
脇を固めて、面白くないはずがない!
普段からハリウッドでの活躍以外にも
アフリカ諸国への支援、難民救済など政治的発言で知られ、
自らも行動しているジョージ・クルーニー
政治家ヘ転向しても不思議ではないから、大統領候補役もピッタリ!

意外な結末で、なんかこの映画の続編も期待してしまうな~♪

映画の”アイズ・オブ・マーチ”
以前、放映されて大人気だった、
政治ドラマ THE WEST WING(ザ・ホワイト・ハウス)
現在放映中の”グッド・ワイフ”が好きな人は、もちろん
大人が楽しめるシリアスな政治サスペンスです!


追記: その後、この映画”アイズ・オブ・マーチ”は
邦題が”スーパー・チューズデー ~正義を売った日~”と決定しました。


私の採点   ★★★★☆(4つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2011-11-11 06:07 | 2011年全米公開映画 | Comments(2)
Commented by UMI at 2011-11-29 08:10 x
いや~この映画面白そうですね。
政治サスペンス大好きです!絶対見に行きたいです。
ライアン・ゴスリングは最初に見た時、不気味な役柄を演じていてそれが実にぴったりはまっていました。
でも「君に読む物語」ではとても優しい目が印象的で、俳優の演技力の底力を知りました。

ジョージ・クルーニーをはじめ、フィリップ・シーモア・ホフマンなど魅力的な俳優人、でもただではすまない予感!
日本公開、楽しみです。
Commented by schatz1995 at 2011-11-30 11:39
UMIさん:
なかなか良い作品でした。
フィリップ・シーモア・ホフマンが少しでも出演すると、映画全体が引き締まるような感じです。
彼の独特な雰囲気イイですよね~。
”君に読む物語”のノア役のライアンは良かったですよね。
何回観ても好きな映画です。
今回の映画での計算高いスティーヴン役もイイですよ♪