2011年全米公開映画 ~私の選ぶトップ3~

昨年、USAの映画館で観た新作映画で、特に印象に残って、観て良かったな~と思った3作品は…


2011年全米公開映画 ~私の選ぶトップ3~


☆ THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
  ドラゴン・タトゥーの女

まぁなんと言っても、このサスペンス・スリラーでしょう、一番好きな作品は!

私の観た感想はコチラ→

このハリウッド・リメイク版を観てから
スウェーデン・オリジナル版の”ミレニアム”シリーズ3部作映画を
年末に一気に久し振り再び鑑賞しちゃったほど
オリジナル版を観ながら、”この役は、リメイク版には、あの俳優がイイかも。”と
いろいろ想像しながら、ドラゴン・タトゥーの女に、のめり込んでいる私。

ミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)&
リスベット・サランデル(ルーニー・マーラ)のコンビ、早く続きが観たいな~。

リメイク版のリスベットの極悪な父親は、誰が演じたらピッタリかな~?
シリーズ3作めに出てきて、リスベットを診察する若い医者は
ジェイムズ・マカヴォイがイイかも!(単にオリジナルの俳優と雰囲気が似ているからだけど。)


☆ THE DEBT

イスラエル・オリジナル版のハリウッド・リメイク版映画。

私の観た感想はコチラ→

派手で大袈裟なアクション・シーンは無いけど
心理的にジワジワと迫ってくるようなドキドキ感を味わえるスパイ・ミステリー・スリラー

1960年代の東西ドイツを舞台に
モサド(イスラエル諜報特務局)の新人エージェント・レイチェル・シンガーを演じる、
ジェシカ・チャステイン、モサドを引退したレイチェルのその後を演じるヘレン・ミレン
そして悪役のディーター・フォーゲル(イェスパー・クリステンセン)が素晴らしい!


☆ THE IDES OF MARCH
  スーパー・チューズデー ~正義を売った日~

主演は、ライアン・ゴスリングだけど
ジョージ・クルーニーが製作・監督・脚色・出演を手掛けて大活躍の政治サスペンス・スリラー

私の観た感想はコチラ→

クリーンな政治を謳いながら、裏では眼を覆いたくなるよな汚いコトばかり…
そんな政治社会の裏側が良く描かれている作品で、ライアン・ゴスリングが好演。

USAでは、大統領選に限らず、地方選挙(日本で言う市議会委員など)なども
選挙投票日は”火曜日”(チューズデー)と昔から決まっています。

厳密に言えば、この映画は、スーパー・チューズデーのコトでは無いんだけどね…。
まぁこの邦題の方が、大統領予備選挙の時に
よく耳にする”スーパー・チューズデー”と言う単語からの印象で、分かりやすいかな…。
カタカナで”アイズ・オブ・マーチ”では、なんの映画か?ですよね、確かに。


あと次点では、USAでは2010年12月公開だけど、実際私が観たのは2011年1月だった映画、
マーク・ウォールバーグ&クリスチャン・ベール共演の
THE FIGHTER (ザ・ファイター)も良かったかな。

ボクシングを通して描かれた強烈な家族愛ドラマ。

私の観た感想はコチラ→




最後に、2011年、私が気になった俳優ひとり…アーミー・ハマー!
d0175590_10242666.jpg


映画 J.EDGAR(J・エドガー)にて、クライド・トルソン(アーミー・ハマー)&
ジョン・エドガー(レオナルド・ディカプリオ)

私の観た感想はコチラ→

アーミー・ハマーが一般的に知られるようになったのは
映画 THE SOCIAL NETWORK(ソーシャル・ネットワーク)
マーク・ザッカーバーグを訴えた双子キャメロン&タイラー・ウィンクルヴォス役だと思うけど
あの映画を観た時は、
”へぇ~ひとり二役を演じているのか、背が高いな~(実際196cm)。
裕福だけど嫌な性格だな(役柄が)。”ぐらいにしか思っていなかったけど
今回、エドガーに生涯かけて真摯に尽くすクライド役の好演で、ファンになっちゃたかも!
でもカワイイ顔に似合わず、声が太いんだよね、彼。

しかしアーミー・ハマーが2007年に
ドラマ ”デスパレートな妻たち”S4Ep8 にゲスト出演していたなんて
当時は気が付かなかったし、カッコイイとも思わなかった!
今改めて観直したら、覚えている、この役!
マイクのドラッグ・ディーラーのバレット役で
ディーラーとは知らないスーザンが娘ジュリーのBFにどうかしら~と
2人をくっつけようとするエピだった。

アーミーの次回作は、"MIRROR MIRROR"
”鏡よ、鏡♪”と、ジュリア・ロバーツがイジワル妃を演じる映画”白雪姫”の王子さま役!







にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2012-01-11 11:07 | 2011年全米公開映画 | Comments(0)