最新傑作映画 THE SESSIONS

   THE SESSIONS (原題:ザ・セッションズ)


実話をもとに製作された身体障がい者とセックス・セラピスト、
そして牧師が絡むコメディ・センスあふれる心温まる繊細なドラマ。

ジャンルで言えば DRAMEDY (DRAMA+COMEDY) ドラメディ(ドラマ+コメディ)かな。

ハッキリ断言できるのは、いやらしいポルノ映画ではないこと!

障がい者のセックスと言う一見タブーのような、故意に避けて話さないような重いテーマを
明るく率直に純粋に、しかし観ている者も考えさせられる作品に仕上がっています。

この映画の主役のジョン・ホークスアカデミー賞主演男優賞ノミネート
共演のヘレン・ハントアカデミー賞助演女優賞ノミネートされるだろうと予測されています。


以下、少しだけあらすじ&私の感想。

d0175590_11224560.jpg


時は1988年。 
カリフォルニア大学バークレー校を卒業した頭脳明晰なマーク・オブライエン(ジョン・ホークス)
詩人であり、ジャーナリストである。 

6歳の時に発病したポリオ(小児マヒ)により、
首から上、手足の感覚はあるものの自分の意思で動かすことが不可能で
絶えず人口呼吸器が付いたベッドもしくは
可動式医療用ストレッチャー・ベッドの上で、寝たきりの生活をしている。 

おしゃべりでユーモアあふれるマークは、成人男性として当然、性的欲求もあるが
障がいがあるため、なかなか実行に移せず38歳になっても童貞。
セックス・セラピストと相談し“性生活実地指導”してくれる
SEX SURROGATE(セックス・サロゲート)
シェリル・コーエン・グリーン(ヘレン・ハント)を紹介してもらう。

宗教心深いマークは、“セックス・サロゲートと出会うことは罪なのか?”と疑問を抱き
神父(ウィリアム・H・メ―シー)に相談に行き、シェリルと遂に会うことを決める…。



USAには、投薬など医療行為含め認可されたセラピスト
または話やアドバイスのみのセラピストが沢山いて、いろいろ細分化されていて
性生活の悩みを専門とするセックス・セラピストも多いけど
私自身も、この映画を観るまで SEX SURROGATE(直訳すれば、セックス代行および代行者)
存在を知らなかったんですよね~。 

この映画のモデルとなったセックス・サロゲートを職業としている実在のシェリル・コーエン・グリーンの
インタビュー記事も読んだけど…
障がいの有無にかかわらず性生活が困難な人に
1対1で、医療的見地から、いろいろ話しながら段階を踏まえ回数を重ね最終性行為まで導く。
(だから映画のタイトルも THE SESSIONS ) 
映画の中で牧師が“売春婦とセックス・サロゲートの違いは?”とマークに聞くシーンがあるけど…
映画を観れば良く分かります。



上下半身不随で車イスにも乗れず、24時間ベッドで横たわる姿勢のまま暮らしながらも
卑屈にならずウィットにあふれ周囲の人々を優しい気持ちにさせる
マーク・オブライエンジョン・ホークスが熱演しています。 
アカデミー賞受賞が堅いだろうな~。

セックス・サロゲートのシェリル・コーエン・グリーン役のヘレン・ハントは私の大好きな女優です。 
最近は子育てに焦点を置いていて、以前のように活躍していないのが残念!
90年代に 7シーズン続いた大人気TVコメディ MAD ABOUT YOU ( あなたにムチュー)
大好きだったし
ジャック・ニコルソンと共演しアカデミー主演女優賞を獲得した、
映画 AS GOOD AS IT GETS (恋愛小説家)も大好き。 
もっともっと活躍して欲しいな~。



映画 THE SESSIONS (ザ・セッションズ)最後までホロリとさせられる、心が優しくなれる、
すばらしい作品でした。



私の採点   ★★★★☆(4つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by schatz1995 | 2012-11-20 11:55 | 2012年全米公開映画 | Comments(6)
Commented by ちーぷさいど at 2012-11-20 14:16 x
こんにちは(^^)
この作品、WOWOWでも紹介されていて興味を持っておりました。私も「ツイスター」で知って以来ヘレン・ハントが好きで、最近あまり見かけなくて寂しく思っていたのですが…そうですか、子育てをメインに頑張っていらっしゃったのですね。この作品を契機にまたスクリーンで活躍してくれると良いなぁと思います。ヘレン・ハントとかケイト・ブランシェットとか、もっと大御所だとヘレン・ミレンとか…とっても綺麗なんだけれどキリッとしているタイプの女優さんが好きなのです。ちなみに、牧師さん役のウィリアム・H・メイシーも好きな役者さんですから、日本で公開してくれたらぜひ観たいと思います。ご紹介、ありがとうございました♪
Commented by ペーパー・マン at 2012-11-20 17:16 x
初めまして。
これ言うまでもなく、元「ザ・サロゲート」ですよね。
imdbで見ました。一般公開に合わせて配慮したんでしょうね。
Commented by Schatz1995 at 2012-11-21 09:59
ちーぷさいどさん:
これから12月~2月に向けて発表される数々の賞にノミネートされること確実なので
賞レースが落ち着いたら、▲▲賞ノミネート(または受賞)とか謳い文句つけて
日本公開になるのではないでしょうか…。
心温まる良い映画でした。

私もケイト・ブランシェット、ヘレン・ミレン大好きですよ~。
日本語で言うと、クール・ビューティー?
2人ともステキな女優ですよね!
Commented by Schatz1995 at 2012-11-21 10:06
ペーパー・マンさん:
こんにちは。
そうです! 今年初めのサンダンス映画祭などに出品したときは
THE SURROGATE と言うタイトルでした。
”ザ・サロゲート”と言う直球タイトル?よりも
変更後のTHE SESSIONS と言うタイトルのほうが
”どんな映画かな?”と興味を持ってもらうには良いかも知れませんね。
Commented by kuwachann-2_0 at 2013-04-25 12:17 x
はじめまして。とてもうまく説明してあったのでブログで引用させていただきました。これからも宜しくお願い申し上げます。
Commented by Schatz1995 at 2013-04-26 07:46
kuwachann-2_0さん:

こんにちは!

実話だけに、こういう興味深い内容の映画こそ
日本で劇場公開して、皆に観てもらいたいな~と思うけど
USAでは名が知れた実力派俳優が顔を揃えていても
日本では出演者が地味でしょうかね…。

映画について語りたいときは、いつでもこちらに訪問してくださいね。