最新スパイ映画 007 SKYFALL


   007 SKYFALL   007 スカイフォール


ADELE の主題歌 SKYFALL ♪で幕を開けるスパイ・アクション映画。

今年は 007シリーズ生誕50周年なんですよね~。
今回の 007 スカイフォールは、23作め

50年経った今も世界中のファンを虜にする映画シリーズってスゴイよね~。
私も自分が生まれる前の作品も含め、全23作さかのぼって観ています。
もともとスパイ映画大好きだしね♪

11月上旬USA公開の初日初回に映画館へ観に行ったけど、まぁ混んでいました、やっぱり!
日本では今週末公開ですね。


以下、私の観た感想のみで特にストーリーのネタバレありません。

d0175590_1112293.jpg


ダニエル・クレイグにとっては3作めとなるジェームズ・ボンド役。

私は前任のピアース・ブロスナン演じる洗練されたオシャレなジェームズ・ボンドが好きだったので
私にとってダニエルが演じるボンドは少しヤンチャ過ぎるけど
それでもデザイナー、トム・フォード・ファッションで全身を固めたスーツ姿のダニエルは
バッチリ決まっていたな~。

ボンドの上司M役のジュディ・デンチの出演シーンが多かったこともうれしかった。

今回の大きなポイントは、
既に世界的に名前が知られている有名な俳優ハビエル・バルデムが悪役を演じると言うことでしょう。

映画 VICKY CRISTINA BARCELONA (それでも恋するバルセロナ)で演じた、
チャラ男系コメディ・タッチの役柄のハビエルも印象に残っているけど…
やっぱり何と言っても
ハビエルがアカデミー賞助演男優賞を受賞した、
映画 NO COUNTRY FOR OLD MEN (ノーカントリー)での
あのマッシュルーム・カットの冷酷な殺し屋役は、あまりにも強烈で今でも忘れられない!

MI6及びMに個人的な恨みを晴らすまで容赦しない復讐劇。

今回 007 スカイフォールの悪役ラウル・シルヴァを演じるハビエル・バルデム
フサフサの黒髪を金髪に染め(まゆ毛まで!)熱演と言うより怪演と言う言葉がピッタリ! 
恐い(scary)と言うより、ゾクゾクっと!ゾッと!するような(creepy)
バットマンの悪役ジョーカーみたいに悪ふざけが過剰で
わざとらしいキザでおどけた(campy)不気味過ぎる犯人って感じ。
以上すべてホメ言葉です! 


映画007 スカイフォールロケ地は、
トルコ・イスタンブール、中国・上海&マカオ、イギリス・ロンドン、スコットランド・ハイランド地方…
そして長崎・軍艦島も出てきます!


ハビエル・バルデムの不気味さを称えて!の採点かな~。


私の採点   ★★★★☆(4つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by schatz1995 | 2012-11-28 11:31 | 2012年全米公開映画 | Comments(6)
Commented by ちーぷさいど at 2012-11-29 11:06 x
私も全作観ております&「ユア・アイズ・オンリー」以降はすべて劇場で観ております(^^) スパイもの大好きでっす。 ダニエル・クレイグ版にリブートしてからQ機関が登場していなくて寂しかったのですが、今回若いQが登場しましたね。楽しみにしているのですが、どんな感じでしたか? 

ところで、ツイッターをやっていないのでこちらにコメントさせていただきますが、マシューの映像、ありがとうございました。ちゃんと全部聞き取れないのが何とも残念ですが、前回登場した際にはファスナーが壊れていた…ようなことを言っていましたよね?本番でそんな状態で彼は大丈夫でした?WOWOWのインタビューでも、「ハロー、ワウワウワウ」と言って自分で自分に大笑いしてしまって、NG連発、大汗かきまくり。素のマシューのテンションの高さがまた、リードと違った可愛らしさに溢れていて大好きです♪ 
Commented by ペーパー・マン at 2012-11-29 18:28 x
たびたび失礼します。
日本では昨日「カジノロワイヤル」がテレビ放送されていたので観てしまいました。そうしなくても実は今日六本木でリバイバル上映されていたのですが…。
ポール・ハギス脚本参加作とういことで、今世紀最高の天才的エンターテイナーの一人である彼の信奉者としていたく期待してたのですが、やっぱり素晴らしい出来でした。
2007年の日本公開作品では「ゾディアック」と「トランスフォーマー」の二つが我が鉄板だと思ってましたが、これも見逃していた一つだと納得。
今度の「スカイフォール」でサム・メンデス監督は10年振りくらいに高評価されているようですね。僕はまだ一作も観ていないのですが…。
次回作以降脚本はジョン・ローガンに代わるそうですが、こちらももち!期待しています。本当、日本公開が楽しみだなぁ!まあ、初日はこれじゃなくて「ダーケスト・アワー」を観に行く予定ですが…。

長文になりすいませんでした。このブログはタイトルに共感して以来ときどき覗かせて頂いています。…まあ、言いたいことはそれだけです!(笑)
Commented by schatz1995 at 2012-11-30 10:49
ちーぷさいどさん:
今までの年配Q から、いきなり若手Q になったけど
コンピューターおたくの雰囲気も出ていて、なかなか好感が持てましたよ~。
やっぱり数分でもいいから、Q も毎回シリーズに出演して欲しいですよね!

もしファスナー壊れ事件(笑)のトーク・ショーをまだ観ていないならば
craig ferguson matthew gray gubler (今年1月オンエア)と
YouTube でサーチすればすぐ出てきます。
あの時も初めてトーク・ショーに出演するということで
とにかくハシャギまくりのマシューでした!
Commented by schatz1995 at 2012-11-30 11:00
ペーパー・マンさん:
私は今まで、いくつかサム・メンデス監督作品を観ているけど
実は個人的には、あまり好きな作品がないんですよね(笑)。
今回、こういうスパイ・アクションも出来るんだ…と結構新鮮でした。

”ダーケスト・アワー” ”スカイフォール” 両作品楽しんできてくださいね!
Commented by ペーパー・マン at 2012-12-02 15:23 x
返信ありがとうございます。
「ダーケスト・アワー」観てきました。最後の部分、忠告と受け取るべきでしたね。僕がB級好きでなかったら、ちょっと腹に据えかねる内容だったかと思われます。直前に見たのが再度リバイバル上映中の「ダークナイト」だったので、ことさらに…。
企画自体が少々勿体なかったかな、という印象でした。というか制作に「レスリー・ボーエム」の名前が…。テレビ界の勇姿見参に期待しましたが、脚本にはノータッチ!?お陰でかなりライティングの面も弱い気が致しました。彼は偉大なる「TAKEN」を書いた(20時間で!)天才なので、そろそろ復帰願いたかったのですがね…。imdbでは次回作ニック・パークスとされていますし、またしばらくお休みでしょうか…。
「カジノ」のP・ハギスもそうですけど、今のTV界には異彩を放つ脚本家が多いですからね…。マシュー・ワイナーとか(彼しか知らない)…。

子供の事情で「スカイフォール」は来年以降になってしまいそうです…。既にスピルバーグ監督は2階観に行くつもりだそうですが…orz

↑Qさんは名前知らないけど前の人も好きです。今回の人はニック・ホルト似でQさまとか言われそうですね。
Commented by Schatz1995 at 2012-12-05 10:12
ペーパー・マンさん:
>ちょっと腹に据えかねる内容だったかと…
そうなんですか~私は"The Darkest Hour"観ていないんですよね。
記憶が正しければ、こちらでは1年ほど前に公開されて
ほとんど話題にもならず、すぐ上映終了してしまったような…。

>マシュー・ワイナー…
私が大好きだったマフィア・ドラマ”ザ・ソプラノズ”でも
いくつか脚本を手がけていますね、彼。

>ニック・ホルト似でQさまとか言われそう…
なんとなく言いたいこと分かります(笑)。
ニック・ホルトも今のようなカッコイイ青年になるとは
"About A Boy"の頃は想像もできなかった…。
↑あの頃も変わった雰囲気で、かわいかったけど(笑)。