新作映画 ZERO DARK THIRTY


ZERO DARK THIRTY

ゼロ・ダーク・サーティ


2013年、年明けはじめて観た映画1本めは、話題作ゼロ・ダーク・サーティです。

USAでは賞レース参加のため、昨年12月下旬に限定公開され、先週末から全国公開中。

おめでとう!主役のCIAエージェント・マヤを演じるジェシカ・チャステインが
昨日ゴールデン・グローブ主演女優賞(ドラマ部門)を受賞したばかり!

2001年9月11日の米国同時多発テロの首謀者とされるオサマ・ビン・ラディン
長年に渡り捜索し続けたCIA(米国中央情報局)を中心に
2011年5月2日、彼を殺害するまでの約10年間を描いた実話をもとにしたドキュメンタリー風の映画。

作品自体が絶賛されると同時に、いろいろ波紋も呼んでいる話題作でもあります。
実際にCIAでは、あんな拷問シーンはない!と政治家たちが異論を唱えたり(イヤあるだろうにね…)
CIA内部が暴かれる内容だけに機密漏洩も問題になったり周囲がにぎやか。

製作・脚本のマーク・ボールもキャスリン・ビグロー監督
どこから詳細な話のネタを手に入れたか、終始ノー・コメント。
現在でもCIA勤務の実在の登場人物たちに会ったことがあるか肯定も否定もせず。

2009年に米国軍爆弾処理班を描いた映画 THE HURT LOCKER ”ハート・ロッカー”
観たときの手に汗を握る衝撃は今でも忘れられない。
あのキャスリン・ビグロー監督が再びメガホンを取ると聞いて、ずっと期待していた映画。
しかし”ハート・ロッカー”と言い、”ゼロ・ダーク・サーティ”と言い
こうも男性的な映画を女性であるビグローが製作・監督していることに驚いてしまう。

そしてさらに、チームの皆と一緒に追跡していたとは言え、
ビン・ラディンのアジトを発見したのが30歳になったばかりの若い女性エージェントである
マヤ(ジェシカ・チャステイン)と言う事実にも驚いた!

d0175590_4435935.jpg


以下、少しだけネタバレ…


しかし一番驚いたのはCIAパネッタ長官(ジェイムズ・ガンドルフィーニ)
”君はどれくらいCIAで働いているんだね?”と聞かれ
マヤ”高校を卒業してからなので…12年になります。”と答えたこと!

ビン・ラディン追跡チームの中心人物として抜擢されたのは彼女がまだ20代前半の頃。
その時点で、”彼女は一流!できるエージェントだ。”とセリフあり。
エ~ッ!大学も卒業していないのに、どうやったらそんなキレるエリートCIAエージェントになれるの?
 
実在する人物がモデルだけに、彼女は、いったいどんな高校生活を送っていたんだろうか?と
ソッチの方が気になって仕方がない(笑)。
当然、自分からCIAの門を叩いたのではなく、
ティーンの頃から既にその優秀さをCIAにチェックされリクルートされたんだろうな~。
もちろん現在でもCIA勤務でキャリアを積んでいるとのこと。

ラスト・シーンが印象的だった。
殺した!ヤッタ~!と愛国心を鼓舞するような描き方はなく
淡々と真実追求に焦点を置き、観ている者にも考えさせるような感じが良い。
政治的なブロバンガンダは感じられない。
CG効果いっぱいのハリウッド的な大げさなアクションも控えめな点も良い。
だからこそ余計、真実味に溢れているかも!



マヤを演じたジェシカ・チャステイン好きだな~。
シリアスな役もコメディな役も出来て、ここ1,2年大活躍中。
彼女がイスラエルのモサド工作員を演じたTHE DEBT ”ペイド・バック”は大好きな映画です。
(詳細はコチラ→


d0175590_458627.jpg

マヤの上司ジョージ役のマーク・ストロング大好きだからもう少し出演シーン増やして欲しかったな~。
実際はスキン・ヘッドのマーク・ストロング、今回はフサフサの髪型(笑)。

d0175590_512819.jpg

            特殊部隊の1人ジャスティン役のクリス・プラット
身長188cmと背が高く、もともと体格の良い彼…と言うかポッチャリ系かな~。
”この役のために約15kg減量して筋肉モリモリにした!”と
話していたけど思ったより出演シーン少なくて、プラスほとんど分厚い迷彩色ユニフォーム姿だから
筋肉モリモリ度を確認できなかった(笑)。
本人いわく、今は元の体重に戻ってしまったらしいけど…もうチョット彼も観たかったな~。



TVインタビューやトーク番組に出演しているキャスリン・ビグロー監督の発言を聞くと
とても知的で頭脳明晰な印象を受けて好感が持てます。
数々の賞にノミネートされているにもかかわらず、
映画 ARGO ”アルゴ”ベン・アフレックと並び
アカデミー賞監督賞ノミネートから外れてしまったのは、とても残念。



新年早々、すばらしい映画を観ることができました!





私の採点   ★★★★☆(4つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2013-01-15 05:17 | 2012年全米公開映画 | Comments(6)
Commented by ちーぷさいど at 2013-01-15 08:12 x
早速のご紹介、ありがとうございます。地元で公開しなかったので、WOWOW放映を録画して観たのですが、あまりの緊迫感に途中で停めちゃいました。あんな作品を女性が撮るなんてすごいなぁ…と。淡々としたラストシーンも、それがかえって胸に迫ってきて…とにかく良い作品でした。
CIAのマヤは高卒なのですか!20台前半で抜擢…ってリードみたい(^^)  ジェシカ・チャスティンは、これではずみがついて、オスカーまでいきそうでしょうか。昨年の「ヘルプ」も良かったですものね。
昨日のGG賞、schatzさんのtwitterとIMDb速報と雪かき(たっぷり2時間!)を同時進行させていました。ブラッドリーさんは残念でしたね。GG賞なので、「レ・ミゼラブル」に票が行くのかなぁ…とは思っておりましたが(←なんとなく)。日本ではジャックマン氏が大人気なので、今朝のショウビズコーナーでも大きく取り上げられていましたよ。日本びいき+愛妻家というのは、日本人ウケする大きなポイントです。ジョディのスピーチも大きく取り上げられていました。ともあれ、「アルゴ」が作品賞&監督賞に輝いたのが嬉しい限りです。このまま、オスカーまでいかないかしら?と、期待してしまいます。
Commented by みやま at 2013-01-16 12:49 x
この映画、気になってたんですよ~(^-^)ブログよんで、ますます観たくなりました!!日本で公開されるのが待ち遠しですo(^o^)o

ClAに高卒で入るってそうとう凄いんでしょうねぇ。
Commented by Schatz1995 at 2013-01-17 02:46
ちーぷさいどさん:

雪かきごくろうさまでした! 
大変だった!と東京在住の家族や友人から聞いていましたよ~。

>CIAのマヤは高卒…
そうなんですよ~。 その発言が一番ショックなシーンだったりして(笑)。
実在する人物だけに、彼女の生い立ちから現在までを映画化して欲しいくらい!
コンピューターに強い高校生と言うなら、まだ分かるけど
並外れた分析力を持つ高校生を、どうして発掘できたんだろうか?!
あのリードでさえ大学卒業していますからね(笑)。

”ヘルプ”のジェシカ・チャスティンはカワイイ役柄でしたよね~。

私もGG賞の趣向から言って”レ・ミゼラブル”だろうな~と予測しつつ
ヒュー自体は過去のトニー賞受賞で歌がうたえるのは分かっているし
アン・ハサウェイはテンション高過ぎ、
他人のマイクを奪い取ってまで受賞スピーチを続ける性格が鼻につくし(笑)
作品は過去に映画化、舞台化され過ぎてオリジナリティないし
個人的には納得いかない結果でした(笑)。

ともあれ、2作連続すばらしい作品を撮るキャスリン・ビグロー監督の
次回作が今から楽しみです!
Commented by Schatz1995 at 2013-01-17 02:59
みやまさん:

アクション映画と言うと、やたらと派手なCG効果で、
ドンパチ爆発~!炎メラメラ~!とか大げさな作品が多いけど
この映画は、そういう部分が少ないため
かえってリアルな印象がヒシヒシと伝わってきました。

>ClAに高卒で入るってそうとう凄いんでしょうねぇ…
おまけに女性ですからね。
実在する人物だけに、彼女がどんな高校生活を送っていたのか興味わきます!
マヤを演じたジェシカ・チャスティンがトーク番組で司会者に
”実際に本人に会ったの?”と聞かれて
”それは言えないわ(笑)。でも今もCIAスパイとして世界のどこかで活躍しているわ。”
と答えていました。
Commented by ペーパー・マン at 2013-01-17 19:45 x
ジェシカ・ジャスティンは昨年絶対に受賞するべきでしたから、今年こそ満場一致で主演女優賞を取って頂きたい。個人的に、声を変えられる俳優はレベルが一段上に思えます。

クリス・プラットってなんかちょい役が多いんですね。イメージが全く固定されてないというか…ノーマークな感じ。

GG結果には素晴らしい失笑を頂きました。個人的に「アルゴ」には全く納得いかないというか、軽く失望したので、もうオスカーは「リンカーン」全勝でスピルバーグに3度目の受賞させちゃえよって気がしますが、「レ・ミゼラブル」が持て囃されても、監督であるフーパーに責任はないと思います。彼はもっぱらオスカー獲得後のオファー殺到から文化人っぽい自分好みの題材を選んだだけでしょうしね…。でもラッセル・クロウが無視されてる現状には頂けなく感じたり。
Commented by Schatz1995 at 2013-01-19 03:53
ペーパー・マン さん:

ジェシカ・チャステインは毎回役柄によって
演技はもちろん髪の色や雰囲気まで変わって
好きな女優のひとりです。
賞レースはジェシカvsジェニファー・ローレンスですね~どうなるのか?!

クリス・プラットはUSAでは現在シーズン5放送中の
"Parks and Recreation"と言うTVコメディにレギュラー出演しています。
日本では未放送ですよね?多分。
トーク番組に出演するときもコメディ出演時も、おちゃらけキャラの彼が好きです。
まぁ今回の映画ではマジメでしたけどね(笑)。

1月27日は全米俳優組合が選ぶ SAG授賞式があるのでコレも楽しみです♪
同業の俳優仲間から”最優秀賞”を選ばれたら俳優冥利につきますよね。