2012年全米公開映画 ~私の選ぶトップ5~

2012年度に全米にて劇場公開された新作映画を対象としていて
TV製作映画 & DVDスルー映画は対象外です。

特に印象に残って観て良かったな~♪何度も観たいな~♪と思った作品。


2012年全米公開映画 ~私の選ぶトップ5~


☆ ARGO アルゴ

とにかく!CIAが絡むスリラー、サスペンス、スパイ映画が大好きな私。
その中でもこの映画は大好きです。

私のこの映画を観た感想はコチラ→

ベン・アフレックがアカデミー賞監督賞にノミネートされなかったのは
なんで?ウソでしょう!信じられない!冗談だろう!納得いかな~い!の5言です(笑)。

まぁ作品賞ノミネートが9作品、監督賞は枠が5人のみノミネートだから
4作品が外れるのは分かっていても、なぜそれがアルゴなわけ? 
全米放送映画批評家協会賞でもゴールデン・グローブ賞(ドラマ部門)でも
アルゴは最優秀作品賞&最優秀監督賞を受賞。

ベンの驚いた顔と喜びのスピーチを観ていてコッチもうれしくなったな~!


☆ TED テッド

コメディ映画に限らず、2012年観た映画の中でも最高の作品!と言い切っちゃうゾ~!

英語版を観ても、ドイツ語吹き替え版を観ても、大笑いして楽しめたので
チャンスあれば日本語吹き替え版も観たいくらい! 

外見カワイイけど性格はHなオヤジのような!ぬいぐるみ・くまテッドと主人公ジョンとの
ブロマンス的な友情にホロリとさせられ、私の日常生活にもテッド欲しいくらい♪

私の映画を観た感想はコチラ→

アカデミー賞の司会を務めるセス・マクファーレン(=テッドの声優)と一緒に
テッドも授賞式のステージにも登場すると発表されたし
とにかくこの映画は空前のスマッシュ・ヒットで、すごく興行成績が良かったから
パート2も製作する!セスマーク・ウォールバーグも断言したので今から超期待ちしゃう♪


☆ SILVER LININGS PLAYBOOK 
  世界にひとつのプレイブック

コメディ要素ありながらホロリとさせられるドラマ。

私の映画を観た感想はコチラ→

大好きなブラッドリー・クーパーの役者としての新たな一面を観れた感じ!

USAやヨーロッパでは爆発的な人気を誇るブラッドリーが、この映画で
「人気面ではUSAやヨーロッパと差があり過ぎる日本」でも人気が出てくれることをファンとしても期待!

USAでは必ず雑誌やトーク番組などで
THE SEXIEST MAN ALIVE !(2011年度ピープル誌)と紹介されるブラッドリー
これからは新たにアカデミー賞主演男優賞ノミネートの冠も付くよ!ワ~イ。

でもアカデミー賞最優秀主演男優賞を獲得する俳優はダニエル・デイ=ルイスだと思う。 
だってホントにリンカーンに似ていた…って当然リンカーンに会ったことないけど(笑)
リンカーンが生きていたらホントにこんな話し方するんだろうな~と想像してしまうくらい
映画では”リンカーンそのもの”だったから…。
ダニエルも大好きな俳優だから文句ナシだわ。


☆ HEADHUNTERS (原題:ヘッドハンターズ)

本国では2011年に公開されたノルウェー映画。

コレが良くできたホラー・サスペンス・スリラーなのです!

北欧ならではの景色をはじめ、内容もハリウッド映画では思いつかない脚本かな~と。

私の映画を観た感想はコチラ→


☆ MAGIC MIKE (原題:マジック・マイク)

話の内容は、どうってことないけど(笑)出演する男性がカッコイイんだな~全員!

マシュー・マコノヒーのトークもおもしろいし、ストリップ・ダンスもスゴイ!

しかし!ストリップ・ダンスが一番スゴイのは主役マイクを演じたチャニング・テイタム

チャニングって、この映画を観るまでに観ていた数々の映画の印象からすると
童顔なのにカラダは筋肉モリモリ、首が太くて顔と同じサイズ…
ぐらいにしか思っていなかったのに(笑)この映画を観て見直した♪
さすが元ストリッパーだけにセクシー・ダンスが、もぉ上手過ぎ!
さすが THE SEXIEST MAN ALIVE !(2012年度ピープル誌)に選ばれるだけのコトあり! 
そして元ストリッパーと言う職業って普通隠したがるのに
TV出演の際に堂々と笑って話すチャニングに好感が持てる♪

私の映画を観た感想はコチラ→

この映画イケメンだらけで(上手く宣伝すれば)日本でも公開すればヒットすると思うのに
公開が遅れていますね~。
なぜ公開しないのだろうか?!

この映画もパート2製作が決定していてチャニング
また自身の体験談をストーリー化するため脚本にも関わっているそうで楽しみ!





さて逆に…観る前の期待が大き過ぎてガックリきた映画と言えば… 

私としては事前に”この映画は今ヒトツだろうな~面白くないかも…。”と分かっていても
”でも内容的にどうしても観たい!””好きな俳優が出演しているから話がつまらなくても観たい!”と
あらかじめ覚悟して?観に行く場合、自分でも納得しているから、ある程度割り切れます。

それでも…例えば、

CLOUD ATLAS  クラウド・アトラス は、2時間50分にも及ぶ長編で
輪廻転生(リインカネーション)がテーマの壮大な叙事詩。 
トム・ハンクスハル・ベリー、大好きなヒュー・グラントも出演して
1人6役演じて、いろんなメーキャップ変化が楽しめるけど、ストーリーがつまらかったな…。

私の映画を観た感想はコチラ→


マット・デイモン演じる ジェイソン・ボーン・シリーズ3部作が大好きだから
THE BOURNE LEGACY ボーン・レガシー 観に行ったけど
あの3作に比べると、ストーリーが今ヒトツだったな~。 
このスピン・オフは公開前から期待し過ぎてしまったから余計にそう感じたかも…。

私の映画を観た感想はコチラ→


THE WORDS ザ・ワーズ 盗まれた人生
大好きなブラッドリー・クーパー&ジェレミー・アイアンズが出演していたドラマ。

この共演で知り合ったゾーイ・サルダナブラッドリーが恋愛関係にあった時期もあったな~。
連携するはずの3つのストーリーが上手く消化されずに映画が終わってしまった…って感じ。
公開前の期待が大きかっただけにガックリ度が増したかも…。

私の映画を観た感想はコチラ→



2013年度もいっぱい映画館へ足を運び、たくさんの作品を観て
勝手にアレコレ感想をブログに書いていきたいと思います♪





にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2013-01-22 09:02 | 2012年全米公開映画 | Comments(4)
Commented by ちーぷさいど at 2013-01-22 13:20 x
Schatzさん、こんにちは(^^) 「なるほどぉ~」とうなずきながら読ませていただきました。「アルゴ」は、地元公開のメドが立っていないものの、まだ諦めてはおりませんよ。ちなみに、「テッド」は地元で期間限定公開が決まりまして、今から楽しみにしております。息子も行くと言っていてギリギリレイティングクリアーなのですけれど…親子で観る作品?とやや不安(^_^;) 「キミがわからなくて、私がわかってゲラゲラ笑っている下ネタがあっても深く追求しないように!」と、予めクギをさしてはあります(←それもどうかと)

IMDbやらRotten Tomatoesやらを参考にしているので、ある程度覚悟して劇場に向かってはいるのですが、その想定をはるかに下回ったのが「ボーン・レガシー」でした。あんなひどい(以下自粛) 2013年、私も、たくさんの作品を観たいなぁと思っております&Schatzさんのブログも楽しみにしております。よろしくお願いいたします♪
Commented by Schatz1995 at 2013-01-24 00:55
ちーぷさいどさん:

”テッド”を観た後の息子さんの感想!興味あります(笑)どう思うかな〜。
USAに暮らしていないと分からないような
アメリカ文化に根付いたジョークや日本では知名度が低い有名人を用いたギャグは
日本人にも受けるように直訳さけて、かなり意訳されているみたいですね。
でもコメディなんだから、それもOKだと思います。
ブロマンス・コメディが当たらない日本で、大ヒット中!なんてスゴいわテッド♪
日本公開前の”テッドを街中で探せ”キャンペーンとか
とても工夫して宣伝にチカラを入れた成果かな〜。

これからの授賞式で”アルゴ”も再び受賞すると思うので
話題性ある映画ということで、きっと!ちーぷさいどさんの地元でも公開されるのでは♪

”ボーン・レガシー”は「ジェイソン・ボーンの再来!」とか前宣伝がスゴかっただけに
余計ガッカリ度も多かった…って感じでしょうかね〜。

こちらこそ!ちーぷさいどさんの映画&ドラマの感想を楽しみしています。
ブログにも遊びに行かせていだたきます♪
Commented by ちーぷさいど at 2013-01-24 10:14 x
>アメリカ文化に根付いたジョーク
これは日本人には難しいです(^_^;) 「ゴーストバスターズ」などもそうだったみたいですが、ローカルネタがわからなくてもじゅうぶん楽しめましたので、テッドも大丈夫でしょうか?
>意訳
映画評論家の町山さんが担当されているようですが…うーん。「宇宙人ポール」も町山さん担当だったのですが、ちょっと意訳しすぎかなぁ…?と思うところもありました。字幕翻訳は難しいですね。
>「アルゴ」
地元限定公開が決まりましたヽ(^。^)ノ 今からすごく楽しみです。そういえば来週はトーマス・ギブソン監督エビですよね?これまた楽しみ。シーズン1で登場したホッチの弟が出てくるのではないか…と期待しております。ep.12、13のネタバレ探しでかな~り・・・・・・な私です。
Commented by Schatz1995 at 2013-01-25 15:23
ちーぷさいどさん:

>映画評論家の町山さん…
同じ都市には暮らしていないけど、私と同じ北カリフォルニア在住なんですよね、彼。
最も頻繁に日本に訪れているようですが…。
だから妙な親近感が湧くのか(笑)Youtube で彼の出演したラジオ番組を聞いたりします。
映画にしても、USA文化、政治、社会にしても彼の意見は
”少し誇張し過ぎだよ~。偏り過ぎでしょ、そんなコトないよ~!”と
思うことも多いけど(笑)結構おもしろいことも話していると思います。
テッドの意訳も彼本人が例を出していて、
”ヘェ~なるほどね、その訳はおもしろいかも~。その訳は飛躍し過ぎでは?”と
いろいろ感じました!
でも字幕翻訳は字数制限があるので確かに難しいですね。
シリアス・ドラマよりコメディの方がより難しいと思います。

トーマス・ギブソンが監督するエピは確かに次放送のエピだけど
来週は再放送かも?週末には決定すると思います。