映画 A GOOD DAY TO DIE HARD & シリーズ5作品の感想 


A GOOD DAY TO DIE HARD 

ダイ・ハード/ラスト・デイ
 

今年は DIE HARD ダイ・ハード 1作めが1988年に公開されて
ダイハード・シリーズ25周年おめでとう♪と言うことで
今回の ダイ・ハード/ラスト・デイ の宣伝で
トーク・ショーに出演しまくっているブルース・ウィルスは、とてもご機嫌なのでした。
トーク・ショー出演時、いつもジョークあふれオシャベリなブルースは
茶目っ気たっぷりで毎回視聴者を楽しませてくれます!


さて私の ダイ・ハード・シリーズ 5作品の感想としては…

☆ DIE HARD ダイ・ハード 
文句ナシに大好き!
高層ビル内を裸足で走り回り
”なんでこんなことになっちゃったんだよ~!”とブツブツひとり言で嘆きながら戦う、
主人公ジョン・マクレーン(ブルース・ウィルス)が新鮮でおもしろかった。
そして当時としては珍しいインテリ系のスーツ姿の頭脳派テロリスト、
ハンス役のアラン・リックマンがカッコ良過ぎて、この作品以来ずっと彼のファン♪

☆ DIE HARD 2 ダイ・ハード 2 
これまた好き!
空港と言う限られたシーンで走り回るジョン。
9/11以前の空港警備がそれほど厳しくなかった時代の作品として楽しめた!

☆ DIE HARD WITH A VENGEANCE ダイ・ハード 3 
これも好き! 
ダイ・ハードのハンスと兄弟設定のサイモン役
この作品以前から好きだったジェレミー・アイアンズが演じるだけでプラスなのに
ジェレミーが筋肉質のカッコイイ体型のテロリストと言うことで、さらにプラス(笑)。
犯人のサイモンに引っかけて
”SIMON SAYS…”(USAの子供の遊び=日本語版「船長さんの命令」)で
サイモンの言ったことに従わなけれず、サイモンに翻弄され
NYマンハッタン中を駆け巡る”大人”の
ジョン & ゼウス(サミュエル・L・ジャクソン)がおもしろかった。

以上 ダイ・ハード 1~3 は、何回観ても楽しめる私にとって大好きなシリーズ。

☆ LIVE FREE OR DIE HARD ダイ・ハード4.0
ダイ・ハード 3 から12年経って製作された4作め。
劇場公開時とその後TV放送でもう1回観たけど
”カーチェイスがスゴかったよな~”ぐらいで、ほとんど印象に残っておらず
自分の中では ダイ・ハード1~3 とは別物扱い。


そして今回の A GOOD DAY TO DIE HARD ダイ・ハード/ラスト・デイ 

以下、あらすじナシ、私の感想のみです。

d0175590_6163681.jpg


ダイ・ハード4.0 が好きじゃなかったから、今回も期待しないで映画館へ行って来た。

前回、父ジョンに反抗的だった娘ルーシーが事件解決後、ジョンと仲直りしたから
今回、”息子との関係がポイントになる”とあらかじめ知って、実際に観る前に
”きっとまた父と不仲で反抗的だけど結末では仲良くなるんだろうな~”と予測できてしまう安易さ(笑)。

観終わって思ったのは…またもやカーチェイスか!
ダイ・ハード 1&2 では
車に頼らず走りまわって自分の肉体を駆使して頑張っていたジョンなのに~。 
ヘリコプターのシーンと言い、爆発と言い、銃撃戦と言い、特殊効果に頼り過ぎ~。
ジョンも息子ジャックも、あそこまでキズだらけで高い場所から落ちてもナゼ不死身なんだ(笑)?!

ジョンのブツブツひとり言は健在?とは言え、もはやコレは ダイ・ハード・シリーズ ではなく
ブルース・ウィルス主演の”別のアクション映画”って感じも否めない。

ロシア・モスクワが舞台の割には、最初のラッシュ・アワーの道路以外、
ほとんどロシアの風景が関係ナシと言うのも残念な気が…。

悪役の設定が(俳優ではなく脚本的に)今ヒトツ悪役と言う説得力がない弱さ。

息子ジャック役には製作段階では、もっと名が知れた俳優が何人も候補に挙がっていたけど
最終的に、まだ知名度が低いジェイ・コートニーを起用したことで
今後シリーズ的にも彼にとっても吉と出るか否か?

今回この5作めを観に行った理由のひとつは…
ストーリーのカギとなる政府内部告発者ユーリ・コマノフ役が
私の大好きな俳優セバスチャン・コッホだから。

彼はドイツ人だけど今回の映画ではロシア語&英語だけ話しています。 
母国ドイツやヨーロッパ製作の映画では
代表作 DAS LEBEN DER ANDEREN (THE LIVES OF OTHERS 善き人のためのソナタ)
ZWARTBOEK (BLACK BOOK ブラックブック) とか、いっぱい秀作に出演しているけど
ハリウッドに出演すると UNKNOWN アンノウン(詳細はコチラ→ )のような
彼の実力を出し切れない役割が多いのよね~。
ドイツ系俳優のハリウッドでの扱いって、いつもそうだから…少し不満。


ブルース・ウィルスは ダイハード 6作め 製作ヤル気まんまんだけど…さてどうなるでしょうか?

A GOOD DAY TO DIE HARD ダイ・ハード/ラスト・デイ
私的には、おもしろくなかったけど、シリーズ続けば、きっとまた観に行っちゃうかな~(笑)。 



私の採点   ★★☆☆☆ (2つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2013-02-19 06:50 | 2013年全米公開映画 | Comments(4)
Commented by ちーぷさいど at 2013-02-19 08:29 x
やはり「1」は文句ナシに面白いですよね。ジェレミー・アイアンズは大好き(ボルジア家の教皇役の似合っていること!)なのですが、個人的に「3」はあまり好きではなくて、「1」→→→→→「2」→「4.0」→「3」くらいのランクづけ。でも今回「5」を観て、「3」が大傑作に思えて参りました。

破壊規模は「ビル」→「空港」→「NY」→「アメリカほぼ全土」と迷惑度が上がり、今回は「ロシア」。市井の人々に迷惑かけまくった挙句、何事も無かったかのように帰国するジョン・マクレーンを見るのはちょっと悲しい。彼はパンチ・ドランカーならぬ、トラブル・ドランカーにでもなってしまったのでしょうか。

>セバスチャン・コッホ

「アンノウウン」に出ていましたっけ~?と思って調べてみて思いだしました。ああ、あの方でしたかぁ。いや、「アンノウウン」も「5」を観た後ではマトモに思える作品ですが、あれはあれでヒドかったですよねぇ。リーアム・ニーソンも大好きなのですが、彼ももうちょっと慎重に作品を選ぶべきですよ…ね?
Commented by gabbyna at 2013-02-20 23:37
私も見て来ました。私もこのシリーズ、大好きですが、4と5は、まぁブルースさんもお年しになったなぁということでなるべく他人を走らせて自分は、少しおやすみしながらというパターンですね。
見終わって、ラスト・デイでしょ?!と突っ込みたくなる終わり方、まだやる気まんまんなんだなぁと思ったりしてね。
次回は、親子3人でドンパチかしらね。。。(苦笑)
Commented by schatz1995 at 2013-02-21 05:03
ちーぷさいどさん:

ちーぷさいどさん的には、このシリーズの好みが 4>3 なんですね~。
私的には 3>4 なので意見が違って、おもしろいですね!

>何事も無かったかのように帰国する…
ロシアから賠償金を請求されても不思議ではない親子でしたね(笑)。

リーアム・ニーソンは予想外に TAKEN (96時間) が大ヒットしたので
↑私もTAKEN の「1」のほうは好きだけど…
続けて現代アクションものをやってみようか~と思ったんでしょうね~。
ストーリーのヒネリが足らなかったと思う UNKNOWN でした。

ところで、こちらでは”ボルジア家”のS3 は4月開始なので楽しみです!
Commented by schatz1995 at 2013-02-21 05:37
gabbynaさん:

やっぱり年齢的にジョン・マクレーンが走るシーンが減ることは仕方ないですね。
それでもシリーズ 1&2 のように車に頼らず
自分の足で駆け回る彼を観たいんだけどな~(笑)。

>親子3人でドンパチかしらね…
なにしろもう親子の絆バッチリですからね(笑)。
シリーズ6作めは史上最強トリオで、さらにハチャメチャなことをしてくれるかも!