マフィアの歴史が分かる MOB MUSUEM in ラスベガス


ラスベガスのダウンタウンにある MOB MUSEUM モブ・ミュージアム


高級ホテルやショッピング・モールが並ぶ LAS VEGAS BLVD.(通称:ストリップ)周辺からは
少し距離があるので、レンタカー、タクシー、バスなど乗り物を利用します。

d0175590_5425660.jpg


      MOB MUSEUM モブ・ミュージアム


ミュージアムの名前の通り、MOB(=モブ、マフィア、ギャング)を扱ったミュージアム。

映画 THE GODFATHER ゴッドファーザー シリーズから
TVドラマ・シリーズ THE SOPRANOS ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア まで
とにかくマフィアを題材とした映画やドラマが大好きな私のような人にはオススメのミュージアム!

d0175590_6133515.jpg


アル・カポネ、ラッキー・ルチアーノ、ミッキー・コーエン、バグジー・シーゲルなど
過去に実在したマフィアの罪状、刑期、死亡理由などが明確に分かり、
現代社会に生存するマフィア・グループ、国際指名手配されている実在のギャングなどの情報も
詳細に分かります。

d0175590_6223723.jpg


警察、FBI、CIA など彼らを逮捕する、法を執行する側が
どうやって悪人を追いつめて逮捕するか詳細に展示されています。

d0175590_6234484.jpg


マフィアやギャングに対して不利な証言をしたり、
仲間を裏切って警察側と協力して、マフィアから命を狙われる可能性のある人々は
WITNESS PROTECTION PROGRAM (証人保護プログラム)に守られ
新しい身分証明書を発行され、別人として、どこかで生きている実例を説明。

法執行側の刑事、FBIエージェントでありながら本当の身分を隠し
UNDERCOVER (潜入捜査)
マフィアやギャングのメンバーとして情報を流すオトリの実例展示。

上記写真右のドニー・ブラスコことジョセフ・ピストーネ
FBIエージェントでありながら、アンダーカヴァーとして
マフィア・ファミリーにメンバーとして数年間も潜入。
その実話は映画 DONNIE BRASCO フェイク でも描かれ
ドニー役はジョニー・デップ、マフィアの一員役にアル・パチーノ。

現在も証人保護プログラム下で、執筆活動や犯罪コンサルタントとして活躍している
ジョセフ・ピストーネ本人のインタビューも聴けます。

d0175590_6413519.jpg


そしてマフィアやギャングを題材にした映画やドラマのパネル・リスト。
”あ~あの作品も!その作品も!観たことがある!”

d0175590_745899.jpg


個人的にはこのパネルがお気に入り!

CIA(中央情報局)、FBI(連邦捜査局)、DEA(麻薬取締局)、
ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)、U.S.マーシャル(連邦保安官局)、
ホームランド・セキュリティ、シークレット・サービスなどの連携ぶりが分かる構図。


マフィアやギャングに関する映画やドラマが好きな人にはタップリ時間をつぶせるミュージアムです。


おまけ…

d0175590_9583385.jpg


THE VENETIAN ベネチアン・ホテルには、ゴッドファーザーのスロット・マシーンが♪

当たると映画のセリフが流れ、テーマ曲が流れます!




ワシントンD.C.にある 犯罪と刑罰国立博物館 そして 国際スパイ博物館 も
犯罪映画、スパイ映画好きな人にオススメです! 詳細はコチラ→




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by schatz1995 | 2013-09-22 10:08 | 映画&ドラマ撮影場所 | Comments(8)
Commented by みやま at 2013-09-22 14:22 x
マフィアにスパイに犯罪を扱う博物館、興味深いですねぇ。それらを訪れたあとに観る映画やドマラはまた違う面白さがありそうですね♪
機会があれば、一度は行きたいですね。
Commented by ちーぷさいど at 2013-09-23 06:19 x
行ってみたいです!

CSIでここを舞台にしたエピソードがあったのですが、その時は有名マフィアの私物の展示室しか映らなかったので、他にもこんなにいろいろ展示があるとは思いませんでした。

Schatzさんおすすめ、各部署の相関図がわかるパネルは本当に面白いですね。こうして見ると、ローカルポリスとFBIって離れているのですね。地元警察がFBIの介入をよく思わない云々というシーンがドラマや映画でよく描かれるのも、なるほど~と、何となくうなずけてしまいます。

あ、ところで、俳優さんたちの写真、アップにして見たらマットがいますね♪ ありがとうございました(^^)
Commented by Schatz1995 at 2013-09-24 00:47
みやまさん:

これらのミュージアムどこも”大人が楽しめる”展示物や体験ゲームが多いんですよ。
「あの俳優が演じていた実在の人物はこんな感じなのか〜!ソックリ!」とか
映画やドラマに関連づけて魅入ってしまいます。
チャンスあったら是非訪れてみてください!
Commented by Schatz1995 at 2013-09-24 00:56
ちーぷさいどさん:

>地元警察がFBIの介入をよく思わない云々…
コレはもう”お決まり”ですね(笑)!
最初は、お互いにプライドが高過ぎて折り合いが悪く、
事件が解決するに従って仲良くなっていく…(笑)。

あの相関図パネルと見ると
それぞれの部署を舞台にした映画やドラマが
どれだけ幅広くあるかが良く分かり、おもしろかったです。



Commented by gabbyna at 2013-09-25 11:40
ああ、行きたい、是非見てみたいです。私も一日しっかりとけんがくしてしまいそうです。
実在の人物っていうのは、凄いことですよね。それをかなり忠実に映画化(ドラマ化)しているアメリカとかってやっぱり凄いです。
小説でもこの図式が良く解らない時があるんですが、こうやってパネル化してくれたら解りやすいですよね。
ああ、見たいなぁ。
Commented by schatz1995 at 2013-09-27 05:06
gabbynaさん:

既に亡くなった人物はもちろん、
現在も生存していて、裁判係争中、または服役している、逃走している人物までも
バッチリ顔写真や動画を含め展示されていて
”こんなに載せて良いのか?!”と驚きます。

かなり大きい Law Enforcement Agency の連携パネルは持ち帰りたいくらいでした(笑)。
ノート・サイズやポスター・サイズのコピー商品があれば購入したかも!
Commented by mico at 2013-10-07 12:54 x
はじめまして。
こんにちは。

アメリカのドラマが大好きで、
いろいろと検索をしていましたらこちらのブログに
出会えました!

豊富な内容で、最初から順番に読ませていただこうと
思っています。

私もマフィア、ギャング系の映画が大好きなので、
MOB MUSEUMにすごく気になります!

一度、訪れてみたいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by schatz1995 at 2013-10-07 14:48
micoさん:

ブログ訪問ありがとうございます!

マフィア&ギャング系映画が好きなら、このミュージアムきっと楽しめると思います。
特に実在の人物を映画化(ドラマ化)したストーリーについての展示には見入ってしまいます。

また遊びに来てくださいね!