アメコミ・ヒーロー映画 THOR: THE DARK WORLD

アメコミ・スーパー・ヒーロー・アクション3D映画

THOR: THE DARK WORLD

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

大ヒット映画 THOR マイティ・ソー の続編


USAにての劇場公開2日めに足を運んだので、もう1ヶ月前に鑑賞しているこの映画、
ブログ記事を書くことが遅れてしまいました。

以下、あらすじ少し&私の感想のみで、ストーリーのネタバレありません。

d0175590_930415.jpg

第1作め マイティ・ソー から2年後の設定。

今回は、ソー(クリス・ヘムズワース)の故郷“アスガルド”と
お互い恋心抱くジェーン(ナタリー・ポートマン)が暮らすイギリス・ロンドンが舞台。

“アスガルド”への復讐心で煮えたぎる邪悪なマレキス(クリストファー・エクルストン)率いる、
ダーク・エルフ軍団に、故郷を壊滅させられそうな危機に陥るソーが
血の繋がらない弟=宿敵ロキ(トム・ヒドルストン)と手を組み、祖国のために立ち向かうが…
今までずっと牢屋に閉じ込められ、ソーに対して憎しみいっぱい尋常ならぬ敵対心を抱くロキが
”そう簡単にソーと一緒に戦うわけがない!”ところがポイント!

「オマエを信用できない!」とロキに言うソー。
「俺の“激怒”を信用しろ!」とソーに言うロキ。

d0175590_9323491.jpg

私的には、アメコミはヒーローよりも“どれだけ悪役が憎らしくもカッコイイか!”がポイントのヒトツ。
だから主人公ソーより断然!悪役ロキのほうが魅力的で惹かれてしまう♪

今回の場合、自分にとっては本来の悪役マレキスはどうでもよく(笑)、
ロキの憎たらしいほどのカッコ良さったら♪
もう~個人的にはハート053.gifバクバク鳴ってキャ~キャ~叫びたいくらい(笑)。

友人の多いソーに比べて、ひとりぼっちのロキ、
辛辣なジョークを言っては相手に煙たがれるが、本当は心に傷を負っている寂しがり屋、
でも少しでもロキに対して同情したり心を許したりしたら
そこはサイコパスのロキのことだから、痛い眼に合うこと確実。


当然、ストーリーは完結せずに
「エ~ッ!早く続きが観たい!」とワクワクするシーンで次作に続きます!

そしてもちろん!マーベル・コミック作品の映画では毎回楽しみな♪
出演者や製作関係者の名前が紹介されたテロップ終了後の“カメオ”の登場シーン。
今回のオマケ予告編は「エ~ッ!あの人が次回出演するの?!」と楽しみ倍増。

個人的には、ソー&ジェーンのティーンのような恋愛関係は退屈だし
マキレスも悪役としてそれほど恐い存在ではないけど
とにかくロキに関するストーリーがおもしろい。

もともとソー役のオーディションを受けて落ちて、ロキ役に抜擢されたトム・ヒドルストン。
今やトム以外にロキ役は思い浮かばないな~。
本来のクルクル巻き毛の茶髪より、ロキ役の黒いダークな長髪のほうが似合っているくらいだわ。

雑誌 Entertainment Weekly いわく
“ロキ役のトム・ヒドルストンを観るだけで、この映画を観る価値がある!”に100%同意!
だから以下の採点になりました。


映画 マイティ・ソー/ダーク・ワールド 日本では2014年2月公開予定。



私の採点   ★★★★☆ (4つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2013-12-04 09:52 | 2013年全米公開映画 | Comments(6)
Commented by ちーぷさいど at 2013-12-07 08:46 x
こんにちは(^^)

こちらでは2月公開なので、お楽しみはまだまだ先なのですが、2月の公開ラインナップが目白押しなので、今からどうやって時間をやりくりしよう…と思案しております。何しろ、「ホビット」も「ミケランジェロ・プロジェクト」も2月なのですよ。

カメオ出演のあの人…誰でしょう?うーん。気になります。楽しみなので、ネタバレをなるべく見ないように2月まで過ごしたいと思います。

ご紹介ありがとうございました♪

Commented by schatz1995 at 2013-12-09 06:30
ちーぷさいどさん:

最後のテロップ後のカメオ出演のあの人…
次回の悪役だったらおもしろいのにな~♪と思います。

日本は昔から2月頃、新春第2段に公開される話題作が多いですよね。
こちらは賞レース・ノミネートへの印象を強くするため
11月&12月に話題作が次々公開されます。
今月も毎週劇場へ足を運んでいる私です♪
…で、こちらでは毎年2~3月は
あまり期待されていない(笑)映画の公開が多いんですよ。

>ミケランジェロ・プロジェクト…
聞いたことないな~そんな映画あったかな?と調べたら!
「The Monuments Men」は、そんな”全然違う”邦題がつけられていたのですね!
「モニュメンツ・メン」では分かりにくいかな(笑)?
この映画も当初、賞レース・ノミネートのため、12月公開予定だったのに
どんどん延期されて、こちらでも2月公開予定です。
完成度が思ったほどの出来映えではなくて、製作を練り直したとか?
など、いろいろ勘ぐってしまいます。
でももちろん観に行きますよ!
Commented by gabbyna at 2013-12-10 06:27
確かにこの映画は、ロキを見るだけで価値があるという意見に100%賛成です。彼のいけずなところがいいです。(笑)
Commented by ちーぷさいど at 2013-12-11 09:45 x
Monuments は、傑作美術品すべてを意味する言葉なのでしょうか? 我々ニッポン人にはわかりづらいです。モニュメントと聞くと、建築物をイメージしてしまいますもの。「ミケランジェロ」にしたのは、映画の中で主にミケランジェロの作品が扱われているからなのか、はたまた、「ルネッサンスといえばミケランジェロぐらいしか知らんだろー」という考えなのか(悲)、ちなみに身内は、今回のテストでフェルメールとベラスケスを間違えたと言っていました。どうやったら間違えられるのか、私にはサッパリわからないのですが、今時の若いモンはそんなものなのでしょうか(涙) ともあれ、「ミケランジェロ・プロジェクト」は、最近日本で主流となっている、原語をそのまんまカタカナ表記の「モニュメンツ・メン」よりも興味を引くのではないかなぁ…と思っております。

ケイト・ブランシェットも出演しているし、今から楽しみです!
Commented by Schatz1995 at 2013-12-13 12:55
gabbynaさん:

>彼のいけずなところがいいです…
ワガママで駄々をこねる子供っぽいところも好きです(笑)。

これがTVドラマだったら、絶対ロキが主役のスピンオフが製作されるだろうな~!
Commented by schatz1995 at 2013-12-13 13:13
ちーぷさいどさん:

まぁこの場合は原題とは全く違うけど、この邦題のほうが
”観る人が興味を示す”かもしれないですね。

関係ないけど”ミケランジェロ”も
英語発音は”Michelangelo=マイケランジェロ”ですからね(笑)。
そんなセリフあるのかな?

私のケイト・ブランシェット大好きです♪
女性らしい役も男っぽい役もこなし、知的でエレガントだと思います。