娯楽映画 THE WOLF OF WALL STREET


THE WOLF OF WALL STREET

ウルフ・オブ・ウォールストリート


ひと昔前までは、マーティン・スコセッシ監督と組む俳優と言えば、ロバート・デ・ニーロだったけど
ここ数年はもうスコセッシのお気に入り俳優と言えば…レオナルド・ディカプリオ
…と言うわけで、スコセッシ&レオ・コンビが描く、実話をもとにした3時間の娯楽ドラマ映画

d0175590_11152036.jpg

とにかく下品な言葉が次から次へと出て来る、出て来る!
コカインなどドラッグ浸りのシーン、かなり乱れたセクシュアルなシーンが
“これでもか~!”ってくらいテンコ盛り! 

ニューヨーク金融街ウォール・ストリートを舞台に
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの野心あふれる人生を描き
彼の挫折、成功、女と酒に溺れる放蕩生活を経て
マネー・ロンダリング、株式不正行為により法の裁きを受けるまでのストーリー。

レオナルド・ディカプリオが演じるジョーダン・ベルフォートが実在の人物だけに
言葉巧みに人を操る“口から生まれたような“強欲でドラッグ中毒、セックス中毒の
この男性に何ヒトツ私は共感が持てなかったな~。

最初から最後までレオが、しゃべりっ放し! 
とにかく出演者が多いこの映画。 
レオの次に登場シーンが多かったのは…
仕事のパートナーであり、女、薬、酒すべてのバカ騒ぎ仲間でもあるジョナ・ヒル

出演シーンは少ないけど、マシュー・マコノヒー、スパイク・ジョーンズ、
ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー、カイル・チャンドラー、
皆、芸達者!助演俳優が良かったです。


しかしレオって…今回の映画を含め
映画 CATCH ME IF YOU CAN キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン で、
天才詐欺師フランク・アバグネイルJr.を演じ、
映画 THE AVIATOR アビエイター で、大富豪ハワード・ヒューズを演じ、
映画 J.EDGAR  J・エドガー で、FBI長官エドガー・フーヴァーを演じ、
”長編映画で ~実在の人物~を演じるのが好きだな!”とつくづく思いました。

ちなみに CATCH ME IF YOU CAN キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
私の大好きな映画です。
あの実在の天才詐欺師は
人を騙して大金を手にしても、なんとなく憎めないキャラクターと言うか、
微笑ましいエピソードが多かったからかな~。


映画 THE WOLF OF WALL STREET ウルフ・オブ・ウォールストリート
日本では2014年1月公開。


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2013-12-30 11:35 | 2013年全米公開映画 | Comments(0)