サスペンス・スリラー映画 THE TWO FACES OF JANUARY

THE TWO FACES OF JANUARY

ギリシャに消えた嘘

1962年の美しいエーゲ海と地中海を背景に
ギリシャ・アテネとクレタ島、トルコ・イスタンブールが舞台のレトロなサスペンス・スリラー映画。

出演者は他にも少しいるけど映画全体を観れば、ほとんど
ヴィゴ・モーテンセン、キルステン・ダンスト、
オスカー・アイザック
の3人しか出演していないので、ファンはタップリ彼らを観れるので必見です♪


以下、簡単なあらすじと私の感想少しのみ、
シリアスなサスペンス映画なのでストーリーのネタバレは一切ありません。

d0175590_661567.jpg

アメリカ人の詐欺師チェスター(ヴィゴ・モーテンセン)
彼の若い妻コレット(キルステン・ダンスト)は優雅にギリシャを旅行中。
街中のカフェでアメリカ人のライダール(オスカー・アイザック)と出会う。
ライダールはギリシャ語を話す現地のツアー・ガイドだが実は彼も詐欺師であった。

予期せぬ“ある事件”を自ら起こしたことで、ライダールの助けが必要となったチェスター。
奇妙な関係の3人の逃避行が始まるが
最初からお互い相手の正体を疑っているチェスターとライダールの関係が上手くいくハズもなく
事態はドンドン収拾がつかなくなっていく…。



THE TWO FACES OF JANUARY を観終わって
なんとなくマット・ディモン&ジュード・ロウ主演の映画 THE TALENTED MR. RIPLEY リプリー
(またはアラン・ドロン主演の映画 太陽がいっぱい )を彷彿させるな~と思ったら
両作品とも作家パトリシア・ハイスミスの著書を脚本化した作品でした。

キレイにヒゲを剃ってツルツル肌(笑)のヴィゴ・モーテンセンの
アイボリー・カラーのスリーピース・スーツ+パナマ帽スタイルの帽子姿がサマになってカッコイイ♪
でもソレは最初のうち…だんだんとボロが…(笑)。
1960年代の皆のオシャレな服装がステキな作品。

オスカー・アイザックもイイ味を出しています。

ヒトツだけ!
映画の中で、相手を騙すためにライダールがチェスターを自分の父親だと紹介するシーンがあるけど
いや~どう見てもサッパリ系の北欧顔のヴィゴと濃いコッテリ系のラテン顔オスカーは
親子には見えないでしょう!と思ってしまったのでした(笑)。

ヴィゴさま…昔からそうだけど、最近ますますハリウッド映画の大作から遠ざかり
海外資本の映画や小作品に出演する傾向が高く
この映画も米国では大・中都市の劇場のみの限定1週間上映なのでした。


THE TWO FACES OF JANUARY ギリシャに消えた嘘
なかなか見応えのあるサスペンス・スリラーです!



私の採点   ★★★★☆(4つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by schatz1995 | 2014-10-14 06:20 | 2014年全米公開映画 | Comments(6)
Commented by guch63 at 2014-10-14 08:36 x
こんな感じの映画は好きですよ、、残念ながら此方では6月にシドニーの映画祭で上映されたきりで他の都市での公開はないとか、、FOXの配信待ちかな??同じような設定でアルゼンチン映画ですが”Nine Queens"(00年)と言う秀作があったんですよ、これはDVD買っちゃいました。
Commented by schatz1995 at 2014-10-17 01:10
guch63さん:

この映画は、こちらでもたった1週間だけ劇場公開して
既にネット配信でも観れるようですが
大きなスクリーンでヴィゴを観たかったので映画館へ行きました。

”Nine Queens"耳にしたことがなかったので調べてみました♪
なるほどおもしろそうですね!

こちらでは年に数回アルゼンチン映画が劇場公開
(いわゆる単館上映か映画祭で)されます。

このブログには鑑賞記事を書いていないけど
数ヶ月前に「The German Doctor」を映画館で観ました。
”死の天使”と呼ばれたヨーゼフ・メンゲレがドイツから南米ヘ逃亡後の人生話です。

ハリウッド製作映画も好きですが
低予算のインディ映画とか外国映画も秀作いっぱいありますよね!
Commented by guch63 at 2014-10-17 07:28 x
http://blogs.yahoo.co.jp/guch63/59684688.html
http://blogs.yahoo.co.jp/guch63/67636344.html
schatzさん、、是非 ↑ の2本も両方ともFOXで配信されその後DVDを買った数少ない海外の秀作です。(Chanceはアメリカ)もう涙なしには見れない映画だったな~、、こんな”マイナー”な秀作を探してウン十年です(笑)。
Commented by schatz1995 at 2014-10-21 09:56
guch63さん:

ご紹介ありがとうございました!

ケヴィン・ベーコンの作品はHBOムービーなので存在は知っていたけど
未視聴なので機会があれば観たいと思います!

ダミアン・ルイス!こういう作品にも出演していたんですね~。
この作品は知りませんでした!

マイナー作品も良いですよね~結構掘り出し物がありますよね!
Commented by guch63 at 2015-05-21 12:02 x
ありゃこの映画、同じ印象を感じていられたんですね、、ワタシはパトリシア・ハイスミス原作って事から入ったのでやはり同じ原作者は作風も似るんだな、、みたいな感じでした。
それにしてもアメリカ人作家とは思えない作風でした。
やっぱりschatzさんのこの記事が知らずに影響してたんだ、、FOXで配信しているってのを知った時に見えもないのに凄く身近に感じたんですよ、、。
Commented by Schatz1995 at 2015-05-22 07:47
guch63さん:

おもしろいですね~!
guch63さんは原作者をあらかじめ知っていて、この映画に入って
私はこの映画を観てから「”太陽がいっぱい”と作風が似ているな~。
どれどれ原作者は誰よ?アッ!やっぱり同じ著者なんだ!」と思ったのでした(笑)。

>この記事が知らずに影響してたんだ…
もしかしたら昨秋にコメントをいただいた時点で
guch63さんの潜在意識のどこか片隅に、この映画の記事が残っていたんでしょうか?

>アメリカ人作家とは思えない作風…
確かにそうですね!
彼女の他作品の映画化も実現したら観てみたいな~。