最高傑作ドラメディ映画 BIRDMAN

BIRDMAN
OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)

バードマン
あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)


現在、USAでジワジワとロングラン・ヒット中のインディペンデント低予算映画の傑作!

辛辣で風刺的で自虐的な笑いも含め
少しドキュメンタリー風の秀作ドラメディ(ドラマ+コメディ)。

批評家にも観客にも非常に受けが良く絶賛されていて
既に、ゴールデン・グローブ賞、SAG(全米映画俳優組合)賞など様々な映画賞に
作品賞、監督賞、主演男優賞マイケル・キートン
助演男優賞エドワード・ノートン、助演女優賞エマ・ストーン、脚本賞…
ほとんど主要なカテゴリーにノミネートされていて
今後発表されるアカデミー賞ノミネートも確実視され
主役のマイケル・キートンは主演男優賞を受賞するのでは?すべきだ!きっとするだろう!
ウワサされています←私もそう思う!

以下、あらすじ少し&私の感想のみで内容のネタバレありません。

d0175590_3401999.jpg


リーガン(マイケル・キートン)
かつて「BIRDMAN」という大ヒット映画3作で主役のスーパー・ヒーローのバードマンを演じて
大人気スター俳優だった。
今でも人々はリーガン=バードマンと認識していて、彼の顔を見ればサインを要求してきて
いつまでも“バードマン”に付きまとわれている。
当の本人は少々疲れ切った初老にさしかかった中年俳優で
俳優としてスランプもストレスも感じ、精神的にもがきあがいている。

リーガンはニューヨークのブロードウェイの舞台で文芸作品を演出、主演して
再起を図ろうと考えているが
共演者の中堅俳優マイク(エドワード・ノートン)は演技も上手いが
目立ちたがり屋の生意気な奴で癪に障る。

更に、バードマン役で絶好調の頃、家庭を顧みなかったリーガンは
ドラッグ中毒リハビリ施設から出てきたばかりの娘サム(エマ・ストーン)とは微妙な親娘関係。

リーガンの悩みは果てしないが…。


映画はほとんど全て、ブロードウェイの舞台、
または迷路のような狭く入り組んだ舞台裏や控え室のシーンで、
まるで“劇中劇”を鑑賞しているような感じ!

更にカメラ・ワークが切れない!
時間も日にちも経っていても継続的にワンカット・シーンの連続で臨場感があふれている。

セリフが非常に多いのだが、人間のエゴ、悩み、心の葛藤、対人関係を見事に描写していて
現実と空想が入り混ったリーガンにはバードマンの低い声も天から聞こえて
いろいろ彼に忠告して彼を悩ませるシーンもあって面白い!
(まるでバッドマンのあの低い声そのもの!)

マイケル・キートン本人も25年ほど前に
映画 BATMAN バットマン BATMAN RETURNS バットマン・リターンズ
主役のバットマンを演じていたから、今回の役柄を少し彷彿させるところがあるかな~。
でもマイケルの場合は、バットマン2作以降も、コメディからシリアスな映画まで
ヒーロー役(バッドマン)を演じて以来の固定されたイメージを嫌って悪役もこなしていて
ずっと継続的に俳優として活躍しているので、このリーガン役とは少しまた違う面もあるけど。
例えばこんな映画で悪役でしたね~。作品はコチラ→


この映画の中では、エドワード・ノートンも良いが、なんたってマイケル・キートンだと思います!

大掛かりなアクションも派手なCG効果もなく
ナオミ・ワッツ(舞台での共演女優)や
ザック・ガリフィアナキス(リーガンの親友で彼担当の弁護士)も含め
役者本来の演技が輝く熱演で役者魂を観せて(=魅せて)もらった!


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) は日本では来春公開予定。



私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by schatz1995 | 2014-12-18 04:05 | 2014年全米公開映画 | Comments(2)
Commented by ちーぷさいど at 2014-12-18 08:12 x
この作品、とても楽しみにしています(^^)

私はエドワード・ノートンのファンなので、彼の演技も気になります。彼はちょっと上手すぎてしまって、デビュー作から他の役者さんを食ってしまうところが多々ありました。また、監督さんと揉めることでも有名だったようで、最近は作品選びも大変だったようで案じておりましたが、ウェス・アンダーソン監督とはウマが合ったのか「ムーンライズ・キングダム」と「グランド・ブダペスト・ホテル」では、非常に肩の力が抜けた演技でした。また表舞台(?)に戻って来てくれて嬉しいです。

今回はちょっと鼻につくイヤな野郎の役のようですね。ちゃんと、主演のマイケル・キートンを立てて、助演に徹した演技だったのかな?と気になっております。

マイケル・キートンも好きな役者さんなので、ぜひオスカー取ってほしいものです。

ご紹介、ありがとうございました(^^)
Commented by Schatz1995 at 2014-12-20 06:30
ちーぷさいどさん:

この映画のキートンは当たり役だと思います。
今後どれだけ多くの賞にノミネートされるか楽しみです。

ノートンも相変わらず上手いですよ~。
「PRIMAL FEAR」で鮮烈にデビューした印象は何年経っても覚えているし
あの映画は何回観ても彼の演技にウワ~ッ!と唸らされます。

ノートンも「THE INCREDIBLE HULK」でスーパー・ヒーローを演じていますよね~。
個人的には彼にアメコミ・ヒーロー役は似合わないと思うけど…。

賞ノミネートとなると「AMERICAN HISTORY X」も思い出しますね~あの役もスゴかった!