最新ドラマ映画 THE WATER DIVINER

THE WATER DIVINER

(原題: ウォーター・ディヴァイナー)


監督・主演 ラッセル・クロウ


私の大好きな熊ちゃん053.gifラッセル・クロウの本格的な映画監督デビュー作品です!


オーストラリア、トルコ、USA共同製作。 
オーストラリア&トルコでは昨年末に劇場公開され、USAでも先週末に公開されました。

1914年に編成された ANZAC(オーストラリア・ニュージランド軍隊)にとって
初の海外遠征となるトルコ“ガリポリの戦い”について描いたドラマ映画

ニュージーランド生まれで長年オーストラリアに暮らしているラッセルにとって
“ガリポリの戦い”を描いた内容はとても想い入れが強く重要なことだと思います。

THE WATER DIVINER は今年1月に開催された
オーストラリア・アカデミー賞(AACTA AWARDS)では
最優秀作品賞、最優秀助演男優賞(Yılmaz Erdoğan)、最優秀衣装デザイン賞、3冠に輝いています!

以下、内容のネタバレには触れずに簡単なあらすじと私の感想です。

d0175590_1054298.jpg

1915年、第一次世界大戦時、
大英帝国(イギリス)が率いる連合国側に参加したANZAC(オーストラリア・ニュージーランド軍隊)は
敵である同盟国側オスマン帝国と戦うためトルコ・ガリポリに出征。

オーストラリアの田舎に暮らす農夫ジョシュア・コーナー(ラッセル・クロウ)には
10代後半の3人の息子がいた。
ジョシュアの3人の息子も戦地に向かったが
その後、3人とも音沙汰がなく、戦死したのではないかと推測されていた。

4年後の1919年、息子3人の遺骨はもちろん遺品さえも戻って来ない辛い日々が続き
ジョシュアも、精神状態が不安定な妻も悲しみにくれていた。
ジョシュアは息子たちが戦った場所を訪れようと決心する。
もしかして息子たちはどこかで生きているのかも知れない…との一縷の望みを残して
はるばるオーストラリアからトルコヘ向かうジョシュア。 
しかし戦地だった“ガリポリ”は一般人は立ち入り禁止なのだった…。

d0175590_10565455.jpg

映画は実際にトルコでも撮影して、トルコ出身の俳優も出演、英語とトルコ語両方のセリフがあります。

戦争中、敵だったトルコ人への憎しみ、次第にお互いに和解して触れ合っていく様子が
ゆっくりと切なく描かれていきます。
戦場で戦うシーンも少しあるけど
ストーリーは、戦争により、夫、子供、大切な人を失った遺族について焦点を置いています。

007 QUANTUM OF SOLACE 007 慰めの報酬 での
ヒロイン役が印象に残っているウクライナ出身のオルガ・キュリレンコ
トルコ人妻を演じていて、トルコ語のセリフを上手に話していて少し驚いたな~。

実生活でも2人の息子がいるラッセルの
“戦争により大切な息子3人を奪われてしまった”心優しい父親役が真に迫っていて
とても良かったと思います。
観終わった後、優しい気持ちになれるドラマ映画。



私の採点   ★★★★☆(4つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2015-04-28 11:07 | 2015年全米公開映画 | Comments(6)
Commented by gabbyna at 2015-04-30 09:24
映画「ノア」を見て少しラッセルさんを見直した私。
彼は、上手いんですが、それがあだになる時もあり(私的に)
でもノアのお父さん役というか、ノアの役は、良かったなぁと思いました。この映画も何か共通するところがありそうで興味が湧きました。それにしても大好きな「L.Aコンフィデンシャル」の若さ全面から何と渋く素敵になったものでしょうね。(私は、相変わらずガイ様が大好きです。)
Commented by Schatz1995 at 2015-05-03 02:21
gabbynaさん:

ラッセルが映画宣伝などでTVトーク番組に出演すると
必ず息子2人との微笑ましい日常エピソードを話すので
今回のような優しく強い父親を演じている彼を観ると
「私生活もこんな感じなんだろうな~♪」と想像できます。

「L.A. コンフィデンシャル」私も大好きです。
何回観ても楽しめます!
ガイ・ピアース出演で私の一番好きな映画はサイコ・スリラー「MEMENTO」かな~。
Commented by guch63 at 2015-05-23 15:19 x
世界に先駆けてオーストラリアで最初に公開になったんですよ。封切り前は張り切って見に行く積りでしたが今だにFOXで配信されても見てません、、。どうも”Private Ryan"って印象が強いしANZACを描いているってのが知らずに気を引かせているのかも、、”Railway Man"は途中で挫折してしまいました。又、書いてるって言われるのは承知ですがラッセル・クロウはマキシマスとマックス・スキナー役が好きですねん!
でもこれはSchatzさんに敬意を表して今度ちゃんと見ます!
Commented by Schatz1995 at 2015-05-24 05:10
guch63さん:

ANZACについて描いた作品は現地に暮らしているguch63さんには
私とはまた違った印象を持たれるかも知れませんね。

「The Railway Man」はこちらでは限定劇場公開1週間ほどだったので
都合がつかず観ていません。
コリン・ファース好きなんですけどね。
アッという間に公開終了してしまいました(笑)。

「GLADIATOR」は何十回も観ています♪
マキシマス役は最高ですね!
私はホアキン・フェニックスも好きなので
あの憎たらしいコモドス役さえも愛おしい?です。
オリヴァー・リードもリチャード・ハリスも今は亡くなって寂しいです。
Commented by guch63 at 2015-05-24 12:25 x
日曜の朝っぱら、、FOXさんへ5.50ドル払ってしっかり見ましたよ。良かったですね、、、意外と言ったらクロウ監督に怒られちゃいますが子供を思う父親がとても良く描かれていました。ホロリとさせられちゃいました。
オルガ嬢やりますね、、007の時より断然良いし役柄も合ってました。Schatzさんの記事を読んでいなかったら多分そのまま見過ごしてましたね、、ありがとう御座います。
コリン・ファースも好きですよ、、あの”裏切りのサーカス”ではにかんだような”キミは僕のもんだよ、、”みたいに微笑むシーン、、ありゃ見事でした。”Love Acturally”も良かったなぁ~、、。
Commented by Schatz1995 at 2015-05-26 08:23
guch63さん:

ご覧になられたんですね!
優しい父親役でしたね。

こちらこそ!guch63さんの映画評を参考にさせていただいています。

”裏切りのサーカス”…
若い頃より中年になってからのゲイリー・オールドマンが大好きです。

”LOVE ACTUALLY”は何年経ってもクリスマスが近付くと必ず観ます!
コリンもちろん、ヒュー・グラント、ビル・ナイ、アラン・リックマン…など
私の大好きな俳優の宝庫です。
あの映画は、当時はまだ無名で
その後に売れっ子になった俳優がとにかく多いですよね~。