ラブ・コメディ映画 ALOHA

ALOHA

原題: アロハ


この映画、劇場公開前から
「ストーリーがつまらない。人物設定が変だ。」など
批評家、著名人、ハワイ在住アジア系やポリネシア系人権団体から叩かれていました。
論争になっている理由は下記に述べています。

でも劇場公開2日めに観に行って来ました。
理由はただヒトツ!

大好きな053.gifブラッドリー・クーパー主演のラブ・コメディだから!

ブラッドリーは、ブロマンス的な男友達が絡むコメディ映画に多く出演しているけど
女性とのロマンスを描いたラブ・コメディに焦点を置いた作品出演はそれほど多くないんですよね~。

映画タイトル通り、ハワイが舞台のストーリー。

以下、ストーリーのネタバレは一切ありません。

d0175590_6433536.jpg

かつて米国空軍に所属していたブライアン(ブラッドリー・クーパー)
現在は大富豪カーソン(ビル・マーレー)の下で仕事を引き受けて責任者として働いている。
ブライアンは仕事でハワイを訪れた際に、空軍キャプテンのアリソン(エマ・ストーン)と知り合う。
とにかく波長が合わない2人は次第に惹かれ合っていくのだが…。

ブライアンの元彼女トレーシー役にレイチェル・マクアダムス
ブラッドリーとレイチェルは
映画 WEDDING CRASHERS ウェディング・クラッシャーズ でも恋人同士を演じていましたよね。
当時は、ブラッドリーはまだ俳優としてブレイクする前で
嫌な性格のボーイフレンド役で、レイチェルをオーウェン・ウィルソンに取られちゃうのよね(笑)。
あの映画は大好きで何十回も観ています!

他にもレイチェル演じるトレイシーの夫役にジョン・クラシンスキー
ブラッドリー演じるブライアンの空軍の元上司役に
アレック・ボールドウィン、ダニー・マクブライド…など
本来”コメディ演技ならまかせて!”的な抜群の顔ぶれがズラ~ッと揃っているのに
とにかくストーリーがつまらないし、セリフもおもしろくない!

しかし登場シーンは非常に少ないのにアレックはやっぱり“おかしくて”笑ったけど。

d0175590_6502130.jpg

さて上記に書いた映画 ALOHA アロハ が批判されている理由とは…
まず“アロハ”とはハワイ語なのに、実際のハワイの人口で白人は30%と少ないのに
主な出演者は白人ばかりだということ。
ハワイの人口の60%以上を占めるポリネシア(ハワイ)系やアジア系は
ほとんどその他大勢の脇役ばかり…とのこと。
まぁ映画を観たら確かにそう感じるかもな~。

そして極めつけは…
エマ・ストーンが演じるALLISON NG(アリソン・エング)という女性が
“中国系25%、ポリネシア(ハワイ)系25%、スウェーデン系50%”の
血が流れている人種設定だということ。

いや~私もエマ・ストーンかわいくて好きな女優だけど
どう考えたってエマは白人100%の容姿であって
“中国系25%+ポリネシア(ハワイ)系25%+北欧50%”の容姿には見えないって(笑)!

これが批判の対象となり
「なんでエマをそういう人種設定にしたのか?
そういう人種ならば、アジア系やポリネシア系と白人とのハーフの女優を起用すべきだった!」
と、ハワイの人権団体やアジア系著名人が論議して
これについてキャメロン・クロウ監督
「アリソン・エングという女性は実在の人物だから、その女性を描きたかった。
しかし不快に思った人々がいるなら陳謝する。」とコメント。

でも実際問題として
ブラッドリー・クーパーの恋愛対象となる相手役を務める主演級の
“ラブ・コメディができる”ポリネシア系やアジア系の女優はハリウッドにはいないと思うな~。
それが現実なんだよね。

(個人的に“ハーフ”という言い方は好きではないけど、日本語的に一般化しているので使用しました。)


そしてキャメロン・クロウ監督は、映画 ELIZABETHTOWN エリザベスタウン に続いて
またもやラブ・コメディ駄作を製作してしまった…と更に叩かれる始末。
確かにオーランド・ブルーム&キルスティン・ダンスト共演のエリザベスタウンもつまらなかったよな~。


まぁ映画 ALOHA アロハ は、“おもしろくない”と分かっていて観に行ったので文句ありません(笑)。
たまにはこんな映画もあるでしょう(笑)。
残念だけどね~。


私の採点   ★★☆☆☆ (2つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2015-06-05 07:13 | 2015年全米公開映画 | Comments(4)
Commented by gabbyna at 2015-06-05 23:23
実は、私はあの駄作と言われるElizabethtown、意外と好きなんです。オーリーの馬鹿さ加減とキルティン・ダンストの役が変すぎて可笑しかった。後BGM音楽が結構良かったかな。
ただ、いろんな面で変すぎるからこの監督って作品のデテェールなんかの詰めが甘いのかもしれないですね。
私は、エマストーン、結構好きだからまたもや変な役をやらされているのか、見てみたいと思いました。
Commented by Schatz1995 at 2015-06-08 00:28
gabbynaさん:

オーリーって、コスチューム劇、歴史モノ、ファンタジー系映画の出演が多くて
現代劇の出演って圧倒的に少ないですよね。
その点から観て、現代版ラブコメ「Elizabethtown」は、かなり貴重な出演作ですね〜。
でも結局どの出演作を観ても私はレゴラス役が一番だわ♪と思ってしまいます(笑)。

エマは元気いっぱいで笑顔がかわいくて好きだけど
今回の役柄(というか人種設定)は???でした。
まぁ論争になっている彼女が演じた人物設定は初めから決定事項で
彼女には落ち度は無いんですけどね…。
Commented by 松たけ子 at 2015-09-03 04:06 x
はじめまして!突然の乱入、お許しください!
アメリカで最新映画がご覧になられるって、私のような日本のド田舎に住んでる者からしたらパラダイスです!映画レビュウ、楽しい羨望で拝読してます!
先日、海外に出かけた際に、飛行機の中でこのアロハを観ることができました!大大大好きなブラッドリー・クーパーの新作が観られるなんて、狂喜乱舞でした♪
お話はでも、うう~ん…?確かにあまり面白くなかったかも…でも、ブラッドリーは相変わらずカッコよくてオチャメで、ますます好きになりました。アメリカン・スナイパーみたいなシリアスドラマも悪くないけど、彼にはやっぱコメディが似合いますよね。
確かにエマ・ストーンの人種設定、無理がありすぎましたよね(笑)。せっかく今が旬のブラッドリーとエマなので、ちょっと惜しい気も。
長々とすみません。今後も最新映画の情報と紹介、楽しみにしています!
Commented by Schatz1995 at 2015-09-03 07:20
松たけ子さん:

ブログ訪問ありがとうございます!
おぉ~♪同じくブラッドリー・ファンの方からコメントうれしいです!

私もシリアスな作品より
コメディに出演しているブラッドリーのほうが好みですね~。

こちらでは今年後半もブラッドリーの出演作品は目白押しなんですよ♪
まず今月中旬にはTVドラマ版「LIMITLESS」が放送開始。
映画版で主人公を演じたブラッドリーは
TV版では製作総指揮しながら特別出演もするそうで楽しみ!
10月には映画「BURNT」、12月には映画「JOY」が劇場公開です。
鑑賞したら、ブログ記事にするのでまた訪問してくださいね!