サンズ・オブ・アナーキー シーズン7 シリーズ・フィナーレ!

SONS OF ANARCHY サンズ・オブ・アナーキー

シーズン7 シリーズ・フィナーレ


昨年末に衝撃のシリーズ・フィナーレ!を観終ってから既に8ヶ月も過ぎて…
やっとブログ記事を書いています。
いやぁ~最も大好きなドラマのヒトツが終了してしまい
心にポッカリと穴が開いたようでなかなか書けなかったというのが本音です。
でもまとめて私の感想ドバ~ッと書きたいと思います♪

以下、サン・オブ・アナーキー シーズン7 全話のネタバレ含むあらすじ&私の感想です。

d0175590_6311537.jpg

北カリフォルニア郊外の架空の町、チャーミングがストーリーの舞台。

この街を仕切るグループは、表の顔は…車・バイク修理工場、

裏の顔は…銃器およびドラッグ違法売買を手がけるアウトロー・モータークラブ・バイカー軍団
SONS OF ANARCHY MOTORCYCLE CLUB, REDWOOD ORIGINAL (以下SAMCRO)

① サン・オブ・アナーキー シーズン6 フィナーレ
最愛の妻タラ(マギー・シフ)を自分の母ジェマ(ケイティ・セガール)に惨殺された、
SAMCROの頭取(プレジデント)ジャックス(チャーリー・ハナム)
殺害の真相を知らず、タラ殺しの犯人捜しに躍起になっている。

そして、シーズン6 で起こった別件でジャックスに“裏切り者!”と罵られていた、
SAMCROのメンバーのジュース(テオ・ロッシ)は、殺人を犯したジェマを庇って、証拠隠滅を図り、
ジャックスから姿を隠してジェマの手引きのもと近所に隠れ住んでいる。

タラを殺害したジェマには “タラ殺害の身代わり犯人”が必要で
タラ殺しを罪のない中国系マフィアのリーダーであるリン(ケネス・チョイ)の手下のせいにして
ジャックスにチクリ、ジャックスはその無実の手下を惨殺する。
さらにSAMCROは裏で徹底的に中国マフィアのビジネスを邪魔して滅茶苦茶にする。

② チャーミングには新任の女性保安官チーフ
アルテア・ジャリー(アナベス・ギッシュ)が配置される。
ギャング抗争を撲滅するためには彼らからの有力な情報も不可欠と
アルテアはSAMCROの副頭取チブス(トミー・フラナガン)から賄賂の金を受け取って情報を得ながら
お互いその利害関係を利用してチブスと男女の関係にもなる。

③ 中国系、黒人系、メキシコ系のマフィアおよびギャングを絶滅させるため
わざと“いさかい”を勃発させ、お互いを戦わせるSAMCRO
中国マフイアにSAMCROの仕業がバレて
その腹いせにSAMCROが経営する娼婦クラブの女性たちが報復のため皆殺害される。
しかし中国マフィアはSAMCROのワナにかかり、ドラッグ絡みで警察に逮捕される。

d0175590_657938.jpg

     ジャックス、ジャックスの毒母ジェマ、ドラッグ依存症を克服した元妻ウェンディ

④ ジェマはジュースを逃亡させようとして殺害計画を企てるが
ジュースはジェマの言動の不自然さからその計画を嗅ぎつける。
ジェマのタラ殺しを揉み消したのに、自分を殺そうとするジェマの仕打ちを許せないジュース。
ジュースはジェマに銃口を向けるが彼女を殺せない。
 
⑤ メキシコ系ギャングのリーダーであるアルヴァレス(エミリオ・リヴェラ)
SAMCRO情報と引き換えに逃亡の手助けを求めたジュースだが
ジャックスはアルヴァレスと水面下で交渉をしてジュースを引き取る。
ジュースはジャックスのアイデアで自ら志願して
ワザとハイウェ・パトロールを射撃して逮捕され刑務所に入り
ジャックスの命令により、先に刑務所に収監されているリン(中国系マフィア)を後に殺害する。

⑥ ジェマは、ジュースがタラ殺害のことを息子ジャックスにチクったと勘違いして
もう孫たちに会えなくなると思い、
「タラを殺したくなかった。殺すつもりはなかった。アレは事故だった。」と
まだ言葉も理解しない幼い孫トーマスに向かって話しかけていた。
しかしドアの外で幼稚園に通う5歳のもう1人の孫エイブルがジェマのその言葉を聞いていた。

d0175590_70976.jpg

     ボビーの壮絶な最期…このシーンは観ていてグッサリ、ズッシリと来た…。

⑦ 黒人系ギャングのリーダーであるオーガスト(ビリー・ブラウン)
SAMCROヘの仕返しにボビー(マーク・ボーン・JR)を誘拐してボビーの右目を取り除き
その証明ビデオとSAMCROパッチ、ボビーの目玉、さらに左指も切り落としてSAMCROに送りつける。
拷問されたボビーを連れてきたオーガストは「私を裏切るとこうなるんだぞ!」と言って
ジャックスの眼の前でボビーを射殺。
ボビーを抱きしめ「I AM SORRY.」と言って泣き崩れるジャックス。

埋葬されるボビーに向かって
「ボビー!許して。こんな展開になるなんて全く思いもしなかった。」と
泣くジェマのことを見つめる孫エイブル。
そしてSAMCROの密告よりオーガストは逮捕される。

⑧ 人間不信に陥っているジャックスは、大きな誤解のもと
同志であるSAMCRO支部インディアン・ヒルのリーダーである、
ジュリー(マイケル・シャムス・ワイルズ)までも殺害してしまう。

⑨ 幼稚園で問題行動を起こして注意されたり、自分を傷付けては祖母ジェマのせいにするエイブル。
父ジャックスはエイブルに
「オマエの本当のママはウェンディ(ドレア・ド・マッテオ)なんだよ。」と真実を告げる。
エイブルは、「だったらグランマ(ジェマ)は、なぜもう1人の僕のママ(タラ)を殺したの?
そうしたらダディが1番めのママ(ウェンディ)と一緒になれるから?」とジャックスに聞く。
なぜ5歳の息子がこんなことを言うのか?不信に思うジャックス。

d0175590_744865.jpg

   ジャックスに真実を告白後、殺害されるジュース…このシーンもセンセーショナルだった!

⑩ ジャックスは服役しているジュースに面会に行く。
「何かジェマの弱みでも握っているのか?」とジュースに聞くジャックス。
そして昨夜、
「グランマ(ジェマ)が弟トーマスに“タラを殺した!”と告白していたことを壁越しに聞いていた。」と
息子エイブルがジャックスに話したことをジュースに話す。 
「エイブルは自分をフォークで傷付けてウソのツクリ話をするような妄想癖の子供か?
もしかして精神的に苦痛を強いられているのか?」と、涙をためてジュースに聞くジャックス。 
同じく涙を流すジュースは、
「俺が家に入った時にタラは死んでいた。血まみれのジェマが興奮していて、タラと争ったようだった。
そのシーンを見た保安官チーフが警察に連絡しようとしているときに自分がチーフを殺した。」と
衝撃の真実を告白。
「だからジェマとオマエはお互い必要だったんだな。だったらタラ殺しの犯人だとされた中国人は?」と
ジュースに聞くジャックス。
「他に誰か犯人に仕立て上げる必要があったから。
ジェマのタラへの殺し方はギャングのように残虐だった。」とジュース。
「本当のことを話してくれてありがとう。(オマエを)早く殺すように手配するよ。」と
面会室を後にするジャックス。
泣いて頷くジュース。

ジュースは刑務所からジェマに電話をしてジャックスにタラ殺害の話をしたと告白。
その後、刑務所内でジュースは殺害される。

涙いっぱいの眼でジュースを見つめ、怒りの感情を極力抑えてジュースに語りかける、
このシーンのジャックスには最高に心を打たれたな~。
覚悟を決めたジュースの想いも含めて、シーズン7 で大好きなシーンのヒトツ!

d0175590_7131934.jpg

⑪ タラ殺害の真実が息子ジャックスに暴露されたと知ったジェマは逃走。
“SON”と書かれたジョン(ジャックスの実父)の指輪をエイブルに渡すジェマ。

ジャックスはSAMCROメンバーが揃ったテーブルで
「最愛の妻タラを殺害したのは中国人ではなく私の母ジェマだ。
そのウソを信じたことによって皆を危険な眼に合わせ
様々な人が亡くなったこと全ての責任は自分にある。
ギャング抗争の今後の話し合いにも全力を尽くす。」と告白。

ジェマの恋人ネロ(ジミー・スミッツ)もジェマの真実について
ジェマ本人からの告白により本日知ったばかり。
「ジェマをどうする?オマエの痛みは分かるが…
息子が母親を殺したらその苦痛を癒すにはあまりにも深過ぎる。
オマエ自身がメチャクチャになるぞ。」とネロはジャックスに言う。
「ジェマがついたウソ、ジェマがした残虐なこと全てが分かった今でも
それでもジェマを愛している…母親だから。でもどうしてタラにあんなことをしたんだろう?」と
男泣きするジャックスを抱き締めるネロ。

ジャックスの哀しみと苦しみがヒシヒシと伝わってきて観ている方もシンミリしてしまうシーンだった。

d0175590_7185633.jpg

⑫ SAMCROとも旧知の仲で
長年ずっとジェマを慕っている元保安官チーフアンサー(デイトン・キャリー)
ジャックスから、タラを殺した犯人はジェマだと知らされる。
逃走したジェマをジャックスが発見する前に
アンサーは、オレゴン州で子供の頃に暮らしていた家にいるジェマを見つける。
アンサーはジャックスが駆けつける前にジェマを逮捕しようとするが、ジャックスも到着してしまう。
ジャックスは「ジェマと2人きりにさせろ!」とアンサーに言う。
「ジェマから離れない!」と言うアンサーを射殺するジャックス。

このシーンで…
ジェマを陰ながら愛し続け助けてきたアンサーにジェマから「愛しているわ。」と
最期のお別れを言って欲しかったんだけどな…ジェマは何も言わなかった。

「言い訳を言うつもりはないけどタラを愛していたわ。
タラを殺害した日の出来事はほとんど覚えていない。
(ライバルのマフィアに対する)その後のあなたの復讐劇は想像もしなかった。
愛しているわ、ジャクソン。あなたは私を殺さなければいけない。
いいのよ殺しても、それが私たちなんだから…スウィートハート!大丈夫だから。
MY BABY BOY.もう覚悟は出来ているわ。」と息子ジャックスに言うジェマを
ジャックスは涙をいっぱい眼に溜めて
何回か銃口を向けることを躊躇しながらも最終的に背後からジェマの頭めがけて一発射殺する。

母ジェマを殺害後、自宅に戻ったジャックスは元妻ウェンディと以前のように結ばれる。

このシーンでは…
最愛の妻タラを惨殺した毒母ジェマだけど
ジェマを殺害する時に、ジャックスに
最後に一言「I LOVE YOU, MOM.」ってジェマに言って欲しかったな~。と思ったりもした。
 
⑬ 実父ジョンの日記、実父と実母ジェマの若い頃の写真など全て焼くジャックス。
タラの墓参りして墓の上に結婚指輪を置いて行くジャックス。

身辺整理をしたジャックスは
「チャーミングから離れて自分の息子たちと暮らして欲しい。
そうすれば息子たちには自分のよう(な犯罪者)にはならない。」と、ネロとウェンディに頼む。
ジャックスの態度からネロは彼がジェマを殺害したことを気付く。

ジャックスは息子たち(エイブルの手にはジェマが渡したジョンの指輪が光る)と
ウェンディに別れを言う。
ジャックスもネロも涙いっぱい眼に溜める。
ネロたちはネロの叔父が所有する農場へ向かう。
 
⑭ 覚悟を決めたジャックスは、検事補パターソン(CCH・パウンダー)
ジェマのタラ殺害、ジュースの保安官チーフ殺害を告白。
「ジェマとアンサーはジェマの生家にいる(死体はそこにある)。」と住所を教えるジャックス。
「今夜で全ては終わる。悪い奴らは負ける。」と検事補に言うジャックス。

裁判所から出て来たオーガスト(黒人系マフィア)を待ち伏せて殺すジャックス。
 
⑮ ジャックスに頼まれたチブスは泣きながら、ジャックス不在のもとでジャックスの意思を尊重して
“MAYHEM VOTE”(SAMCROから破門にする票決)を行い、メンバー全員賛同する。

ジャックスは自らジャケットのPRESIDENT(頭取)パッチを切り取りチブスに渡す。
チブスはVICE PRESIDENT(副頭取)のパッチティグ(キム・コーツ)に渡す。
ジャックスは「グッド・チョイス!」と言い
「SAMCROのリーダーはオマエだ。」と言ってチブスと抱き合う。
ジャックスはティグとハッピー(デイヴィッド・ラブラヴァ)に肩を抱かれ
チブスはハッピーの腕を撃ち、
「検事補にはハッピーを撃ってジャックスは逃げたことにする。」と言う。

血を分けた兄弟のように愛し合う男たちが集い、皆、眼に涙を溜めている。
SAMCROメンバーそれぞれと抱き合い別れを告げるジャックス。
このシーンも好きだったな~。

⑯ 山奥の急カーブのある高速道路上で
昔バイク運転の際に父ジョンが死亡した場所に佇み
亡き父に向かって「I LOVE YOU, DAD.」と話しかけるジャックス。

立ち止まった警察をワザと威嚇して撃ち、警察に自分を追跡させるジャックス。
ひたすら高速道路をバイクで走るジャックスの後ろには数十台の警察車が追い駆ける。
対向車線に大型トラックが来て、ジャックスはバイクから両手を放し
両手を空に向け笑って眼を閉じて自らトラックに突っ込んで行く。

地面にはパンをつつくカラス2羽と鮮烈な赤い血が流れる…。
パンと血(=赤ワイン)を映すことによって
キリスト教礼拝時の Holy Communion 聖餐式を彷彿させたかったのかな~というシーンで
SONS OF ANARCHY サン・オブ・アナーキー シリーズ・フィナーレ!

最後にウィリアム・シャークスピアの引用分が映し出される…。

d0175590_737188.jpg


ちなみにトラックの運転手役は
以前、ジェマが実父に会いに行くときにヒッチハイクしたドライバー(マイケル・チクリス)。
チクリスは、
サン・オブ・アナーキーの製作総指揮者で、脚本を書き、オットー役まで演じているカート・サッター
別ドラマ THE SHIELD ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~ の主役刑事役で知られています。 


最後に…
SAMCROメンバー、敵対するギャング、マフィアのグループなど
登場人物がいっぱいいる サン・オブ・アナーキー だけど
シリーズ・フィナーレとなるシーズン7で特に活躍した登場人物と言えば…
“裏切り者”のジュース、拷問された末に殺害されたボビー、副頭取チブス、女帝とも言えるジェマ、
そして主人公のジャックス!

d0175590_7441778.jpg

チブス大好き♪の私としては、シーズン7 はチブスのシーンが沢山あってうれしかったな~♪

女性保安官チーフのアルテアに言うセリフで
「オマエのコトは好きだしセックスの相性も良い。
でもオマエは保安官で俺は犯罪者だからノーマルなカップルとは違う。
仕事のことについては今後もお互い話すことはないだろう。」と言って
アルテアと激しいセックスをする。
しかし結局、最後は悩んだアルテアの方から「私は保安官。あなたは無法者。」と別れを切り出され
チブスも(心では彼女を想いながらも)強がりを言って別れる。
ちょっとチブスったらカッコ良過ぎるよ~(笑)。

d0175590_7483261.jpg

そして私の大好きなジャックスの最期…。

ジャックスが今まで何十人も殺害して、悪事に手を染め、犯罪者であることに変わりはないけど…
最愛の妻タラと息子たちと穏やかに暮らせる日々を夢見つつ、それも実現出来ず、
執拗な愛情を受けながら愛しながらも裏切られた毒母ジェマとの確執に終止符を打ち
自らの命を絶つジャックス。
悲劇のアンチ・ヒーロー…。
ジャックスが自ら選んだ人生の引き際…カッコイイ男の美学とでも言えるのかな…。

これまで“様々な登場人物を殺害してきた”製作総指揮者カート・サッターのことだから
シリーズ・フィナーレは絶対に幸せなシーンで終了するハズはない!と思っていた。

自分が想像していたフィナーレのヒトツは…
SAMCROメンバー全員惨殺され、ジェマだけ残されて1人寂しく佇む…
なんてシーンも想像していたけど
タラを殺害してジェマだけ生き残ることはズルイよな~と…(笑)。

ジャックスが自殺しても、他のSAMCROは生き続け、SAMCROは永遠に不滅…。
このシリーズ・フィナーレに私は満足。
しかしジャックスが涙を流すシーンが多いシーズンで私の心もチクチク痛んだ…。


7年間ありがとう♪ SONS OF ANARCHY サン・オブ・アナーキー

全てのエピソード真剣に眼を凝らして観続けた大好きなドラマ・シリーズだった!


そしてこのドラマを観て
心の底から!ジャックスを演じるチャーリー・ハナムの虜となってしまいました(笑)。
一生チャーリーを愛するぞ~♪


さてうれしいニュースとしては…
サン・オブ・アナーキーに登場するメキシコ系ギャングTHE MAYANSを主役とした
スピンオフ・ドラマ製作の話が浮上していて、カート・サッターはヤル気に溢れています。
出演者は未定だけど
当然リーダーであるアルヴァレス(エミリオ・リヴェラ)は絶対に出演して欲しいな~。



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2015-09-10 08:32 | サンズ・オブ・アナーキー | Comments(4)
Commented by guch63 at 2015-09-12 09:05 x
schatzさん、ちょっとこのアナキーとは違うのですがそろそろ”Blue Bloods”のシーズン6が放映されるでしょ??それにもうずっと待ち望んでいた”Jesse Stone"の最新作(Lost In Paradise)が放映されるでしょ確か予定では10月18日、2時間枠だと思います。もしご覧になったらちょいと様子だけでもお聞かせ願えませんかぁ?
Commented by Schatz1995 at 2015-09-13 06:22
guch63さん:

私のブログ内では両方のドラマとも掲載する予定はないので
来月”ジェシ・ストーン”最新作を観たら
guch63さんのブログの最新映画記事を訪問して少しだけ感想を書きますね!
Commented by LODI at 2015-09-25 18:58 x
AbelとWendyが活躍?したシーズンでもありました。全シーズンブルーレイで揃えて、おまけにオフィシャルブックまで買ってしまい、こんなにはまった海外ドラマはこれが始めてでした。Bobbyの最後はかっこよかった。でもひとつ疑問が、RomeoとGalindo Cartelとの問題はかたがついたのかな?急に出てこなくなったけれど。記念にJaxが指にはめていたSO NSのリングが欲しいです。
Commented by Schatz1995 at 2015-09-29 01:52
LODIさん:

ウェンディはS1の頃と比較すると
少し危なっかしい一面も残っているけど、すっかり”良い人”になっちゃいましたね。
まぁウェンディがシッカリしてくれなければ
ジャックスも息子たちを彼女に託せませんからね。

>RomeoとGalindo Cartelとの問題はかたがついたのかな?
話の続きはまだある!って感じですよね。
The Mayansをメインに描くスピンオフが本格的に製作決定したら
やっぱりカルテルとの関係を描くことは必至なので
ロメオもゲスト出演して欲しいです。
ネロも登場して欲しいな~。

カート・サッターの新作「The Bastard Executioner」を観始めています。
「SOA」みたいに(自分にとって)ハマるドラマかな~?と今は様子見です!