傑作!歴史ヒューマン・ドラマ映画 LABYRINTH OF LIES 

LABYRINTH OF LIES
 
IM LABYRINTH DES SCHWEIGENS

顔のないヒトラーたち


歴史ヒューマン・ドラマ・ドイツ映画。

このブログでは主に英語を言語とする米国または英国製作の映画をより多く取り上げています。
日頃から私はドイツ映画を沢山観ているけど、滅多にブログでは取り上げていません。
しかし今回は、この映画が現在、日米同時公開中!と知って、ブログ記事を書くことにしました。

英題 LABYRINTH OF LIES の意味は“嘘の迷宮(ラビリンス)”
ドイツ語原題 IM LABYRINTH DES SCHWEIGENS の意味は“沈黙の迷宮(ラビリンス)”

映画の中にも「コレははまさに嘘と沈黙の迷宮だよ。」というセリフがあります。

でも邦題は“顔のないヒトラーたち”

言いたいことは分かるけど、邦題はなんか直球過ぎて逆にピン!とこないな~。
英語やドイツ語タイトルのほうが、よりストーリーの内容を考えさせるピッタリ!な題名だと思う。

以下、あらすじ少し&私の感想を書いていて、ストーリーのネタバレはありません。

d0175590_692958.jpg

第二次世界大戦が終了して13年経った1958年、当時東西が分裂していた西ドイツが舞台。

ユダヤ系ドイツ人のアーチスト、シモンは街を歩いている時に、一人の男性と出会い、驚愕する。
その男性こそ、大戦中にシモンが収容されていたアウシュヴィッツ強制収容所で
ナチス親衛隊員として任務していた人物だったのだ!
しかしその男性は、“過去を隠して”身分も名前も偽り、小学校の教師として働いていた。

シモンはジャーナリストの友人トーマスと一緒に
「強制収容所に任務していた男が、裁きも受けずに一般市民に混ざって平然と暮らし
教師として働いている!」と検察に訴えたが
検察側は誰一人として積極的に事件として扱おうとしない。

そんな中、1人の若い検事ヨハン・ラドマン(アレクサンダー・フェーリング)
そのことに興味を示し、調査し始めるが
想像以上に難航して、まさに“嘘と沈黙の迷宮”に入ってしまうのだった。


実話をもとに製作され、一貫してシリアスなヒューマン・ドラマ。 
“その小学校の教師”だけではない、
偽名を使って暮らしている元隊員はドイツ国内だけでも8000人近くいるのだった。

ナチス・ドイツが強制収容所でどのような残虐行為をしていたか?!
収容所から生き延びた人々の証言や証拠書類を収集して裁判に持ち込んでいく作業は
肉体的にも精神的にも想像を絶するほど困難を極め、
ヨハンたちが様々な圧力にも屈せず、
神経が衰弱していきながらも真実を追究していく様子が刻々と描かれていきます。

そして実社会で、アルゼンチンで逃亡生活を送り、
イスラエルの諜報機関モサドに逮捕された元ナチス親衛隊員アドルフ・アイヒマンや、
同じく南米を逃亡中だった、強制収容所の元医師で“死の天使”と呼ばれたヨーゼフ・メンゲレの話も
絡んでいます。

私自身、以前からずっと、このジャンルの映画に非常に興味を抱いていて
沢山の様々な映画を観ているけど
顔のないヒトラーたち は、観ながらも、観終った後も、
いろいろと考えさせられた秀逸のストーリーです。

d0175590_6145991.jpg

さて、この映画で主役の検事ヨハンを演じるアレクサンダー・フェーリング
現在、USAで放送中の CIA vs テロリストの戦いを描くドラマ HOMELAND シーズン5
キャリー・マティソン(クレア・デインズ)のボーイフレンド役でレギュラー出演しています。
シーズン5 は、ドイツ・ベルリンが舞台で、実際にベルリンで撮影しているので
ドイツ人俳優も沢山出演しているけど
アレクサンダーにはドイツ出身の若手俳優として、これからもっと英語圏で活躍して欲しいな~!



LABYRINTH OF LIES 
IM LABYRINTH DES SCHWEIGENS
顔のないヒトラーたち


私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2015-10-24 06:26 | 2015年全米公開映画 | Comments(6)
Commented by guch63 at 2015-10-24 07:18 x
こんな映画は好きですね、、それにドイツで制作されたとあらば是非見たいのですが、、今調べたらオーストラリアはするするとスルーされてました。恐らく直有料配信か??最近世界中で公開されてもオーストラリアは未公開ってのが結構あるんですよね、、まあ日本も同じような状況なんですが、、(´;ω;`)。これだけインターネットの時代になっているんだから課金してでももっと好きなジャンルが見れるようになりませんかね??
取り合えず今週末は”Bridge Of Spies"へ行きたいのですが、、ああ今日は野球が、、それに家内が車に乗って出掛けちゃったし、。
Commented by Schatz1995 at 2015-10-25 03:00
guch63さん:

こういうジャンルの映画は私も大好きです。

この映画は、来年2月に開催されるアカデミー賞の外国語映画部門に
ドイツ代表映画としてエントリーされています。
ノミネートされるかな~?
機会があれば、是非いつか観てください。

私も明日、「Bridge Of Spies」を観に行きます♪
この手の映画も大好きなので楽しみです!
Commented by ちーぷさいど at 2015-10-25 07:32 x
こんにちは。これは面白そうな作品ですね。WOWOWでやってくれると良いな。気をつけておきます。

個人的な感想なのできちんと調べたわけではないのですが、日本では「ヒトラー」とタイトルについている映画が多いような気がしますし、「ヒトラー」絡みだと、ドイツ映画も劇場公開される率が高い感じがします。

「Bridge Of Spies」は久々のスピ&トムですね。私も、楽しみにしております。こちらでの公開はもう少し先。Schatzさんの感想、お待ちしております♪
Commented by 松たけ子 at 2015-10-26 11:08 x
こんにちは!お久しぶりです!またまたお邪魔します♪
面白そうな映画!観たいです!いや、観に行きます!ご紹介、ダンケです!
ドイツ映画って、あまり観たことがなく、ドイツ人スターもダニエル・ブリュールかトーマス・クレッチマンぐらいしか知らないけど、アレクサンダー・フェーリング!めっちゃイケメンじゃないですかー!ビビビときました!彼の出演作をチェキってみます!
スピルバーグの新作も楽しみ。そうそう、ブラッドリー・クーパーの新作は、もうアメリカで公開されたのでしょうか?ご感想、首キリンで待ってます♪
Commented by Schatz1995 at 2015-10-27 06:13
ちーぷさいどさん:

>日本では「ヒトラー」とタイトルについている映画が多いような気がします…
さすが映画通のちーぷさいどさん!その通りだと思います。

ブルーノ・ガンツがヒトラーを演じたドイツ映画の秀作「DER UNTERGANG」の
タイトルの意味は”没落、転落、失脚”で
英語タイトルはそのままの直訳で「DOWNFALL」だったのに
邦題は「ヒトラー 最期の12日間」…
イヤ、確かにストーリーはそうなんだけど、タイトルでそこまで内容をバラすか?

現在、日本で公開中のドイツ映画「ELSER」のタイトルの意味は
主人公の名前がELSERなんだけど、邦題は「ヒトラー暗殺、13分の誤算」です。
ちなみに英語の題名は「13 MINUTES」で
”何に関する13分間か?”は、映画を観ないと分からないタイトルです。

両作品とも、内容をオブラートに包まず、
観る者に想像させる隙間も与えないような直球タイトルですよね。
個人的にはかなり疑問なタイトルですが…。
”ヒトラー”と付ければ注目度が高くなるってことかな~。

ともかくチャンスがあれば「顔のないヒトラーたち」も是非ご覧になってください。
Commented by Schatz1995 at 2015-10-27 06:25
松たけ子さん:

こんにちは!

アレクサンダー・フェーリングは注目株だと思います♪
この映画では全編ドイツ語を話していたけど
ドラマ「HOMELAND」ではドイツ語+ドイツ語訛りのないキレイな発音の英語を
話しています。
今後、いろいろな作品で会えることを期待しちゃいます!

>ブラッドリー・クーパーの新作は、もうアメリカで公開されたのでしょうか?
今週末公開です♪週末早速観に行きます!
ダニエル・ブリュールも共演しているので楽しみ倍増!