傑作!実話スパイ・ドラマ映画 BRIDGE OF SPIES

BRIDGE OF SPIES

ブリッジ・オブ・スパイ


実在した人物が登場する米ソ冷戦時代の実話をもとにした歴史スパイ・サスペンス・ドラマ。

監督 スティーヴン・スピルバーグ


主演 トム・ハンクス


という黄金コンビ!


以下、あらすじ少し&私の感想を書いています。
ドラマの核心に迫るネタバレには触れていません。

d0175590_1381520.jpg

ストーリーは…
1957年の米国 vs ソビエト連邦の冷戦時代。

米国・ニューヨークにて、
敵国ソ連に情報を渡していたスパイ、ルドルフ・アベル(マーク・ライランス)が逮捕される。
誰もがアベルの弁護を躊躇する中、
有能な弁護士であるジェームズ・B・ドノヴァン(トム・ハンクス)
事件を担当することになる。
世論がアベルの死刑を望む声が高い中で、ドノヴァンはどのように裁判を進めていくか?

同時にヨーロッパでは、米国空軍のパイロットがソ連を領空侵犯してスパイ容疑で拘束され
東西分裂の最中の東ドイツで、同じくアメリカ人学生がスパイ容疑で逮捕された。
お互いの容疑者をどうするか?!
今後の交渉について話し合いを行うため、東ドイツ・東ベルリンにドノヴァンは旅立つ。


映画 ブリッジ・オブ・スパイ は、
スパイに焦点を当てた諜報活動を描いているわけではないので
手に汗を握るようなアクション・シーンはありません。

米ソ冷戦時代の敵対国同士が
どうやってお互いに相手側に拘束されている自国民の処遇について“交渉”していくか!
その粘りある努力と過程が良く描かれている点が非常におもしろかった。
そしてやはり実話をもとに描いただけあって、真実味がより感じられる点も良かった。

ソ連のスパイ、アベル役を演じるマーク・ライランスが非常に光っています!
飄々としてつかみどころのない、
一見スパイには全く見えない普通のオジサンっぽいアベルを見事に演じています。

数ヶ月前に、イギリス製作のドラマ WOLF HALL ウルフ・ホール シーズン1 を観終った私。 
16世紀、イギリス・テューダー朝で、ヘンリー8世(ダミアン・ルイス)に使えた、
政治家トマス・クロムウェルを演じたマーク・ライランスを観て
「この俳優、イイ味を出しているな~。上手いな~!」と思ったばかり!
映画やドラマより主に舞台に立つことのほうが多い俳優みたいですね。

更に、 ブリッジ・オブ・スパイ では、
東ドイツで弁護士業を営むウルフガング・ヴォーゲル役に
ドイツ人俳優のセバスチャン・コッホ。
これまた私の大好きな俳優です♪
彼が出演するだけでストーリーが引き締まるわ~。

そしてトム・ハンクス!大好きな役者です♪
わざわざ言うまでもなく、すばらしい俳優ですね!
シリアスな演技もコミカルな笑いを誘う演技も抜群。
彼が登場するだけで安心して作品を観ていられるし、
今回も間違いなくトムにピッタリの役柄だったと思う。

でもだから逆にフッと、
ドノヴァン役をトム・ハンクスではなく、別の俳優が演じていたらどうだったかな~?
誰か別の俳優が演じたドノヴァン役も観てみたいな~♪と思ってしまいました。


ほとんどの登場人物が実在したと聞いて、映画を観終ってから
あらためてネットで、それらの人物をいろいろ調べて、興味深いストーリーだったと更に実感!


映画 BRIDGE OF SPIES ブリッジ・オブ・スパイ は、日本では2016年1月公開予定。



私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2015-11-08 13:30 | 2015年全米公開映画 | Comments(6)
Commented by 松たけ子 at 2015-11-08 19:48 x
こんばんは!
先日映画館で予告編観て、そしてこちらのレビュウ拝読して、ますます観たくなりました!当時の世界情勢とかも興味深いです。私の職場にいる若い子(ゆとり)は、ドイツが東西に別れていたことも、ドリカムが3人組だったことも知らなかったり、ビツクリです。
トム・ハンクス、私も大好きです!特に若い頃のトム。今は貫禄も恰幅もたっぷりなハリウッドの重鎮だけど、若い頃のトムはスマートで可愛いイケメンでしたよね~。
もし主人公はトム・ハンクスじゃなくて違う俳優だったら、誰がよさそうでしょうか?六角精児さんとかダメでしょうか?
ブラッドリーのburntは、失敗作みたいでしょうか?
Commented by Schatz1995 at 2015-11-11 07:17
松たけ子さん:

東西ドイツを分割していたベルリンの壁が崩壊して今年で26年が経ち、
先月で東西ドイツが再統一して25周年…月日が経つのは早いですよね。

トム・ハンクスの若い頃の作品では何と言っても「ビッグ」が大好きです!
大人の身体なのに中身は12歳の少年…
トムの演じる役が表情も行動もかわいくてユーモアあってコミカルで
トムだからこそ、世界中で大ヒットしたのだと思います。

>六角精児さん…
日本の映画やドラマは観ないので、私はその俳優を知らないのですが
欧米の俳優だったら、トム以外に誰がピッタリかな~今でも考えています(笑)。

>ブラッドリーのburnt…
既に鑑賞済みですが、近日中に記事を書く予定なので
またブログをのぞいてみてくださいね!
Commented by 月見バーガー at 2015-11-11 20:26 x
こんにちは、月見バーガーと申します。
ブログ記事、楽しく拝見させていただきました。(o^-^o)
スピルバーグXトムハンクスXコーエン兄弟って凄い組み合わせですね^^。
Rotten Tomatoesでも90%超えてるみたいですし、もう絶対みたいです。
レビュー拝見して確信しました、絶対面白い!

ランキング、ポチっ♪凸凹

お時間がございましたらこちらへも遊びに来ていただけるとうれしいです。
http://www.futon-mail-order.jp/tukimi/
(DVD映画とかチリワインとかの雑感を書いてます)

参加ランキングへのポチなんかもいただけたら最高です。m(_ _)m


また、お伺いしますんで^^...
Commented by guch63 at 2015-11-12 08:46 x
ご覧になりましたね?おっさん世代には”U2事件”や”スパイ交換”はリアルタイムなのでそりゃもう興味津々でした。それにしてもあの時代の街並み、、走る車、衣装から舞台設定まで、、、流石ハリウッド資本です。やはりスピルバーグ・ブランドとして資金調達が出来るんでしょうね、。来年のオスカーには何処かで絡んでくるような、、さあいよいよこれから待ちに待った”007/スペクター”です。行ってきま~す。
Commented by Schatz1995 at 2015-11-12 09:41
月見バーガーさん:

ブログ訪問ありがとうございます!

今回の作品は、コーエン兄弟は脚本だけ手掛けて
監督や製作に関わっていないからでしょうか、
個人的には、他作品で見られるような”コーエン兄弟カラー”は
今回はそれほど顕著ではなかったかな~と感じました。
いずれにせよ、映画としては楽しめました!

またいつでもブログをのぞきにいらしてくださいね。
Commented by Schatz1995 at 2015-11-12 10:39
guch63さん

現在も様々な地域で紛争、政治的や宗教的な対立があるけど
東西ドイツ再統一以前の資本主義諸国 vs 社会主義諸国を
描いた映画やドラマは私も大好きです。
米ソ冷戦時代のピリピリした独特の雰囲気は何とも言えない緊張感がありますよね。

007 シリーズも初期~中期は、“社会主義諸国”を敵対視していましたよね~。
今の敵は国籍は問わず、サイバー・テロ関係が多くて
昔のシリーズのほうが楽しめたかな~とも思いつつ、
全作品を観ているので、もちろん最新作も観に行きます!

米国では既に公開中ですが、現在、国外にいるのでまだ観ていないけど
今月中には観たいと思います。
guch63さんの007鑑賞記事も楽しみにしています!