ブラッドリー・クーパー主演ドラマ映画 BURNT

BURNT

二つ星の料理人


私の大好きな053.gifブラッドリー・クーパー主演の
短気で傲慢な性格に問題あり! 天才キッチン・シェフの人生を描いたドラマ映画。

原題 BURNT とは“焼けた、焦げた、ヤケドした”という意味なので
日本でこの映画が公開される時は
きっとキッチン、レシピ、料理を思い起こさせるオシャレな邦題が付くでしょう。

追記: このブログを執筆後に、日本劇場公開が決定して、邦題は 二つ星の料理人 に決定しました。
 
以下、あらすじ少し&私の感想を書いています。
ストーリーのネタバレはありません。

d0175590_10225344.jpg

ストーリーは…
アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)はシェフとしての腕は抜群だが
横柄な性格でエゴの塊のような男性。

数年前に、フランス・パリの一流レストランでシェフとして働いていた時に成功して
いい気になり過ぎて天狗になり、ドラッグ、アルコールに溺れて転落して
キッチン仲間や恩師に迷惑をかけて姿を消したアダム。

そして現在、イギリス・ロンドンを訪れたアダムは
かつて自分が裏切った仲間たちに再度近付いて
ハイエンドなレストランをオープンるすことに野心を抱き再起を狙う。

目指すはレストラン査定で有名なミシュラン・ガイドで最高峰の三ツ星を獲得することだが
そうは簡単に順風満帆とはいかないのであった。
そしてドラッグ、アルコールを断った今も、多額の借金に追われるアダムは再起できるのか?!


アダムとは昔、パリで一緒に働いていたシェフ仲間で
ライバル・シェフのリースを演じるマシュー・リスがとても良かった。
アダムと同じくキレやすい激しい性格で似た者同士(笑)。

映画 AMERICAN SNIPER アメリカン・スナイパー  ブログ記事はコチラ→ 
で、ブラッドリーの妻役を演じていたシエナ・ミラーがブラッドリーと再度共演。
一流レストランのキッチン・シェフという男性社会の中で働く、
強気な女性シェフ、ヘレン役で登場。

そして、私の大好きな♪ドイツ人俳優ダニエル・ブリュール
この映画では、フランス人のレストランのオーナー兼マネージャー、トニーを演じていて
この役もなかなか良かった。

d0175590_10351443.jpg

さて、今から10年前の2005年、ブラッドリー・クーパー
まだ、映画 THE HANGOVER ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
の大ヒットで世間の女性を虜にする(笑)前に
KITCHEN CONFIDENTIAL というTVコメディに主演しています。
その時もブラッドリーは
オシャレなレストランで働く、腕は良いが生意気な性格のシェフ…という、
今回の映画と非常に似たような役柄を演じています(笑)。
あのコメディ、私は結構好きで、批評家受けも良かったけど
視聴率に伸び悩み、たった1シーズンで終了しちゃったのよね~。
TVコメディ KITCHEN CONFIDENTIAL のブログ記事はコチラ→。

学生の頃に、フランス留学をしていたブラッドリーはフランス語がペラペラ。
今回の映画 BURNT 二つ星の料理人 でもフランス語を話すシーンが結構あって、すごくセクシー♪

映画 BURNT 二つ星の料理人 でも部下を罵倒して、
エキセントリックで激しい性格で人間的にはどうよ?って他人から思われても
しかし料理の腕は超一流!っていうシェフの話って
TVリアリティ番組などで、よく取り上げられる内容で、特に珍しくもないしね~。
ブラッドリーが演じるアダムは性格が悪過ぎて同情する余地ないキャラクターだし、
むしろマシュー・リスが演じた、傲慢なライバル・シェフのほうが人間味あふれていたかも!

新鮮で色彩感あふれる食材や料理しているシーンは観ているだけで、美味しそうだったけど…。



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2015-11-15 10:47 | 2015年全米公開映画 | Comments(4)
Commented by 松たけ子 at 2015-11-15 21:13 x
こんばんは!
待ってました~!待望のBurnt!
私も大大大大好きなブラッドリー・クーパーがシェフ役!もう彼の恋人になりたいだなんて贅沢は言いません、彼が料理する食材でいいです(笑)。エビでもタマネギでもいい、彼に料理されたいです!
傲慢で屈折した役なんですね~。ブラッドリーじゃなかったら、不快になってしまう恐れのある役かも?ヤな役でもチャーミングに見えるか、ブラッドリーの役者の力量が問われる作品でしょうか。ドSな男前ってキャラは、私すごく好きなので(笑)キレた演技がいつも怖くて可愛いブラッドリーのヤな男っぷり、楽しみです。彼のフランス語も!いつかフランス映画に出演して、フランスの大女優と共演してほしいな~。
これまた大好きなダニエル・ブリュールとブラッドリーのツーショット、美味しすぎます!
映画じたいは、アロハに続いて米国では不評なのでしょうか?オスカーには絡みそうにない感じでしょうか…
Commented by Schatz1995 at 2015-11-16 08:49
松たけ子さん:

まぁ自分勝手で傲慢な性格のシェフ役でした(笑)。
こちらでは「BURNT」コケましたね。
劇場公開前の映画批評が良くなかったので、まぁ予想通りだったけど…。
年末年始の賞レースには、どの部門も絡まないでしょうね~。
映画の出来としては個人的には「ALOHA」よりは上だと思います。
気持ちを入れ替えて?こちらでは年末に公開される「JOY」に期待したいと思います!

アッ!ネタバレになってしまうかも…と思ったので
ブログ記事には触れていないけど
最後のほうのシーンで、ブラッドリー&ダニエルの両方のファンにとっては
意外な?でも少し微笑ましい?あら~♪と思えるステキなシーンがあります!
松さんが実際にこの映画を観る時のお楽しみに♪

>フランス映画に出演して…
イイですね~♪
ブラッドリー以外は非英語圏の俳優で固めて
100%フランス語オンリーのストーリーで
美しいラブ・シーンを強く希望(笑)。
ブラッドリーにフランス語で愛の言葉を耳元で囁かれたら
即!失神すること確実ですね(笑)。
イヤ、彼に何か囁かれたら英語でも何語でも頭も心もメロメロになっちゃうけど!
Commented by guch63 at 2015-11-19 14:44 x
確か予告篇を見たような気がするんですがオーストラリアではまだ配給元が決まってないような、、先日FOXで”The Hundred-Foot Journey"を見ましたが似てるかな??あのブラッドリーがシェフってのはイメージが湧かないんですが(*´∀`*)。
Commented by Schatz1995 at 2015-11-26 07:34
guch63さん:

返事が大変遅くなってごめんなさい!

興行成績もコケたし、ストーリーに特筆すべき内容も今ヒトツないので
オーストラリアでは直接、
DVDスルーまたはネット配信になってしまう可能性アリかもです。

The Hundred-Foot Journey は予告編しか観ていないんですが
”ミシュラン星”獲得が絡む内容は同じカテゴリーですね。

ブラッドリーのシェフ役は性格が最悪だけど(笑)役柄は結構似合っていましたよ。
あまりにも予想通りに展開するストーリーがね~それほどおもしろくなかったかな~。