ヴィゴ・モーテンセン主役映画 CAPTAIN FANTASTIC

CAPTAIN FANTASTIC

(原題: キャプテン・ファンタスティック)



現代社会を否定して、山々がそびえ立つ米国北西部の森林の中で
自給自足の生活を送る父親と6人の子どもたちは文明社会に適応することができるのか?

コメディ・タッチのドラマで
ヴィゴ・モーテンセン053.gifがワイルドな父親役を演じています。

以下、ストーリーのネタバレなし。 あらすじ少し&私の感想を書いています。

d0175590_6423177.jpg


20年近く、大自然の山の中で暮らしているベン(ヴィゴ・モーテンセン)
18歳から6歳までの男の子3人、女の子3人の父親。
現代社会を否定して独自の信念に基づいてヒッピー的な生活を送っている。

子どもたちは学校に通わず、父親ベンがホーム・スクール教育をしている。
自炊の仕方から、獲物を捕まえてナイフで解体するまでの狩猟方法、
危険なロック・クライミング、ケンカの仕方など、
自然の中でどうやってサバイバルしていくか子どもたちに教えながら
読書や討論にも重点を置き、外国語も教えている。

子どもたちは自由奔放でワイルドな一面もありつつも
実在の哲学者ノーム・チョムスキーを崇拝しているベンの影響で
知識豊富で、学校に通う同世代の子どもよりも言動が大人びている。

ベンの妻で子どもたちの母親は、3ヶ月前に病気のため都会へ出て行って不在。
ある日、彼らは祖父母が暮らす母親の故郷へ出発するが…。

d0175590_6461085.jpg

おもしろいな~!微笑ましいな~!と思えるシーンやセリフも確かにあったけど
ベンの信条や信念には疑問に思う部分も結構ありました。
 
子どもたちの母でありベンの妻は仏教に傾倒していることから
彼らはヨガや瞑想の時間も大切にしている。
彼らの信条からすれば、
“動物と仲良く一緒に暮らすヴェジタリアン”という設定のほうがシックリくるんだけど…
彼らは動物を殺して食べて、裂いた毛皮までも利用するところも
なんか納得いかなかったかな~。

ハリウッドの大作映画に出演することをなるべく避けている(笑)ヴィゴさまにとっては
テーマもピッタリな独立系の低予算作品。
ちなみにヴィゴったら惜しまず、スッポンポンの裸体を堂々とさらしています(笑)!
日本だとボカシが入ってしまうだろうな~。

映画 CAPTAIN FANTASTIC (原題: キャプテン・ファンタスティック)
威厳を持ちワイルドでありながらも、一方で繊細な面も持つ父親をヴィゴ・モーテンセンに注目!


追記: 後に邦題が決定しました。

CAPTAIN FANTASTIC

はじまりへの旅

う~ん…微妙なタイトル…果たして「この映画!観てみたい!」と思わせるタイトルなのだろうか?!


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2016-07-29 06:57 | 2016年全米公開映画 | Comments(0)