リメイク西部劇映画 THE MAGNIFICENT SEVEN

THE MAGNIFICENT SEVEN

マグニフィセント・セブン



黒澤明監督の1954年製作の映画 SEVEN SAMURAI 七人の侍 をもとに製作された、
1960年USA製作の映画 THE MAGNIFICENT SEVEN 荒野の七人
これら2作品をもとにリメイクされた西部劇映画

冷酷非情な悪者たちに悩まされて苦しんでいる町人を守るべく、
様々な場所から集まった、拳銃さばき、ナイフ投げ、弓矢の名手など
“腕に自信のある”7人の男たちが立ち向かう!

男気あふれるアクション・シーン満載のウェスタン映画!

以下、私の感想のみを書いていて、ストーリーのネタバレありません。
d0175590_618916.jpg

ウェスタン映画が大好きだった父親と一緒に
子どもの頃、TVで繰り返し再放送されていた 荒野の七人 を観た記憶があります。
今でもテーマ曲は口ずさめるほど良く覚えているけど
ストーリーの概要は掴めていても、詳細な内容は記憶の彼方で微かに覚えているぐらいなので
本当は今回、このリメイク版を観る前に
何十年ぶりかに 荒野の七人 を観たかったんだけど
チャンスがなくて観直すことが出来なかったことは残念。

d0175590_619413.jpg

写真左から…ヴィンセント・ドノフリオ、マーティン・センズメアー、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、
イーサン・ホーク、デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イ・ビョンホン

ここ数年、特にハリウッド映画やドラマ業界では
DIVERSITY ダイヴァーシティ”という言葉が囁かれ、
映画やドラマに、人種や性別を問わず、もっと多種多様な人々に活躍の場を与えよう!という
動きが顕著だけど、この映画はまさにそのことが実行されたような配役バランス。

7人の内訳は…白人3人、黒人1人、ネイティヴ・アメリカン、メキシコ人、
アジア系(映画のストーリーではイ・ビョンホンについて韓国人とは明記ナシ)…と多種多様!


個人的には、この7人の俳優の中では、以前から
ヴィンセント・ドノフリオ、イーサン・ホーク、クリス・プラットが大好き♪

ヴィンセント・ドノフリオは、私の大好きなドラマ・シリーズ
LAW & ORDER: CRIMINAL INTENT  LAW & ORDER: クリミナル・インテント
初期の頃と比較すると、ドンドン体格が横にデカくなってしまって、どうしちゃったの~?って少し心配。
今回の野生熊のようなキャラクターは良かったけど、もっと彼について描いて欲しかった!

イーサン・ホークはね~少し物足りない役柄だけど
もっとカッコイイ役柄を他の映画で観たことがあるから…今回は、まぁいっか(笑)。

クリス・プラットは、デンゼル・ワシントンと肩を並べるほど立派な俳優になって
TVコメディ・シリーズ PARKS AND RECREATION にての
“ポッチャリ体型のマヌケなキャラ”の頃から、
いや、さらに前の THE. O.C. で不思議な高校生キャラを演じた頃から
クリプラのファンである私からすれば
涙が出るほど(笑)今回のカッコイイ“ガンマン”役には、ますます惚れた!

しかし!今回の映画で、一番カッコイイな~と思った役柄
クリプラと同じく拳銃さばきが見事なヴァスケス役を演じた、
メキシコ出身の俳優マヌエル・ガルシア=ルルフォなのでした!
今後、彼の出演作品に要チェックだ~♪

肝心の映画そのものについては、途中、ストーリーの展開に“中だるみ”を感じたことも否めなく、
上映2時間13分は少し長かったかな~。
同時に7人のキャラクターの違いをもっと詳細に描いて欲しかったな~とも思う。
激しい戦闘シーンもおもしろかったけど、期待していたほど緊迫感が伝わってこなくて
もっとハラハラ・ドキドキ感が欲しかった。

しかし悪役リーダーのバーソロミュー役のピーター・サースガードって
いつもながら憎々しい悪者役にピッタリですばらしい!

ちなみに町民役のマット・ボマーはあまりにも登場シーンが少なくて
「エッ?!コレだけ?」って感じでした。


ウェスタン映画 THE MAGNIFICENT SEVEN マグニフィセント・セブン
日本では2017年1月公開予定。



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2016-09-28 06:43 | 2016年全米公開映画 | Comments(4)
Commented by ちーぷさいど at 2016-09-28 08:54 x
予告編を観た際、「あれ?思っていたよりアクション大作寄りなのかしら…」と思ったのですが、やはりそうだったみたいですね。この面子なら、「許されざる者」並みの渋~い路線もアリかな・・・と思っていたのですが。

私も「荒野の7人」を再鑑賞したいのですが、本家本元の「7人の侍」も観たいです。最近、音質を上げてセリフを聞き取りやすくしたリマスター版が出た(黒澤作品って、音が良くなくて、日本語のセリフなのに聞き取れないものが多い)らしいので、BSとかで放映してくれないかな~と願っております(^^;

ご紹介、ありがとうございました。あ、ちなみにヴィンセントの巨大化はワタシも心配しております…(+_+)  
Commented by 松たけ子 at 2016-09-29 00:56 x
こんばんは!
Oh!待ってました!M7!早く私も観たいです!
西部劇はあまり観ないジャンルなのですが、この作品は出演者のメンツが素晴らしすぎますよね!
デンゼル・ワシントン&イーサン・ホーク、「トレーニング・デイ」が何だかもう懐かしい感じがする再共演ですね。
要チェキなのは、マヌエル・ガルシア=ルルフォなのですね!ラテン系イケメン大好きなので、楽しみです!
でもやっぱ最大の楽しみは、クリス・プラット!すっかりハリウッドのトップスターになりましたね!二枚目系のカッコいい彼も好きですが、やっぱ彼の真骨頂はコメディですよね~。
そしてそして。密かに(笑)私の韓流初恋男、イ・ビョンホンにも早く会いたい♡ハリウッドでも頑張ってるみたいですね!
それでは、先取りレビュウ引き続き楽しみにしてます♪

追伸:すみません、数時間前に一度投稿したのですが、不具合?でちゃんと投稿されたのか分からず、再度試してみました。2重投稿になってたら、お手数ですが消去していただけたら…よろしくお願いいたします!
Commented by Schatz1995 at 2016-09-30 04:16
ちーぷさいどさん:

>アクション大作寄りなのかしら…
特に後半はそうですね。
7人それぞれ特技があってカッコ良かったですよ~!

>ヴィンセントの巨大化…
彼の場合、”太った!”というより”巨人化した!”というイメージです。
「ジャックと豆の木」の巨人、インクレディブル・ハルクを彷彿させるような…!
こちらでは「クリミナル・インテント」は
今でも365日間、複数のケーブルTVで放送しています。
大好きなシリーズなので、時間があれば再放送を観ているけど
初期のドノフリオと現在の彼を比較すると外見の変化に驚きますね。
ドラマ版「デアデビル」のキングピンを演じたドノフリオもすばらしかった!
Commented by Schatz1995 at 2016-09-30 04:30
松たけ子さん:

豪華な出演者ですよね♪

>ラテン系イケメン大好き…
おぉ~それならば!マヌエルのカッコ良さにビビッ!と来るかも知れませんよ~♪
拳銃さばきシーンもキマっていたし、馬に乗っているシーンもカッコ良かったです。

>彼の真骨頂はコメディですよね…
全くもってその通り(笑)!
アクション・ヒーロー役のクリプラも良いけど
今後もずっと!お馬鹿コメディにも出演し続けて欲しいです♪

私は観流映画を観たことがないので
イ・ビョンホンの名前や顔は知っていたけど
今回初めて彼が出演している映画を観ました。
登場シーンは結構あるけどセリフは少ないです。
でもナイフさばきの名人役がバッチリとキマっていましたよ!

2重投稿にはなっていませんでした。
再投稿していただいて、ありがとうございます!