実在の男女を描くヒューマン・ラブ・ストーリー映画 LOVING

LOVING

原題: ラヴィング


実話をもとに描いたヒューマン・ドキュメンタリー・ラブ・ストーリー。

1958年当時、ヴァージニア州では法律によって異人種間の婚姻は禁止されていた。
そのため、同州で結婚生活を送っていた、ある白人男性と黒人女性は逮捕され、
その後、2人がアメリカ合衆国最高裁判所に
ヴァージニア州(異人種間の婚姻禁止という法律の無効)を訴えて
法的に州と闘っていくストーリー。

映画は、ほとんど法廷シーンはなく、
様々な困難を乗り越え、どんなことがあっても愛を貫く男女2人についてフォーカスしています。

タイトルの LOVING とは、実在する主人公の本当のラストネーム。
LOVING(愛する、愛情ある)なんてステキな名前ですよね。

以下、ストーリーの結末のネタバレはありません。

d0175590_4281244.jpg

周囲の眼も気にせず、禁断の恋に落ちた、
白人男性リチャード・ラヴィング(ジョエル・エドガートン)
黒人女性ミルドレッド(ルース・ネッガ)
当時、異人種間の結婚を認めていたワシントンD.C.で婚姻届けを提出して夫婦と認められた。
しかし2人が暮らしていたヴァージニア州は異人種間の結婚を認めていなかったため
婚姻の事実が判明したことで2人は逮捕されてしまう。

ヴァージニア州裁判所の判決は、彼らが罪状を認める場合、
1年の刑務所暮らし、
または今後25年間、ヴァージニア州外で生活することを余儀なくされ、
2人一緒にヴァージニア州に足を踏み入れてはならない、
(つまり、両親や友人などに会う時は、それぞれ別々に州内に戻って来ること)…との判決が下ったが
2人はどんな行動を取るか?!

1950~1960年代を描いている映画 LOVING
1967年まで、USA南部を中心とする多くの州で異人種間の婚姻を禁止していました。
ちなみに当時は、結婚以前に異人種間におけるSEXや恋愛すらも法律違反
時代を物語っているとは言え、理不尽な法律ですよね。
そんな時代に、純愛を貫くラヴィング夫妻の勇気は計り知れないものがあると思う。

d0175590_4334954.jpg

夫リチャードを演じるジョエル・エドガートンは、実在の人物を演じるということで
ビジュアル的にもかなり変化していて驚いた!
ジョエルの出身国であるオーストラリア訛りの英語も米国南部訛りの英語に見事に変化!

映画を観た印象としては…
寡黙で無骨だけど優しい夫リチャードは
妻との間に生まれた3人の子どもたちと静かに暮らせれば、どこに暮らしてもよい。
一方、妻ミルドレッドは愛する夫と子どもがいるからこそ、
自分の両親や妹や友人などに囲まれて自分の故郷で暮らしたい!
夫よりも妻のほうが、公民としての基本的な権利を主張していたように見えました。

家族に結婚を反対されている!なんて話は今でもよくあるけど
法律で結婚を禁止される彼らの気持ちとは?夫婦とは何か?人権とは何か?を考えさせられる作品。


年末年始の賞レースに向けて
作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞にノミネートされることが確実な映画 LOVING。

もし、映画 LOVING が日本で公開されるならば、
きっと、「愛と○○の日々」とか「世界でひとつの△△」とかいうタイトルが付いちゃうのかな~(笑)。


映画 LOVING は日本では公開未定。


私の採点   ★★★★☆ (4つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2016-12-09 04:55 | 2016年全米公開映画 | Comments(4)
Commented by 松たけ子 at 2016-12-10 18:30 x
こんばんは!
更新、首キリンで待ってました(^^♪
Loving、なかなかの佳作みたいですね!トランプさんにも観ていただきたいかも!
それにしても、信じられない法律…人種問題を扱った映画はこれまでたくさん観てきたけど、この映画も胸痛む、かつ感動的な内容みたいで、早く観たいです。でも確かに、邦題が不安(笑)。

賞レースで今後も健闘しそうですね!今年のオスカーは、特に主演女優賞は、かなりの激戦でしょうか?私はあの大女優の候補入りを熱望!
Commented by 吉崎未来 at 2016-12-13 21:02 x
以前、コールドケースで異人種間の恋愛を題材にした話をみたことがあります。法律で禁じるということがあまりぴんとこなくてそのことの重さがわかっていなかったと思います。あらためて、こちらの背景説明を読んで理不尽さに憤りをかんじました。日本で公開されるなら題名はそのままで!これがベスト\(^^)/
Commented by Schatz1995 at 2016-12-14 03:17
松たけ子さん:

実は、この映画を鑑賞した日は1ヶ月ほど前で
トランプが大統領に選ばれて4日後だったんですよ(笑)。
タイミング的に複雑な気持ちで鑑賞しましたね~。

予想通り、昨日発表のゴールデン・グローブ賞に
主演男優賞、主演女優賞で2人がノミネートされました。

>私はあの大女優の候補入りを熱望!
誰だろう?!いろいろ考えちゃいます(笑)!
Commented by Schatz1995 at 2016-12-14 03:38
吉崎未来さん:

今でも世界中で、人種差別や宗教的な差別が存在していることは事実だけど
異人種間の結婚を”法律で禁止”されていたことが問題ですよね。
連邦政府制度により各州それぞれの権限が強い米国では
現在でも州により法律がかなり違うけど
当時も、△州では法律で異人種婚姻を認めているけど、▲州では法律違反…
という矛盾が納得しがたかったです。

>日本で公開されるなら題名はそのままで!これがベスト\(^^)/
それでも「ラヴィング~禁じられた愛~」とか、何か副題が付くでしょうね(笑)。