元FBI特別捜査官による犯罪心理学プロファイリング・セミナー聴講!

先日、元FBI(米国連邦捜査局)特別捜査官
ジム・クレメンテ
“犯罪心理学およびプロファイリング・セミナー”
を聴講して来ました!

この場合の“プロファイリング”とは…
犯罪および犯人の性質や特徴を科学的に行動分析して事件を解決していくこと。

d0175590_4262276.jpg

今回のテーマは…
実在の事件を振り返りながら
連続殺人犯(シリアル・キラー)、異常心理犯(サイコパス)、レイプ犯、ストーカーの分析、
誘拐犯、DV(家庭内暴力)についてはもちろん、
被害者学の見地から、犠牲者となった人々の“声”なども幅広く論説。

大学で心理学を専攻している生徒を主に、誰でも聴講できるセミナーで
非常に興味あるテーマだったので、私もジム・クレメンテの話を聞きに行って来ました。

d0175590_4293540.jpg

ジム・クレメンテは、ロースクール卒業後、ニューヨーク州検事を勤め、
さらに、FBIに22年間勤務。

FBI退職後は、長年、CRIMINAL MINDS
クリミナル・マインド の製作者兼脚本家の1人であり、
過去の経歴を活かして、クリミナル・マインド をはじめ、
QUANTICO クワンティコ / FBIアカデミーの真実、
BLINDSPOT ブラインドスポット タトゥーの女、SECRETS AND LIES など
FBIが絡む犯罪捜査系ドラマのテクニカル・アドバイザー
を務めている人物。

d0175590_4533037.jpg

ジム・クレメンテが今までどのような犯罪捜査系ドラマに関わってきたかを紹介。
右上の写真、クリミナル・マインド
懐かしの!ジェイソン・ギデオン役のマンディ・パティンキンをはじめ、
現役メンバーと一緒に写るジム。


クリミナル・マインド では、事件捜査以外の他の仕事の一環として、
デイヴィッド・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)、
スペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)
質疑応答ありの大学の講義にパネラーとして出席して、プロファイリングの概要を説明…
なんてエピソードが時々ありますよね。
アレです!あのようなセミナーに行って来ました!

d0175590_4584639.jpg

特に私が好きなエピソードは、クリミナル・マインド シーズン4 エピソード8 MASTERPIECE

ロッシ & リードによるFBIセミナーを聴講していた、
サイコパス教授ロスチャイルド(ジェイソン・アレクサンダー)
ロッシ & リードに頭脳で挑戦していくストーリー。
何回観てもおもしろい!


さて、実際のジム・クレメンテの講義は…

d0175590_4593818.jpg

アーロン“ホッチ”ホッチナー(トーマス・ギブソン)
リーダーを務めるクリミナル・マインドのBAUチーム
実際にジム・クレメンテが所属していたチーム!

① 反テロリスト対策
② 脅迫およびサイバー攻撃対策
③ 子どもに対する犯罪対策
④ 大人に対する犯罪対策
を中心に、BAUチーム(Behavioral Analysis Unit 行動分析課)が成立。

d0175590_522826.jpg

犯罪に関するBehavioral Analysis 行動分析について説明するジム・クレメンテ。

彼の話を聞いていると、クリミナル・マインド で馴染み深い単語がたくさん出て来ます!

彼の言葉で印象に残っていることは…
クリミナル・マインド で扱った事件は、実在の事件をもとに描かれた話が多いけど
(誰もが観れる)地上波ネットワークTVドラマなので(あのような残酷な内容でも)
かなりソフトに描かれている。実際の事件はもっと残虐で悲惨だ。」

d0175590_57372.jpg

ジムと一緒に講義したローラ・リチャーズはイギリス人で
元ロンドン警視庁の警視。


現在は、未解決殺人事件のTVドキュメンタリー製作や、犠牲者支援活動などのセミナーを開催。
 
ジェイミー・ドーナンが連続殺人犯を演じた、
北アイルランド製作の犯罪サスペンス・ドラマ THE FALL 警視ステラ・ギブソン
主役の警視を演じたジリアン・アンダーソンを彷彿させる女性でした。

ジム・クレメンテも本人も
「ステラ・ギブソンは、まさにローラ(本人)そのもの!」と言及していたけど
私も彼女の第一印象からそう思った!


最後の質疑応答コーナーでは、DV(家庭内暴力)に関する質問が多かったな~。
確かに、外面が良くて職場では信頼されている人物が、家では妻や子どもに暴力をふるう…
なんてケースは、その人物がパーソナリティ障害という可能性も多いので
今回のテーマのヒトツでもあるかも知れない。

2時間におよぶセミナーの内容は、
取り扱う犯罪テーマが広範囲に渡り過ぎて、少々まとまりに欠けたかも…。
クリミナル・マインド のファンとしては
もっと、サイコパスやシリアル・キラーについて焦点を当てた犯罪心理学ストーリーが聞きたかった。
でも全体としては興味深いセミナーでした!



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2017-05-01 05:35 | クリミナル・マインド | Comments(8)
Commented by ちーぷさいど at 2017-05-01 08:38 x
とても興味深いセミナーですね(^^) こういったセミナーが一般に開放されているのは、さすがアメリカですね。日本でも人気のある内容だから(テレビでも時々特集するし、書籍もたくさん)、DVD化して販売したら売れるかも…です。

リード&ロッシが「教授」と対決するエピは私も大好きです♪やっぱり、シーズン4がイチバン面白かったなあ…とちょっと遠い目になってしまいます。

ご紹介、ありがとうございました。

Commented by Schatz1995 at 2017-05-02 04:55
ちーぷさいどさん:

「クリミナル・マインド」に関わっている元FBI捜査官の話が聞けるなんて!
まさに私にとってドンピシャ!な内容でした(笑)。

Q&Aコーナーでは
「私はクリミナル・マインドの大ファンです!ところで質問は…」と
話し始める質問者も結構いました(笑)。
私も挙手したんだけど、他にも質問したい人が沢山いて
残念ながら指されませんでした!

ロスチャイルド教授のエピ!良いですよね~!
ああいう頭脳vs頭脳の心理系ストーリーをもっと増やして欲しいな~。
最近そういうエピほとんど無いから…。
Commented by chaco-o at 2017-05-03 12:31
こんにちは!
凄いですね!
本物の元FBI捜査官のお話が伺えるなんて!
しかも、クリミナルマインドに携わった方だなんて〜。
あぁ、やっぱりアメリカはいいなー!
って、私は英語がサッパリなんで海外にはなかなか行けないなぁ。
Commented by Schatz1995 at 2017-05-04 07:42
chaco-oさん:

コメントありがとうございます!

実際に出演している俳優も一緒にパネリストとして参加してくれれば
もっとうれしかったのにな~(笑)!
興味あるテーマなので2時間セミナーも
アッという間に終了してしまった感じでした。
Commented by gabbyna at 2017-05-05 00:32
実際にこういうお話が聞けるのが凄いですし、羨ましいですね。
実際の犯罪は、本当に残酷で過酷だろうなと思います。酷いと演技している俳優が心を病んでしまうかもと思うストーリーもありますよね。
でもみたいのですよね。心理系のストーリーのほうが実際は、じわじわと来るのである意味怖いです。
Commented by Schatz1995 at 2017-05-05 13:55
gabbynaさん:

>酷いと演技している俳優が心を病んでしまうかもと思うストーリー…
マンディ・パティンキンがギデオン役をいきなり降板した理由も
「あんなにも残虐な事件を描くストーリーが多いとは思わなかった。
クリミナル・マインドに出演したことを後悔している。」
と、後にインタビューで話していますよね。

セミナーでは、実在する猟奇殺人犯の話もあったけど
話を聞けば聞くほど、彼らの人間性、精神構造を考えてしまいます。
Commented by なめ at 2017-05-20 22:33 x
とても興味深いお話ありがとうございます。
やっぱりアメリカってすごいですね。うらやましいです。

ところで実際の事件ってもっと残虐なんですね。実録ものの小説など読んだしますが映像じゃないとよく分からなかったします。
クリマイみているだけでも十分残虐なのにそれ以上なんて想像がつかない。

また何かお話聞かせて下さい。
Commented by Schatz1995 at 2017-05-23 06:02
なめさん:

コメントありがとうございます!

>実際の事件ってもっと残虐なんですね…
ブログ本文には書きませんでしたが、クレメンテ氏が語った、
とある実在のサイコパス殺人犯(犯行当時、大学生)の異常な犯罪行動は
特に印象に残りました。

また、このようなセミナーがあれば、聴きに行きたいと思います。