HOMELAND シーズン6 フィナーレ!

HOMELAND シーズン6


HOMELAND は、毎シーズン楽しく真剣に観ているけど、内容が重過ぎるのか、
毎シーズン、最終話を観終わっても、なかなかブログ記事を書かずに
今シーズンもフィナーレを観終わってから4ヶ月も経った今、書いています(笑)。

HOMELAND シーズン6 は、シーズン5 の舞台だったドイツ・ベルリンから米国・ニューヨークヘ!


米国政府内の陰謀をはじめ、巷を賑わせるフェイク・ニュースと情報操作の裏を描くストーリーは
実際に起こっても全く不思議ではない出来事が詳細に描かれていて
このドラマは本当に先見の明があるとヒシヒシ感じる。

このドラマは、いつもシーズン通してのあらすじ&私の感想を書いていたけど
今シーズンは、私の大好きなキャラクターの動向についてのみ書くことにしました。

以下、HOMELAND シーズン6 のネタバレあり。

d0175590_1544448.jpg

HOMELAND シーズン5 のフィナーレで
キャリー・マティソン(クレア・デインズ)にプロポーズした、当時キャリーの上司で
慈善団体デューリング財団の代表である、オットー・デューリング(セバスチャン・コッホ)。
2人の関係はどうなるの~?!って思っていたら…
HOMELAND シーズン6 エピソード1 に登場したオットーがいきなりキャリーのもとへ現れる。
キャリーがオットーの求愛を断って3ヶ月経っていたとは言え、
「もう既に別の女性を見つけた!」と言うオットーには、キャリーのみならず、私も驚いたよ(笑)。
オットーったら、随分あっさりとキャリーのことをあきらめて肩スカシだったわ~。
俳優としてのセバスチャン・コッホが大好きな私としては、もっと彼に登場して欲しかったな~。

d0175590_202634.jpg

シーズン5 にて、サリンガスの拷問により、生死をさまよい危篤に陥っていた、
ピーター・クイン(ルパート・フレンド)。

シーズン6 では、サリン後遺症に苦しむピーターは
右半身しか動かせず、言語障害もあり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)にも苦しんでいる。
身体も心もボロボロ状態でドラッグに溺れて幻覚までも見るピーター。

毎エピソードごと、ピーターの姿を観るたびに、心が痛んで彼を愛おしく感じた…。

キャリーに頼んでサリンに苦しむ自分の様子を収めたビデオを見るピーター。
「なぜ自分を助けたのか?」と問うクインに
「なぜって?!」と理由を言わず、ただ「I am Sorry.」と言って泣くだけのキャリー。

d0175590_241988.jpg

そしていよいよピーターが決断する時…!

キャリーとエリザベス・キーン次期大統領(エリザベス・マーヴェル)の生命を守るため、
自らの生命を犠牲にして、特殊部隊との銃撃戦を突破しようと車を走らせて射殺され
最期の時を向かえるクイン。

最後の最後までカッコ良かったよ!ピーター!

あまりにも悲しい結末だけど、
かつて同じく特殊部隊の精鋭スナイパーだったピーターには
自分の現在の姿を受け入れて生き延びるという選択はなかったと思う。

d0175590_215211.jpg

精神病院に隔離されていたピーターを助け出して、郊外のコテージにて彼の面倒を見てくれた、
ピーターの元彼女で、BND(ドイツ連邦情報局=諜報機関)勤務のアストリッド(ニーナ・ホス)
自分の過失(ピーターが彼女の本心を疑って彼女の拳銃を隠したことで
彼らを狙ってきた本当の犯人に反撃できなかった)により、殺害させてしまった後悔の念も
ピーターにはあるだろう。

そして生きていれば確実に、次期大統領の暗殺を企てる“気が狂ってしまった元兵士”として
格好のターゲットにされ、裏でワナをかけられる危険が高過ぎるピーター。
いずれにせよ、ピーターの未来はなかったのかも…。

ピーターの遺品を整理していて、本にはさまれた封筒の中に何枚かの写真を見つけるキャリー。
一緒に暮らしたことはほとんどない彼の息子がベイビーの頃から成長していく過程の数々の写真、
キャリーの写真を見つけて泣く彼女を傍らで慰める、
マックス・ピョトロフスキー(モーリー・スターリング)。

シーズン4 で、キャリーの亡父フランクのメモリアル・サービス後に
キスを交わしたキャリーとピーターだけど、
お互いのことを大事に想いながらも一線を越えることはなかった。
もし2人が仕事を辞めてどこか遠くで暮らしていたら…でもそれは出来ないと思う。
結局は2人とも国家を守る仕事から離れることは不可能だから…。

d0175590_2194320.jpg

ピーターもアストリッドも私の大好きなキャラクターだったので
来シーズンには登場しないと思うと寂しくてしかたがない!

ここ数年のピーター役で一気にルパート・フレンドに惚れてしまったわ~♪
それまでイギリス製作の歴史コスチューム映画などに出演していた彼を見ても
特別ときめかなかったのに!

でもね~ピーター役の熱演が光るルパートがエミー賞にノミネートされなかった!ってどういうことよ。
納得いかないな~。

d0175590_2235177.jpg

     いつも何か企てているダル・アダル & IT関連に強いマックス・ピョトロフスキー

唯一うれしいことは、シーズン5 には登場しなかった私の好きなキャラクター、
マックス・ピョトロフスキーがシーズン6 では復活してくれたこと!
そして、シーズン7 にも彼がレギュラー出演することが決定!

マックスは、シーズン4 で、
パキスタンの米国大使館襲撃事件で生命を落としたキャリーの部下、
ファラ・シェラージ(ナザニン・ボニアディ)のことを愛していたんだよね。
亡くなった彼女を腕の中で抱きしめていたマックス。
ショックであれから仕事も遠ざかっていて、やっと動き出したという設定も納得いくわ。


さて、HOMELAND シーズン7 はどうなるか?

自分の暗殺計画を知り、パラノイア気味のキーン次期大統領は?

自分が逮捕された後も「大統領について何か引っ掛かることがある!」と言う、
CIA局長ダル・アダル(F・マーレー・エイブラハム)は?

大統領の命令で拘束されたソール・ベレンソン(マンディ・パティンキン)は?

そして大統領の側近として働くことになるだろうキャリーは?

シーズン7 楽しみだな~♪


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2017-08-15 02:40 | HOMELAND | Comments(0)