ゲイリー・オールドマン熱演!歴史映画 DARKEST HOUR

DARKEST HOUR

ウィンストン・チャーチル/
ヒトラーから世界を救った男

主演: ゲイリー・オールドマン

d0175590_11204629.jpg

このプロモ写真を初めて見たときの衝撃ったら!

エ~ッ!コレがゲイリー・オールドマン!?
ウソでしょう!

ゲイリー・オールドマン!私の大好きな俳優です♪

ゲイリーって、表情や仕草など役柄ごとに異なり、それらを巧みに演じる、
いわゆる“性格俳優”だけど
大体、役柄の体格は彼自身の痩せ型の体格そのままって感じが多いと思うんだけど…。

今回、ゲイリー・オールドマンが演じる役は…
歴史上もっとも有名なイギリス首相と言っても過言ではない、
ウィンストン・チャーチル首相!

チャーチルって恰幅のよい、ポッチャリ体型で知られていますよね。
今まで多くの俳優がチャーチル首相を演じてきたけど
まさかゲイリーの風貌からチャーチルを演じるとは驚いた!
 
以下、ストーリーについては詳細に書いていません。
d0175590_11342742.jpg

チャーチルの風貌(猫背、ポッチャリ体型)はじめ、独特の話し方、葉巻の吸い方、彼のクセ…
ゲイリーはすべて見事に演じきっています。

ゲイリー以外にも、チャーチルの妻役にクリスティン・スコット・トーマス、
彼の専属タイピストに、リリー・ジェームズなども出演しているけど
あくまでもストーリーの中心はゲイリーが演じるチャーチル首相。

ストーリーは、時は1940年、第二次世界対戦中、
ウィンストン・チャーチルがイギリス首相に任命され
あの有名な演説(下記参照)をするまでの約1ヶ月間、
政治家、閣僚、市民に信頼を得るまでの彼の苦悩を描いています。

チャーチルの名言、格言はたくさんあるけど
ナチス・ドイツとの戦いについて言及する有名な演説の一部。

We shall fight in France, we shall fight on the seas and oceans,
we shall fight with growing confidence and growing strength in the air,
we shall defend our island, whatever the cost may be.
We shall fight on the beaches, we shall fight on the landing grounds,
we shall fight in the fields and in the streets, we shall fight in the hills,
we shall never surrender.

「我々は断じて降伏しない!」と、力強く締めるこの演説は今も語り継がれていますよね。

ところで、私の好きな音楽ジャンルはティーンの頃から ヘヴィメタル&ハードロック です。
大好きなイギリスのバンド IRON MAIDEN
数多くある彼らの曲の中でも特に大好きな曲 ACES HIGH の冒頭で
チャーチルのこのスピーチが流れるんだけど
当時から、このスピーチを暗記して彼らのコンサートでも一緒に歌っていました。
だから今でも暗唱できるんだな~(笑)。

d0175590_11413214.jpg

すばらしいメーキャップ技術!眼はゲイリーだけど、顔の輪郭、アゴの肉付きはチャーチル!

さて、英語の原題とは全く異なる邦題。
相変わらず、第二次世界対戦を描いた映画だと
ヒトラーが登場しようがしまいが関係ナシに、邦題に“ヒトラー”と入れてしまうセンス。
なんでそんなに“ヒトラー”の名を付けたがるのかな~?

すでに、このチャーチル役で様々な年末年始の映画祭の賞レースの主演男優賞に

ノミネートされているゲイリー・オールドマン。

1月に発表される

アカデミー賞主演男優賞にも必ずノミネート
されるでしょう!

映画 DARKEST HOUR ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
日本では来年3月公開予定。


私の採点   ★★★★☆ (4つ星)




追記:掛け込みセーフで(笑)このブログ記事が2017年最後の記事となりました。
このブログの読者の皆さんの中にはお気付きの方もいると思いますが
今年はブログ記事数が減少しています。

理由は…
映画に関しては、
劇場公開に際して映画を観に行く回数が減った。
なぜ減ったか?
ここ数年、Netflix、Amazon Prime、Hulu…などネット配信の
質の高いオリジナル・ドラマシリーズを観る機会がグ~ンと増えたから!
コレに尽きると思います。

でも年末年始は、賞レースにノミネートされる秀作が多いので映画館へ観に行っています。
レビュー記事が追いついていないけど(笑)これらについては今後、書いていきます。

ドラマに関しては、
大好きなトーマス・ギブソンが演じるアーロン”ホッチ”ホッチナーがいなくなった
クリミナル・マインド についての詳細なブログ記事を書く気力がない。
ちなみに、ホッチがいなくなった今も観続けています。

NCIS、 NCIS: LA、 NCIS: ニューオリンズ 3作品とも観続けているが
内容がマンネリ化で記事を書くほどではない。

ネット配信ドラマ、プライムケーブルTVドラマは数多く観ているが
これらのドラマについて、それぞれ感想を書くほど時間がない(笑)。
でもそのうち”私のオススメ・ドラマ TOP5”なども書いてみたいと思います。

…ということで、来年も細々とブログ記事を書いていく予定なのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
by Schatz1995 | 2017-12-31 12:24 | 2017年全米公開映画 | Comments(8)
Commented by ちーぷさいど at 2017-12-31 14:32 x
今年も1年間、ありがとうございました<(_ _)>

私なんぞ、映画の感想だけは何とかTwitterで残しているものの、ブログは放置状態です。まとまった文章を書くのには、まとまった時間と気力が必要なのですが、介護やら仕事やらに追われて、すっかりご無沙汰になっちゃって(+_+) ですから、Schatzさんのように、きちんと更新されている方はすごいな~と。

2018年もよろしくお願い申し上げます。Schatzさんとご家族の皆さまのご多幸を!

ちなみに、身内は、LotRの字幕監修とトールキン研究で有名な、某・I教授のゼミに入るべく奮闘中です。結果が出るのが1月の半ば過ぎ。5人くらいしか取ってくれないところに30人くらい殺到しているらしくて…どうなることやら。首尾よくいけば、久々にブログ更新すると思います(^^;。
Commented by よいお年を at 2017-12-31 19:32 x
Schatzさん、こんばんは!
大晦日、いかがお過ごしのことでしょうか。いよいよ2017年も終わりますね…
おお!ゲイリーおじさま、見事な化けっぷりですね!いつにオスカー受賞でしょうか?ライバルも気になるメンツが多いので、ノミネーション発表をドキドキしながら待ちます♪
今年も楽しいレビュウ、ありがとうございました!私も来年は、ネット配信のドラマをもっと観たいです。ご多忙とは存じますが、来年も最新映画レビュウ、よろしくお願いいたします!よいお年を☆彡
Commented by Sieg at 2017-12-31 19:51 x
バスティ君の記事も映画/ドラマの記事も、楽しく読ませていただいてます。
興味の対象が変わったり、映像を観る手段が増えたり、時代は動いてるんですもの、発信したい情報があった時に、更新していただければ、私は大満足です。(^^)
来年もよろしくお願いします。
Commented by Schatz1995 at 2018-01-02 03:19
ちーぷさいどさん:

あけましておめでとうございます!

私は逆にtwitterは放置状態でほとんど見なくなってしまいました(笑)。
小学生の頃から、旅行記を添えた写真アルバム制作や
雑誌スクリーンなどに映画感想記を投稿することが大好きだったので(笑)
(結構、掲載されていました!)
今も、趣味の延長、日常の備忘録として
両ブログを書いている感じです(笑)。

>某・I教授のゼミ…
おもしろそうですね~♪是非ゼミに入れますように!

こちらでは、UCバークレー校で、言語学博士から
「ゲーム・オブ・スローンズ」で使用される架空言語の
ドラスク語、高地ヴァリリア語を習えるクラスがありますよ!
大学生のみならず、社会人も受講できるけど
やはり人気殺到クラスのようです。
現実世界では使えなくても、
熱狂的ファン同士で話せたら、きっと楽しいんでしょうね!

こちらこそ本年もよろしくお願いします!
ちーぷさいどさんのご家族にとって、すばらしい年になりますように!
Commented by Schatz1995 at 2018-01-02 03:28
よいお年をさん:

ちょうど私がそちらのブログにコメントを残したこともあり
(文章内容から推測すると)松たけ子さんでしょうか?

この映画、作品賞を受賞することはないと思うけど
(ストーリー自体の出来具合としては傑作ではない)
主演男優賞を獲得するチャンスは結構あると思います。
ゲイリー好きなので受賞スピーチを聞きたいな~♪

こちらこそ今年もよろしくお願いします!
すばらしい1年になりますように!
Commented by Schatz1995 at 2018-01-02 03:36
Siegさん:

お久し振りです。
現在も両ブログを読んでいただいているんですね!
ありがとうございます!

「クリミナル・マインド」についても
そのうちまとめて書こうと思っているけど…
パソコンを打つ指が進みません(笑)。

12月にドイツを訪問しました。
少しずつ旅行記を書いていくので、良かったら覗いてみてくださいね。

こちらこそ本年もよろしくお願いします。
Siegさんにとってすばらしい年になりますように!
Commented by cheapside at 2018-01-08 23:10
ゲイリーさん、GG賞受賞しましたね(^O^)/ フランコさんの受賞も嬉しかったし、ユアンもおめでとう♪W.デフォーファンなのですが、サム・ロックウェルの受賞も喜ばしい限りです。オスカーはゲイリーさんとフランコさんが有力なのでしょうか?楽しみです♪ 個人的にはトロちゃんの受賞に感涙(+_+) 来日した際、サプライズゲストのバルタン聖人(大笑)と熱烈にハグしてたんですよ~。

それにしても、今回のGG賞は黒いドレスの見本市のようでした。日本では、映画関連の情報サイトではきちんと取り上げられているものの、一般のニュースではあまり話題になっていないのが何とも歯痒いです。
Commented by Schatz1995 at 2018-01-12 04:31
cheapsideさん:

やっぱりゲイリー・オールドマンが獲得しましたね!
受賞スピーチの時は
大きな黒縁メガネで彼のブルーの瞳が隠れてしまって少し残念でした。
シッカリと彼の顔が見たいのに~(笑)!

ジェームズ・フランコは受賞後に
セクハラ疑惑が上がって、今後その問題が大きくなるか否か…。
本人は「双方に誤解が生じている」とTVインタビューで言っていたけど…。

ここ数ヶ月のハリウッドのセクハラ問題は
次から次へと過去のことから現在のことまで明るみに出て
「いつ自分の好きな俳優が訴えられるか?」と
気になってしまいます。

今夜は「Critics' Choice Awards」のTV中継があります。
ゲイリーとジェームズは同カテゴリーにノミネートされています。
受賞はゲイリーかな~?