2017年 02月 12日 ( 1 )

CRIMINAL MINDS: BEYOND BORDERS

クリミナル・マインド 国際捜査班 シーズン1


大人気ドラマ! クリミナル・マインド FBI行動分析課
スピンオフ第2段!

実はUSAでは既に9ヶ月前にシーズン1放送が終了していて
あと数週間でシーズン2が放送開始されます。

…で、フッと考えてみると
「随分前に観終わっているのに、このドラマのブログ記事を書いていなかったな~。」と思って
今、この記事を書いています。

まぁペンが進まなかった理由はそれなりにあって(笑)理由は後述で…。

以下、クリミナル・マインド 国際捜査班 シーズン1 全13話を観た私の感想を書いています。

本家クリミナル・マインドは、1シーズン全22~24話だけど
このスピンオフは、1シーズン全13話とエピソードは少なめ。

以下、個々のエピソードの事件や犯人についてはネタバレなし。
全体のストーリーの流れ & チーム・メンバーについてのみ触れています。

d0175590_440395.jpg

原題のサブタイトル BEYOND BORDERS (国境を越えて) をどう訳すのかな~と思っていたら
邦題のサブタイトルは“国際捜査班”
上手く要点をつかんだ邦題だと思います。

なにしろスピンオフ・チームの目的は
“海外で事件やトラブルに巻き込まれているアメリカ人を救助する”ことだから!
IRT(International Response Team)国際対応チームが事件を解決します。

クリミナル・マインドのスピンオフ第1段と言うと…
クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル!
1シーズンのみでキャンセルされてしまい、もはや黒歴史といっても言いかも…。
スピンオフ第1段のレッドセルが上手くいかなかった点のヒトツに
本家クリミナル・マインドと事件内容の差別化が図れなかった点があると思う。
本家、スピンオフ、どちらでも解決できそうな事件が多かったし!

同じく、CBS TVで放送されて大成功したCSIシリーズ、NCISシリーズ
バラエティに富んだ内容と比較すると
スピンオフという面白味に欠けていたな~と思ってしまったレッドセル。

そして、スピンオフ第2段の クリミナル・マインド 国際捜査班
このドラマは本家と比べてどうでしょうか?!

まず、クリミナル・マインド シーズン10 エピソード19 BEYOND BORDERS
スピンオフのパイロット版が放送。
そのエピソードのブログ記事はコチラ→

d0175590_45969.jpg

    左から、クララ、ジャック、モンティ、メイ、マシュー というスピンオフ・チーム!

IRTチーム・メンバーは…

☆ リーダーのジャック・ギャレット(ゲイリー・シニーズ)特別捜査官
なんと5人の子沢山(ティーン~成人)で妻ともラブラブ♪

☆ 肉体派で行動派の特別捜査官マシュー・シモンズ(ダニエル・ヘニー)
彼も4人の子沢山(それも双子含めて全員3歳以下)で妻ともラブラブ♪

☆ ラス“モンティ”モンゴメリー(タイラー・ジェームズ・ウィリアムズ)
ハイテク技術分析官および渉外担当。

ここまでがパイロット版に登場したメンバー3人。

パイロット版に登場したリリー・ランバート(アンナ・ガン)は、スピンオフ本編に登場しません。

そして、スピンオフ本編に新しく登場したメンバーは…

☆ 文化人類学者でもあり13言語を操る特別捜査官クララ・シーガー(アラナ・デ・ラ・ガーザ)
 
☆ メイ・ジャーヴィス検死官兼特別捜査官(アニー・ファンケ)
活発で思ったことを何でも口にしてしまう性格。

メンバーがそれぞれの家族を含めて仲が良いことは本家と同じ!

d0175590_5113458.jpg

個人的に注目のメンバーというと…
父親がアイリッシュ系、母親が韓国系の俳優ダニエル・ヘニーが演じる、
マシュー・シモンズ特別捜査官新鮮!

かなり多くの犯罪捜査ドラマを観てきている私だけど
30代の若さでハンサムでカッコ良くて高身長(マシューは188cm)でスタイル抜群で
筋肉バキバキ体育会系の捜査官(または刑事)を“レギュラー役”(←ここがポイント!)で
アジア系の血が流れる俳優が演じることって、今までほとんど記憶にないな〜。

マシュー・シモンズが本家のデレク・モーガン(シェマー・ムーア)みたいに
「FBI!」と叫んでドアを蹴破る役なんだけど、これまたスラ~ッと足が長くてカッコイイ(笑)!

例えば、HAWAII FIVE-0 のチン役で活躍している韓国系俳優ダニエル・デイ・キム
年齢的にもマシューより10歳も年上だし、さほど身長も高くないし、
数々のドラマに出演している俳優イアン・アンソニー・デイル(母親が日本人)もカッコ良いけど
落ち着いた性格の刑事役が多いし…。

…ってことで、近年ハリウッドで何かと話題の”ダイバーシティ(人種の多様性)”を考慮して
配役に起用する意味でも、アジアの血を引くダニエルには頑張って欲しい!

そして、クララ・シーガー役のアラナ・デ・ラ・ガーザは、年を重ねるごとにいつ見てもキレイ!
本編では、彼女がチーム入りしてうれしい!
しかし、役柄で13言語ペラペラの設定だから
日本が舞台となる エピソード4 WHISPERING DEATH では日本語も話していたんだけど…
かなり聞き辛かったな~(笑)。

d0175590_5262763.jpg

このドラマのストーリーは、毎エピソード、海外の国々が舞台だけど
当然、実際に現地で撮影しているわけではなく、
ロスアンジェルス近郊の撮影スタジオのセット内、
または、屋外の景色はカリフォルニア州の田舎を現地に似せて、州郊外で撮影しているので
「実際のその国の景色や雰囲気とは違うよな~。」と、観ていると違和感を覚えることもある。

でも本家のBAUチームは海外に飛んで事件を解決することはないから
まぁ本家とスピンオフの違いは(一応)明確かな~。

事件はその土地特有の文化や風習が関係して引き起こされることも多い。
「当事国について、よくリサーチしているな~!」と思う一方、
「それはあまりにもステレオ・タイプの描写で今はほとんどありえないよ!」
「それは(その国に対する)偏見では…?」
「なぜ海外の人々が皆、英語を流暢に話すの?(そんなワケないじゃん)」
「天下の?FBIとは言え、外国でバンバン!と拳銃で撃ちまくって現地人を射殺していいのか?」とか…
結構、設定やセリフなどにツッコミどころ満載なんだよね(笑)。

正直、最初の頃は、ストーリーもなんか今ヒトツかな~と思ったけど
回を重ねるごとに少しずつ面白味を増してきたかな~とも思う。

USAでは昨年3月中旬、中途半端なミッド・シーズンに シーズン1 がオンエア開始され
全13話通して視聴率にも伸び悩み、シーズン2 更新は微妙かな〜と思っていたから
シーズン2 製作決定に驚いたのも事実。
冒頭に述べた”このドラマの記事を書くことにペンが進まなかった理由”はそういうことです(笑)。

チーム・リーダー役のジャックを演じるゲイリー・シニーズ
自らの財産を費やして、このドラマの製作者の1人として名を連ねていることも
シーズン2 更新に大きなプラスとなっていると思う。
本家のデイヴィッド・ロッシ役のジョー・マンテーニャとゲイリーが
私生活でも長年の大親友とういうことも大きく作用しているだろうな~。

d0175590_5425380.jpg

エピソード4 WHISPERING DEATH は日本が舞台!
LA撮影スタジオ内のセットだけど、東京築地市場と青木ヶ原樹海のシーンも登場!
英語のセリフもお任せ!小澤征悦が刑事役で活躍!

IRTチーム・メンバーの顔ぶれは気に入っています!

あとは、もう少しストーリーが、おもしろくなればとイイな~と!
クリミナル・マインド 国際捜査班シーズン2 に期待!

シーズン1 には、本家から、デイヴィッド・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)、
ペネロープ・ガルシア(カーステン・ヴァングスネス)がゲスト出演!

シーズン2 には、本家から
エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)もゲスト出演するそうで楽しみ!



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]