カテゴリ:クリミナル・マインド( 57 )

いや~進展しないんですよね…なかなか良いニュースが入って来ない(泣)。

今秋からのクリミナル・マインド シーズン7 ホッチは出演するのか、しないのか?!

先週モナコ公国・モンテカルロで開催されていた
第51回モンテカルロ TV フェスティヴァル
クリミナル・マインドの宣伝&プレゼンターとして素顔を見せてくれた
アーロン”ホッチ”ホッチナー役のトーマス・ギブソン
スペンサー・リード役のマシュー・グレイ・ギュブラー

d0175590_6211622.jpg


フェスティヴァル、プレス撮影&インタヴュー時

無精ヒゲ姿でも、マシュー相変わらず笑顔カワイイ!
地中海リゾート地にピッタリの全身白の普段着姿のトーマスって、めずらしいかも…。
でもマダム・タッソー・ミュージアムにある蝋人形みたい?!

51ST MONTE CARLO TELEVISION FESTIVAL (公式ホーム・ページ→)

フェスティヴァルHPの"Video Highlights"をクリックすると、
トーマス&マシュー(特に6月8日&9日のビデオ)始め、
TVドラマで活躍する俳優の素顔が見れますよ~!

チョットだけ映るトーマスのアイボリー色のジャケット姿がカッコ良かった!

d0175590_6213947.jpg


こちらは授賞式の時の黒のタキシード姿。
やっぱり、こういうビシッ!とバッチリ決めたトーマスの方が好き!

でも残念なことは、モンテカルロ滞在中のTVインタヴューで
トーマスがハッキリと
"I'M NOT CERTAIN I'M RETURNING TO CRIMINAL MINDS."
と言っていたこと…。

かなりクリミナル・マインド続投の契約難航しているみたい。
USAで常時、ドラマ部門視聴率トップ2、3の”クリミナル・マインド”なのに
(ちなみにトップは大体"NCIS"。)
トーマスのギャラは、7年めに突入しても、かなり低いので本人は当然不満。
だって普通の仕事でも自分の功績が認められず
昇給がスズメの涙だったら、超不満だよな~。


今秋シーズン13スタートの
"LAW & ORDER:SVU" (LAW & ORDER:性犯罪特捜班)
主役不在、宙に浮いているんですよね~。

クリミナル・マインドのスピン・オフは失敗に終わったけど
本家"LAW & ORDER"終了しても、まだ続くSVUは、スピン・オフ大成功組。
でも今秋からは、主役のエリオット・ステイブラー(クリストファー・メローニ)
降板決定しちゃったし、
相棒のオリヴィア・ベンソン(マリスカ・ハージティ)も出演回数を減らして登場だし。

でも、この2人は数年前から”SVUを辞める!”と、公言していたしね。
クリストファーは、ギャラ・アップ希望、
(でも彼って、トーマス・ギブソンより4倍多いギャラをもらっているんですよ~既に!)
SVUに出演だけではなく監督&製作業にも携わりたかったけど、話が難航して降板に…。
マリスカは、もっと家族と一緒の私生活を大事にしたいと…。
俳優は固定された役のイメージを嫌うし、12年も同じキャラクターを演じてきていると
”もう卒業してもいいかな~他の役にチャレンジしてみたい!”と思うんだろうな~。

マリスカの代わりに、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット主演の話も流れちゃったみたいだし
(彼女が”SVUの顔”では”弱過ぎる”でしょう、いくらなんでも~。)
フィン役のICE T は更に2年契約更新したから、
フィン&マンチ(リチャード・ベルザー)が準主役から主役になるか?! 
いや~それもちょっと華が無いかも…。
やっぱりエリオット&オリヴィア・コンビがイイよな~主役。


そしてもうひとつ "CSI: CRIME SCENE INVESTIGATION" (CSI:科学捜査班)  
今秋からシーズン12開始。

私は、この11年、どうしても、何回か観ても、
このラスヴェガスを舞台にした本家"CSI"に、のめり込むことができないんですよね~。
だから出演者が誰であっても、ほとんど観ていないから、思い入れないんだけど…。

こちらもレイ役のローレンス・フィッシュバーン曰く、
”この数年、CSI出演は楽しかったが、映画の世界ヘ戻る時期が来た。”と自ら降板。
キャサリン役のマージ・ヘルゲンバーガーも自らの意思で出演回数を減らすことに決定。
じゃあ主役は誰になる?!
シーズン9で、グリッソム役のウィリアム・ピーターセンが降板して、
確かに番組の人気も視聴率も以前より下降しているとは言え、まだ人気あるドラマだし…。

私は、CSIシリーズでは断然、CSI:MIAMI ファンです。

なんて言ったって、サングラスが一番似合う男、
ニヒル(もはや死語?!)と言う言葉が一番似合う男、
女性にだけではなく、"PLEASE, GENTLEMEN..."と男性にも優しい、 
ホレイショ・ケイン(デイヴィット・カルーソ)がいる限り不滅のドラマ。
ホレイショ=CSI:マイアミ
彼が降板したらドラマもシリーズ終了にしてくれなきゃ許せん(笑)。
CSI:マイアミもシーズン9・フィナーレはクリフ・ハンガーだったけど
今秋からシーズン10も、まだまだ続くから楽しみ!


そして、もちろん、ホッチ=クリミナル・マインド!

USAのクリミナル・マインド・ファンの合言葉!
NO HOTCH, NO WATCH!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
週末に、うれしいニュースが飛び込んできました!

クリミナル・マインド シーズン6 エピソード18 "LAUREN" にて

エミリー・プレンティス役を降板したパジェット・ブリュースターが

再びレギュラーとして、シーズン7から戻って来ます!  ヤッタネ、ワ~イ!


同時に残念なニュースは、

シーズン6から新メンバーになったばかりの

アシュレイ・シーヴァー(レイチェル・ニコルズ)は、降板決定。

1年の契約終了切れを更新しなかった…出来なかった…と言うよりは、

パジェット&J.J.役のA.J.クックの2人がカムバックするので

まぁ…キツイ言い方をすればクビですね…。


左の”つぶろぐ”で、私が5月16日に呟いている(笑)ように
パジェット・ブリュースターの新コメディのパイロット版は NBC TV によって
放映ピック・アップされなかったので
彼女がクリミナル・マインドに復帰すると発表されるのは、時間の問題でした。


以下、クリミナル・マインド シーズン6のネタバレ注意!

d0175590_952493.jpg


さて、シーズン7は、どんな展開になっていくのでしょうか?!

まず、エミリーは、監禁され拷問された後、
同僚デレク・モーガンに発見され、彼に見守られながら意識不明、
そして搬送された病院で亡くなり、BAUメンバー全員が彼女の葬式に参列して、
表向き”エミリー・プレンティスは死亡した”設定になっています。
エミリー・プレンティス最後のエピソード18 "LAUREN" (詳しくはコチラ→)
しかし本当は…ホッチとJ.J.だけが知っている、
”別名を名乗って、別人として、どこかで生き続けている”エミリーに、
まず本人として”生き返って”もらわなければ!
その前に、エミリーを拷問した長年の宿敵イアン・ドイル(逃走中)を
発見して逮捕しなければ、彼女も安心して本来の姿を皆に見せることができない!

この復帰エピソードは、しっかり練って欲しいです。


しかし、シーズン6の出演俳優契約ゴタゴタ劇は、ホント何だったんだろう?!

USAのドラマ、コメディに関わらず、何年も続いている人気シリーズから
レギュラー俳優が降板したり、出戻り復帰するのは結構あるけど
普通1~2シーズン”間を置いてから”復帰が多いんですよね。
今回みたいに、シーズン途中で降板、次シーズンで早々復帰って
健康上の理由でもない限り、珍しいかも…。
結局シーズン6 J.J.は、全24話中、4話のみ(エピソード1、2、18、24)
エミリーは全24話中、18話(エピソード1~18)登場。

そして、1シーズンのみで、BAU離脱のシーヴァーは
全24話中、13話(エピソード10~12、15~24)登場。
でもアシュレイ・シーヴァー役のレイチェル・ニコルズの立場は、少し気の毒かな~。
結局”J.J.を降板させた新メンバー”と言うレッテルを
クリミナル・マインド・ファンから最初から最後まで貼られ、
ネットを始め、いろんな媒体で叩かれて…
悪いのは番組制作側で俳優本人ではないのに…。
シーズン7の冒頭で、”彼女は、ニューヨーク・オフィスに行くことになった。”なんて
説明が他のメンバーからあるのかな~。
アシュレイ・シーヴァーが、クリマイ初登場の
エピソード10 "WHAT HAPPENS AT HOME" (詳しくはコチラ→)にて
明かされる彼女の生い立ちの衝撃の事実を、そのままにするには、もったいない。
なにしろシーヴァーの実の父親は
10年間以上に及び、25人の女性を殺害しているシリアル・キラーで
現在も終身刑で刑務所にいる設定なので
その父と彼女のエピソードを、いつかゲスト出演と言う形で実現して欲しいです。


さぁ~クリミナル・マインド・ファンの皆さん!

後は粘りに粘って未だに、シーズン7に向けて契約交渉中の
アーロン”ホッチ”ホッチナー役のトーマス・ギブソンだけですよ~。

早くサインしてよ~トーマス!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
クリミナル・マインド シーズン6 フィナーレ 

エピソード24 SUPPLY & DEMAND  


いよいよ、シーズン6最終話です!

さて、ストーリーは…

以下、思いっ切りネタバレ注意!

事件の内容には、ほとんど触れていません。 
BAUチームのメンバーの動向に重点を置いて、ネタバレです。
BAU存続の危機?!

d0175590_854284.jpg


早朝、まだ夜が明けないうちから、アーロン”ホッチ”ホッチナーから
BAUメンバーに、オフィス集合の連絡。
久々に登場の恋人ケヴィン・リンチ(ニコラス・ブレンドン)と
仲良く同伴出勤のペネロピ・ガルシア。
ガルシア ”なんか嫌な予感がするわ…。”
ケヴィン  ”大丈夫だよ!”

ミーティング・ルームには、ホッチ以外のメンバー勢揃い。
ガルシア、デイヴィット・ロッシ、デレク・モーガン、スペンサー・リード、
そして新人のアシュレイ・シーヴァー。

シーヴァー ”こんなに早朝からのミーティングって、いつ以来?”
リード   ”3年8ヶ月前以来かな…。 (ジェイソン)ギデオンが辞めて以来…。” 

ホッチが、ミーティング・ルームに入って来る。
ロッシ    ”何が起こっているんだ?”
ホッチ    (極めて冷静に) ”FBIにて、コスト削減の問題が浮上している。
        FBI自体いろいろ変化に直面しているし、BAUも例外ではない。
        今から数週間以内に皆それぞれ、このBAUチームに残留したいかどうか
        インタヴューを受けることになる。”
リード    (不思議そうに) ”なんで? 留まりたくないメンバーがいるとでも?!”
ホッチ    ”他にいろいろ(働くチャンスの)オプションがあるから…。
        モーガン、ニューヨークFBIオフィスが、新たに君に興味を示している。”
モーガン   ”誰も連絡して来ていない。”
ホッチ     (キッパリと) ”そのうち連絡して来る。”
モーガン   (ちょっとムッ!として) ”だからって自分がニューヨークヘ行きたいとは限らない!”
シーヴァー ”ホッチ、あなたはBAUに残るの?”
ホッチ    ”そのつもりだが…。
        他の部署が(君たちが必要だと)連絡して来たら、私に知らせてくれ。”

ショックのガルシアは無言。
そこへ新しい事件の情報が入って来る。

ホッチ   ”続きは、また後で…。”

事件は、BAU本部のある地元ヴァージニア州で起こる。
捜査しているうち、18~24歳の男女が全米中、各地から誘拐され
レイプ、暴力、拷問目的で人身売買され、
アンダー・カヴァーとして密かに動いていたFBIエージェントの女性が
行方不明になっていることが判明する。

事件解決に向けて奮闘するメンバーたち。
無事、同日夜中に事件解決。 

外回りから帰って来るメンバーたちを待っているガルシア。
再び彼氏ケヴィン登場。
ケヴィン  ”農場で暮らそうよ! 美味しい空気を吸って、動物を飼って
       大きな緑の大地で、風車やソーラー・パネルを使用して(非電力化)…。”
ペネロピ  ”全てデジタル化された私たちの生活を捨てて?!”
ケヴィン  ”僕が欲しいのは君だけだよ!
       僕と一緒に農場を購入しようよ! 本気だよ、考えてみて!”
ペネロピ  (ニコッと笑って) ”考えてみるわ。”
そこへメンバーが戻って来る。

早朝から働きづめのメンバーたち。 時計は、既に翌日夜中2:00。
オフィスにいるメンバーに声をかけるホッチ。
ホッチ   ”今日は皆、すばらしい仕事ぶりだった。 家に帰って、ゆっくり休んでくれ。
       明日は、朝9:00いや9:30出勤でいいから。 じゃあ…。”
と、メンバーより先にオフィスを去ろうとするホッチに対して、
ガルシア ”あれ…コスト削減のミーティングの続きは?
       ホッチが私たちより先に家路に向かうなんて今まであった?”
モーガン ”BABY GIRL! (家に帰ろうとするホッチを)責められないよ。
       長い一日だったんだから…。”

それぞれオフィスを去ろうとするメンバーたちの中、ロッシは自分のオフィスヘ。
ロッシを待っている人影。
ロッシ ”私たちが話し合ったことを考えてくれたかい?”
JJ    ”ずっと考え続けていた。 私、戻って来るわ!”

最後1分だけ登場のJJ、シーズン7から再びレギュラーに。


一昨日、このドラマを放映するCBS TV局が正式に
クリミナル・マインド シーズン7放映決定を発表しました!

クリミナル・マインドのシーズン・ファイナルは、いつもクリフ・ハンガー
”エ~ッ! どうなっちゃうの?!”と、次のシーズン開始まで毎回ドキドキだけど
今までは、事件に巻き込まれメンバーの誰かが危険にさらされて、さて命は?!
…と言うエピソードばかりだけど、今回は少し違います。
いわゆる配置転換と言う厳しい実情…。

この最終話 SUPPLY & DEMAND 撮影時には
モーガン役のシェマー・ムーアは、シーズン7契約交渉中で
続投か降板が決定していませんでした。(その後、無事契約成立!)
前述のホッチのモーガンに対するセリフ、
”ニューヨークFBIオフィスが、新たに君に興味を示している。”と言うのは
シーズン3最終話エピソード20 LO-FI (PART1)で
ニューヨークの地下鉄ホーム無差別殺人テロで事件解決中、
ニューヨークFBIフィールド・オフィスが、モーガンのBAUでの活躍ぶりを聞きつけ
NYにて、チーフとして昇進、抜擢されるかも?!と言う件があり、今回の話もそこから。
あの時も今回と同じくシェマー・ムーアは、シーズン4に向けて契約交渉中で
出演契約にサインしなかったら、”モーガンはニューヨーク・オフィスに行くことになった!”
と言う話の流れになったでしょう。
 
さて今だシーズン7出演契約難航中のホッチ役トーマス・ギブソン。
なんか最後、オフィスを去るシーンが、ちょっと不自然なのよね…。
皆より先に帰っちゃうし…。 ”あれ、今が彼の最後のシーンなの?!”って感じ。
シーズン3 最終話エピソード20 LO-FI (PART1)では
ホッチが運転する車SVUが爆破される…と言う衝撃的な最後のシーンだったけど
これまたシェマーと同じく、トーマスもシーズン4に向けて契約交渉中で
当時、出演契約にサインしなかったら、
シーズン4 エピソード1 MAYHEM (PART2)
FBIニューヨーク・オフィスのチーフであるケイトと同じく
ホッチも爆発によって死亡…と言う流れになっていただろうな…。
さて今回は、どうなるのかな~。

さてシーズン7から再びレギュラーとして復帰するJJ。
今回、登場シーンは1分にも満たないけど、貫禄付けて帰って来た!って感じかな。
なにしろ短期間とは言え、アメリカ国防総省(ペンタゴン)に
防衛関係の連絡・交渉の新しい仕事で昇進した彼女が戻って来るんだから。
そこで気になるのが、ホッチの上司エリン・ストラウス(ジェーン・アトキンソン)が
一身上の都合により一線を退いている設定。
もしかしてエリンのポジションに復帰か、JJ? ホッチの上司に?
この最後のJJとロッシのシーンも微妙なのよね~。
本来だったらホッチがJJと話すはずなのに、ホッチ家路に急ぐし…。 

明るい話題としては、ガルシア&ケヴィンほのぼのエピソード。
シーズン3 エピソード9 PENELOPE (PART2) にて
運命的な出逢いをした二人。
その後、時々ゲスト出演しているケヴィン。
もう付き合って長いだから、そろそろ結婚してもいいよね~。
今回のケヴィンの発言は、”プロポーズ”になるのかな?!
結婚してもモーガンのガルシアに対する
"BABY GIRL, I LOVE YOU (AS A FRIEND)!"発言は続けて欲しいけど(笑)。




クリミナル・マインド シーズン7 今秋9月放映まで首を長~くして待たなければ!





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]

うれしいニュースが入って来ました♪


クリミナル・マインド シーズン7


デレク・モーガン役のシェマー・ムーア

新たに、シーズン7出演契約成立、続投決定!

この日をずっと待っていたのよ~モーガン!

d0175590_118536.jpg


4月20日で41歳になったシェマー・ムーア&おちゃめなトーマス・ギブソン


モーガンいなくなったら
”一体誰が "FBI!” と大声でドアを蹴って容疑者宅や殺人現場に入って行くんだよ?!”
と心配していたんだからね(笑)。

知性そなわった野性派肉体美のモーガンがいなきゃ寂しい。

ガルシアとの抜群コンビもこれで安心…良かった。

私的には、謎に包まれたモーガンの私生活を
もう少しエピソードに織り込んで欲しいな~。
ホントにプレイ・ボーイなのか、実はステディがいるのか、とか…。
ストーリーに関係なく、彼のシャワー・シーンを冒頭にいれるとか(笑)。


しかし、シェマー・ムーア、強気な交渉を行っているとは聞いていたけど
フタを空けてみれば、ナ・ン・ト!

シーズン6では、1エピソードに付き$50,000だった出演料が

シーズン7から、1エピソードに付き$100,000にド~ンと倍増アップ!

これはスゴイ!

だって、シーズン6のアーロン”ホッチ”ホッチナー役のトーマス・ギブソンが
1エピソードに付き$100,000のギャラなんだから
シェマーは現時点でトーマスと出演料並んだわけです!

さて、こうなると気になるのが、いまだ交渉中、
クリミナル・マインド シーズン7出演契約を結んでいないトーマスです。

シェマーと同じギャラじゃ納得いかないだろうな…彼。

…かと言って、デイヴィット・ロッシ役のジョー・マンテーニャの
1エピソードに付き$125,000のギャラを超えることは無理っぽいし…。

でもクリミナル・マインドに出演している俳優は皆、
ドラマの人気度から比較して、他のドラマに出演している俳優たちより
もともと出演料が低過ぎるのよね…。



4月中旬に行った
”ホッチ&モーガン降板したら観ない・降板しても観続ける”
アンケートに投票していただいた方々、ありがとうございました!

現在までの結果では
モーガンの場合、”観ない・観続ける” 50/50ですが
ホッチの場合、”降板したら観ない”が90%…そうですよね、やっぱり。


トーマス、早くサインして~!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
クリミナル・マインド シーズン6 エピソード2 "J.J."

にて、J.J.役を降板したA.J.クックが再びレギュラーとして

シーズン7から戻って来ます!

クリミナル・マインド レギュラー役として出演する2年契約が新たに結ばれました。

あれ?…って言うことは、クリミナル・マインド シーズン8まで続くのね♪

放映するCBSは、まだ正式に、シーズン7制作決定すら発表していないんだけど(笑)。

ヤッター!

シーズン6 エピソード2 "J.J." (詳しくはコチラ→)で降板して

エミリー・プレンティス最後のエピソード18 "LAUREN" (詳しくはコチラ→)
エミリー捜索を助けるため、ゲスト出演したJ.J.。

今秋に開始する クリミナル・マインド シーズン7の前に
来月、シーズン6 エピソード24(最終話)にて正式復帰するそうです。

ドラマの設定では、
ポジション昇格して米国国防総省(通称:ペンタゴン)で働いているJ.J.だけど
どういった理由で再びFBI本部BAUチームヘ戻ってくるか楽しみです。

この際、J.J.の息子ヘンリーの父でもあるウィリアム”ウィル”ラモンテーンJRとの
私生活のエピソードも交えて欲しいな~。
ニュー・オリンズ警察を退職してまで、ヴァージニアで、J.J.と暮らすウィル。
ヴァージニアか、ワシントンD.C.周辺の警察で活躍する彼の姿を
ゲスト出演で観たいな~。
ウィルの南部訛りの英語が聞きたい。

しかしゴタゴタしているよね、シーズン6。
ストーリー構成上のクリエイティヴィティ(創造的)な問題、
CBSテレビドラマの予算削減とか…ファンには納得いかない理由で
A.J.クックの契約更新しないで、今度は、すぐに再契約って…。

長年継続する人気ドラマで降板した俳優が、
2,3年後に復帰と言う話は時々あるけど
1年も経たないうちに戻って来ることって珍しい。
まぁそれだけJ.J(.A.J.クック)がファンから愛されていることの証明だけど!

でもJ.J.降板してもUSAでは、シーズン6の平均視聴率は、
むしろシーズン5より高くて、クリミナル・マインド絶好調なんですよ。
コレって、”J.J.を降板させるなら2度と観ない!”と言っていたファンが
”シーヴァー(新メンバー)むかつく!”と言いながらも

ストーリーが、おもしろいから観ているってことかな?

でもJ.J.が戻って来ると危ない立場は
アシュレイ・シーヴァー(レイチェル・ニコルズ)だな…。
どうなるのかな~彼女は?!
私はシーヴァーの存在に別に否定的ではないけど
J.J.(平均身長)とシーヴァー(スラ~ッと長身)、身長差はあっても
やっぱり金髪ロング・ストレート、プラス美人って”被る”キャラかも…。
性格も違うし立場も違う2人だけど…。
じゃあシーヴァーを茶髪にすればいい!って…違うか。

こうなったらエミリー(パジェット・ブリュースター)にも生き返ってもらうしかない!
USAのファンは皆、
今秋放映予定のパジェット主演の新コメディ
"MY LIFE AS AN EXPERIMENT"のパイロット版が密かに?お蔵入りして
”クリミナル・マインド”に戻って来て欲しいと考えていますよ~!
なにしろパイロット版は一般TV放映される前に
試写段階で批評家の評判が今ひとつでボツとか、予算の関係でボツとか、
いろいろシビアなUSAのTV業界なので、何が起こるか分からない!

d0175590_7471286.jpg


やっぱりね、こうやってメンバー皆そろわないと!ダメでしょう!

まだ契約交渉が難航している
アーロン”ホッチ”ホッチナー(トーマス・ギブソン)
デレク・モーガン(シェマー・ムーア)
延々と悩んでいないで早く出演継続サインしてよ…(泣)。
あと数週間で結果出るだろうな…。

クリミナル・マインド シーズン7 J.J.が戻って来ても
ホッチとモーガンがいないBAUなんて絶対に嫌だ!



下記の投票に参加していただいた皆様ありがとうございます。
やっぱりホッチいなくなったら圧倒的に、クリマイ観なくなるファン多いですよね…。


今日4月20日は、モーガンことシェマー・ムーアの41歳の誕生日です。

HAPPY BIRTHDAY, SHEMAR!!!





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
クリミナル・マインド シーズン6

シーズン6終了まで、あと4エピソード残すだけ!

いや~シーズン6は、波乱万丈です。


エピソード2 "JJ" では、JJ(A.J.クック)降板。

エピソード10 "WHAT HAPPENS AT HOME" では、
FBI CADET(FBI候補生)アシュレイ・シーヴァー(レイチェル・ニコルズ)初登場。
その後、シーヴァーは、レギュラー・メンバーへと昇格。
FBI訓練学校も卒業し、晴れてFBIエージェントに。

エピソード18 "LAUREN" では、
エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)降板。


さて、ここで気になるのは
クリミナル・マインド シーズン7は、あるのか?!


”クリミナル・ナインド”を放映するCBS TVは
シーズン7があるのか、ないのか、まだ正式に発表していないけど、
99%の確率で、シーズン7ヘ続くと思われます。

なぜなら、クリミナル・マインドの人気ってスゴイから!って当たり前(笑)。
新しいエピソードが放映されれば、毎回高視聴率。
ケーブルTVでは毎日繰り返し、旧シーズンのエピソードが放映されているので
熱狂的ファンは増えるばかり!

そこで、再び気になるのは、レギュラー陣は続投するのか?!

なにしろ長年活躍してきたJ.J.とエミリーも降板しちゃったし…安心できないわ…。


デイヴィット・ロッシ役のジョー・マンテーニャ
スペンサー・リード役のマシュー・グレイ・ギュブラー
この2人は複数年契約で、後まだ1年契約が残っているので続投です。
でもマシューは出演料アップの交渉をしているらしい。

ペネロピ・ガルシア役のカーステン・ヴァングスネス
本家”クリミナル・マインド”は、もちろん、
スピンオフである”クリミナル・マインド サスペクト・ビヘイビアー”にも出演中で
順調に活躍している彼女も続投。

アシュレイ・シーヴァー役のレイチェル・ニコルズは、どうかな…?
かなりクリミナル・マインド・ファンから、”叩かれている”ので…。
”J.J.戻せ! シーヴァー要らない!”とか…意見多く、人気ないんだよね~。

 
さて問題は、現在放映されているシーズン6にて
出演契約が切れるホッチ&モーガンです!

d0175590_301974.jpg


デレク・モーガン役のシェマー・ムーア

シーズン6のA.J.クック&パジェット・ブリュースター降板の契約ゴタゴタ劇に関して
シェマーはモーガン役そのままって感じで、製作サイドに対して
オープンに怒りを爆発させているからな~。(様々な媒体でコメントしている彼。)
かなり強気な交渉に及んでいるでしょう。

怒りを抑えられず短気で血気高いモーガン。
でも人一倍、仲間想いで優しいモーガン。
メンバーの中で唯一!肉体美を誇るモーガン。
クリミナル・マインドでは、全く?裸にならない彼だけど、脱いだらスゴイんです(笑)。
Tシャツの上からでも分かりますよね~。
昔、10年近く出演していた昼メロ・ソープ"THE YOUNG AND THE RESTLESS"では
やたらとセクシーな姿を魅せていた彼ですからね~。
知的な野性派モーガン観続けたい~止めちゃダメよ、シェマー・ムーア!


さて、もうひとり
アーロン”ホッチ”ホッチナー役のトーマス・ギブソン。

d0175590_3213294.jpg


私にとって(イヤ、ほとんどのクリミナル・マインド・ファンにとってかな…?)
ホッチ=クリミナル・マインドなのです。


もともと最初から”シカゴ・ホープ”のダニエル”ダニー”ナイランド役、
”ダーマ&グレッグ”のグレゴリー”グレッグ”モンゴメリー役を演じていた、
トーマス・ギブソンが大好きで、愛していて、だからこそ
”クリミナル・マインド”を、ドラマ開始から観ている私にとって…

ホッチなきクリミナル・マインドなんか有り得ない!
ホッチいなかったら、シリーズ終了にしていいよ!

トーマス・ギブソンの出演料って信じられないくらい低いんですよ。(詳しくはコチラ→

トーマスもシェマー・ムーア同様、シーズン7出演続投か否か交渉中。

ホッチいなくて誰がBAUチームを、まとめるのよ~。
ロッシ&ホッチ・コンビに勝るものナシ!


もし良かったら、下記の投票に参加してみてくださいね!







にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
クリミナル・マインド   シーズン6

エピソード17 VALHALLA (前編
エピソード18 LAUREN (後編)


シーズン2途中からレギュラーだったFBIエージェント、
エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)最後の”クリミナル・マインド”エピです。

後編の"LAUREN"では
シーズン6 エピソード2 "JJ" で
クリミナル・マインドを降板したJJ(A.J.クック)が、ゲスト出演。
そして監督は、スペンサー・リード役のマシュー・グレイ・ギュブラー。

JJの降板エピソードは、たった1エピソードのみで
話が少し急で無理矢理”こじ付け”っぽいかな…と感じたけど(詳しくはコチラ→

エミリーに関しては、シーズン6 エピソード13~16にかけて
毎回5分くらいずつジワジワと、エミリーの秘密の過去が暴かれ、
彼女が不安定になっていく様子が、きちんと描かれていたためか
納得のいく最後と言うか、クリミナル・マインド全132話(現在)の中でも
私的には、トップ10に残るほど印象深い秀逸のストーリーです。

以下、思いっ切りネタバレ、おまけに長いです。


d0175590_873664.jpg


(写真:突然、姿を消したエミリーを探すため、現在米国国防省勤務のJJ、
新しいメンバーのアシュレイ・シーヴァー含め、ボストンヘ飛ぶBAUメンバー全員)

ストーリーは、8年前の出来事ヘ…。

FBIエージェントになる前は、インターポール(国際刑事警察機構)のエージェントとして
働いていたエミリー・プレンティス。
8年前の”任務していたオペレーション”活動仲間たちが数週間前から次々暗殺され、
自分の身も危ないことを知るエミリー。
BAUメンバー皆、彼女の様子が変なことは気付いていて心配するが
彼女にとって”愛する家族”であるBAUメンバーたちを危険に晒したくないため
自分の身に何が起こっているか固く口を閉ざすエミリー。

そんな中、BAU本部のあるクアンティコからも近いワシントンD.C.で
ドイツ人、イタリア人、イギリス人の家族が子供を含め次々殺害される。
そして犯人グループを追跡するモーガン(シェマー・ムーア)&エミリーも
命を狙われる。
”なぜヨーロッパ系の人々ばかりが殺されていくのか”調べていくうち
犠牲者たちは、以前スイス・ジュネーブを拠点とするプライヴェートの
カウンター・インテリジェンス(スパイ活動をする諜報機関)で働いていたことが判明。

そして犯人グループのリーダーは、かつてIRA(アイルランド共和軍)のキャプテンで
後、フリーランスとなり、自らの武装組織を引き連れてテロリスト活動を行い、
つい最近北朝鮮の刑務所から脱獄に成功した、
”イアン・ドイル”(ティモシー・V・マーフィー)であった。

d0175590_8544999.jpg


(写真:8年前のローレンことエミリー&イアン・ドイル)

8年前、エミリーの偽名は
ローレン・レイノルズ(エピソード18のタイトルLAURENは、ココから)。
ローレンがインターポールのアンダー・カヴァーとして、狙っていた男性に近付き、
フランスの田舎の豪邸で一緒に暮らし、”ロマンスに陥った”と見せかけた相手こそ、
イアン・ドイルだった。
彼の傍らで調査して、彼が国際指名手配されていたテロリスト
通称名VALHALLA(エピソード17のタイトル)であることを確認したローレンは
自らもフランス警察に逮捕され、車ごと爆破され即死と見せかけ
拘束されたイアン・ドイルは北朝鮮の刑務所ヘ。

心から愛し信用していた女性、ローレンが
実は自分を裏切ったインターポールのスパイだったと、わかったドイルは
7年後(今から1年前)に刑務所を脱獄し、
ローレンは今でも生きていてエミリーと同一人物だと突き止める。
そして、彼女はもちろん、BAUメンバーも皆殺しにすると予告。

自分がローレン・レイノルズで、イアン・ドイルと繋がりがあったことを
BAUメンバーに見破られる前に、皆に危険が及ぶ前に
エミリーは忽然と自ら姿を消す。

エミリーがローレンだと突き止めたメンバーは…

”なぜ何も相談してくれなかったんだ! 友達なのに!”と怒り爆発モーガン。
”私たちを大事に思っているからこそ、
私たちを守るために何も言わずに居なくなったんだ。”と
皆を諭すロッシ(ジョー・マンテーニャ)。
”エミリー! 戻って来て。 ひとりで抱え込まないで。
戻って来れないんだったら、生きていて。 私たちがスグあなたのもとへ行くから!”と
掲帯電話にメッセージを残すガルシア(カーステン・ヴァングスネス)。
”彼女の身に何かあったら、君をメチャクチャにするからな。 覚悟しろ!”と
冷静なホッチも感情的に、エミリーの当時のインターポール仲間に言う。

イアン・ドイルと戦うため、ボストンヘ出向いたエミリーは、彼に監禁され拷問を受ける。
自分を裏切り、自分の最愛の小さな息子(エミリー以前の女性との間に生まれた)までも
エミリーに殺されたと思っているドイル。
実は息子は殺害したと見せかけて逃走させているが
最後まで息子の居場所を言わないエミリー。
格闘の末、ドイルに胸を刺されたエミリーのもとへ
居場所を突き止めたBAUメンバーたちが駆け付ける。
”エミリー、おまえのことを誇りに思うよ。 おまえは俺の親友、大事なパートナー。
逝くなよ! 俺の手を握ってくれ。”と声をかけるモーガンに、
”もう、逝かせて…。”と弱い声のエミリー。

病院の待合室で、エミリーの手術の経過を待っているメンバーたちの所へ
JJが入って来て、”残念ながら息を引き取った。”と伝える。
打ちひしがれ、泣き崩れるメンバーたち。
”まだ最期の別れを言っていないよ!”と待合室を出て
エミリーに会いに行こうとするリードを止めて、抱き締めるJJ。
ガラスのドア越しに、何やら話しているホッチとJJ。

エミリーの葬式。 お棺に花を手向けるメンバーたち。

場所変わって、フランス・パリのカフェ。
手と背中しか映らない女性のテーブルの前にJJが座る。
”3種類のパスポート。 そして3ヶ国の銀行口座の情報。 幸運を祈っているわ。”と
大きな封筒を渡すJJ。
”ありがとう。”と一言、その女性。



最後の女性が、エミリー・プレンティスだと顔は確認できないけど
映った”爪が剥がれた親指”がエミリー。
(彼女は、ストレスが溜まると爪を剥ぐクセがあり、その事をリードに指摘されている。)
病院のガラス越しに意味深なヒソヒソ話、目配せをしていたホッチとJJだけが
この事実を知っているのかも…。
もしくは他のメンバーも知っていて、知らないフリをしているのか…。
何しろイアン・ドイルは逃走して捕まっておらず、
”エミリー・プレンティス”と言う存在を消さない限り一生命を狙われるのだから…。



エミリー役のパジェット・ブリュースター降板は、とても残念!
私は特に歴代女性キャラの中で
クールな性格で、多言語扱う、どこか孤独で、ミステリアスなエミリーが
一番好きなので余計寂しいです。

JJ役のA.J.クックが本人はヤル気だったにも関わらず
今シーズン契約できず、2話だけで降板したことから始まり
パジェット・ブリュースターも”今シーズン24話中18話だけ出演にカット”
本人ヤル気だったのに、
今後の”クリミナル・マインド”シーズン7も全編出演する、しない…など
製作サイドとコロコロ話が変わり、嫌気がさしちゃったのかな~。
そんな所へ秋から開始する他局の新しいコメディ
"MY LIFE AS AN EXPERIMENT"の主役が決定し、パイロット版も製作されたので
”自分を必要としてくれる番組にこそ出演しよう!”と思っても不思議ではない。
彼女は、コメディもできる女優なので、新天地で頑張って欲しいな~。
でも、仮にパイロット版が失敗したら
(成功して欲しいけど新ドラマのクビ切りは、とてもシビアだから…)
またエミリー再登場もありかな?!



WE LOVE YOU FOREVER, EMILY !







追記: その後、結局シーズン7 初回エピソードから
    BAUに復帰したエミリー・プレンティス役のパジェット・ブリュースターが
    クリミナル・マインドを降板することになった本当の最後の出演エピソードである、
    シーズン7 フィナーレのネタバレ・エピソードはコチラ→








にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
先週、南カリフォルニアのローカル・ニュースにゲスト出演したと思ったら
今週は、ニューヨークヘ飛んで
2月25日、なんと2本の全国ネットのトーク・ショー(一般公開番組)に出演した
”クリミナル・マインド”
FBIチーフ ホッチことトーマス・ギブソンです!

トーマス・ギブソンがトーク・ショーに出演するなんて滅多になくて
(多くて1年に1回あるかどうか…)
たった1日の間に、2回も!”素顔”が見れるなんて
今後1~2年は、どこの番組にも生出演しないだろうな~(笑)なんて!



午前は、全国ネットの人気トーク&情報番組
"LIVE! with Regis & Kelly"に出演。

朝から、こんなステキな笑顔を見れるなんて、ラッキー!



午後は、全国ネット(ケーブルTV)のトーク・ショー
"The Wendy Williams Show"に出演。

↑司会者のウェンディ・ウィリアムスが
”クリミナル・マインドのDETECTIVE HOTCH…”と、何回も言っているけど、
ちょっと、アーロン”ホッチ”ホッチナーは、DETECTIVE(刑事)ではなく
FBI AGENT(FBIエージェント)なんですけど…
それもユニット・チーフだよ。 ヒラの刑事じゃないよ。
だいたい警察とFBIは全く違う機構、管轄なんだけど…
ウェンディ、あなた”クリミナル・マインド”を観ていないね(苦笑)!
訂正しなかったトーマスって優しい。


TVドラマは大体、シーズン開始時に出演俳優が番組のプロモーションのため
トーク・ショーにゲストとして登場することが多いので
今回のようにシーズン中盤で、番組宣伝って珍しいんですよ~。
10日間で、3回も”生”トーマス・ギブソンが見れるなんて奇跡!

しかし今度はニューヨークではなく、
カリフォルニアでの公開トーク・ショーにゲスト出演してね、トーマス。
何がなんでもチケット手にいれて観に行くぞ~!


いよいよ佳境に入って来た”クリミナル・マインド” シーズン6
エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)降板の色濃くなってきたけど…
どうなるのか?!
ますます眼が離せないクリミナル・マインドです。



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
”クリミナル・マインド”の冷静沈着で誠実、眼光キッと鋭い
アーロン”ホッチ”ホッチナー役で
毎週トーマス・ギブソンに会えるのも楽しみだけど

もちろん”ホッチ”ではない素顔の”生”トーマス・ギブソンも大好き!
笑顔がとってもステキなんだもん!


先週、南カリフォルニアを拠点とするローカル・ニュースに
生出演した模様です。



冒頭インタヴューで触れられている通り、
昨年12月に発表された
エンターテイメント・ウィークリー誌のファンによるウェブ投票で
The Under-appreciated Entertainer of the Year に選ばれたトーマス。
チョットはにかみながらも喜んでいますよね。

The Under-appreciated Entertainer とは
”とても実力あるのに、すばらしい才能を持っているのに、
なぜか一般的に、その認知度が低く過小評価されている俳優、歌手、芸能人。”

2010年度のトップ1は、なんとトーマス・ギブソンだったんですよ~!

ちなみに、USAで現在シリーズ6放映中の”クリミナル・マインド”は
毎週視聴率トップ10に入る人気番組です。
だから余計に彼の位置付けがThe Under-appreciated Actorなのよね〜。

映画部門、音楽部門、TVドラマ部門、TVリアリティ・ショー部門の4つのカテゴリーで
”△△対〇〇では、どちらが過小評価されているか?!”と言うコンテストで、
トーマスは、毎週行われたトーナメント方式投票でドンドン勝ち抜き
最終的には全てのカテゴリー(64人)のトップに選ばれたのです。
どんな64人か?のトーナメント・チャートはコチラ→(図をクリックするとさらに拡大)
もちろん私も、このウェブ投票参加しました。

ちなみにTVドラマ部門で最後までトーマス・ギブソンと戦った?
犯罪ドラマ"SONS OF ANARCHY"の女優のケイティ・セガールは
その後、見事ゴールデン・グローブ最優秀主演女優賞(TVドラマ部門)を受賞したので、
もうThe Under-appreciated Entertainerでは、なくなっちゃった(笑)。
よかったね、ケイティ!


毎回、プライヴェート・ジェットで、未解決事件捜査のために
全米各地を飛び回っている設定のBAUメンバーたちだけど
実は撮影は、ほとんど全て南カリフォルニアで行われています。
シーズン5 エピソード21 "Exit Wounds"も舞台はアラスカだけど
実際の撮影はロスアンジェルスより北へ車で、2,3時間の
フレイジャー・パークで、”アラスカの町らしく見せて”撮影。


トーマスの愛する妻&3人の子供たちは、テキサス州サンアントニオ在住。
”クリミナル・マインド”撮影時は、ロスアンジェルスで、ほとんど単身赴任状態のホッチ。
週末は飛行機で片道3時間、時差2時間のサンアントニオヘ帰宅。
こんな状態が6年近く続いている彼って、スゴイ?
でも1年のうち撮影の無い3,4ヶ月は、ずっとサンアントニオ在住で、
逆に子供たちは、夏休みにLAに長期滞在するみたいだし、
家族思いのトーマス・ギブソンなのでした。



いいな~トーマス・ギブソン大好き!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
クリミナル・マインド シーズン6 エピソード2"JJ"にて
JJ(A.J.クック)最後の出演以来、新しいメンバーを補充せず
事件を解決してきたBAUのメンバーたち。

しかし、ついに!
シーズン6 エピソード10 "WHAT HAPPENS AT HOME"にて
新しいメンバーが初登場!


…以下、エピソードの事件内容、犯人には触れていませんが
新メンバーが、どういった人物か、そのメンバーの生い立ち、過去など
キャラクターのネタバレがあります!

d0175590_8405559.jpg


CRIMINAL MINDS     "WHAT HAPPENS AT HOME"

写真一番左の金髪女性が今後、新メンバーとなる
FBI CADET(FBI候補生)アシュレイ・シーヴァー(レイチェル・ニコルズ)。


さて シーズン6 エピソード10 "WHAT HAPPENS AT HOME"

今回の事件を解決するために、ロッシ(ジョー・マンテーニャ)は
FBIアカデミーで野外訓練をしているアシュレイ・シーヴァーに会いに行く。
シーヴァーは本来、FBIワシントン・フィールド・オフィスにて
受付係として働いているはずだったが
本人の強い希望で、自分のフリータイムに、アカデミー・コースを受講して
事件現場で活躍するFBIエージェントをめざしている。

シーヴァーの特殊な生い立ちが事件解決に結び付くかも知れないと
BAUオフィスに彼女を連れて来たロッシは
ホッチ(トーマス・ギブソン)と一緒に、オフィス内で
今回の事件に関係する事柄を話そうと思っていたが
”本当の事件現場を自分の眼で確かめない限り、捜査に役立つことは不可能。”
と言う彼女の意見を聞き、
”必ず他のBAUメンバーと共に行動し、自分ひとりで勝手に行動しない。”
と言う約束のもと、一緒に事件現場へ向かう。

シーヴァーと言う姓は彼女の母親の旧姓である。
実は、アシュレイの父、チャールズ・ビューチャップは
”レッドモンド・リーパー”と言うニックネームで悪名高い男性であり、
アシュレイが成人になる前までに
10年間以上に及び、25人の女性を殺害しているシリアル・キラーである!
”レッドモンド・リーパー”は、ホッチ&ロッシによって逮捕された経緯もあり
3人は当時から顔見知り。

”レッドモンド・リーパー”が事件を起こしたノース・ダコタ州は
死刑制度が存在しないので、終身刑で刑務所に服役しているシーヴァーの父。
刑務所に面会に行ったことはないと言うシーヴァー。
時折、父は手紙を送ってくるが、開封せずに、そのまま保管していると言う彼女。

…さて事件は解決したが、自分ひとりで行動しないと言う約束を破り
無茶な行動をしたシーヴァー
”父が殺した被害者の家族に直接謝ることができなかったから
今回の被害者家族に(代わりに)謝りたかった。
もう2度と勝手な行動はしない。”とシーヴァー。
”そんなのは言い訳にならない! 勝手な行動をしないのは当たり前のこと。
皆を危険に陥れ、チームワークを乱した。 キミも死ぬかも知れなかったんだぞ!”
と、いつものように(笑)部下を叱り飛ばすホッチ
”殺人者である父を嫌いになろうとしても嫌いになれない…。”とシーヴァー。
こういう時、すかさず
”チャールズ・ビューチャップが誰であろうと、キミの父であることには変わりはない。
その事実を変えることはできない。
でも彼のしたことにキミが責任を感じることはないんだよ。”と優しく諭すロッシ

いつものごとく、アメ(ロッシ)とムチ(ホッチ)のコンビです(笑)



さて次の シーズン6 エピソード11 "25 TO LIFE"

前回、ホッチに怒られたシーヴァー。
BAUにて2度目のチャンスはないと思われたが
プレンティス(パジェット・ブリュースター)がロッシのオフィスを訪れ、
”シーヴァーに、もう1回チャンスを与えてあげて。
本人も反省しているし、ヤル気もある。
私が彼女のトレーナーとなって面倒をみるわ!”
エミリーってば、良い先輩だわ~。
”私をガッガリさせるなよ!”とシブシブOKを出すロッシ。
なんでホッチではなくロッシが承諾するのか?

それはですね…
なんと、このエピソード "25 TO LIFE" 
 
ホッチが1秒たりとも!出演していないのです!

”クリミナル・マインド”シーズン1から通算125エピソードめ!

125話、何回も繰り返し全部観ているけど、
初めてですよ~ホッチが全く出演していないなんて!

登場シーンが少ないエピソードだって、今まで少なくとも10分は出演していたし…。
一応設定では、ロッシのセリフで
”息子ジャックにちょっと問題があって、ホッチは休暇を取っている。”
と言うのがあるんだけど…。
(ハロウィンの時は、イイコだったジャックが、
クリスマスでは、ダディを手こずらせ駄々をこねている?)

ひどいよ、そんなのあり?!
このエピソードは、モーガン(シェマー・ムーア)が主役で、
とても良い話で大好きなんだけど…。

USAの年末年始ホリデー・シーズンは
TVドラマ・シリーズはどれも再放送、もしくは特別番組で
1ヶ月近く、新エピソードが放映されないので、
次回ホッチを含んだ新エピソードを観れるのは新年明けて1月中旬…。

さてアシュレイ・シーヴァーは当初、今シーズン、3つのエピソードにのみ
登場する予定だったけど、この”エピソード10”初登場より前に、
レギュラーとして活躍していくだろうというニュースが入ってきました。

父が連続殺人犯と言う衝撃的な生い立ちのある、どこか影のある女性、
アシュレイ・シーヴァーはBAUの即戦力と言うより、
これからBAUの中で学び成長していく…といった感じでしょうか。
他人に紹介する・させる時も、
FBI AGENT TRAINEE"または"FBI CADET"(FBI訓練生、研修生、候補生)
と言う肩書きのシーヴァー。

アシュレイ・シーヴァーこれからどんな活躍をしていくのが楽しみです!


ちなみに、シーヴァー役のレイチェル・ニコルズ(1980年生まれ)が
初めて役名のある役柄を演じたのが、
"SEX AND THE CITY"(2002年)のアレクサ役
サマンサ(キム・キャトラル)が当時付き合っていたホテル王リチャード
(ジェイムズ・レマー)の誕生日に彼の希望で、
レストランのウェイトレスだったアレクサに眼を付けて、3人で寝るが…。
覚えている!覚えている!スラ~リと長身で痩せていて茶髪だったな~。
当時に比べると、ややふっくらして金髪になった彼女です。




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]