カテゴリ:2016年全米公開映画( 16 )

JASON BOURNE

ジェイソン・ボーン


マット・デイモン主演!

お馴染み大人気スパイ・キャラクター、ジェイソン・ボーン
大活躍するスパイ・アクション映画!

2007年に劇場公開された前作から9年ぶり久々に登場。

ジェイソン・ボーンが主役のシリーズとしては
THE BOURNE IDENTITY ボーン・アイデンティティ
THE BOURNE SUPREMACY ボーン・スプレマシー
THE BOURNE ULTIMATUM ボーン・アルティメイタム
と言う3部作に続く4作め。

マット・デイモンが演じるジェイソン・ボーンが登場せず、
ジェレミー・レナーが演じるスパイ、アーロン・クロスが主役の
スピンオフ映画 THE BOURNE LEGACY ボーン・レガシー を含めると
ボーン・シリーズでは5作め。
ボーン・レガシー についてのブログ鑑賞記事はコチラ→

以下、ストーリーのネタバレはありません。
鑑賞後の私の感想を少し書いています。

d0175590_2222396.jpg

金銭が絡む違法ファイト・クラブで黙々と戦っているジェイソン・ボーン(マット・デイモン)のところに
かつてCIAの秘密工作“トレッドストーン計画”に絡んでいた、
ニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)が訪ねて来て再会したことで
ジェイソンとジェイソンの父親に関する過去の出来事が暴かれていくストーリー。

ヨーロッパ各地やUSAを舞台に
シリーズ通して、米国政府に“追跡され逃走する”ジェイソン・ボーンの姿はこの映画でも変わりません。

ジェイソン・ボーンの厳しい表情、キビキビとした素早い行動、頭脳明晰でストイックでブレない性格が
シリーズ通して健在なことはうれしい限り!

ギリシャの街中でのカー・チェイスは
ヨーロッパ特有の古い石畳の道や狭くて細い石の階段を縦横無尽に走りまくって迫力あって良かった!
実際には、ギリシャにての撮影ではなく、
大西洋カナリア諸島のテネリフェ島で“ギリシャの街”を再現して撮影されたとのことだけど
雰囲気ピッタリ!

しかし、ストーリー後半のラスヴェガスのカー・チェイスは“やり過ぎでウソっぽい”と思った。
実際には、ラスヴェガスの中心の“ザ・ストリップ”と呼ばれるラスヴェガス大通りは
いつも大混雑していて車も多過ぎて大渋滞で、あんなにスピード出して暴走できないよ~(笑)!
SWAT特殊部隊の厳重な車に、一般車が立ち向かって突破することも…なんかな~。
実際に“ザ・ストリップ”を1週間、毎日数時間、交通止め閉鎖して撮影したらしいけど。


鑑賞前の期待度が大きかっただけに
新作 JASON BOURNE ジェイソン・ボーン
ジェイソン・ボーン・シリーズの前3作品に匹敵するほど、おもしろい作品とは言えないかな~。

でもこのシリーズ大好きだから、次回作が製作されるならば観るよ~♪ 


映画 JASON BOURNE ジェイソン・ボーン 日本公開は10月。


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
CAPTAIN FANTASTIC

(原題: キャプテン・ファンタスティック)



現代社会を否定して、山々がそびえ立つ米国北西部の森林の中で
自給自足の生活を送る父親と6人の子どもたちは文明社会に適応することができるのか?

コメディ・タッチのドラマで
ヴィゴ・モーテンセン053.gifがワイルドな父親役を演じています。

以下、ストーリーのネタバレなし。 あらすじ少し&私の感想を書いています。

d0175590_6423177.jpg


20年近く、大自然の山の中で暮らしているベン(ヴィゴ・モーテンセン)
18歳から6歳までの男の子3人、女の子3人の父親。
現代社会を否定して独自の信念に基づいてヒッピー的な生活を送っている。

子どもたちは学校に通わず、父親ベンがホーム・スクール教育をしている。
自炊の仕方から、獲物を捕まえてナイフで解体するまでの狩猟方法、
危険なロック・クライミング、ケンカの仕方など、
自然の中でどうやってサバイバルしていくか子どもたちに教えながら
読書や討論にも重点を置き、外国語も教えている。

子どもたちは自由奔放でワイルドな一面もありつつも
実在の哲学者ノーム・チョムスキーを崇拝しているベンの影響で
知識豊富で、学校に通う同世代の子どもよりも言動が大人びている。

ベンの妻で子どもたちの母親は、3ヶ月前に病気のため都会へ出て行って不在。
ある日、彼らは祖父母が暮らす母親の故郷へ出発するが…。

d0175590_6461085.jpg

おもしろいな~!微笑ましいな~!と思えるシーンやセリフも確かにあったけど
ベンの信条や信念には疑問に思う部分も結構ありました。
 
子どもたちの母でありベンの妻は仏教に傾倒していることから
彼らはヨガや瞑想の時間も大切にしている。
彼らの信条からすれば、
“動物と仲良く一緒に暮らすヴェジタリアン”という設定のほうがシックリくるんだけど…
彼らは動物を殺して食べて、裂いた毛皮までも利用するところも
なんか納得いかなかったかな~。

ハリウッドの大作映画に出演することをなるべく避けている(笑)ヴィゴさまにとっては
テーマもピッタリな独立系の低予算作品。
ちなみにヴィゴったら惜しまず、スッポンポンの裸体を堂々とさらしています(笑)!
日本だとボカシが入ってしまうだろうな~。

映画 CAPTAIN FANTASTIC (原題: キャプテン・ファンタスティック)
威厳を持ちワイルドでありながらも、一方で繊細な面も持つ父親をヴィゴ・モーテンセンに注目!


追記: 後に邦題が決定しました。

CAPTAIN FANTASTIC

はじまりへの旅

う~ん…微妙なタイトル…果たして「この映画!観てみたい!」と思わせるタイトルなのだろうか?!


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
THE INFILTRATOR

(原題: ジ・インフィルトレーター 潜入者)



アメリカ合衆国税関に勤務する特別捜査官ロバート・マズールが
執筆した同名自叙伝をもとに製作された実在の大事件を扱った犯罪ストーリー。

現在もマズール氏は潜入捜査官として現役で活躍中。

大ヒット・ドラマ BREAKING BAD ブレイキング・バッド
違法ドラッグを製造して、DEA(麻薬取締局)に追われていた、
元高校教師のウォルター・ホワイトを熱演して絶賛されたブライアン・クランストン
今回は、逆に違法ドラッグ輸入を阻止する税関捜査官を熱演しています。

映画 THE INFILTRATOR は
1980年代の南米コロンビアのドラッグ・カルテルと米国税関との抗争を描いていて
同じ年代設定で、コロンビアの麻薬組織とDEA(麻薬取締局)との戦いを描いた
人気ドラマ・シリーズ NARCOS ナルコス にも通ずるストーリーでもあります。

ブレイキング・バッド も ナルコス も私の大好きなドラマ・シリーズなので
最初からこの映画の内容も非常に興味があったけど
実際の出来事に焦点を当てているので
緊張感あふれるストーリーがとてもおもしろかった!

以下、ネタバレなしのあらすじ少々&私の感想です。

d0175590_765970.jpg

1985年、米国フロリダ州が舞台。 
税関勤務の特別捜査官ロバート・マズール(ブライアン・クランストン)
コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルが組織するドラッグ・カルテルの違法ドラッグ輸入および、
それに関連するマネー・ロンダリング(不正資金洗浄)を摘発すべく、
覆面捜査として別人に成りきって危険な世界に潜入するが…!

d0175590_775173.jpg

   映画プレミアにて左から…B・クランストン、D・クルーガー、B・ブラット、J・レグイザモ

ブライアン・クランストンは私の大好きな俳優です♪
シリアスなドラマからコメディまで幅広く活躍していて
オマケにトーク番組などで見せるオチャメでジョークいっぱいの素顔が魅力的!
今回の役もすばらしかった!

ロバートの捜査上のパートナー捜査官役にジョン・レグイザモ。
 「そうそう!覆面捜査官っていそうだわ~!」と思わせるピッタリな演技。

ロバートの捜査上の偽の婚約者を演じる捜査官役にダイアン・クルーガー。
とにかく美しい!

エスコバルの重要な手下役にベンジャミン・ブラット。
コレが悪役だけど人情深くてカッコイイ役なんだな~。


映画の最後のクレジットで
実在の事件関係者と、その関係者たちを演じた俳優たちの写真が並んで公開され
(結構似ている!)その後、彼らの人生がどうなったか説明があります。

映画 THE INFILTRATOR おもしろかった!


私の採点   ★★★★☆(4つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
THE NICE GUYS

ナイスガイズ!


私の大好きな2人053.gif

ラッセル・クロウ & ライアン・ゴズリング 共演


1977年、ハリウッドで起きた殺人事件を追跡するアクション・コメディ映画!

以下、ストーリーのネタバレなし。
d0175590_1382763.jpg


もともと、この映画製作の話が持ち上がった時に
最初にラッセル熊クロウライアン・ゴズリング
”一緒に仕事しないか?”と連絡したそうです。
当初、ライアンは”マジ?俺たちが共演して大丈夫か(笑)?”と思ったそうだけど
実際に会って話してみたら意気投合♪しちゃったとのこと!

分かるわ~!
だってラッセル熊とライアンって
イメージとして、かなりクセのある我の強い俳優という印象がありますよね~。
だからこの2人が共演して、もし彼らの“ケミストリー”が合わなかったら
マジで撮影現場でケンカしそうだし(笑)
すごくつまらない作品になってしまうだろうな~とか、フッと考えちゃうくらい…。

映画公開前に宣伝のために
USA、イギリスの複数のトーク・ショーに一緒に出演したラッセルとライアンの姿をTVで観ました。
(冗談で)お互いの悪口を言いながらも、すごく楽しそうで波長が合っていて
きっと映画もおもしろいだろうな~!と予測していたら、観てみたらおもしろかったのでした!

d0175590_1422835.jpg

役柄としては…
ラッセル熊は、探偵業の資格を持っていない“私立探偵もどき”で、カッとなりやすく少々乱暴な性格、
でも女性には優しい!…って本来の熊ちゃんの姿そのままじゃないか(笑)!

ライアンは、探偵として免許資格を持つ“真の私立探偵”で、頭脳がハッと閃く時もあるけど
かなり“まぬけ”なキャラクター。
13歳の1人娘のほうが父ライアンよりもシッカリしている。(この娘役の子役が大活躍!)


いがみ合いながら、一見ミスマッチで凸凹な関係の“探偵”たちが
“奥が深~い”殺人事件を解決していくコメディ・タッチのストーリー。
ジョークいっぱいのユーモアあふれるアクション作品に仕上がっています。
1977年のハリウッド界隈のノスタルジックなイメージも楽しめました!

70年代らしいデザイン&カラーの衣装を着こなすライアンがオシャレ。

d0175590_1464533.jpg

後半、マット・ボマーがヒットマンで登場するけど、彼には珍しいヘアースタイル!


映画 THE NICE GUYS ナイズガイズ! おもしろかった!
続編が製作されたら、うれしいな~♪

日本では2017年2月に劇場公開予定。



私の採点   ★★★★☆(4つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
HIGH - RISE ハイライズ


同名SF小説をもとに製作された、
愛しのトム・ヒドルストン053.gif主演の
“極限状態に陥った人間の狂気”を描いた奇妙なSFミステリー・ドラマ。

他にも…ジェレミー・アイアンズ
ジェームズ・ピュアフォイ
ルーク・エヴァンズ…など
私が大好きなイギリス、ウェールズ出身の俳優がたくさん出演しています♪

以下、あらすじ少しだけ&私の感想を書いています。
ストーリーの大きなネタバレなし。

d0175590_1345672.jpg

ストーリーは…
1970年代、不思議な構造のSF近未来っぽい高層ビル=富裕層が暮らす高層コンドミニアムを舞台に
そこに暮らすリッチな人々の派手な暮らしぶりが描かれていく。
次第に、ビルの構造に欠陥が見え始め、だんだんとその生活は破綻して
住民たちは対立してコンドミニアムは無秩序化していく…。

d0175590_1364531.jpg

もともとUSAでは、大都市のみ1週間限定の少数規模の劇場公開…と同時に
いきなりAmazonネット配信開始されてしまう…ということで
“あ~内容が今ヒトツなんだろうな~。”と推測していたから
さほど内容に期待もしていなかったけど、思ったよりも私にはピンと来なかった作品。

ズバリ私のこの映画の感想を述べてしまえば、作品自体は好きではありませんでした(笑)。

しかし鑑賞前から、
スタイリッシュなスーツ姿の医者役のトム・ヒドルストン(以下、トムヒ)がとにかくカッコイイ!
トムヒの見事な裸体も見れる!
トムヒのセクシーなシーンもイッパイ♪
と、耳にしていたけど…ソレはホントでした(笑)!

YouTube などで紹介されているように
ダンスが得意で有名なトムヒのリズム感あふれるダンス・シーンもあって
トムヒ・ファンであれば、この映画を観ても後悔しないでしょう(笑)!

私も今後、この映画がTVで放送された際には
トムヒのシーンだけ早送りして再度観ると思います(笑)♪

d0175590_1401118.jpg

しかし、英国出身の男優は米国出身の男優と比較すると
“全裸ヌード”に抵抗がない人が多いですね~。
トムヒと言い、チャーリー・ハナムと言い、
惜し気もなく、すぐスッポンポンになって脱ぎっぷりがイイ(笑)。
ファンとしてはうれしい限りだけど(笑)。

プラス、この映画は、ルーク・エヴァンズのファンも喜ぶようなシーンが多いかも!
70年代風の衣装を着て、セミロング・ヘアー&もみあげという風貌で
エキセントリックな性格のルークの役柄に妙に中毒になってしまうかも(笑)!


私は、フィクションと分かっていても、動物、特に犬を虐待するストーリーは好きではありません。 
この映画は結構、グロテスク且つバイオレントな内容で
人間同士の争いごとは気にならない私も
この映画に出て来る犬への仕打ちが許せないんですよね。
まぁ作品としては、極限状態に陥った人間は、かわいがっていた犬までも虐待してしまう…
といったことを言いたかったのかな。

セクシーでカッコイイ♪トムヒを観たいために観た!そして観れた!それだけでヨシとするかな~。


映画 HIGH – RISE ハイライズ は日本では8月公開予定。


ストーリーの内容的には★★☆☆☆ (2つ星)だけど
★の数がヒトツ多いのはトム・ヒドルストンがカッコ良かったから(笑)。


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
ZOOLANDER 2 ズーランダー 2

ZOOLANDER ズーランダーの続編

何も考えずにリラックスして観ることオススメ♪典型的なお馬鹿コメディ映画(笑)!

私の大好きな名コンビ♪

ベン・スティラー & オーウェン・ウィルソン共演!

ベン・スティラーは、主演はもちろん製作、監督、脚本すべてを手掛けるマルチ才能ぶりを発揮。

ZOOLANDER  ズーランダー は、2001年製作だから
この続編を製作するまでなんと15年もかかっているんですよね~。
いくらなんでも少し間隔が空き過ぎでは(笑)?!

ZOOLANDER 2 ズーランダー 2 を観に行く前日に
ケーブルTVで放送されていた ZOOLANDER ズーランダー を
「ア~ッ!こんなゲストも登場していたんだ~。」と楽しみながら久し振りに観ました。

両作品とも、ストーリーの内容はあるにはあるけど(笑)
シンプルなので説明いらず、前作を観ていない人も充分楽しめると思います。

以下、ストーリーのネタバレありません。

d0175590_7231833.jpg

前作で、人気ファッション・モデルだったデレク・ズーランダー(ベン・スティラー)
ハンセル(オーウェン・ウィルソン)はその後、それぞれ理由があって、長年、隠遁生活を送っていた。
そして今回、あることがキッカケで久し振りに再会してイタリア・ローマヘ!

前作同様、憎めない悪役ムガトゥ(ウィル・フェレル)は相変わらず弾けているし、
今回初登場のキュートなヴァレンティーナ・ヴァレンシア(ペネロペ・クルス)
ファッション・インターポール(国際刑事警察機構)に勤務する捜査員。
↑ …って!一体どんな職種なんだ~(笑)。
ペネロペ本人もインタビューで語っていたけど、彼女が楽しんで役を演じている様子が伝わってきた!


このシリーズは何と言っても!ゲスト陣が非常に豪華!
1ショット数秒のみのカメオ出演から、セリフあり数回登場するゲストまで
とにかくあの人もこの人も出演!
俳優や歌手だけではありませんよ~。
エンターテイメント業界を描いたファッション映画だけあって
実在で活躍するファッション・デザイナー、コーディネーター、編集者など
“エ~ッ!こんな人も登場している!”と、豪華なゲストがイッパイ!

誰が出演しているだけかチェックするだけで、この映画を観る価値アリ(笑)。
しかし!よ~く注意して観ていないと
アッ!という瞬間だけしか登場しないゲストもいるから観逃さないように要注意です!

デザイナーのトミー・ヒルフィガーも結構変なセリフあって、おかしかった!
奇才ジョン・マルコビッチには、もっと登場して欲しかったな~(笑)。
キーファー・サザーランドが本人として登場して、ハンセルと△△関係という設定にも笑ったな~。
ベネディクト・カンバーバッチの長い黒髪ファッション・モデルへの不気味な化け振り(笑)には
フッと「源氏物語」の“六条御息所”役を演じたらピッタリかも~♪なんて思ってしまった(笑)!

d0175590_7331113.jpg

しかしベン・スティラー&オーウェン・ウィルソンって何本の映画を共演しているんだ~!ってくらい、
コンビ作品が多いけど現在の時点では14作品も共演しているんだよね~♪

それらの作品を全部観ている私はどれだけベン&オーウェンが好きか?!ハイ大好きです♪

特に、オーウェン・ウィルソンのフワフワやわらかそうな金髪、ハンサムな顔立ち、美しいブルーの眼、
特徴的な曲がった鼻、テキサス訛りの彼特有のスローな話し方…すべて大好きなのでした♪

ZOOLANDER 2 ズーランダー2 気を抜いてチカラを入れずにゆったりのんびり楽しむコメディ映画!



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]