<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

週末に、うれしいニュースが飛び込んできました!

クリミナル・マインド シーズン6 エピソード18 "LAUREN" にて

エミリー・プレンティス役を降板したパジェット・ブリュースターが

再びレギュラーとして、シーズン7から戻って来ます!  ヤッタネ、ワ~イ!


同時に残念なニュースは、

シーズン6から新メンバーになったばかりの

アシュレイ・シーヴァー(レイチェル・ニコルズ)は、降板決定。

1年の契約終了切れを更新しなかった…出来なかった…と言うよりは、

パジェット&J.J.役のA.J.クックの2人がカムバックするので

まぁ…キツイ言い方をすればクビですね…。


左の”つぶろぐ”で、私が5月16日に呟いている(笑)ように
パジェット・ブリュースターの新コメディのパイロット版は NBC TV によって
放映ピック・アップされなかったので
彼女がクリミナル・マインドに復帰すると発表されるのは、時間の問題でした。


以下、クリミナル・マインド シーズン6のネタバレ注意!

d0175590_952493.jpg


さて、シーズン7は、どんな展開になっていくのでしょうか?!

まず、エミリーは、監禁され拷問された後、
同僚デレク・モーガンに発見され、彼に見守られながら意識不明、
そして搬送された病院で亡くなり、BAUメンバー全員が彼女の葬式に参列して、
表向き”エミリー・プレンティスは死亡した”設定になっています。
エミリー・プレンティス最後のエピソード18 "LAUREN" (詳しくはコチラ→)
しかし本当は…ホッチとJ.J.だけが知っている、
”別名を名乗って、別人として、どこかで生き続けている”エミリーに、
まず本人として”生き返って”もらわなければ!
その前に、エミリーを拷問した長年の宿敵イアン・ドイル(逃走中)を
発見して逮捕しなければ、彼女も安心して本来の姿を皆に見せることができない!

この復帰エピソードは、しっかり練って欲しいです。


しかし、シーズン6の出演俳優契約ゴタゴタ劇は、ホント何だったんだろう?!

USAのドラマ、コメディに関わらず、何年も続いている人気シリーズから
レギュラー俳優が降板したり、出戻り復帰するのは結構あるけど
普通1~2シーズン”間を置いてから”復帰が多いんですよね。
今回みたいに、シーズン途中で降板、次シーズンで早々復帰って
健康上の理由でもない限り、珍しいかも…。
結局シーズン6 J.J.は、全24話中、4話のみ(エピソード1、2、18、24)
エミリーは全24話中、18話(エピソード1~18)登場。

そして、1シーズンのみで、BAU離脱のシーヴァーは
全24話中、13話(エピソード10~12、15~24)登場。
でもアシュレイ・シーヴァー役のレイチェル・ニコルズの立場は、少し気の毒かな~。
結局”J.J.を降板させた新メンバー”と言うレッテルを
クリミナル・マインド・ファンから最初から最後まで貼られ、
ネットを始め、いろんな媒体で叩かれて…
悪いのは番組制作側で俳優本人ではないのに…。
シーズン7の冒頭で、”彼女は、ニューヨーク・オフィスに行くことになった。”なんて
説明が他のメンバーからあるのかな~。
アシュレイ・シーヴァーが、クリマイ初登場の
エピソード10 "WHAT HAPPENS AT HOME" (詳しくはコチラ→)にて
明かされる彼女の生い立ちの衝撃の事実を、そのままにするには、もったいない。
なにしろシーヴァーの実の父親は
10年間以上に及び、25人の女性を殺害しているシリアル・キラーで
現在も終身刑で刑務所にいる設定なので
その父と彼女のエピソードを、いつかゲスト出演と言う形で実現して欲しいです。


さぁ~クリミナル・マインド・ファンの皆さん!

後は粘りに粘って未だに、シーズン7に向けて契約交渉中の
アーロン”ホッチ”ホッチナー役のトーマス・ギブソンだけですよ~。

早くサインしてよ~トーマス!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
すごく期待されて今年2月に始まったばかりの
本家クリミナル・マインドのスピン・オフ

CRIMINAL MINDS: SUSPECT BEHAVIOR

クリミナル・マインド: サスペクト・ビヘイビアー

3ヶ月だけ放映されて、13エピソードだけで、もうシリーズ・キャンセルだよ~。

通常ネット・ワーク局のTVドラマは、毎年9月から開始され翌年5月に終了して
全22~24エピソードと言うパターンが多いけど
このスピン・オフは変則的に所謂
"MID SEASON" (ミッド・シーズンと呼ばれる中間期)に始まり
もともと13エピソードの予定で、上手くいけば
シーズン2 全22~24エピソード制作のハズだったけど…。
ダメだったね…やっぱり…。

やっぱり…と言うのは、全13話観ていたけど正直言って、
オリジナルのクリミナル・マインドのシーズン1に比べて
今ひとつストーリーも面白くないし、
出演キャラクターも肩入れするほどステキな人いない。

どんな出演者かは、コチラ→

別に高視聴率=すばらしい番組とは思わないけど
初回のみ視聴率良くて、回を追うごとに視聴率も下がっていった…。
USAでは毎週(水)21:00に、クリミナル・マインド、
そして続けて22:00に、クリミナル・マインド: サスペクト・ビヘイビアー放映だったけど
皆、本家だけ観て(毎回高視聴率)、
スピン・オフは続けて観ずに、チャンネルを替えていたらしい。

名が知れた映画俳優フォレスト・ウィティカーが主演でも、
人気がでなければダメと言う厳しい世界なのよね…。

そして当然フォレストの契約出演料は高かっただろうから
ドラマの人気の無さと、ギャラの高さが割りに合わないんでしょう。
なにしろアカデミー主演男優賞受賞(ラスト・キング・オブ・スコットランド)の俳優だから…。


以下、ちょっとネタバレです。

d0175590_21997.jpg


ドラマ終了して一番気になったのが
最終話エピソード13 DEATH BY A THOUSAND CUTS が
予想通り”クリフハンガー”で、シーズン2に続く!…って思わせぶりに終了だったこと。
フィナーレを撮影した時には、シーズン2制作か否か、ギリギリの段階だったんだろうけど
メンバーのひとり、ベス・グリフィス(ジャニーン・ガロファロ)
犯人に誘拐され人質の身となり、
彼女のボスであるサム”クープ”クーパー(フォレスト・ウィティカー)
犯人の要求通り、殺人を実行しなければ、ベスの命も絶たれる…。
窮地に立たされるサム!
最後のシーンは真っ暗な画面に”バ~ン!”と、銃声…お・わ・り。
エ~ッ、いくらなんでも納得いかん(苦笑)。
キッチリ話をまとめて終了して欲しかった。
でもベスが、ニューヨーク・オフィスに引き抜かれ昇進の話も出ていたのよね~。
(←ソレって、本家のデレク・モーガンと同じだわ。)
だったらシーズン2あっても、ベスは殺されたか、生き残ってもNY転勤か…で
ベス役のジャニーンは出演しなかった可能性大。

そして、本家クリマイ・ファンを呼び込もうと
ペネロピ・ガルシアをレギュラーとして出演させていたけど
私の記憶では実際メンバーと顔を合わせて一緒の部屋にいるエピソードは1回だけ。
サスペクト・ビヘイビアーのオフィスはFBI本部ではなく
別のビルの倉庫のような部屋なので
本部にいるガルシアとは、いつも電話、スカイプで話すのみ。
全然ガルシアの面白さが全く活かされていないし、
本家BAUの仕事をして、時々メンバーと一緒に現地入りしていたら
サスペクト・ビヘイビアーの仕事は、身体が二つないと、やっていけないでしょう(笑)。
それも不自然。 

そしてボスのサムを始め、レギュラー男性3人が感情移入し過ぎで、性格が似過ぎている。
ホッチのような冷静沈着な男がいないし、
リードのように女性ファンを虜にする母性本能くすぐるエージェントもいないからな~。
サムは、とにかく、ひとりごと多くベラベラ喋りっぱなし。
そんな中、クールで冷静なジーナ・ラサリー(ボー・ギャレット)(写真下段真ん中)が
私は好きだったので、本家にゲスト出演して欲しいくらい。


クリミナル・マインドが放映されているCBS TV局は、犯罪捜査系ドラマにとても強く
CSIシリーズ、NCISシリーズのスピン・オフを大成功させているので
このスピン・オフ失敗は、かなりショックだと思う。

さて、オリジナルのクリミナル・マインドのメンバーたちはスピン・オフ制作に
どんな気持ちだったんでしょうか?
実は、クリミナル・マインド: サスペクト・ビヘイビアーが放映開始される前
メンバーは、こんなことをメディア(Deadline Hollywood)に話していたんです。
(以下、要約)

モーガン役のシェマー・ムーア
”スピン・オフが制作されると言うのは、自分たちがオリジナル作で
すばらしい仕事をしている証拠だから、喜ばしいと思う半面、
スピン・オフが失敗して欲しいと思う気持ちが、どこかあるのも否めない。
スピン・オフの出演者に対して何の嫌悪感もないが
シリーズ化に失敗すればTV局もスピン・オフ化を安易に考えないようになるだろう。”

エミリー役のパジェット・ブリュースター
”数年間、毎エピソード、本当に一生懸命、クルー、スタッフ、ゲスト出演俳優と
築きあげてきたモノ、創造してきたモノが、
コロッと簡単に(スピン・オフに)持っていかれそうな気持ち。”

ホッチ役のトーマス・ギブソン
”もしスピン・オフに失敗したら、オリジナルのブランドも傷つくだろう。 それが心配だ。”

リード役のマシュー・グレイ・ギュブラー
”とても興味あるけど…スピン・オフと言う考えより、
フレッシュなオリジナル作を考えるほうがいいかも…。”

…って言う感じで、”皆かなりスピン・オフに否定的だな~。”と言う印象を受けたので
シェマーを始め皆、”ほらね、そう簡単に物事は上手くいかないさ!”
今頃思っているだろうな…。
 
でもこういう話って、良く耳にします。
オリジナル作品に出演している俳優は、結構スピン・オフに苦々しい思いがあること。
ドラマ CIS をシーズン9にて、レギュラー役を降板した
ギル グリッソム役のウィリアム・ピーターセン(現在はプロデュースに専念)も
スピン・オフの CIS:MIAMI そして CIS:NY に対して、苦言を呈していたこともあったし…。


まぁ、クリミナル・マインド: サスペクト・ビヘイビアー、キャンセルって残念だけど
クリミナル・マインド 初のスピン・オフで期待していたし…。
じゃぁ、もしシーズン2制作されることに決定していたら
シーズン2も観続けるか?と聞かれれば、
(あまり面白くないから)私は観なかっただろうな~。



追記: その後、邦題は、”クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル”に決定。
   


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
一番好きな法廷&弁護士ドラマと言えば、なんといっても!

THE GOOD WIFE   グッド・ワイフ

政治も絡んだ法曹界をテーマに非常に、リアルに描き
扱う事件ももちろん、出演者の人間関係も含め、毎回ストーリーも面白い。

USAでは先週シーズン2フィナーレを迎え
今秋からはシーズン3開始。

以下、ネタバレ&キャスト・バレ注意です。

d0175590_2395189.jpg


イリノイ州検事総長として活躍していた夫が汚職および女性スキャンダルで逮捕され
専業主婦だったアリシア・フロリックが十数年振りに弁護士として
法律事務所で働き始め、その後もいろいろな問題続出。

アリシア役のジュリアナ・マルグリーズ
ドラマ "ER" のキャロル・ハサウェイ役で有名ですが
今回は、ドラマ・タイトルそのもの THE GOOD WIFE 良き妻です。
裏切られた夫に離婚を切り付けない、ある意味”不貞に耐える”でも強い妻。
悩み多きティーンの娘&息子の母親でもあるので、まさに良妻賢母。
家庭に入り、諦めていたキャリアを彼女は少しずつ開花させます。

彼女が働く法律事務所ロックハート&ガードナーの
パートナー(経営者)であり、大学時代の旧友ウィル・ガードナー(ジョシュ・チャールズ)
との大人の”ほのかな”関係。
そして同じくパートナーである私の好きなキャラ、ダイアン・ロックハート
”USAでホントに、こういう女性弁護士いる、いる! リアル過ぎ~!”
タフで頭のキレル女性ダイアン役のクリスティーン・バランスキー
主に舞台、映画で活躍する彼女だけどスタイル抜群!
背がスラ~ッと高くて、いつもピシッとしたスーツ姿、
そのミニ・スカートから覗く長い脚が超キレイ(駄)。

もうひとり好きなキャラ、探偵・調査役で裏の世界を知り尽くす
バイ・セクシャル、ミステリアスなインド系カリンダ・シャルマ(アーチー・パンジャビ)
シリーズ2では、彼女のライバル心をメラメラ燃やす、
もうひとりの探偵・調査役ブレイク・カラマー(スコット・ポーター)登場。
この2人の異常なほどの競争心で、お互いの過去をドンドン暴いていきます。
カリンダの隠された過去、隠してきた本来の名前、ピーターとの性関係が
アリシアにも知れて…冷静なカリンダも思わず泣いちゃう!大ピンチ!

d0175590_319526.jpg


良妻を悩ます夫と言えば、ピーター・フロリック
ピーター役のクリス・ノースも好きです、私。
ドラマ "LAW & ORDER" (1990年代前半)の
血気盛んな若い刑事マイク・ローガン役も好きだったし、
当然! ”セックス・アンド・ザ・シティ”のミスター・ビッグ役も大好き。
今回も州検事総長としては才能抜群、でも女にだらしない、
次々とボロが出て来るピーターを見事に演じているけど…
残念ながら彼は”特別出演”なので毎回出て来ないんだな~コレが(笑)。
 
そしてシーズン2で、出演シーンもグ~ンと増えたイーライ・ゴールド
出所したピーターの州検事総長再選に向けて頼りになるキャンペーン・マネージャー。
イーライ役のアラン・カミングは、なんと グッド・ワイフ シーズン5まで!
出演契約しているんですよ~スゴイね。 
公式には、シーズン3までしか制作発表されていないのに(笑)。
シーズン2では、彼のロマンスの相手になりそうな…でも…な相手に、
ドラマ”アグリー・ベティ”のアメリカ・フェレーラが数回ゲスト出演。

d0175590_3432268.jpg


もうひとり私の好きなキャラ、ケイリー・アゴス(マット・ズークリー)
シーズン1で、アリシアと弁護士ポジション争いで負け、
シーズン2では、検事として登場するケイリー。
常にアリシアを仕事上のライバルとして意識する負けず嫌いの野心家。
このケイリーとカリンダが、お互いを利用し情報交換、
なんとなくイイ関係で…ロマンスに発展するかな~と思わせつつ…つかず離れず。

d0175590_354812.jpg


シーズン2ファイナルでは、こんな妖しい関係になってしまうアリシア&ウィル。

でもアリシアは、”グッド・ワイフ”だからね~ピーターに裏切られ続けても
離婚はしないのです(笑)。
…そしてアリシアはウィルと高級ホテルのスイート・ルームヘと消えて行く…。

沢山いる登場人物が皆、誰もどこか、ずる賢くてクセ者!と言うのが
このドラマのポイント!

政治家、検事の汚職、賄賂問題、愛人、セックス・スキャンダルなどなど、
リアルな話題も盛り沢山、
そして経済危機のUSAの現実を見つめ、
法律事務所の合併、解散、解雇のストーリーを織り込み
ますますシーズン3が楽しみなグッド・ワイフです。

シーズン2には、これまたクセのある弁護士役で
マイケル・J・フォックスが数回ゲスト出演しています。





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
クリミナル・マインド シーズン6 フィナーレ 

エピソード24 SUPPLY & DEMAND  


いよいよ、シーズン6最終話です!

さて、ストーリーは…

以下、思いっ切りネタバレ注意!

事件の内容には、ほとんど触れていません。 
BAUチームのメンバーの動向に重点を置いて、ネタバレです。
BAU存続の危機?!

d0175590_854284.jpg


早朝、まだ夜が明けないうちから、アーロン”ホッチ”ホッチナーから
BAUメンバーに、オフィス集合の連絡。
久々に登場の恋人ケヴィン・リンチ(ニコラス・ブレンドン)と
仲良く同伴出勤のペネロピ・ガルシア。
ガルシア ”なんか嫌な予感がするわ…。”
ケヴィン  ”大丈夫だよ!”

ミーティング・ルームには、ホッチ以外のメンバー勢揃い。
ガルシア、デイヴィット・ロッシ、デレク・モーガン、スペンサー・リード、
そして新人のアシュレイ・シーヴァー。

シーヴァー ”こんなに早朝からのミーティングって、いつ以来?”
リード   ”3年8ヶ月前以来かな…。 (ジェイソン)ギデオンが辞めて以来…。” 

ホッチが、ミーティング・ルームに入って来る。
ロッシ    ”何が起こっているんだ?”
ホッチ    (極めて冷静に) ”FBIにて、コスト削減の問題が浮上している。
        FBI自体いろいろ変化に直面しているし、BAUも例外ではない。
        今から数週間以内に皆それぞれ、このBAUチームに残留したいかどうか
        インタヴューを受けることになる。”
リード    (不思議そうに) ”なんで? 留まりたくないメンバーがいるとでも?!”
ホッチ    ”他にいろいろ(働くチャンスの)オプションがあるから…。
        モーガン、ニューヨークFBIオフィスが、新たに君に興味を示している。”
モーガン   ”誰も連絡して来ていない。”
ホッチ     (キッパリと) ”そのうち連絡して来る。”
モーガン   (ちょっとムッ!として) ”だからって自分がニューヨークヘ行きたいとは限らない!”
シーヴァー ”ホッチ、あなたはBAUに残るの?”
ホッチ    ”そのつもりだが…。
        他の部署が(君たちが必要だと)連絡して来たら、私に知らせてくれ。”

ショックのガルシアは無言。
そこへ新しい事件の情報が入って来る。

ホッチ   ”続きは、また後で…。”

事件は、BAU本部のある地元ヴァージニア州で起こる。
捜査しているうち、18~24歳の男女が全米中、各地から誘拐され
レイプ、暴力、拷問目的で人身売買され、
アンダー・カヴァーとして密かに動いていたFBIエージェントの女性が
行方不明になっていることが判明する。

事件解決に向けて奮闘するメンバーたち。
無事、同日夜中に事件解決。 

外回りから帰って来るメンバーたちを待っているガルシア。
再び彼氏ケヴィン登場。
ケヴィン  ”農場で暮らそうよ! 美味しい空気を吸って、動物を飼って
       大きな緑の大地で、風車やソーラー・パネルを使用して(非電力化)…。”
ペネロピ  ”全てデジタル化された私たちの生活を捨てて?!”
ケヴィン  ”僕が欲しいのは君だけだよ!
       僕と一緒に農場を購入しようよ! 本気だよ、考えてみて!”
ペネロピ  (ニコッと笑って) ”考えてみるわ。”
そこへメンバーが戻って来る。

早朝から働きづめのメンバーたち。 時計は、既に翌日夜中2:00。
オフィスにいるメンバーに声をかけるホッチ。
ホッチ   ”今日は皆、すばらしい仕事ぶりだった。 家に帰って、ゆっくり休んでくれ。
       明日は、朝9:00いや9:30出勤でいいから。 じゃあ…。”
と、メンバーより先にオフィスを去ろうとするホッチに対して、
ガルシア ”あれ…コスト削減のミーティングの続きは?
       ホッチが私たちより先に家路に向かうなんて今まであった?”
モーガン ”BABY GIRL! (家に帰ろうとするホッチを)責められないよ。
       長い一日だったんだから…。”

それぞれオフィスを去ろうとするメンバーたちの中、ロッシは自分のオフィスヘ。
ロッシを待っている人影。
ロッシ ”私たちが話し合ったことを考えてくれたかい?”
JJ    ”ずっと考え続けていた。 私、戻って来るわ!”

最後1分だけ登場のJJ、シーズン7から再びレギュラーに。


一昨日、このドラマを放映するCBS TV局が正式に
クリミナル・マインド シーズン7放映決定を発表しました!

クリミナル・マインドのシーズン・ファイナルは、いつもクリフ・ハンガー
”エ~ッ! どうなっちゃうの?!”と、次のシーズン開始まで毎回ドキドキだけど
今までは、事件に巻き込まれメンバーの誰かが危険にさらされて、さて命は?!
…と言うエピソードばかりだけど、今回は少し違います。
いわゆる配置転換と言う厳しい実情…。

この最終話 SUPPLY & DEMAND 撮影時には
モーガン役のシェマー・ムーアは、シーズン7契約交渉中で
続投か降板が決定していませんでした。(その後、無事契約成立!)
前述のホッチのモーガンに対するセリフ、
”ニューヨークFBIオフィスが、新たに君に興味を示している。”と言うのは
シーズン3最終話エピソード20 LO-FI (PART1)で
ニューヨークの地下鉄ホーム無差別殺人テロで事件解決中、
ニューヨークFBIフィールド・オフィスが、モーガンのBAUでの活躍ぶりを聞きつけ
NYにて、チーフとして昇進、抜擢されるかも?!と言う件があり、今回の話もそこから。
あの時も今回と同じくシェマー・ムーアは、シーズン4に向けて契約交渉中で
出演契約にサインしなかったら、”モーガンはニューヨーク・オフィスに行くことになった!”
と言う話の流れになったでしょう。
 
さて今だシーズン7出演契約難航中のホッチ役トーマス・ギブソン。
なんか最後、オフィスを去るシーンが、ちょっと不自然なのよね…。
皆より先に帰っちゃうし…。 ”あれ、今が彼の最後のシーンなの?!”って感じ。
シーズン3 最終話エピソード20 LO-FI (PART1)では
ホッチが運転する車SVUが爆破される…と言う衝撃的な最後のシーンだったけど
これまたシェマーと同じく、トーマスもシーズン4に向けて契約交渉中で
当時、出演契約にサインしなかったら、
シーズン4 エピソード1 MAYHEM (PART2)
FBIニューヨーク・オフィスのチーフであるケイトと同じく
ホッチも爆発によって死亡…と言う流れになっていただろうな…。
さて今回は、どうなるのかな~。

さてシーズン7から再びレギュラーとして復帰するJJ。
今回、登場シーンは1分にも満たないけど、貫禄付けて帰って来た!って感じかな。
なにしろ短期間とは言え、アメリカ国防総省(ペンタゴン)に
防衛関係の連絡・交渉の新しい仕事で昇進した彼女が戻って来るんだから。
そこで気になるのが、ホッチの上司エリン・ストラウス(ジェーン・アトキンソン)が
一身上の都合により一線を退いている設定。
もしかしてエリンのポジションに復帰か、JJ? ホッチの上司に?
この最後のJJとロッシのシーンも微妙なのよね~。
本来だったらホッチがJJと話すはずなのに、ホッチ家路に急ぐし…。 

明るい話題としては、ガルシア&ケヴィンほのぼのエピソード。
シーズン3 エピソード9 PENELOPE (PART2) にて
運命的な出逢いをした二人。
その後、時々ゲスト出演しているケヴィン。
もう付き合って長いだから、そろそろ結婚してもいいよね~。
今回のケヴィンの発言は、”プロポーズ”になるのかな?!
結婚してもモーガンのガルシアに対する
"BABY GIRL, I LOVE YOU (AS A FRIEND)!"発言は続けて欲しいけど(笑)。




クリミナル・マインド シーズン7 今秋9月放映まで首を長~くして待たなければ!





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
現在全米公開2週目、爆発ヒットしている、スーパー・ヒーロー・アクション3D映画

THOR


邦題: マイティ・ソー 7月日本公開予定

d0175590_1005242.jpg


アメリカン・コミックの最大手マーヴェル・コミックと言えば
アメコミ代表作品シリーズは
”アイアン・マン” ”スパイダー・マン” ”ハルク” ”X-メン” などなど…
名前を挙げたらキリがないほど沢山の作品が出てきますが
今回、映画化されたのは THOR ”マイティ・ソー”です。

ソー役は、オーストラリア期待の新星クリス・ヘムズワース
ソーの父親役オーディンは、名優アンソニー・ホプキンス
ソーのロマンスの相手であり天文学者のジェーンには
”ブラック・スワン”以降、毎月のように出演作品が公開されている売れっ子、
ナタリー・ポートマン

そして監督は、イギリスの名優ケネス・ブラナー

ケネス・ブラナーと言うと、俳優としても監督としても
シェークスピア作品などのコスチューム劇、戦争映画の将校役のイメージが強くて
”彼がアメコミ・ヒーローの映画監督?!”と
イメージが結び付かなかったけど…!

いや~おもしろかった!

…以下ネタバレほとんど無しです。


ストーリーは…
神々の世界で、パワー炸裂させているソー。
最強ゆえに自信に満ちあふれ傲慢な彼の態度に
将来を懸念した父オーディンは、怒りの鉄拳とばかりに、ソーを下界(地球)に追放する。
地球で人々の優しさに触れ、素直になっていくソー。
再び自分の世界に戻れる日は訪れるのか…。

d0175590_10435596.jpg


単純明快なソーが、カッコイイんです!
スーパー・ヒーローは、やっぱりカッコ良くなきゃね~。
血の繋がらない弟ロキ(トム・ヒドルストン)は、
最初は控えめなのに、どんどん邪悪な本来の正体を現し
ソーと敵対していく…この流れもオモシロイ。

ソーの4人の友人(さながら四銃士)のうちのひとりが
この作品が、ハリウッド・デビューとなる浅野忠信
出演シーンも結構あるけど、四銃士の他の3人に比べて圧倒的にセリフが少ない。
セリフあっても短い文章、ひと言、ふた言だけ…う~ん。

”ハート・ロッカー” ”ザ・タウン”で、ここ数年人気上昇中の
ジェレミー・レナーが1分ほどカメオ出演しています。


THOR マイティ・ソー コレは絶対パート2が製作されると思うな~! 楽しみ。


私の採点   ★★★★☆ (4つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]

うれしいニュースが入って来ました♪


クリミナル・マインド シーズン7


デレク・モーガン役のシェマー・ムーア

新たに、シーズン7出演契約成立、続投決定!

この日をずっと待っていたのよ~モーガン!

d0175590_118536.jpg


4月20日で41歳になったシェマー・ムーア&おちゃめなトーマス・ギブソン


モーガンいなくなったら
”一体誰が "FBI!” と大声でドアを蹴って容疑者宅や殺人現場に入って行くんだよ?!”
と心配していたんだからね(笑)。

知性そなわった野性派肉体美のモーガンがいなきゃ寂しい。

ガルシアとの抜群コンビもこれで安心…良かった。

私的には、謎に包まれたモーガンの私生活を
もう少しエピソードに織り込んで欲しいな~。
ホントにプレイ・ボーイなのか、実はステディがいるのか、とか…。
ストーリーに関係なく、彼のシャワー・シーンを冒頭にいれるとか(笑)。


しかし、シェマー・ムーア、強気な交渉を行っているとは聞いていたけど
フタを空けてみれば、ナ・ン・ト!

シーズン6では、1エピソードに付き$50,000だった出演料が

シーズン7から、1エピソードに付き$100,000にド~ンと倍増アップ!

これはスゴイ!

だって、シーズン6のアーロン”ホッチ”ホッチナー役のトーマス・ギブソンが
1エピソードに付き$100,000のギャラなんだから
シェマーは現時点でトーマスと出演料並んだわけです!

さて、こうなると気になるのが、いまだ交渉中、
クリミナル・マインド シーズン7出演契約を結んでいないトーマスです。

シェマーと同じギャラじゃ納得いかないだろうな…彼。

…かと言って、デイヴィット・ロッシ役のジョー・マンテーニャの
1エピソードに付き$125,000のギャラを超えることは無理っぽいし…。

でもクリミナル・マインドに出演している俳優は皆、
ドラマの人気度から比較して、他のドラマに出演している俳優たちより
もともと出演料が低過ぎるのよね…。



4月中旬に行った
”ホッチ&モーガン降板したら観ない・降板しても観続ける”
アンケートに投票していただいた方々、ありがとうございました!

現在までの結果では
モーガンの場合、”観ない・観続ける” 50/50ですが
ホッチの場合、”降板したら観ない”が90%…そうですよね、やっぱり。


トーマス、早くサインして~!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
期待のドラマ THE BORGIAS が先月開始されました! 

まだシーズン1始まって、4回めのエピソードですが
既に来年シーズン2制作も決定しています。

ボルジア家 愛と欲望の教皇一族

発音から言えば、BORGIAは、”ボージャ”に近いと思うけど
日本語表記は以前からボルジアですよね。

時代は、1400~1500年。
舞台は、イタリア&バチカン。
スペイン系イアリア貴族である悪名高きボルジア家を中心に、
ほとんどが歴史上の実在の人物ですが
ストーリーは若干脚色したフィクションでもあります。

d0175590_1195597.jpg


主役のロドリゴ・ボルジア(後の法王アレクサンドル6世)は
過去に、映画 REVERSAL OF FORTUNE (運命の逆転)で
アカデミー主演男優賞を受賞している名優

ジェレミー・アイアンズ

私の大好きな俳優です!

彼のように知的で品位があると同時に、”危ない”香りを漂わす俳優って
なかなか存在しないと思います。

上記宣伝ポスターのドラマの副題にも
"THE ORIGINAL CRIME FAMILY"と明記されていますが
”ボルジア家”で、ネット・サーチすれば
まぁどれだけ!ヒドイ、スゴイことをしてきたか、
犯罪に手を染めて来たか、次々と話が出てきます。
法王でありながらも息子、娘がいるアレクサンドル6世。
この息子、娘たちが、これまたクセのある危ない人物…。

キリスト教の七つの大罪
傲慢 嫉妬 憤怒 強欲 色欲 怠惰 暴食のうち
怠惰、暴食以外の5つの罪において全てバッチリ当てはまる!ボルジア家です。

ボルジア家にとって邪魔な、不必要な人々は、次々と消され、
彼らを利用しようとして、反対に彼らに利用され陥れられ崩れていく人間関係、
バチカン法王を中心に名誉、権力争い、ドロドロのキリスト教会、
それにまつわる陰謀、ジェラシー、禁断の恋愛、愛憎劇…。

…と、ここまでで
”アレ、何か前に読んだような文章…・?”と思った方もいるかも…。

そう前記述のHBOドラマ GAME OF THRONES と同じく
登場人物多い、権力、陰謀、許されない男女関係…。

THE BORGIAS は SHOWTIME と言う高額有料ケーブルTV局で放映されています。
SHOWTIME は、HBOと同じく高水準のドラマ&コメディ・シリーズ、映画を制作。
マイケル・C・ホール主演の DEXTER(デクスター)も SHOWTIME 。
コマーシャルが無いこと(=うるさいスポンサーがいない)、
誰でも視聴可能なネット局と違い視聴者が限られている…と言った理由から
恐いモノ、タブー無し、何でもやりたい放題です。



これから、ますます楽しみな ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 です!








にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]