<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


米国時間6月20日夕方、うれしいニュースが、やっと、やっと入ってきました!

クリミナル・マインド シーズン7

アーロン”ホッチ”ホッチナー役の
トーマス・ギブソン


シーズン7出演契約成立、続投決定!

d0175590_12575088.jpg


もう~ここ数ヶ月ハラハラ・ドキドキ、
トーマスが、クリミナル・マインド シーズン7に出演するか否か、
ずっとファンの間では一番の関心事でしたよね~。

シーズン7の撮影が2週間後に迫り、かなり難航していた交渉、ギリギリやっと成立です。
”今日はトーマスの続投、降板のニュースが入って来るかな~?!”と
ここ数週間、特にエンターテイメント関係のニュースに、ピリピリしていた私です。
脚本家チームも”ホッチがいる、いない”では、全くストーリーが違ってくるので
なかなかペンも進まなかったことでしょう…でもこれで思いっ切り面白いエピ書けるよね!
期待しちゃいます、シーズン・オープニング!

さらに!うれしいことに、今回の契約は、2年ということで
ホッチは、クリミナル・マインド シーズン8にも出演決定です!
ワ~イ、来年の今頃は出演続投の心配しなくていいのね(笑)。
プラス、シーズン8もあるってコトも確実だ~!

さて気になるギャラは…deadlinehollywood.com によると(以下、一部抜粋)

...Gibson has signed on for two more years in a deal worth
mid-to-high seven figures, plus a signing bonus,
with the actor more than doubling his previous salary.

…と言うことなので、トーマス・ギブソンのギャラを単純計算してみました(笑)。

クリミナル・マインド シーズン6では、1エピソードに付き $100,000 だった出演料が

シーズン7から、1エピソードに付き $200,000 以上にド~ンと倍増アップ!

デイヴィット・ロッシ役のジョー・マンテーニャのギャラ(1エピに付き $125,000)を
軽く超えちゃった。

1シーズンは大体22~24話、そして2年契約。

レポートによると、ギャラは1エピ $200,000 以上だから
例えば $230,000 かも知れないし、エピソードも21話(1年)かも知れないけど…

$200,000 x 24話 x 2年 = $9,600,000 + 新契約ボーナス(額は?)

つまりボーナス含めると、2年契約で、約 $10,000,000 以上の出演料。

今の為替のレート1ドル=約80円計算だったら…

トーマス・ギブソンの2年契約出演料は、約8億円以上ですね。

でも超人気ドラマの主役だったら、少しも高くないと思うけどな~
でも倍増アップだからね!



ともかく、ホッチ、ロッシ、モーガン、リード、J.J.、プレンティス、ガルシアが勢揃い♪
このBAUメンバーの顔ぶれが一番長いからね~。
皆、出演続投が決まって、これで安心して眠れるわ~(笑)。


9月のクリミナル・マインド シーズン7開始が待ち遠しいデス!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
いや~進展しないんですよね…なかなか良いニュースが入って来ない(泣)。

今秋からのクリミナル・マインド シーズン7 ホッチは出演するのか、しないのか?!

先週モナコ公国・モンテカルロで開催されていた
第51回モンテカルロ TV フェスティヴァル
クリミナル・マインドの宣伝&プレゼンターとして素顔を見せてくれた
アーロン”ホッチ”ホッチナー役のトーマス・ギブソン
スペンサー・リード役のマシュー・グレイ・ギュブラー

d0175590_6211622.jpg


フェスティヴァル、プレス撮影&インタヴュー時

無精ヒゲ姿でも、マシュー相変わらず笑顔カワイイ!
地中海リゾート地にピッタリの全身白の普段着姿のトーマスって、めずらしいかも…。
でもマダム・タッソー・ミュージアムにある蝋人形みたい?!

51ST MONTE CARLO TELEVISION FESTIVAL (公式ホーム・ページ→)

フェスティヴァルHPの"Video Highlights"をクリックすると、
トーマス&マシュー(特に6月8日&9日のビデオ)始め、
TVドラマで活躍する俳優の素顔が見れますよ~!

チョットだけ映るトーマスのアイボリー色のジャケット姿がカッコ良かった!

d0175590_6213947.jpg


こちらは授賞式の時の黒のタキシード姿。
やっぱり、こういうビシッ!とバッチリ決めたトーマスの方が好き!

でも残念なことは、モンテカルロ滞在中のTVインタヴューで
トーマスがハッキリと
"I'M NOT CERTAIN I'M RETURNING TO CRIMINAL MINDS."
と言っていたこと…。

かなりクリミナル・マインド続投の契約難航しているみたい。
USAで常時、ドラマ部門視聴率トップ2、3の”クリミナル・マインド”なのに
(ちなみにトップは大体"NCIS"。)
トーマスのギャラは、7年めに突入しても、かなり低いので本人は当然不満。
だって普通の仕事でも自分の功績が認められず
昇給がスズメの涙だったら、超不満だよな~。


今秋シーズン13スタートの
"LAW & ORDER:SVU" (LAW & ORDER:性犯罪特捜班)
主役不在、宙に浮いているんですよね~。

クリミナル・マインドのスピン・オフは失敗に終わったけど
本家"LAW & ORDER"終了しても、まだ続くSVUは、スピン・オフ大成功組。
でも今秋からは、主役のエリオット・ステイブラー(クリストファー・メローニ)
降板決定しちゃったし、
相棒のオリヴィア・ベンソン(マリスカ・ハージティ)も出演回数を減らして登場だし。

でも、この2人は数年前から”SVUを辞める!”と、公言していたしね。
クリストファーは、ギャラ・アップ希望、
(でも彼って、トーマス・ギブソンより4倍多いギャラをもらっているんですよ~既に!)
SVUに出演だけではなく監督&製作業にも携わりたかったけど、話が難航して降板に…。
マリスカは、もっと家族と一緒の私生活を大事にしたいと…。
俳優は固定された役のイメージを嫌うし、12年も同じキャラクターを演じてきていると
”もう卒業してもいいかな~他の役にチャレンジしてみたい!”と思うんだろうな~。

マリスカの代わりに、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット主演の話も流れちゃったみたいだし
(彼女が”SVUの顔”では”弱過ぎる”でしょう、いくらなんでも~。)
フィン役のICE T は更に2年契約更新したから、
フィン&マンチ(リチャード・ベルザー)が準主役から主役になるか?! 
いや~それもちょっと華が無いかも…。
やっぱりエリオット&オリヴィア・コンビがイイよな~主役。


そしてもうひとつ "CSI: CRIME SCENE INVESTIGATION" (CSI:科学捜査班)  
今秋からシーズン12開始。

私は、この11年、どうしても、何回か観ても、
このラスヴェガスを舞台にした本家"CSI"に、のめり込むことができないんですよね~。
だから出演者が誰であっても、ほとんど観ていないから、思い入れないんだけど…。

こちらもレイ役のローレンス・フィッシュバーン曰く、
”この数年、CSI出演は楽しかったが、映画の世界ヘ戻る時期が来た。”と自ら降板。
キャサリン役のマージ・ヘルゲンバーガーも自らの意思で出演回数を減らすことに決定。
じゃあ主役は誰になる?!
シーズン9で、グリッソム役のウィリアム・ピーターセンが降板して、
確かに番組の人気も視聴率も以前より下降しているとは言え、まだ人気あるドラマだし…。

私は、CSIシリーズでは断然、CSI:MIAMI ファンです。

なんて言ったって、サングラスが一番似合う男、
ニヒル(もはや死語?!)と言う言葉が一番似合う男、
女性にだけではなく、"PLEASE, GENTLEMEN..."と男性にも優しい、 
ホレイショ・ケイン(デイヴィット・カルーソ)がいる限り不滅のドラマ。
ホレイショ=CSI:マイアミ
彼が降板したらドラマもシリーズ終了にしてくれなきゃ許せん(笑)。
CSI:マイアミもシーズン9・フィナーレはクリフ・ハンガーだったけど
今秋からシーズン10も、まだまだ続くから楽しみ!


そして、もちろん、ホッチ=クリミナル・マインド!

USAのクリミナル・マインド・ファンの合言葉!
NO HOTCH, NO WATCH!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
監督・脚本 ウッディ・アレン

主演 オーウェン・ウィルソン

MIDNIGHT IN PARIS

(原題: ミッドナイト・イン・パリ)

フランス・パリを舞台に、現代と1920年代を時間旅行するロマンチック・コメディ映画。

以下、予告編で観れる程度のネタバレあり。

d0175590_5473812.jpg


脚本家のギル(オーウェン・ウィルソン)は、小説を出版しようと試みているが
今ひとつ上手くいかない。
婚約者のイネス(レイチェル・マクアダムス)と、裕福な彼女の両親と一緒に
USAからフランス・パリを訪れ旅行中。

パリ観光中もレストランでの食事の時も
ギルとイネスの仲は、どこかギクシャクしてケンカばかり。
ある夜、2人は別行動し、出先からホテルヘ帰る途中、
ギルは道に迷い、石畳の階段に座り途方にくれる。
ボ~ン、ボ~ンと真夜中24:00を知らせる教会の鐘。
そんな彼の前に時代錯誤な馬車が現れ、
馬車の中から顔を出した人に”乗りなよ!”と勧められるまま、ギルは同乗する。
…すると!1920年代の芸術の都パリヘ、タイム・スリップ。

華やかなパーティーに忍び込むギル。
そんな彼の前に実在の偉大な作家たち
アーネスト・ヘミングウェイ(コリー・ストール)、
F・スコット・フィッツジェラルド(トム・ヒドルストン)、
ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ
これまた実在した画家パブロ・ピカソ、
サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)などが現れて、彼に話しかけて来る。
そして魅力的な女性エイドリアナ(マリオン・コティヤール)に出逢い、
すっかり1920年代に魅了されたギルは
毎晩24:00になると迎えに来る馬車に乗り、古き良き時代ヘ…。

d0175590_6271243.jpg


ちなみに右の二人、レイチェル・マクアダムス&マイケル・シーン
この映画がキッカケで、恋愛関係に発展。 ただいまプライヴェートで交際中。


ウッディ・アレンの映画だから、とにかく皆オシャベリです(笑)。
特に実在した作家や画家たちが、ホントに言いそうなセリフを
おもしろ可笑しく表現しています。
観客もギルと一緒に時間旅行して、当時の雰囲気をタップリ堪能できます。

オーウェン・ウィルソン&レイチェル・マクアダムス
映画 WEDDING CRASHERS でも恋人役で共演していて
あの時の彼女は、強きな性格でもカワイイ役だったのに
今回は、”こんな嫌なオンナは見たことない!”ってくらい(苦笑)
ぜいたくでワガママな婚約者役を演じています。
オーウェンは、お得意の”のらりくらり・つかみどころのない”役を好演。

フランス・サルコジ大統領の妻で、モデルのカーラ・ブルーニ
ミュージアム・ガイドとして出演しています。




私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]

5月下旬に全米公開して、早10日間
コメディ映画歴代最高オープニング3日間(及び3連休含めた前後の5日間)
観客動員数新記録樹立! わ~い、パチパチ!

私も公開1週目で既に2回も観てしまいました!

THE HANGOVER PART II

ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える

日本では7月公開予定。


ご存知、世界中で大大大ヒット(日本では、まぁまぁ?)、
特にUSAでは超ロングラン・ヒットとなった2009年公開のコメディ映画

THE HANGOVER

ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

の続編、パート2です。

パ-ト1は、何十回も観ているほど大好きな映画です。

以下、予告編で観れる程度のネタバレ含みます。

d0175590_661496.jpg


ストーリーは至ってシンプル。

主役の3人はコチラ…

フィル(ブラッドリー・クーパー)…小学校の先生(←こんなカッコイイ先生いないって!)
ステュ(エド・ヘルムズ)…歯科医
アラン(ザック・ガリフィアナキス)…両親の家で優雅に暮らす無職の変人


パート1の舞台ラスヴェガスから、パート2の舞台は、タイ・バンコクヘ。

前回パート1で、ラスヴェガスで、酔ったはずみで
ストリッパーのジェイド(ヘザー・グラハム)と結婚してしまったステュ。
残念ながらジェイドとは、その後、別れてしまったようで今回は
タイ人の彼女と結婚するため、皆を連れてタイヘ!

前回ラスヴェガスでのダグ(ジャスティン・バーサ)のバチェラー・パーティーでの
記憶喪失の恐ろしいドンチャン騒ぎを教訓に、
”バチェラー・パーティーは遠慮したい。”と拒否するステュに
フィルは”バチェラー・パーティー無しに結婚するなんて有り得ない!”と大反対。
”じゃ~仕方ないな、1杯だけ…。”と、夜のビーチに繰り出す
フィル、ステュ、アラン、ダグ、そしてステュの花嫁ローレンの弟テディの5人。

…翌朝、眼を覚ましてみれば、見知らぬ部屋で二日酔いの彼ら。
アランの髪の毛はスキンヘッドに!
前回、前歯を引っ張り抜いていたステュは、
今回なんとマイク・タイソン(彼も出演しています。)のように顔にタトューが!
前回、部屋にいたのはライオン、今回はサル!
当然何が起こったか全く覚えていない3人。

そこへ電話が鳴る。
前夜、妊娠中の妻の具合が悪いと、ひとりだけ先にホテルヘ帰ったダグから
”どこにいるんだ? 何をしている? 朝食を一緒に食べる約束だろ?
テディがいないって騒いでいるぞ!”

そう今回は、ステュの花嫁ローレンの弟テディが行方不明に!
おまけにテディは、まだティーンエイジャー。
テディを探しに失われた記憶を辿り次々とハプニングに巻き込まれる彼ら。

d0175590_673165.jpg


主役4人全員めずらしく、皆キレイなブルー・アイなんですよ~。

ステュ役のエド・ヘルムズ曰く、
”ブラッドリーの瞳の中で泳げるくらい”フィル役のブラッドリー・クーパーの
アクアマリン・ブルーの瞳が特に美しいんですよね~。

大ヒットしたコメディ映画の続編は、あまり面白くないことが多いけど
この映画は、(さすがにパート1を超えるほどの爆笑モノでは無いけど…)
文句なく楽しめます!

前回活躍したミスター・チョウ(ケン・チョン)が、またまた全裸で笑わせてくれます!

ストーリーが、”ハチャメチャなバチェラー・パーティー”と分かり切っているので
ソレを観ている方が一緒に楽しめるかどうかがポイント。
”な~んだ、また記憶喪失の馬鹿騒ぎ!”と言われれば、そうだけど
観客はソレを期待しているんだからね~。
くだらないと思いつつも、思いっ切り笑いたい人にオススメ映画です!


ハングオーバー・パート1は、私にとって、5つ星の映画だけど(映画評はコチラ→)
ハングオーバー・パート2は… ↓

私の採点   ★★★★☆ (4つ星)




あまりにも、パート2が大好評なので、パート3制作の話も既に出ているそうです。
そうしたら今度はアランのバチェラー・パーティー?!





にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]