<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

監督:クリント・イーストウッド

主演:レオナルド・ディカプリオ


     J.EDGAR   (邦題:J・エドガー)


今やFBIを扱った映画やドラマが沢山製作され、新聞、雑誌、TVなど、様々な媒体を通して
誰でもその名を聞いたことがあるUSAの捜査局 

Federal Bureau of Investigation アメリカ合衆国連邦捜査局

FBI設立前の機関BOI Bureau of Investigation 捜査局で、11年に渡り長官を務め
その後、設立されたFBI にて
77歳で亡くなるその当日まで、37年間、数々の大統領に仕えたFBI初代長官
非情な権力を持ち、誰からも恐れられ、多大な影響力を持っていた、
ジョン・エドガー・フーヴァー(1895生-1972没)の生涯とFBI創設を綴った伝記長編映画。

レオナルド・ディカプリオが血気盛んな若きジョン・エドガー・フーヴァーから
年老いても亡くなるまで巨大な権力を固持していたエドガーまで(1919年~1972年)
特殊メイクアップで見事に演じています。


以下、彼の人物像については既にウェブ、著書、どこからでも分かるので、特に内容のネタバレなし

d0175590_10245946.jpg


ジョン・エドガー・フーヴァーは、
エドガーが敬愛し、とても親子の絆が深かった母親アナ・マリー(ジュディ・デンチ)
ミドル・ネームの”エドガー”で、常に彼を呼んでいたことにより
ファースト・ネームのジョンを使わず、皆にエドガーと呼ばれていた。

エドガーは必ずしも清廉潔白な正義の味方ではなく
悪を退治するには、政治家はもちろん大統領や大物の弱みに付け込み脅迫したり、
多方面で差別主義者でもあった。

仕事場はもちろん、毎日のランチ、ディナーでも一緒、休暇も一緒に出かけ
公私ともに長年寄り添ってきた部下で、5歳年下のクライド・トルソン(アーミー・ハマー)とは
恋愛関係にあったと言われているが、当時ゲイはタブーだったので
公けにはカミング・アウトしていないが
エドガーとクライドが恋人同士だったのは周知の事実であり、2人とも生涯独身を貫いた。

誘拐事件は州警察の管轄ではなく、連邦政府によって統括捜査されるきっかけとなり
後のリンドバーグ法の設立にもなった、
飛行士リンドバーグの幼い息子が誘拐され殺された、謎の多いリンドバーグ誘拐事件をはじめ、
第二次世界大戦後の共産主義者撲滅の赤狩り、ジョン・デリンジャーなどとのギャング抗争、
JFK暗殺事件など有名な歴史のヒトコマが続々とストーリーの中に…。


映画"THE SOCIAL NETWORK"(ソーシャル・ネットワーク)
マーク・ザッカーバーグを訴えた双子キャメロン&タイラー・ウィンクルヴォスを演じて
一躍有名になった、アーミー・ハマーがクライド・トルソン役を好演!
映画の中で、エドガーが、”いつも(仕事上で)自分の片腕になって欲しい。”と
クライドに話を持ちかけると、クライドは一言、
”ひとつだけ条件がある。 良い時も悪い時も、どんな時も一生ランチ&ディナーを共にすること。”
キラキラ輝く眼で、エドガーに言うシーンが、とても印象に残っています。
そして、その約束通り、ケンカすることがあっても、日々の食事はもちろん、生涯ずっと一緒の2人。


レオが選ぶ作品の内容に興味惹かれるモノが多いからか
特にファンでもないけど、レオの映画は全て観ている私。

レオが主演した実在人物を扱った長編映画と言えば、
様々な顔を持つ実業家ハワード・ヒューズを描いた、"THE AVIATOR"(アビエーター)
有名な詐欺ペテン師フランク・アバグネイルを描いた、
"CATCH ME IF YOU CAN"(キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン)があるけど
この映画も長編です。

レオの映画で私が一番好きな作品は、
アフリカを舞台に、ダイヤモンド紛争を描いた、
"BLOOD DIAMOND"(ブラッド・ダイヤモンド)かな~。
映画の内容ももちろん、
南アフリカ訛りの英語を話すダニー・アーチャー役を演じたレオがとても良かった。 


映画"J.EDGAR"(J・エドガー)は、ストーリーは淡々と進み、特に盛り上がるシーンなどはないけど
FBIの歴史、その初代長官が一体どういった人物だったのか、よく分かる映画です。

J・エドガー、日本では来年1月下旬公開予定。





私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
ベン・スティラー&エディ・マーフィー共演


犯罪アクション・コメディ映画


TOWER HEIST   (原題:タワー・ハイスト)


以下、予告編で見れる程度のネタバレ少しあり、あらすじ&感想


d0175590_11483570.jpg


ニューヨークの一等地にそびえ建ち、
超リッチな人々が暮らす超高級高層コンドミニアムTHE TOWER は
超豪華ホテル並みの24時間きめ細かいサービスで沢山の従業員が働いている。

そんな中、最上階プール付きのペントハウスに暮らす大富豪で実業家の
アーサー・ショー(アラン・アルダ)が巨額詐欺の罪でFBIに逮捕される。

タワーで働く従業員たちのまとめ役で
マネージャーのジョシュ(ベン・スティラー)はじめ従業員は皆、
老後のリタイアメント・プランのための資産運用をアーサーに委託していたから
さあ大変! 彼らが貯めた金はすべてゼロに?!

信用して投資した金をアーサーに、だまし取られ、裏切られ怒り奮闘のジョシュたちは
アーサーに多大な隠し財産があると嗅ぎ付け、奪い取ろうと緻密な計画を練る。


その泥棒(HESIT)チームのメンバーは…

☆ タワーの構造を知り尽くしているマネージャーのジョシュ

☆ タワーのコンシェルジェで、住民のことを熟知しているチャーリー(ケイシ―・アフレック)

☆ タワーの新人エレベーター係で、電気関係に詳しいエンリケ(マイケル・ペーニャ)

☆ タワーのルーム・サービス係で、鍵開け商売の父の影響で金庫開けも”お手のもの”の
オデッサ(ガボレイ・シディベ)

☆ タワーの住人で、かつてはウォール街で投資家として大成功していたが
今は破産して妻子にも愛想を尽かされてズタズタだが
数字に強いMr.フィッツヒュー(マシュー・ブロデリック)

☆ そして、泥棒、スリなどで常に警察に世話になっているチンピラで
ジョシュの近所に暮らすスライド(エディー・マーフィー)が泥棒チームの要に!

彼らの計画は上手くいくのか?!



ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンが出演した犯罪アクション・コメディ、
”オーシャンズ11”の三部作シリーズを、なんとなく彷彿させるかも…。
オーシャンズ・シリーズより、犯罪チームの人数は少なく、小粒で洗練されていないけど(笑)。
そう言えば、ケイシ―・アフレックは両方の映画に出演してます。

ベン・スティラー・ファンの私としては、彼のコメディで、もっと面白い作品いっぱいあるけど
この映画も、まぁそれなりに楽しめたかな。

エディ・マーフィーは、前半ほとんど登場しなくて
”いつ出て来るの?”と、やきもきしてしまったけど、出てくれば相変わらず笑わせてくれる。
昔のような勢いがなくても、やっぱり笑いのセンスは抜群だなと思わせるエディ。
楽しみにしていたのに、来年2月のアカデミー賞の司会を降板してしまって、ガッカリだな~。



TOWER HEIST(原題:タワー・ハイスト)は、来春日本公開予定です。

追記: 映画"TOWER HEIST" 邦題は"ペントハウス"に決定。




私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)





にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
製作・監督・脚色・出演:ジョージ・クルーニー

主演:ライアン・ゴスリング

政治スリラー・ドラマ

THE IDES OF MARCH  

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~


映画タイトルは
古代ローマ暦の3月15日=ジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)の暗殺日から。

今、USAでは来年の大統領選挙に向けて
続投か否かの民主党のオバマ現大統領の対抗馬をめぐって
共和党大統領予備選挙が行われ、各候補たちがキャンペーンを行っている真っ最中。

まさにタイムリーな映画です!

毎回この予備選挙のときに、
候補者たちの不利益になる過去(セクハラ、浮気、隠し子、違法献金など)、
不適切な言動(宗教、人種、ゲイ問題など)が
”まぁ~よくこれだけあるもんだ!”と呆れるくらい次から次へ暴露されます。

この映画 THE IDES OF MARCH
民主党大統領予備選挙が開催されている中での
ペンシルヴァニア州知事であり、次期民主党大統領候補の
マイク・モリス(ジョージ・クルーニー)のスキャンダルをめぐるストーリー。


以下、あらすじ&感想です。

サスペンス・スリラーなので、ネタバレは抑えて、予告編で観られる程度。

d0175590_5475442.jpg


次期大統領の座を狙うマイク・モリスの参謀の一人である、
スティーヴン・マイヤーズ(ライアン・ゴスリング)
主にプレス・広報担当で、マイクが公の場で発言する内容の原稿も考え
予備選挙キャンペーンのため日々忙しく駆け回っている。

アメリカ合衆国大統領になるためには
まず民主党代表としてノミネートされなければならず
そのイスは、たった一人に。

オハイオ州でのキャンペーンで、
同じく民主党のアーカンソー州上院議員テッド・プルマン(マイケル・マンテル)
討論会を繰り広げるマイク。
票を拡大するには、両候補とも
ノース・カロライナ州上院議員トンプソン(ジェフリー・ライト)
公認“後押し”支持が欲しい。

ある日、スティーヴンは、ライバルであるプルマン候補の
キャンペーン・マネージャー、トム・ダフィー(ポール・ジアマッティ)から
“重要な話がある。”と呼び出される。
ライバル候補の参謀からの電話に、最初は拒否し、怪しむスティーヴンも
連絡が付かなかった自分の上司であり、
且つマイク・モリスのキャンペーン・マネージャー、
ポール・ザラ(フィリップ・シーモア・ホフマン)に内緒で
ライバルのマネージャーと会うことに…。

…と同時に、キャンペーンで働いているインターンで若くて魅惑的な
モリー・スターンズ(エヴァン・レイチェル・ウッド)とも内密に
性的関係を結んでいるスティーヴン。

敵対するライバル候補のマネージャーと密会したことがバレて
自分と付き合っているモリーの“ある人物”との過去の意外な関係を知ってしまい、
窮地に立たされ、信じていた者に裏切られたスティーヴンの取った行動とは?!





成功、裏切りが絡み、駆け引きが多い政治社会で
”なんか、ホントに選挙の裏で実際に起こっていても全く不思議ではないな~。”
と思わせるような内容。

仕事熱心、でも”したたかな”スティーヴンを
飄々としたライアン・ゴスリングが好演。
実力派フィリップ・シーモア・ホフマンポール・ジアマッティ
脇を固めて、面白くないはずがない!
普段からハリウッドでの活躍以外にも
アフリカ諸国への支援、難民救済など政治的発言で知られ、
自らも行動しているジョージ・クルーニー
政治家ヘ転向しても不思議ではないから、大統領候補役もピッタリ!

意外な結末で、なんかこの映画の続編も期待してしまうな~♪

映画の”アイズ・オブ・マーチ”
以前、放映されて大人気だった、
政治ドラマ THE WEST WING(ザ・ホワイト・ハウス)
現在放映中の”グッド・ワイフ”が好きな人は、もちろん
大人が楽しめるシリアスな政治サスペンスです!


追記: その後、この映画”アイズ・オブ・マーチ”は
邦題が”スーパー・チューズデー ~正義を売った日~”と決定しました。


私の採点   ★★★★☆(4つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
まずはじめに…

2010年6月に開始した、このブログも今回の記事で100本目となりました!

いつも米国ドラマ&映画について、勝手気ままに思ったコトを書いている私のブログの
読者の皆さま、コメントを下さる皆さま、どうもありがとうございます。

おかげさまで訪問者数、アクセス数も、どんどん増え続けています。

ちなみに私のブログ訪問される方の検索ワード・ランキング・トップ3は…

クリミナル・マインド、グッド・ワイフ、トーマス・ギブソンです。

特に意図したわけではないけど、偶然にも100本目の記事は
クリミナル・マインドとなりました。 
まぁCMについては一番多く書いているので、確率的に言っても不思議では無いですが(笑)。

日本で暮らしていた中学生の頃から、
とにかくTVドラマ、映画、音楽は、海外(USA&ヨーロッパ)モノが大好きで
カリフォルニアに暮らして十数年経った現在も、ますます拍車が掛かっています(笑)。

TWITTERでは、さらに米国ドラマ&映画についてベラベラ呟いています(笑)。

これからもネタバレも含め、楽しんでいただけるブログにしていきたいと思いますので
よろしくお願いします。



さて、今回の内容は…
デイヴィット・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)
今まで、ほとんど語られてこなかった元妻に関するエピソードが遂に明らかに!
初めて明かされるロッシの過去!


クリミナル・マインド   シーズン7


エピソード5   FROM CHILHOOD’S HOUR

エピソード6   EPILOGUE


以下、2つのエピソードにおける事件には全く触れていません。

BAUメンバー含め、ロッシと彼の最初の妻キャロライン(イザベラ・ホフマン)
中心とした彼らの会話のみ抜粋要約ネタバレ。
とても長いです(笑)。

d0175590_13494918.jpg

クリミナル・マインド シーズン7 エピソード5 FROM CHILHOOD’S HOUR

☆ 3回結婚&離婚歴のあるロッシ。

☆ カリフォルニア州サンフランシスコから、ロッシの暮らすヴァージニア州まで
  彼を訪ねて来た、一番目の元妻キャロライン(以下C)と、
  カフェにて朝食を取るロッシ(以下R)。

C: あなたがフルーツの盛り合わせをオーダーするなんて…。
   ベーコン&エッグとか油っぽいものばかり食べていたのに、 どうしたの(笑)?!
R: 変わったのさ(笑)。
  カンタロープ・メロンを食べるようになったのは、君のおかげだよ。
  いつでも君は僕の動脈硬化を心配していたよね。 
C: 私が動脈硬化のことを言うと、あなたはいつもこう言った…。
R: 誰も永遠には生きない、いつか人間は死ぬ…ってね。
  ところでサンフランシスコはどう?
C: 霧、ケーブル・カー…変わりないわ。
R: 電話してくれて、とてもうれしいよ!
  これからも3,4年に一度、いや、それ以上。こうやって会いたいな(笑)。
C: 多分できるわ…。 最近はどう? シリアスなことは?
R: シリアル・キラーは、いつもいるさ。
C: (ちょっと呆れて)誰か真剣に付き合っている女性はいるの?って言う意味よ(笑)。
R: 誰もいないよ。 君は?
C: いないわ。

そこで、いつものごとく、BAUから呼び出しの電話が鳴る。
C: (申し訳なさそうなロッシを見て)行かなきゃいけないのよね…。
  そういうところが何も変わっていないと分かって逆に安心したわ(笑)。
R: どのくらい滞在するの?
C: 1週間くらい。
R: 今回の事件が解決したら、家へ来ないか?
  今でもモンスター・チョッピーノ(ロッシ流・具沢山魚介類スープ)作るよ。
C: 喜んで行くわ!


☆ 事件解決に向かうプライヴェート・ジェットの中でも
  何かソワソワして、ゴキゲンなロッシを見て、
  ひやかすデレク・モーガン(シェマー・ムーア)&
  エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)


☆ 捜査に向かったミズーリー州セントルイスの警察署にて。

犯人についてロッシに話しかけるエミリーだが、ロッシはウワの空。
”何かあるでしょ?”と問いかけるエミリーに
キャロラインとのカフェでの会話のことを話すロッシ。

エミリー: キャロライン…4番目、5番目の妻(笑)?
ロッシ:  元妻は3人だけ(怒)! 彼女は1番目だよ。
エミリー: 最初の人とは、いつも何かあるのよ、良いことも悪いことも…(笑)。
ロッシ:   (ティーンエイジャーのようの初恋のようにワクワクしながら)
      何か、まだ2人の間だに、何か、こうキラキラ光るモノがある気がするんだよ!
      おかしいよな、私って?!
エミリー: いつもセカンド・チャンスがあるわけじゃないわ! 前身すべきよ、ロッシ!
ロッシ:  (微笑)
 

☆ 事件解決後、ロッシの邸宅にて。

キャロライン(以下C): チョッピーノ美味しかったわ。 もう一杯ワインくれる?
ロッシ(以下R):    ワインがそんなに好きだったとは知らなかったよ。
C: そんな好きでもないけど…今夜は心の準備に、ワインの力を借りないと…。
R: こんな年月が過ぎて、またデートするなんて誰が思ったと思う?(乾杯)
C: 私たちの”離婚の誓い”を覚えている?
  将来再婚しても、別に恋人いても
  私たちは何があっても心は通じあって、お互いそばにいるって…。 
  再婚相手には、私たちの誓いを理解してもうわなければならないって…。
R:  結婚と離婚の誓いを両方するなんて、私たちだけだよ!…なんて冗談を言ったよな。 
  (キャロラインの真剣な様子に)どうした?
C: どう切り出せばいいのか分からないけど…ハッキリ言うわ。
  私、去年、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、ルー・ゲーリック病と診断されたの。
  あなたがいつも言っていたように、いつか人は死ぬわ。
R: なんでもっと早く連絡くれなかったんだ!(かなり驚く)
C: 最後まで話させて。 今じゃないと話せなくなるかも…。
  ALSと診断されてから18ヶ月以上も普通に生活してこれたのは奇跡だと思う。
  でもここ数週間、遂に最期のときが近付いてきたと自分でも分かるの。
  もう永くないわ…。 痛みで限界が来たとき、自分は意思が弱くて恐いかもしれない。
  …だから(自殺を)手伝って欲しいの。
  私が自分の最期だと悟ったときに、この世に、お別れしたいときに手伝って欲しいの。

お互いの両手をギューッと握りながら、
眼に涙いっぱいのロッシは言葉を発することができなかった…。


d0175590_14254217.jpg

クリミナル・マインド シーズン7 エピソード6 EPILOGUE

☆ BAUオフィスにて。

エミリーとJJ(AJ・クック)が話している横で、ジ~ッとロッシを見つめている、
スペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)

リード:  ロッシったら、16分24秒もずっと同じ新聞記事を見つめている。
エミリー: 面白い記事なんじゃないの?
リード:  ロッシは今まで1ページを読み終えるのに、11分17秒以上かかったことないよ。
エミリー: エッ、時間を計っているの?!(リードに呆れるエミリー&JJ)

モーガン、エミリー、JJ、リードに囲まれ、”どうしたの?”と聞かれても
本当のことは言わずに、ごまかすロッシ。


☆ 捜査に向かったカリフォルニア州リッジ・キャニオン・レイクの警察署にて。

やっぱり何か隠しているとロッシを気遣うエミリーに
キャロラインの病状のことを話すロッシ。

エミリー: 何かして欲しいことある?
ロッシ:  私はないが…彼女が私にして欲しいことがあると頼んできたんだ…。
      病状はどんどん悪化していて、苦しみたくないと…。
      自分の最期は自分で決めたい、(自殺を)手伝って欲しいと…。
エミリー: (心配そうに)どうするの?
ロッシ:  (悲しげに)選択権は無いよ…。


☆ 事件解決後、キャロラインが宿泊しているホテルの部屋を訪ねるロッシ。

ロッシ(以下R):    君を一度失った。 もう二度と君を失いたくない!
キャロライン(以下C): 永遠の眠りにつかせて…。
R: 生きることは戦うことだよ。
C: なんのために? もうすぐ私は歩けなくなるわ。
  今のこのままの私のままで人生を終わらせたいの。
R: (打ちひしがれ)手伝えない、君の頼んだこと…。 できないよ…。
C: (微笑んで)そうだと思った。 あなたには出来ないと思った。
  あなたは、いろいろな人をプロファイルしているけど
  他人のことを一番分かるのは誰かと結婚することよ。
  (=だからロッシが手伝えないと言ってくると分かっていた。)
  あなたは私が知っている男性の中で一番ステキな男性よ。
  だから今夜ずっと私のそばにいて…。
R:  (ロッシは嫌な予感がして)何をしたんだ?!
  (そしてベッド・サイド・テーブルの(睡眠)薬のボトルを見つける。)
C: (穏やかに)座って…もう永くないから…。
  (救急車を呼ぶため電話をかけようとするロッシに)呼んでも間に合わないわ。
  病院のベッドの上で私を死なせないで…お願い…。
  もう疲れているの、眠くなった、すぐ逝くわ…。
  ”彼”は天国にいると思う?
R: きっといるよ…。

泣きながら肩を寄せ合う2人。


☆ とある墓地にて。

ひとつの墓には…56歳で亡くなったCAROLYN BAKER ROSSI の名前。
その隣には…JAMES DAVID ROSSIと言う名前の
誕生も死亡も同じ日(1979年4月26日)が刻まれた小さな墓石が…。

元妻キャロラインと天国にいる”彼”(=息子)ジェイムズに向かって
お墓の前で一人寂しそうにワインに口をつけるロッシ。

d0175590_14404025.jpg

哀しい、切ないロッシのエピソードでした…。

2人の離婚理由は語られなかったけど
お互いを嫌いになって別れたワケではないことは明らか。

私の推測では…
初めてで且つ唯一の子供を死産と言う形で失った悲しみは2人にとって、とても大きく
ロッシはいつも以上に仕事に没頭して
キャロラインは一人で家にいて寂しさをこらえて孤独を感じ…
お互いの気持ちに行き違いがあったのかも…。

墓石に刻まれたROSSIと言う名字から
ロッシと離婚した後も、キャロラインは他の男性と再婚しなかったみたいだし
ずっとロッシを慕っていたのかな…。

最愛の女性に先立たれたロッシは立ち直れるのでしょうか…。


ところで…
奇しくも今週 NCISでもリロイ・ジェスロ・ギブス(マーク・ハーモン)
結婚歴4回(死別1回&離婚歴3回)の彼の2番目の妻が登場するエピソード
シーズン9 エピソード7 DEVIL’S TRIANGLE が放映されたけど
こちらは元妻の現在の夫が事件に巻き込まれ、ギブスに助けを求めるストーリーでした。

ギブスの場合、殺害された1番目の妻以外は、
元妻&付き合った恋人が皆、恐妻か強気な女性に描かれているけど(笑)
ロッシの場合は違いましたね…。

ジョー・マンテーニャは以前から
すべての元妻をエピソードに登場させたいと話していたので
今後、2番目、3番目の妻が出てくる可能性大です!

事件ばかり真面目に扱うエピがいい、ソフトな面は要らないと言うファンもいるけど
私は事件をメインに、少しメンバーの私生活も描いてくれるエピが好きです。

次のエピでは、JJの私生活も再び、お目見えです。





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]