<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリミナル・マインド

記念すべき第1回め、本国USAでは、2005年9月22日放映。


シーズン1 エピソード1 EXTREME AGGRESSOR

冒頭のシーンでは、雨降るシアトルの街でスポーツ・カーに乗る犯人に誘拐される女性の姿。
次のシーンでは、これから生まれてくる息子(後のジャック)の名前を仲良く考えている、
アーロン”ホッチ”ホッチナー(トーマス・ギブソン)
ヘイリー(メレディス・モンロー)
”ギデオンなんて名前はどう?”と冗談っぽく言うヘイリーに
”絶対有り得ないな!”と微笑むホッチ。
高校生の時からのSweetheart、あの頃は幸せな2人だったんだよね…。

医療ドラマ”シカゴ・ホープ”で共演していた頃から
大好きだったトーマス・ギブソンマンディ・パティンキンの再共演、
それもFBI犯罪捜査系ドラマと聞いて、ワクワク!
エピ1を観終わって、“コレは面白くなりそうだ!”と更にワクワクしたのは、
もう7年前なのね…。

そして通算エピソード50は、シーズン3 エピソード5 SEVEN SECONDS

ショッピング・モールにて行方不明になる少女、犯人は少女の伯母。
既に、ジェイソン・ギデオン(マンディ・パティンキン)はドラマを降板し、
次のエピ6で、デイヴィット・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)が初登場…と、
ホッチが尊敬する年配のスペシャル・エージェント役がちょうどいないんだよね、この時。
そして、このエピの頃には、既にヘイリーと別居状態のホッチ。 
仕事終わってから夜遅くにヘイリーを訪ね、
熟睡しているジャックの顔だけを見に行く孤独なホッチ。

そして更に通算エピソード100は、シーズン5 エピソード9 100

ホッチが宿敵ジョージ”リーパー”フォイエット(C・トーマス・ハウエル)
ヘイリーを殺害されてしまう…と言う涙、涙のクリミナル・マインド史上でも
かなり思い入れが深いエピソード。

そして今回、通算エピソード150を迎えたクリミナル・マインド
 
シーズン7 エピソード12 UNKNOWN SUBJECT

今回は、エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)が主役。

以下、ネタバレ満載(ストーリー及び会話シーンは要約)。

d0175590_743414.jpg


シーズン6 エピソード17 VALHALLA & エピソード18 LAUREN(詳しくはコチラ→)にて
宿敵イアン・ドイル(ティモシー・V・マーフィー)に殺害されたエミリー。
シーズン7 エピソード1 IT TAKES A VILLAGE にて再登場し(詳しくはコチラ→ )、
エピソード2 PROOF から再びBAUメンバーとして本格的に捜査に携わるエミリー
(詳しくはコチラ→ )。

FBI本部から仕事復帰に必須と言われ、
心療内科医(セラピスト)との数回に渡るセラピーの最後のセッションを受けているエミリー。
以前から、イライラしたり、気持ちが不安になったりすると自分の爪を噛むクセがあるエミリー。
”ここ3日間は爪を噛んでいないし、2週間は夢も見ないで熟睡できている。”とセラピストに話す。
”あなたの身を守るため、あなたと言う存在をこの世から抹殺し、
あなたは別の人間となって生活し、
BAUチームは、大事なあなたを一度失い、あなた自身も本来の自分を失った。
あの出来事に深く心から哀しみ嘆いたことはあるの?”とセラピストに聞かれるエミリー。
彼女は平気を装っているが、実は正直に自分の気持ちを話していないのであった。

場所代わって、事件解決に向かうプライヴェート・ジェット機内。
他のBAUメンバーより早めの時間にプレンティスを呼び
セラピストからの診断結果報告書を読むホッチ。
ホッチ:  母親と連絡を取っている…だって?(…とドクターに嘘をついている。)
エミリー: (弁解するように)これから取るつもり…。
ホッチ:  セルジオと言う名前の男性とロマンティックな関係にある…?
エミリー: (セルジオは彼女の飼いネコなのでニガ笑い。)
ホッチ:  セラピストに嘘を付いてもいいけど
      君の行動が仕事にどんな影響が与えているかが心配なんだ…。
エミリー: 影響なんて無いわ。
ホッチ:  そうかな? 頑張り過ぎているんじゃないのか?(と疑問を投げかける。)
      モーガンとの信頼できるパートーナー関係の再構築に焦り過ぎている。 
      ロッシとリードのプライヴェートの話にも耳を傾けて詳しく聞いてあげている。 
      私に子育てアドバイスする…。
エミリー: 信頼を回復するために、やり過ぎることは悪いことなの?
ホッチ:  他人を思いやることによって
      自分に起こった事件のことに正面から向き合って
      避けていなければ悪いことではないけど…。
エミリー: 避けていないわ。 
      自分自身で決めてBAUに戻って来たのは
      チームの皆が好きだからと言う理由もあるけど
      あの事件はキレイに片付いたと思ったから。
ホッチ:  分かった。 でも約束して欲しい。 
      これから何週間、何ヶ月と調子良くても、何かあったら私に必ず教えて欲しい。
エミリー: それだけでいいの?
ホッチ:  それだけだ。
エミリー: 分かったわ。

d0175590_851890.jpg

そして、連続レイプ犯 The Piano Man が逮捕され
自らの手に寄って、復讐のために犯人殺害することを阻止された被害者女性レジーナ。
”なんで私に犯人を殺させてくれなかった? 犯人が法律で裁かれるなんて納得いかない。 
モンスター(犯人)が悪夢で蘇って来る…どんな気持ちか、あなたには分からないでしょう?!”
とレジーナに問い詰められ顔色を変えるエミリー。
エミリーの様子の変化に気付き、
”あなたにも何かあったのね?! あなたがFBIエージェントとして逮捕したの? 
あなた自身で殺したの?”と尋ねるレジーナ。
”(エミリーの宿敵イアン・ドイルを)私自身は撃たなかった…。”と答えるエミリーに
”あなたのモンスターは死んだわ! 
でも私は(犯人が刑務所で服役していても死なない限り)
一生キズを背負って生きて行かなければならないのよ!”とレジーナ。

再び帰路のプライヴェート・ジェットの中で、ホッチだけに素直に
"I’m having a bad day."と悩みながら話すエミリー。

エピソードは、ここで終了だけど、エミリーの話に真剣に耳を傾けるホッチが想像できるな~。
ホッチ&エミリー、ステキな上司部下関係!

しかしエミリーったら、元の生活に戻ったのに、ママに連絡していないとは驚いた。 
まぁ仲良いけど少し複雑な母娘関係だから…。



なかなか良いエピソードでした!

プラス、ゲスト俳優の2人が私のお気に入りの俳優たち。
連続レイプ犯The Piano Manを演じるジェイ・カーンズ
ドラマ"SONS OF ANARCHY"で、表向きはマジメなATFスペシャル・エージェント、 
しかし同時に主人公ジャックスの彼女タラを追い回す恐怖のストーカー役で記憶に残っているし、
被害者女性レジーナを演じるディナ・メイヤーは、ドラマ"BEVERLY HILLS 90210" "NCIS"などで
昔からセクシーな魔性の女やタフな正確な女性を演じる機会が多くて、これまたお気に入り。


クリミナル・マインド これからも通算エピソード200,250ヘと続いて欲しいです♪





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
メリル・ストリープ主演

THE IRON LADY

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙


本日、この作品のマーガレット・サッチャー役で
通算14回めのアカデミー主演女優賞(他に助演女優賞3回)
ノミネートされたと発表されたばかり、
先週、ゴールデン・グローブ賞ドラマ映画部門にて最優秀主演女優賞を受賞した、
メリル・ストリープは、私の一番好きな女優です。
 
メリル・ストリープの出演する映画は全て観ているけど
毎回出演する映画によって、ガラッとイメージを変え
実在する人物を演じるときは、隅から隅まで研究し
素晴らしい演技を見せてくれる彼女は、映画の内容が今ひとつであっても
彼女自身の演技には、裏切られることは少ない。 

d0175590_9592445.jpg


男ばかりが牛耳るイギリス政界に女ひとり足を踏み込み、
後に The Iron Lady 鉄の女 と呼ばれまでの強い精神力、揺るぎない信念を持ち
今も健在の、誰もが知っているグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(通称イギリス)
元首相マーガレット・サッチャーを演じることは
さすがのメリル・ストリープも容易じゃなかったハズ。

しかし、これがまた似ているんですよ~!
立ち居振る舞い含め、サッチャーの特徴ある甲高い声はもちろん、
メーキャップにより歯並びも変え
アメリカ人で普段”米語”を話すストリープが見事に
サッチャーの抑揚ある話し方で”英語”(ブリティッシュ・イングリッシュ)を話しています。

d0175590_1017076.jpg


ストーリーは…哀しく切ない。

年次別にサッチャーの軌跡を追うのではなく
認知症のサッチャーが思い出している、もしくは“今もそうだと信じている”過去の出来事を
彼女の記憶により描いている。
アルツハイマーを患っているサッチャーは
既に亡くなっているデニス・サッチャー(ジム・ブロードベンド)が今でも生きていると思い
政治生活から引退している現在と首相だった過去のコトが
彼女の頭の中では時々分からなくなってしまう。


イギリスからのこの映画に対する批評を耳にすると…
メリル・ストリープがサッチャーを演じたことに対しては賞賛の声が多いが
作品自体に対しては、
本当のサッチャーは、自分の下で働く政治家たちに対して
あんな怒り方をしない(実際サッチャーを知る人物)、
自分が書いた母の回顧録のエピソードを利用しているのに、自分に対して何も連絡ないし
映画の内容は事実無根のファンタジーだ(サッチャーの実の娘キャロル)など…
いろいろ賛否両論あるけど…。

私の個人的な感想として、
理解ありユーモアあふれる夫との結婚生活の回想はステキな夫婦だったんだな…と
思わせられ、夫役のジム・ブロードベンドも好演している。
しかし、鉄の女と呼ばれたサッチャーの首相としての業績(善悪含め)に
もっと焦点を絞った作品を期待していた私には少し不満が残る。
アルツハイマーを題材にした切ない秀作映画は結構あるけど
この映画のストーリーの組み立ては、今ひとつ何か物足りないかも…。
でもメリル・ストリープの演技は素晴らしい、お見事!



映画 THE IRON LADY マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
日本では3月公開予定。


追記: その後、この映画のマーガレット・サッチャー役で、
主演のメリル・ストリープは、アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞!
オスカー通算17回ノミネート(うち主演2回、助演1回受賞)の彼女、やっぱりスゴイ!



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)






にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
2012年初めて映画館で観た映画は…

USAでは昨年11月に公開され、今後も数ヶ月ロングラン・大ヒット上映間違いナシの映画。

昨日、ゴールデン・グローブ賞3部門
(ミュージカル・コメディ部門・最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、作曲賞)受賞。 
2月開催のアカデミー賞も受賞カタイかな?


   THE ARTIST     アーチスト


実は、私、最初は観に行く予定なかったんですよね、この映画(笑)。

だって、フランス製作のサイレント(無声)モノクロ(白黒)映画
↑無声だから、どの言語でも関係ないけど(笑)、
主役の2人、フランス人俳優ジャン・デュジャルダン&アリゼンチン人女優ベレニス・ベジョ
(少なくとも本国以外では)無名だし…。

でもヤッパリ、映画批評家はもちろん、実際に観た人が口を揃えて“良かった!”と言うし
どんどん賞レースにノミネートそして受賞するし
”じゃあ行かなきゃ!”と満席の映画館ヘ1月2日に観に行って来ました。

そして感想…すっごく良かった!

エレガントでロマンティック、エンターテインメントあふれるラブ・ストーリー。

フランスからハリウッド映画へ捧げるオマージュ。

無声映画なので、音声が混ざったセリフは全くありません。
すべて俳優たちの(少し大げさとも言える)表情、動作、しぐさから感情を読み取ります。
少し複雑なセリフは音声の代わりに字幕が入ります。
人が喋るセリフが無い分、背景に流れる音楽は魅力いっぱい。


以下、ネタバレほとんどナシ

d0175590_6561698.jpg


舞台となる1920後半~1930年前半のUSAハリウッド映画界は
ちょうどサイレント(無声)映画からトーキー(発声)映画に変わる時代。

ジョージ・ヴァレンタイン(ジャン・デュジャルダン)は、無声映画の大スター。 
出演する映画はどれも大ヒット、スタジオから一歩外に出れば、沢山のファンに囲まれ大人気。

女優志望でジョージのファンのペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)
あるキッカケから運良く、ジョージと共演することになる。

しかし時代は流れ、発声入りのトーキー映画が盛んに…。

俳優として仕事を失っていくジョージに対して
セリフ入りのトーキー映画の主役として、ドンドン飛躍していくペピー。

2人の人生も明暗に…。



脇をUSAの俳優、ジョン・グッドマンジェイムズ・クロムウェルがガッチリ固め、
数シーンで、マルコム・マクダウェルジョエル・マレー(ダーマ&グレッグのピート!)も出演。


そして、もうひとり?!映画の中で大活躍するのが…

d0175590_76643.jpg

             主役のジョージ・ヴァレンタイン&彼の犬アギー

昨年、カンヌ国際映画祭にて
ジャン・デュジャルダン最優秀主演男優賞を受賞したことはもちろん、 
最優秀犬賞(パルムドッグ)受賞したジャック・ラッセル・テリアのUggie(アギー)
そう、カンヌ国際映画祭では
優秀な演技をした犬に与えるパルムドッグ賞があるんですよね(笑)♪

昨日、ゴールデン・グローブ賞の壇上にも登場して、その愛らしさで皆を虜にしたアギー。
主役のジョージとは寝る時も、映画撮影の時も、いつでも24時間一緒、
とにかく大活躍なのでした!

そう言えば、昨日ジャン・デュジャルダンの受賞スピーチで、初めて彼の声を聞いた(笑)!
(厳密に言えば、映画の最後のシーンで、ひと言だけ、音声あるセリフあるけど。)




映画好きな映画ファンなら、観終わった後、ハッピーな気持ちになれる、
映画好きで良かった!、だから映画好きなんだよね!と思える、そんな映画。



映画”アーチスト”日本では今春公開予定。


追記: その後、映画”アーチスト”は、アカデミー賞5部門にてオスカー獲得、
最優秀作品賞、最優秀監督賞(ミシェル・アザナヴィシウス)、
最優秀主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、
最優秀オリジナル作曲賞、最優秀衣装デザイン賞を受賞!




私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)






にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
昨年、USAの映画館で観た新作映画で、特に印象に残って、観て良かったな~と思った3作品は…


2011年全米公開映画 ~私の選ぶトップ3~


☆ THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
  ドラゴン・タトゥーの女

まぁなんと言っても、このサスペンス・スリラーでしょう、一番好きな作品は!

私の観た感想はコチラ→

このハリウッド・リメイク版を観てから
スウェーデン・オリジナル版の”ミレニアム”シリーズ3部作映画を
年末に一気に久し振り再び鑑賞しちゃったほど
オリジナル版を観ながら、”この役は、リメイク版には、あの俳優がイイかも。”と
いろいろ想像しながら、ドラゴン・タトゥーの女に、のめり込んでいる私。

ミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)&
リスベット・サランデル(ルーニー・マーラ)のコンビ、早く続きが観たいな~。

リメイク版のリスベットの極悪な父親は、誰が演じたらピッタリかな~?
シリーズ3作めに出てきて、リスベットを診察する若い医者は
ジェイムズ・マカヴォイがイイかも!(単にオリジナルの俳優と雰囲気が似ているからだけど。)


☆ THE DEBT

イスラエル・オリジナル版のハリウッド・リメイク版映画。

私の観た感想はコチラ→

派手で大袈裟なアクション・シーンは無いけど
心理的にジワジワと迫ってくるようなドキドキ感を味わえるスパイ・ミステリー・スリラー

1960年代の東西ドイツを舞台に
モサド(イスラエル諜報特務局)の新人エージェント・レイチェル・シンガーを演じる、
ジェシカ・チャステイン、モサドを引退したレイチェルのその後を演じるヘレン・ミレン
そして悪役のディーター・フォーゲル(イェスパー・クリステンセン)が素晴らしい!


☆ THE IDES OF MARCH
  スーパー・チューズデー ~正義を売った日~

主演は、ライアン・ゴスリングだけど
ジョージ・クルーニーが製作・監督・脚色・出演を手掛けて大活躍の政治サスペンス・スリラー

私の観た感想はコチラ→

クリーンな政治を謳いながら、裏では眼を覆いたくなるよな汚いコトばかり…
そんな政治社会の裏側が良く描かれている作品で、ライアン・ゴスリングが好演。

USAでは、大統領選に限らず、地方選挙(日本で言う市議会委員など)なども
選挙投票日は”火曜日”(チューズデー)と昔から決まっています。

厳密に言えば、この映画は、スーパー・チューズデーのコトでは無いんだけどね…。
まぁこの邦題の方が、大統領予備選挙の時に
よく耳にする”スーパー・チューズデー”と言う単語からの印象で、分かりやすいかな…。
カタカナで”アイズ・オブ・マーチ”では、なんの映画か?ですよね、確かに。


あと次点では、USAでは2010年12月公開だけど、実際私が観たのは2011年1月だった映画、
マーク・ウォールバーグ&クリスチャン・ベール共演の
THE FIGHTER (ザ・ファイター)も良かったかな。

ボクシングを通して描かれた強烈な家族愛ドラマ。

私の観た感想はコチラ→




最後に、2011年、私が気になった俳優ひとり…アーミー・ハマー!
d0175590_10242666.jpg


映画 J.EDGAR(J・エドガー)にて、クライド・トルソン(アーミー・ハマー)&
ジョン・エドガー(レオナルド・ディカプリオ)

私の観た感想はコチラ→

アーミー・ハマーが一般的に知られるようになったのは
映画 THE SOCIAL NETWORK(ソーシャル・ネットワーク)
マーク・ザッカーバーグを訴えた双子キャメロン&タイラー・ウィンクルヴォス役だと思うけど
あの映画を観た時は、
”へぇ~ひとり二役を演じているのか、背が高いな~(実際196cm)。
裕福だけど嫌な性格だな(役柄が)。”ぐらいにしか思っていなかったけど
今回、エドガーに生涯かけて真摯に尽くすクライド役の好演で、ファンになっちゃたかも!
でもカワイイ顔に似合わず、声が太いんだよね、彼。

しかしアーミー・ハマーが2007年に
ドラマ ”デスパレートな妻たち”S4Ep8 にゲスト出演していたなんて
当時は気が付かなかったし、カッコイイとも思わなかった!
今改めて観直したら、覚えている、この役!
マイクのドラッグ・ディーラーのバレット役で
ディーラーとは知らないスーザンが娘ジュリーのBFにどうかしら~と
2人をくっつけようとするエピだった。

アーミーの次回作は、"MIRROR MIRROR"
”鏡よ、鏡♪”と、ジュリア・ロバーツがイジワル妃を演じる映画”白雪姫”の王子さま役!







にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
          1月5日は私の大好きな 053.gif

          ブラッドリー・クーパー

          37歳の誕生日067.gif(1995年1月5日生まれ)



毎年秋に発表されるピープル・マガジンの”世界で最もセクシーな男”
見事選ばれたブラッドリー・クーパー

d0175590_11575951.jpg

                Photo by People Magazine

ファンとしては、この栄冠は2年遅かったかな~とも思うけどね。
そう、スマッシュ大ヒット映画”ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い”
彼の人気が爆発した2009年に取るべきだったのよ、ホントは(笑)!

ちなみに、ピープル・マガジンによる”世界で最もセクシーな男”は
1980年代からずっと続いている注目度の高いコンテスト?で 
映画、TV、音楽などのエンターテインメント業界のみならず、スポーツ、その他
注目されている業界におけるセクシーな男性が毎回100人以上選ばれています。
でもトップの栄冠に輝くのは、毎年一人。

過去5年の”世界で最もセクシーな男”トップは…

2011 ブラッドリー・クーパー

2010 ライアン・レイノルズ

2009 ジョニー・デップ

2008 ヒュー・ジャックマン

2007 マット・デイモン


個人的には、大好きなブラッドリーは別格として(笑)
ライアンはセクシーだと思うこと時々あるけど、私の好きなタイプではない。
ジョニーは、あれだけ世界中にファンがいても
なんかグダグダしていてボソボソ話すイメージ悪く、私には全く魅力が分からない男性。
ヒューは演技だけではなく、歌って、踊って、司会もできて
好感度イイけどセクシー?私の好きなタイプじゃないしね…。
マットは好きな俳優だけど、ジェイソン・ボーン・シリーズ以外は
セクシーに思ったことないかも…。
だから今年は、ついにヤッタ~♪って感じ?!
以上、私の勝手な感想ですので、ファンの方は気を悪くしないでくださいね!



ともかく、ブラッドリー・クーパーです♪

d0175590_1231722.jpg

     見つめられたら、惹き込まれそうな、とってもキレイなアクアマリン・ブルーの瞳。


名門ジョージタウン大学を卒業した後、
ニューヨークのアクターズ・スタジオで俳優として演技の基礎をしっかり学び
人気TVシリーズ”セックス・アンド・ザ・シティ”(以下SATC)にてデビュー。
(↑コレについては過去のブログ記事で書いています。)

大学生の時に交換留学生として、半年フランス留学したことから、フランス語ペラペラ。
彼のフランス語のインタビューを動画で見ると、生放送のTVトーク・ショーやラジオ収録で
流暢にフランス語を話して、これまたセクシー度高い♪

"SATC"の後、TV、映画にて準主役の役柄が多く
(主人公の悪友、主人公に片思いの男性、主人公の彼女の元カレなど…。)
2005年には"KITCHEN CONFIDENTIAL"と言うTVコメディで初主役。
結構おもしろいコメディだったけど途中で打ち切り。(詳しくは、過去のブログ記事→
2008年には"THE MIDNIGHT MEAT TRAIN"と言う、
気持ち悪い(苦笑)B級ホラー映画に主役で出演。
そして、ご存知、映画”ハングオーバー”にて人気大爆発♪

ハンサム&セクシーだけではなく、おしゃべりトークも面白い彼。
そう言えば、昨年ロブ・ロウと一緒に出演したイギリスのトーク・ショーにて
こんなコトを言って笑わせてくれました。
昨年ロブ・ロウは自叙伝"Stories I Only Tell My Friends"を執筆。
サラ・ジェシカ・パーカーの瞳の色について、ロブが間違って言及したことについて
”私の瞳の色を覚えていないなんて信じられないわ!”と、
サラ・ジェシカがとても怒っている…とサラ本人ではなく、
第3者を通して文句を言ってきたんだよ!と明かすロブ。
そこで、ブラッドリーもすかさず、
”僕にも同じ経験がある! SATCで共演したときに
”キス・シーンで、絶対に舌を入れてこないでよ!(したら許さない!)”って
第3者を通して忠告してきた!”
そこでロブが再び、呆れたようにイジワルっぽく
”サラ・ジェシカは第3者を通して何か言うことが好きだからね~。”
サラ・ジェシカは高飛車で、共演者と上手くいかないことが多いと言うウワサも
ウソでは無さそうなエピソードでした(笑)。
ロブ&ブラッドリーは笑って話しているけど…。

d0175590_13285584.jpg


              私的には、短髪より肩まで長髪の彼が好き♪


ロマンスの方も、いつも沸かせてくれるブラッドリー。

過去に、ジェニファー・エスポジートと結婚したけど数ヶ月で離婚。
その後は、ジェニファー・アニストンレネー・ゼルウィガージャニファー・ロペス
などとロマンス、
そして現在は、ゾーイ・サルダナと恋愛中?とのウワサが流れている彼。

彼には、一生再婚しないで
ジョージ・クルーニーのように、いろんな女性と付き合って、あくまでも独身貴族でいて欲しい!
もしくは、アル・パチーノのように、子供いても結婚は絶対しない主義を貫くとかね~。



これからも主演映画製作めじろ押しのブラッドリー・クーパーです!




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]