<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クリミナル・マインド  シーズン7

エピソード14   CLOSING TIME


USA時間で、このエピソード放映の朝ちょうど
エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)
今シーズン限りでクリミナル・マインド降板を発表したんですよね~。
今回のエピソードは、あまりエミリーが活躍していないので
彼女のことを考えると余計に複雑…。


さて、ホッチの恋愛話に焦点を絞って、以下エピソード14抜粋要約ネタバレです。

d0175590_641474.jpg


☆ 今度参加するトライアスロン・レースに向けて、既に何回も一緒にトレーニングしている
  アーロン“ホッチ”ホッチナー(トーマス・ギブソン) &
  エリザベス“ベス”クレモンズ(ベラミー・ヤング)

(2人の最初の出逢いのエピソードについての詳細はコチラ→

とある公園にて、お互いに、追い越したり追い越されたりして
競い合って走っているホッチ&ベス。

ベス  (負けそうになり)あっ!痛い…!(足が”つった”ように立ち止まる)
ホッチ 大丈夫?(本気に心配するホッチ)
ベス  (そんなホッチを横目で見ながら)なんちゃって~(笑)。(勢いよく走り去る)
ホッチ (足が”つった”フリで人を騙すなんて)サイテーだな!(冗談っぽく笑う)

ホッチ トライアスロン・レースの1週間前は練習は控えた方が良いって言うから
    何か他のコトをしなきゃ…。(なんかハッキリしないホッチ)
ベス  アーロン・ホッチナー!もしかして私をデートに誘っているの?!
ホッチ 誘おうとしているんだけど…なかなか上手くいかないな…(苦笑)。
ベス  デートもちろんOKよ! とってもうれしい♪ いつ?
ホッチ 金曜日に…。

トレーニング後に既に何回かランチを共にしている2人だが、今回改めて初デート決定!


☆ BAUオフィスヘ出勤するエレベーターの中にいる
  ホッチ&デイヴィット・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)

ホッチ (何か探りたそうな表情のロッシに向かって)何か?
ロッシ 今朝、運動した?
ホッチ ”トレーニング”って言うものはしたけど。
ロッシ (意味深に)ふ~ん、”トレーニング”ね~。
ホッチ (からかうのは)いい加減にして欲しいな。
ロッシ トライアスロン・レースはもう真近なんだがら
    これから2人っきりで会う別の口実(=デート)を見つけなきゃね。
ホッチ もう手は打ったから。
ロッシ よくできた、エライ! それでデートはいつ?
ホッチ 金曜日。
ロッシ だったら何がなんでも事件を解決して、金曜日にはBAUに戻って来なきゃな!


☆ 南カリフォルニアでの事件を解決して、再びBAUに戻って来て残業しているホッチ
  デレク・モーガン(シェマー・ムーア)がホッチのオフィスヘ入って来る。

モーガン ヴァレンタイン・デーなのに残業しているの?
ホッチ  (今日がヴァレンタイン・デーと言うことをすっかり忘れている表情)
モーガン まぁ俺も忘れていたからね、ヴァレンタイン・デー。 
     独身者同士、一緒にBARに飲みに行かないかな~と思って…。
ホッチ  ありがとう、でも遠慮するよ…。

思いたったように仕事を途中で止めて、オフィスを去ろうとするホッチ。


☆ 夜、花束を抱えてベスの家を訪ねるホッチ

ベス  (約束の)金曜日はまだよね?(うれしそうに驚く)
ホッチ 急に仕事が入る時があるから、一緒に過ごせるチャンスがあるなら会おうと思って…。
ベス  どこへ行くの?
ホッチ (コンサートまたは劇のチケットを2枚ちらつかせて)驚かせようと思ってね。
    何を観にいくのかは”内緒のお楽しみ”ってコトで(笑)。
ベス  あっ!(出かけようとするところを玄関口で立ち止まる)
ホッチ 何か忘れ物でもした?
ベス  コレをね!(ベスからホッチヘKISS
ホッチ (少々驚きながらも、うれしそうな表情)
ベス  今KISSしておいたほうがイイかな~と思って。 
    (初KISSはいつかな?と)後で変に意識して
    ぎこちない雰囲気になったらイヤかな~と思って。
    (急にデートに誘ったホッチに自分が驚かされたように)私も
    (不意のKISSで)あなたを驚かすことができるのよ♪
ホッチ 驚いて何も言えなくなることって、自分はあまりないんだけど…
    今回ばかりは、そういう気分だな。(声を出して笑うホッチ)

仲良く手を繋いで夜の街へ消えていくホッチ&ベス。

d0175590_7142864.jpg


ベスって、かなり積極的で、ハキハキしていて好感が持てるな~。
ホッチがジョギングしているところに声をかけて
トライアスロン・レースのパートナー練習を申し出たのも、もともとベスから、
今回の初KISSもベス主導。
多分ホッチ、高校生の時、亡き元妻ヘイリーをデートに誘って以来
30年近く女性をデートに誘ったことがないのでは?!
積極的なベスに、ちょっとタジタジのホッチだけど、お似合いの2人だと思います!

ベスはワシントンD.C.の博物館職員という設定だけど
ドラマ内では、まだ詳細に説明されていないので
彼女の職歴、恋愛歴、家族構成などは、まだハッキリ分かりません。 
これからホッチの息子ジャックにも会うエピソードも放映される予定だし
ホッチ&ベスの爽やかな関係に期待大!

なにしろホッチの笑顔満載で、うれしそうなんだもん!


しかし!あまりベスとのことを話したそうではない雰囲気のホッチに向かって
根掘り葉掘り聞こうとして、相変わらずゴシップ好きの鋭い発言をする
オフィスのウワサ好き”オバチャン”ロッシ(笑)には爆笑!

でも…モーガンも特別な日に一緒にディナーする恋人いないのか…。
じゃぁ次はモーガンに彼女を(笑)!

d0175590_7204277.jpg


ところで、今回ホッチのエピとは別に、強いJJ(A.J.クック)も観れました!

ペンタゴンでの仕事からFBIに復帰して SUPERVISORY SPECIAL AGENT に昇格後
こんなタフなJJは初めてかも! 
人質をタテにする連続殺人の犯人に飛びかかり、取っ組み合いバトル、回し蹴りなんて! 
無事犯人は逮捕されたけど、美しいJJの顔はアザだらけ…。
モーガンには”犯人を捕まえたことを誇りに思うよ。”と褒められたJJだけど
腫れた自分の顔を見て
”ヴァレンタイン・デーのディナーの予約はキャンセルして
家で何か食べ物をテイク・アウトして過ごすかな~”。と残念そう。 
そりゃJJの彼ウィルも残念だろうな~。






にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
今日は朝から残念なニュースが入ってきちゃったな~。

現在USAでシーズン7放映中のクリミナル・マインドから
エミリー・プレンティス
(パジェット・ブリュースター)
自ら意思によって今シーズンにて番組を降板することが発表されました。



パジェット・ブリュースターいわく…
6年間、エミリー・プレンティスを演じて素晴らしい年月を過ごせたけど
もうそろそろ他のことに挑戦してみようと言う時期が来た。
共演したクリミナル・マインド”ファミリー”については
これからもずっと応援するし、いつまでも彼らのことを想い続けるけど
これからの自分の未来やチャンスに、ワクワクしている。

これを受けて、共演者アーロン”ホッチ”ホッチナー(トーマス・ギブソン)は…
私たち、クリミナル・マインドの仲間は皆、パジェットを愛しているし
彼女が旅立つことはとても悲しいが、今後も彼女の活躍に期待している。

d0175590_44216.jpg


シーズン2途中からBAUのメンバーとしてレギュラー入りしたエミリー・プレンティスは
私の一番好きな女性キャラ。
母親が外交官(大使)だったことにより
学生時代を世界中で暮らし、多国語を扱う才媛であり
責任感が強くて、面倒見の良い姐御肌のエミリー。

どんな最後のシーンで、エミリーは旅立つのか…?
シーズン6にて、偽装死で一度去っているからな~。
今回は本当に殉職するか…
BAU以外の仕事を見つけてオフィスを去るか…
エミリーのことだから馴染みの深いヨーロッパにて
再びインターポール(国際刑事警察機構)とかで働くとか…。

d0175590_451315.jpg


長年シリーズが続く人気ドラマで、ずっと同じキャラクターを演じている俳優が
創造力の欠如や、モチベーションの低下によって
”他の役柄にチャレンジしてみたい!”と、番組卒業宣言をすることは珍しいことではないけど
パジェットの場合は、少なくとも昨シーズン6当初は
”クリミナル・マインド”に対して、ヤル気を出していたのに
共演のJJ(A.J.クック)が製作側からクビにされ(その後、復帰)
パジェット本人の意思ではなく製作側から
”エミリーも全シーズン6出演ではなく、出演シーン・カット!”と言われ
”エミリーを殺され”今シーズン7で再びBAUに戻って来た…
と言う復帰ゴタゴタ劇(製作側への不信感)があるから
”心機一転、別のコトをしてみよう!”と、彼女が思うのも不思議ではないんだよね…。
どうやらパジェット本人は
”エミリーは偽装死で、どこかで生きている…”と言う
シーズン6のエミリー出演最後のシーンあのままで、復帰話はなくても納得していたけど
複雑な契約のため、シーズン7も出演せざるを得なかったみたいで…。

パジェット・ブリュースターは以前から
”再びコメディ路線に挑戦したい!”と発言しているので
彼女主演の新シット・コムが放映される日を待ちたいと思います。
昨年”クリミナル・マインド”シーズン6途中降板して
製作したNBC TVのコメディ(パイロット版)は残念ながら、お蔵入りになってしまったからね。


クリミナル・マインドを放映しているCBS TVは、公式にシーズン8製作を発表していないけど
この大人気ドラマがシリーズ終了するわけなく(笑)
既にホッチ(トーマス・ギブソン)、デイヴィット・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)、
デレク・モーガン(シェマー・ムーア)、JJ(A.J.クック)
昨年の時点で、来シーズン出演契約を結んでいます。

スペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)、
ペネロープ・ガルシア(カーステン・ヴァングスネス)は未契約。
マシューは、”俳優よりも監督業に専念したい。”なんて、いつか将来言いそうな感じだけど
熱狂的ファンが許すハズもないので(笑)
昨年のトーマス・ギブソンのように出演交渉ギリギリまで難航せずに
リードもガルシアも出演続行するだろうな~。


当然?来シーズンに別の女性エージェントがレギュラー入りするだろうな…。
JJの代わりに一時入ったアシュレイ・シーヴァー(レイチェル・ニコルズ)のように
新人を入れるか、中堅エージェントがメンバーになるか…。
それを演じるのは新人女優か、名が知れた女優か…。


しかし、つくづく…エミリー・プレンティスが、いなくなっちゃうなんて寂し過ぎる…。





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
NCIS ネイビー犯罪捜査班


10シーズン続いた人気ドラマ"JAG" (犯罪捜査官ネイビーファイル)
シーズン8のエピソードにて、イントロダクション紹介され
その後"JAG" のスピン・オフとしてスタートした"NCIS"

その記念すべき第1回め YANKEE WHITE は、本国USAでは、2003年9月23日放映。

今やUSAを代表する人気ドラマとなり、ここ数年は断トツでドラマ視聴率第1位

先週通算エピソード200本め、シーズン9 エピソード14

LIFE BEFORE HIS EYES が放映されました。

以下、ネタバレあり。

d0175590_5583251.jpg


馴染みのダイナーのカウンターで朝食にコーヒーを頼む
リロイ・ジェスロ・ギブス(マーク・ハーモン)
今回の事件に関係ある男性に撃たれそうになった時
ギブスの周囲に起こった過去の出来事が突然フラッシュ・バックしてくる。

ダイナーには、現在もギブスと一緒に働く現NCISのメンバーはもちろん、
長年葛藤があり最近仲良くなった、自分を残して姿を消した
若き日のギブスと当時恋人だったシャノン(後のギブスの妻)もいる。
殺害された妻シャノンと愛娘ケリー
元上司で退職後は裏でギブスに力を貸してくれた、
亡きマイク・フランクス(ミューズ・ワトソン)
昔、恋愛関係にあり、後にギブスの上司として一緒に働いた(シーズン3~5)、
亡きジェニー・シェパード(ローレン・ホリー)
シーズン2で殉職したケイトリン”ケイト”トッド(サーシャ・アレクサンダー)
ケイトを殺害した憎きアリ・ハスワリ(ジヴァの腹違いの兄)など
様々な人が登場する。

d0175590_6482639.jpg

            ダイナーで亡きマイク・フランクスと語るギブス

”あの時、あの判断で良かったのだろうか?”
”もし…ではなかったら、今はどうなっていたのか?”
と過去の出来事を振り返るギブス。

もしケイトが殺害されなかったら…
ケイトとアンソニー”トニー”ディノッゾ(マイケル・ウェザリー)が結婚して!
娘ケリー(ギブスの亡くなった娘と同名)が誕生。
ジヴァ・ダヴィード(コート・デ・パブロ)がNCISの一員になることもなかった。

もしペドロ・ヘルナンデス(メキシカン・ドラッグ・ディーラー)を殺害しなかったら…
アルコール中毒になり皆に心配されるギブス。

もし最愛の妻シャノンと娘ケリーがドラッグ絡みの事件で殺害されなかったら…
NCISエージェントにならず、そのまま狙撃兵として海兵隊に所属して海外にて殉職したギブス。
そしてギブスの死に哀しみにくれる妻と娘。

しかし、ギブスの選択したことは間違いなかった、だから現在があるのだ…。


亡くなったキャラクターが勢揃い、ギブスがメインの面白い内容でした。
少し残念だったのは、ダイナーでチラッと顔が見えるけど
ジェニー・シェパードとのことが今回描かれていなかったこと。
かつて仕事のパートナーであり恋人同士、今は上司と部下…と言う
いつも緊張感漂う微妙な2人の関係が好きだったので…。

ギブスはNCISオフィスでは何事にも厳しいボスで、部下の頭をバコーンと叩き
私生活でも結婚、離婚を繰り返すけど
やっぱり最初の妻シャノンと娘ケリーを殺害されたことが
彼の心の奥に空洞を作り、哀しい雰囲気が醸し出されるんだよな…としみじみ。


今回のエピソードの最後…
”沖縄ヘ昇格転勤移動の話は断った。 今のオフイスで学びたいこといろいろあるからね。”
と言うティモシー”ティム”マクギー(ショーン・マーレイ)
”世界最高級の芸者ガールズと寿司を味わえるチャンスを逃すとは! それでいいのか?!”
と相変わらずマクギーをからかうデイノッゾ
日本に対するステレオ・タイプのセリフ、笑わせてくれるデイノッゾ良いな~♪



250thエピドードもカタイな!
9年経っても人気衰えず♪まだまだ何年も続きそうなNCISです!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]