<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今話題の新作映画

THE DARK KNIGHT RISES

ダークナイト・ライジング

を観に行って来ました!


BATMAN BEGINS(バッドマン・ビギンズ) 
THE DARK KNIGHT(ダーク・ナイト)に続く三部作の完結編。

でもなんで邦題は“ライジング”なんだろう? 
カタカナで“ライジース”じゃ分かりにくいかな?

監督クリストファー・ノーランはじめ主要キャストは三部作とも同じ。

以下、ストーリー内容に関するネタバレはありません。

d0175590_10582043.jpg


ダーク・ナイトから8年後、ブルース・ウェインは心にも身体にも深いキズを負っていた。
そんな中、ベインを中心とする悪役テロリスト軍団が
ゴッサム・シティを破壊するために着々と悪事を実行していくのだった…。


”あれ~そう言えば!”と、気が付いたんだけど…
バットマンって、アメリカン・コミックを代表する大人気ヒーロー作品なのに
面白いことに、今作品って、アメリカ人以外の出演者、特にイギリス系が多いんだよね。

まず、クリストファー・ノーラン監督、
バットマン/ブルース・ウェイン役のクリスチャン・ベール(ウェールズ出身)、
ゴードン警察本部長役のゲイリー・オールドマン
執事アルフレッド役のマイケル・ケイン
悪役ベイン役のトム・ハーディ、5人とも皆イギリス人! 

おまけに今回2分ほどしか登場しない2人の大物
ヘンリー・デュカード/ラーズ・アル・グール役のリーアム・ニーソンは、
北アイルランド出身、
DR.ジョナサン・クレイン/スケアクロウ役のキリアン・マーフィーは、
アイルランド人だしね~。

アメコミなのにアメリカ人はどこ(笑)?

でもチョットした役に、結構TVドラマで活躍する俳優が沢山出演していて楽しめたな~。
例えば…悪役軍団の中に、”クリミナル・マインド”のJJの夫ウィルが全編通して出演!
中盤で”ブルー・ブラッド”のジェイミーがドラマと同じく警察官で、
そして最後の方に警察官役で”デクスター”のクインも少し出演しているのだ♪
なぜか妙にうれしい(笑)。

徹底主義のクリスチャン・ベールが作品ごとに役作りのため
全く印象が変わることには慣れているので驚かないが、
今回驚いたのがトム・ハーディ。 
ベイン役のため、かなり体重を増やしてガッチリ体型になり、
最初から最後まで全編通して、
マスクしたまま&モジュレーターを通したような効果音のある声のままで、
事前にトム・ハーディと知らなければ、”いったい誰?”と思うかも。

私の好きなゲイリー・オールドマンも本部長役ピッタリ!


映画 ダークナイト・ライジング、上映2時間45分とかなり長い作品だけど
そこはやはりクリストファー・ノーランだもの!
ムダのない面白い洗練されたアクション映画になっています。


ただ、せっかくの秀作も、公開初日コロラド州の映画館での乱射事件により
銃撃シーンなどを観ていて、やるせない気持ちになってしまうのも事実…悲しい。





私の採点   ★★★★☆(4つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

[PR]

愛憎絡みあうドロドロ人間関係が複雑に入り組む私の大好きな歴史コスチューム・ドラマ

THE BORGIAS ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 

たった10エピソードなので、アッと言う間に先月シーズン2終了。


以下、シーズン2のネタバレあります。

d0175590_11252968.jpg


今回、意外にも?目玉だったのは、次男ホアン・ボルジア(ディヴィット・オークス)。 
シーズン1では、女性と遊んでばかりいる、だらしない放蕩息子というイメージだったのに
シーズン2では、ますます乱暴で自分勝手で卑怯で嫌味な性格の生意気な一人前の男性に
成長してしまった(笑)。

ルクレツィア(ホリディ・グレインジャー)のベイビーの父親である身分の低い男を
自殺に見せかけて殺害するとか、ベイビーをふざけて危ない目に遭わせるとか、
当時は治癒しにくい梅毒に侵されているとか、
自分の軍隊を引き連れて敵地に向かったのは良いが
自身が危険な目に遭うと部下を見捨てて、ノコノコ逃げるとか、
おまけに父親であるロドリーゴ・法王アレクサンデル6世(ジェレミー・アイアンズ)には
自分は正々堂々と戦ったなどと嘘を述べ…
ホアンが期待以上に活躍してくれて、いや~面白かったな~♪

馬鹿な息子ほどカワイイらしく、長男チェーザレ(フランソワ・アルノー)やルクレチアが
注意を呼びかけても、父親ロドリーゴは、ホアンを見捨てることができない。

もともと仲が良くないチェーザレ vs ホアン、そしてルクレツィア vs ホアン。
反対に、チェーザレ&ルクレチアの兄妹コンビの妖しくも堅い絆は何よりも深い。 
ホアンの野蛮な奇行をこれ以上、見逃すわけにはいかない!と2人で囁き合い、
チェーザレ自ら弟ホアンを…! 
悪役には、もっと活躍して欲しいので、とても残念だけど…。

d0175590_11363724.jpg

           私が好きなキャラクター、妹ルクレツィア&兄チェーザレ

この時代の女性は、ルクレツィアをはじめ、華やかなドレス、オシャレなヘア・スタイルで毎回楽しみ! 
しかし、このルクレツィアも高貴でカワイイ顔して(笑)計算高く、やることが大胆でスゴイ。
次々と男を惑わし…シーズン2も、いろいろな男性と恋に落ちたな~。
反対されればされるほど禁断の恋に燃えるのよね、ルクレチアって…。
でもチェーザレのことを一番好きなことに変わりナシなんだろうな~きっと。

チェーザレもボルジア家の敵に対しては容赦なく非常だけど
妹ルクレツィアに対する愛情は恐いくらい、とにかく妹が大事。


シーズン2・フィナーレは、クリフハンガー!

法王である父親ロドリーゴに、カーディナルのリングを返還して
フォアン殺害の罪を告白し、赦しを乞おうとするチェーザレの前に
毒入りワインを口にして、口から血を流して倒れるロドリーゴ…エーッ一体どうなるの?!

シーズン3まで、このまま1年待てと言うの(笑)!


THE BORGIAS ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 シーズン2 とても面白かった!
シーズン3は、2013年春放送決定。





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
筋肉モリモリのイケメン俳優勢揃い!今夏一番セクシーな♪男性ストリッパーを描く映画


   MAGIC MIKE   マジック・マイク


ストリップ・ダンス盛り沢山の映画で、観客席の女性の黄色い声がスゴかった~(笑)。


俳優になる前はホントに!フロリダ州タンパのストリップ・クラブで、ストリッパーだった
チャニング・テイタムの自叙伝的ストーリー。


フットボール部で問題を起こし退学、その後、何の仕事をやっても上手くいかなくて
ヤル気のないアダム”ザ・キッド”(アレックス・ペティファー)
大人気のストリッパー、マジック・マイク(チャニング・テイタム)と知り合い
若手ストリッパーとして成功していくが…。

以下、ストーリーのネタバレは全くありません。

d0175590_10531986.jpg

まず、こんな出演者たち7人がストリッパー!

☆ マジック・マイク(チャニング・テイタム)
…数々の映画で主役やっていますよね。

☆ アダム”ザ・キッド”(アレックス・ペティファー)
…映画 BEASTLY(ビーストリー)のカイル役で知られているかな。

☆ ケン(マット・ボーマー)
…ドラマ WHITE COLLAR(ホワイト・カラー)のニール。

☆ ビッグ・ディック・リッチー(ジョー・マンガニエロ)
…ドラマ TRUE BLOOD(トゥルー・ブラッド)のアルシード。

☆ ティト(アダム・ロドリゲス)
…ドラマ CSI:マイアミ のエリック・デルコ。

☆ ターザン(ケヴィン・ナッシュ)
…身長208cm 本職は現役プロレスラー。

☆ ダラス(マシュー・マコナヒー)
…ご存知これまた数々の映画にて主役。


いきなりチャニングの全身全裸(背中)でスタートする、この映画。

出演者、皆 THONG(Tバック)だけのシーンがいっぱい、ある、ある(笑)。
ファンの皆さん、大喜び、間違いナシ!

d0175590_110010.jpg

   さすがストリッパー経験者チャニング・テイタム(中央)!一番ダンスが美味かった!

この映画の宣伝で、いろんなトーク番組に出演していた彼ら。

特にチャニング・テイタムは、出演した全てのトーク番組で
”ホントにストリッパーだったんだよね?!”と必ず質問され、
”そうなんだよ~!”と、アッケラカンとニコニコ顔で答え
”ストリップ始めた当初の19歳の頃は、ダンスも下手で身体も一番鍛えられていなかったんだよね!”
と、これまたスマイル。
普通、ストリッパーをしていた過去なんて、絶対に話題にするのもタブー…なんてコト多いのに
もともと、この映画の企画もチャニング自らの提案だそうで!
今まで数々の彼の映画を観て、首が太過ぎて(笑)タイプじゃないな~と思っていた私も
今回、素顔の彼を見て、かなり好感が持てました♪

それぞれ別々のトーク番組に出ていた、マシュー・マコナヒージョー・マンガニエロ
口を揃えて言っていたのは、チャニング・テイタムのストリップ・ダンスの素晴らしさ!
そして彼らが言っていたことは…
”ダンスの初日リハーサルで出演者が揃ったとき
皆、どんな風に踊ればいいのか全く分からなくて、ボ~ッと立ち尽くすだけで困っていたところ
チャニングは最初からバッチリ!ストリップ・ダンス独特のキメの動きをバシッ、バシッと見事に披露して
他の出演者たちは、エ~ッ、あんなコトできるかな~俺…と、驚きの眼差しだった…。”だって!
”ダンスを激しくすればするほどTHONG(Tバック)がズレてきて
ハズれないようにするのが大変だった!”…とか、いろいろな撮影裏話も面白かった。

d0175590_11121812.jpg

       女性客の大声援を受けて、ソロ・ダンス披露のマシュー・マコナヒー

激しいストリップ・ダンス練習の努力の甲斐あって(笑)
映画後半のマシューのソロ・ダンスはスゴかった!見モノです♪
ストリップ・クラブのオーナーでもあるダラス役のマシュー・マコナヒー。
ダラスの軽妙なトークも、マシューのコメディ映画では欠かせない!
水を得た魚のように彼にピッタリの役。

しかし驚いたのが、アレックス・ロドリゲス。 
CSI:マイアミ のエリック役の時は、あまり気が付かなかったけど(笑)
見事に引き締まった身体だった。

あまりセリフがないけど、ケヴィン・ナッシュも52歳なのに、立派な肉体だな~と思ったら
現役の人気プロレスラーでした。
毎日鍛えているから、あれだけスゴい身体も納得。

d0175590_11194868.jpg

       セクシーな消防士のユニフォームが似合うジョー・マンガニエロ

7人のストリッパーのうち、誰が一番素晴らしく鍛えられた身体だったでしょうか?
人それぞれ好みがあると思うけど、客観的に見て、やっぱりジョー・マンガニエロかな。
195cmの均整の取れたまるでギリシャ彫刻のような肉体で(笑)
6パックの割れた腹筋がクッキリの35歳!


そう言えば、日本だと、消防士=セクシーなイメージって無いですよね?
日本だと、マジメに火消しの仕事に徹する職人イメージが強いんだけど…
USAでは、消防士→鍛えられた身体→セクシー→抱かれたい…となるんですよね、一般的に。

32歳のチャニング・テイタムが筋肉ムキムキで素晴らしいのはもちろん、
マシュー・マコノヒーも42歳と言う年齢からすると、見事な6パック!

d0175590_1125443.jpg

USAの男性ストリップ・クラブは健康的で?明るくて、楽しいんですよ~。

ストリッパーは最後の一枚?THONG(Tバック)だけはハズしちゃダメ。
(ハズすならカーテンのシルエット越し) 
観客はチップを渡す以外、ストリッパーに自分から触っちゃダメ。
(ストリッパーから観客を触ったり抱きかかえてくれる)などルールあり。

よくあるのが、結婚前の新婦になる女性を祝う Bachelorette party(バチェロレッテ・パーティー)で
女性がグループで訪れて、クラブでワイワイ・ガヤガヤ騒ぐってパターン。
私も友人のパーティーで行ったことあるけど(笑)楽しい!
でもこの映画のようにハンサムばかりとはいかないけどね(笑)。


スティーヴン・ソダーバーグ監督が届ける映画 MAGIC MIKE マジック・マイク
チャニング・テイタムはじめ出演者のセクシー・ダンスてんこ盛り♪ 楽しめました!





私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
週末、劇場公開されたばかり、興行成績トップ1の爆笑コメディ映画

          TED テッド


主人公ジョン(マーク・ウォールバーグ)
8歳のクリスマス・プレンゼントにもらったテディ・ベアのぬいぐるみ、テッド。 

いつも仲間ハズレにされ、仲の良い友達もいなくて寂しがっていたジョンが
”テッドが話せたらイイな~!”と、お祈りした翌朝、なんとテッドが動いてペラペラしゃべった!

ぬいぐるみが話すからと言って、子供向け映画では全くありません。
むしろ子供には観せたくない(笑)大人向けのコメディです!


以下、予告編で観られる程度のあらすじ&感想のみで、ネタバレほとんどありません。


d0175590_945313.jpg


テディ・ベアのぬいぐるみ、テッドと27年間いつも一緒のジョンも、もう35歳。
一応レンタカー会社で働いてはいるが、勤務態度は”適当”の一言。
テッドと飲んで、バカ騒ぎして、いつまでも学生気分で中身は全然成長していない。

しっかり者の恋人ローリー(ミラ・クニス)と付き合って4年。
優しいけど、将来について、いつまでも煮え切らない態度で
テッドとばかりツルんで遊んでいるジョンに
いい加減、シビレを切らしたローリーは、テッドに、ひとり暮らしを勧めるが…。

d0175590_9474650.jpg

          いい年して、カミナリが恐いジョン&テッドに呆れるローリー

さて、このテッド、愛くるしい外見と違って、中身は普通の男性?どころか悪フザケ多過ぎ(笑)!
メチャクチャな車運転する、ビールは飲む、タバコ、マリワナ&コカインやる、
売春婦を連れ込んで女遊びする、近所迷惑なドンチャン騒ぎパーティーする…
おまけに卑猥なエッチな下品な差別的な、くだらないジョークばかり発言する。

d0175590_9531099.jpg

               ワ~イ、パーティーだ、乾杯!

通常、主人公と(オシャベリする)ぬいぐるみの関係は
その2人だけ聞こえる、見える想像上の出来事であって
周囲の人々には単なる”動かない話さない”ぬいぐるみ…ってパターンが多いのに対して
このドラマのポイントは、
テッドが人間のように動いて話して生活していることを
全米中の皆が知っている、認めているってコト!

人間&くまのぬいぐるみと言う男同士の友情BROMANCE(ブロマンス)を描いた異色のコメディ。
ホロリ…と少し感動させられるシーンもありながらも
根本的には、放送禁止用語の多い痛烈な風刺ジョーク、下品でエッチな会話も多いので
そこを冗談と割り切って楽しめるか、マジメに受け取って楽しめないかがポイント。


d0175590_1012591.jpg


ちなみに、このテッド役の声優セス・マクファーレン
長年続いている FAMILY GUY と言う大人向けの風刺コメディ・アニメで知られていて
USAでは大人気の声優です。
今回はテッド役のみならず、この映画の製作、監督、脚本すべて兼ねて大活躍。

もし彼氏がテッドと一緒に暮らしていたら、大歓迎するくらい(笑)私は多いに楽しみました!
映画 TED(テッド)は、くだらないけど面白い!笑ってストレス解消できる♪そんな映画。
かわいいテッドが再び活躍する続編も観たいくらい!


追記: その後、あまりにも欲しくて等身大テッドのぬいぐるみを購入!
    会いたかったテッドが家に来た♪(詳細はコチラ→






私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)






にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]