<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


   007 SKYFALL   007 スカイフォール


ADELE の主題歌 SKYFALL ♪で幕を開けるスパイ・アクション映画。

今年は 007シリーズ生誕50周年なんですよね~。
今回の 007 スカイフォールは、23作め

50年経った今も世界中のファンを虜にする映画シリーズってスゴイよね~。
私も自分が生まれる前の作品も含め、全23作さかのぼって観ています。
もともとスパイ映画大好きだしね♪

11月上旬USA公開の初日初回に映画館へ観に行ったけど、まぁ混んでいました、やっぱり!
日本では今週末公開ですね。


以下、私の観た感想のみで特にストーリーのネタバレありません。

d0175590_1112293.jpg


ダニエル・クレイグにとっては3作めとなるジェームズ・ボンド役。

私は前任のピアース・ブロスナン演じる洗練されたオシャレなジェームズ・ボンドが好きだったので
私にとってダニエルが演じるボンドは少しヤンチャ過ぎるけど
それでもデザイナー、トム・フォード・ファッションで全身を固めたスーツ姿のダニエルは
バッチリ決まっていたな~。

ボンドの上司M役のジュディ・デンチの出演シーンが多かったこともうれしかった。

今回の大きなポイントは、
既に世界的に名前が知られている有名な俳優ハビエル・バルデムが悪役を演じると言うことでしょう。

映画 VICKY CRISTINA BARCELONA (それでも恋するバルセロナ)で演じた、
チャラ男系コメディ・タッチの役柄のハビエルも印象に残っているけど…
やっぱり何と言っても
ハビエルがアカデミー賞助演男優賞を受賞した、
映画 NO COUNTRY FOR OLD MEN (ノーカントリー)での
あのマッシュルーム・カットの冷酷な殺し屋役は、あまりにも強烈で今でも忘れられない!

MI6及びMに個人的な恨みを晴らすまで容赦しない復讐劇。

今回 007 スカイフォールの悪役ラウル・シルヴァを演じるハビエル・バルデム
フサフサの黒髪を金髪に染め(まゆ毛まで!)熱演と言うより怪演と言う言葉がピッタリ! 
恐い(scary)と言うより、ゾクゾクっと!ゾッと!するような(creepy)
バットマンの悪役ジョーカーみたいに悪ふざけが過剰で
わざとらしいキザでおどけた(campy)不気味過ぎる犯人って感じ。
以上すべてホメ言葉です! 


映画007 スカイフォールロケ地は、
トルコ・イスタンブール、中国・上海&マカオ、イギリス・ロンドン、スコットランド・ハイランド地方…
そして長崎・軍艦島も出てきます!


ハビエル・バルデムの不気味さを称えて!の採点かな~。


私の採点   ★★★★☆(4つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
   THE SESSIONS (原題:ザ・セッションズ)


実話をもとに製作された身体障がい者とセックス・セラピスト、
そして牧師が絡むコメディ・センスあふれる心温まる繊細なドラマ。

ジャンルで言えば DRAMEDY (DRAMA+COMEDY) ドラメディ(ドラマ+コメディ)かな。

ハッキリ断言できるのは、いやらしいポルノ映画ではないこと!

障がい者のセックスと言う一見タブーのような、故意に避けて話さないような重いテーマを
明るく率直に純粋に、しかし観ている者も考えさせられる作品に仕上がっています。

この映画の主役のジョン・ホークスアカデミー賞主演男優賞ノミネート
共演のヘレン・ハントアカデミー賞助演女優賞ノミネートされるだろうと予測されています。


以下、少しだけあらすじ&私の感想。

d0175590_11224560.jpg


時は1988年。 
カリフォルニア大学バークレー校を卒業した頭脳明晰なマーク・オブライエン(ジョン・ホークス)
詩人であり、ジャーナリストである。 

6歳の時に発病したポリオ(小児マヒ)により、
首から上、手足の感覚はあるものの自分の意思で動かすことが不可能で
絶えず人口呼吸器が付いたベッドもしくは
可動式医療用ストレッチャー・ベッドの上で、寝たきりの生活をしている。 

おしゃべりでユーモアあふれるマークは、成人男性として当然、性的欲求もあるが
障がいがあるため、なかなか実行に移せず38歳になっても童貞。
セックス・セラピストと相談し“性生活実地指導”してくれる
SEX SURROGATE(セックス・サロゲート)
シェリル・コーエン・グリーン(ヘレン・ハント)を紹介してもらう。

宗教心深いマークは、“セックス・サロゲートと出会うことは罪なのか?”と疑問を抱き
神父(ウィリアム・H・メ―シー)に相談に行き、シェリルと遂に会うことを決める…。



USAには、投薬など医療行為含め認可されたセラピスト
または話やアドバイスのみのセラピストが沢山いて、いろいろ細分化されていて
性生活の悩みを専門とするセックス・セラピストも多いけど
私自身も、この映画を観るまで SEX SURROGATE(直訳すれば、セックス代行および代行者)
存在を知らなかったんですよね~。 

この映画のモデルとなったセックス・サロゲートを職業としている実在のシェリル・コーエン・グリーンの
インタビュー記事も読んだけど…
障がいの有無にかかわらず性生活が困難な人に
1対1で、医療的見地から、いろいろ話しながら段階を踏まえ回数を重ね最終性行為まで導く。
(だから映画のタイトルも THE SESSIONS ) 
映画の中で牧師が“売春婦とセックス・サロゲートの違いは?”とマークに聞くシーンがあるけど…
映画を観れば良く分かります。



上下半身不随で車イスにも乗れず、24時間ベッドで横たわる姿勢のまま暮らしながらも
卑屈にならずウィットにあふれ周囲の人々を優しい気持ちにさせる
マーク・オブライエンジョン・ホークスが熱演しています。 
アカデミー賞受賞が堅いだろうな~。

セックス・サロゲートのシェリル・コーエン・グリーン役のヘレン・ハントは私の大好きな女優です。 
最近は子育てに焦点を置いていて、以前のように活躍していないのが残念!
90年代に 7シーズン続いた大人気TVコメディ MAD ABOUT YOU ( あなたにムチュー)
大好きだったし
ジャック・ニコルソンと共演しアカデミー主演女優賞を獲得した、
映画 AS GOOD AS IT GETS (恋愛小説家)も大好き。 
もっともっと活躍して欲しいな~。



映画 THE SESSIONS (ザ・セッションズ)最後までホロリとさせられる、心が優しくなれる、
すばらしい作品でした。



私の採点   ★★★★☆(4つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
LAW & ORDER: Special Victims Unit 

LAW & ORDER: 性犯罪特捜班 シーズン14

エピソード1 LOST REPUTATION & エピソード2 ABOVE SUSPICION


LAW & ORDER: 性犯罪特捜班 もう14年めに突入! 
ロング・ランすごいよね~。

このブログでは今まで記事を書いていないけど
USAでは、365日ケーブルTVで再放送していることもあって
14年前から繰り返しずっと観続けているドラマです。

レギュラー陣はもちろん、歴代の準レギュラー&ゲスト俳優が豪華で
好きなドラマのヒトツなんだけど、観終わるとドッと気分が暗くなる…。
やっぱり扱う題材がレイプ、子供虐待が多いからかな…。

d0175590_9163673.jpg


シーズン12 フィナーレで、オリヴィア・ベンソン(マリスカ・ハ-ジティ)と並んで
主役だったエリオット・ステイブラー(クリストファー・メローニ )が降板したときは
”どうなるの~これから?!”と思ったけど
その後エリオットの代わりに
ニック・アマロ(ダニー・ピノ)& アマンダ・ローリンズ(ケリー・ギディッシュ)
と言う2人の新メンバー刑事が加入し、より強力になって
”新しい顔ぶれも結構新鮮でイイかも!”と思わせた シーズン13

そして 2時間スペシャル・シーズン14 プレミアの目玉と言えば…
”クリミナル・マインド”にて、シーズン7フィナーレまで
エミリー・プレンティス役で、レギュラー出演していたパジェット・ブリュースター
”クリミナル・マインド”降板以降、初のドラマ出演と言うこと!

”クリミナル・マインド”でのFBIエージェント役から
今回はゲストとして、Districted Attorney 連邦地方検事役ヘ!

ちなみにパジェットは全く違う役で L&O SVU シーズン8 エピソード10 にも登場しています。

以下、シーズン13フィナーレ&シーズン14 エピソード1&2のネタバレあり。

d0175590_9172868.jpg

   左から、オリヴィア・ベンソン、ドナルド・クレイゲン(キャプテン)、ニック・アマロ

シーズン13フィナーレ
警察上層部コミッショナー、政治家、大富豪の親を持つ息子たちの乱交パーティーで
女性の遺体が見つかる事件が発生。

捜査は上層部から圧力がかかって、はかどらない中
NY前知事が殺され、裏に大きなエスコート・サービス(売春グループ)が関与していることが分かる。 
そしてある朝、ドナルド・クレイゲン主任警部(ダン・フロレク)が自宅のベットから起きたら
横に売春婦の死体があり、クレイゲンは血まみれ!…
と言うショッキングなクリフハンガー終了だったシーズン13の続き…

d0175590_918224.jpg

ショック!殺人事件の犯人として法廷に立つキャプテン(左は検事役のパジェット・ブリュースター)

殺人容疑をかけられたクレイゲン主任警部(キャプテン)のケースは
連邦地方検事局 public integrity unit に所属する、
ポーラ・フォスター検事(パジェット・ブリュースター)が担当することになった。
クレイガン含めSVUメンバーをインタビューや裁判で厳しく追求するポーラ。

なんとしてでもキャプテンの無実を晴らそうと
オリヴィアはじめSVUメンバーの必死な捜査の結果
事件が起きた時のことを何も全く覚えていないキャプテンはワナにかけられたと
最終的には無実が証明される。

しかし本人の意思とは関係なく
周囲から退職の道を勧められるキャプテンのことに納得いかないオリヴィアたちは
さらに事件の真相を調べていくと重大なことが分かった。 
清廉潔白であるべき public integrity unit の検事であるポーラは
歩行困難な娘の難病治療のため巨額な医療費が必要となり
長年、裏で、この売春グループの関係者から賄賂を受けとっていたことが判明され逮捕されてしまう。

d0175590_9184471.jpg

     FBIエージェント役とは雰囲気が違う連邦地方検事役を演じるパジェット・ブリュースター

さてパジェットは、CMのエミリー役より、今回のポーラ役のほうが
スーツ・スカート+ひとり娘を育てているシングル・ママ役と言うことで、
より女性らしくエレガントに見えましたよ~。
尋問シーンでも、FBIエージェントの時とは違う迫力がある検事役が良かった。


そして、もう一人ゲストは シーズン1 でレギュラーだった、
ブライアン・キャシディ刑事(ディーン・ウィンターズ)が13年ぶりに復活して出演! 

d0175590_9194628.jpg

   バッド・ボーイのイメージあるブライアン・キャシディ刑事(ディーン・ウィンターズ)

おとり捜査のアンダーガヴァーとして怪しいクラブの雇われ助っ人として3年間潜入している役で登場。 
今回も”昔の私とは違うのよ…。”なんて意味深なことを言うオリヴィアとのキス・シーンもあったりして♪
短気でキレやすいけど好きなキャラクターだから、またゲスト出演して欲しいな~。

しかし、このディーン・ウィンターズSEX AND THE CITY
サラ・ジェシカ・パーカー演じるキャリーにとって都合の良いセックス・フレンドのジョン役で
ゲスト出演した時の印象が私には強過ぎるんだよな~(良い意味で♪)。



LAW & ORDER: 性犯罪特捜班 S14Ep1&2 なかなか面白い2時間に渡るエピソードでした!

キャプテンの寂しい私生活が暴露され
妻と別居することになったニック・アマロ刑事は自分の感情を抑えることができず怒りやすくなり
捜査パートナーのオリヴィアはじめSVUメンバーともギクシャクして上手くいかない…。
そして、この問題は今後も続く…。
キャプテンも殺人容疑をかけられて刑務所に入ったことにより
SVUに戻って来ても以前とは、何か違う…。


さて、パジェット・ブリュースターは今後
どんなドラマまたはコメディに出演するかは、現在のところ未定。
90年代にシットコム FRIENDS(フレンズ)に数話出演して
チャンドラー&ジョーイ相手のコメディ演技も面白かったから、またコメディにも出演して欲しいな~。 
本人も”今はコメディ出演に興味ある。”って、インタビューで話していたしね!





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
   CLOUD ATLAS   クラウド・アトラス


過去、現在、未来と時空を超え、6つの異なる世界が映画の中で同時進行。
過去に存在した人が全く別人となって
現代や未来に存在するというのは全て理由があり
輪廻転生(リインカネーション)がテーマの壮大な叙事詩。

以下の大スターの共演もさることながら
トム・ハンクス、ハル・ベリー、ヒュー・グラント、ヒューゴ・ウィーヴィング
6つの世界で、全く違うメーキャップにより、性別や人種を超えて 6役を演じています。
七変化ならぬ六変化か(笑)?!
他にジム・ブロードベント、スーザン・サランドンなども数役演じて出演。

d0175590_931239.jpg


映画の最後のクレジットに製作者や映画関係者の名前がいっぱい出てきても
まだ席を立ってはいけません(笑)! 
最後に、どの俳優が一体どの役を演じたか全て再映像が映るので面白いですよ~。

私の場合、トム・ハンクス&ハル・ベリーの6役は
あらかじめネットで写真を見て変身振りが分かっていたけど
その他の俳優は、実際に映画を観ながら
”アッ!コレは△△俳優だ~!”とか、まるでクイズのよう!
顔は完全に化けても声のトーンで分かるとかね。
メーキャップのチカラってスゴイ!

性別のワク(男性が女性に、女性が男性になりきる)はもちろん、人種のワクまで超えて
白人や黒人俳優がアジア系に変身、逆にアジア系俳優が白人になりきる。

d0175590_9323441.jpg

           いくつになっても私の永遠の王子さま♪ヒュー・グラント

ところがナント!
d0175590_9344334.jpg

     ヒューが演じる過去の時代のモホーク・ヘアーの人食い人種にはショック(笑)!

d0175590_9355824.jpg

              こちら素顔のジム・スタージェス

d0175590_9364073.jpg

    そのジムが演じた4役の中でも特に未来世紀の韓国人なりきりがオドロキ! 
    白人がアジア人に化けるって少し笑っちゃうけど…。


映画本編が2時間50分近くあり、あまりにも長~いので、正直言って飽きたし
もう少し、あの場面をカットすれば…的な中だるみもあるし、全編緊張して観たワケではありません。
ハッキリ言ってストーリーよりも、誰が誰を演じているかを当てることが?面白かったかも…。




映画 CLOUD ATLAS クラウド・アトラス は日本では来年3月公開予定。




私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
SEVEN PSYCHOPATHS

原題:セブン・サイコパス


犯罪ブラック・コメディ映画。


なにしろ出演している俳優が
クリストファー・ウォーケン、コリン・ファレル、ウッディー・ハレルソン、
サム・ロックウェル、トム・ウェイツとくれば
タイトル知らなくても妖しげな危険な香りのするコメディだと分かりそう(笑)!


以下、カンタンな短いあらすじのみでネタバレなし

d0175590_8241097.jpg


イギリス製作映画だけど、舞台はロスアンジェルス・ハリウッド周辺。

見ず知らずの人々の大事な飼い犬たちを誘拐して、大きな倉庫の中で飼ったり自宅に連れて帰り
しばらくして本来の飼い主に“さも自分が偶然に犬を見つけたように”家まで届けて
あわよくば、お礼の大金をせしめようとする…そんなどうしようもない商売をしている奴らと
大事な愛犬を盗まれ、爆発するマフィアのリーダーと
サイコパスについて映画の脚本を書いている脚本家の卵の話。

パーソナリティー障害のサイコパスを扱ったブラック・コメディなので
血ドロドロ、残虐な殺害方法(動物は対象外)も結構多いです。
でもあくまでも”コメディ”なので、シリアスではありません。

監督マーティン・マクドナーと俳優コリン・ファレル
2008年の映画 In Bruges(ヒットマンズ・レクイエム)でもチームを組んでいます。
↑しかしスゴイ邦題だな~(笑)。
あの映画もベルギー・ブルージュを舞台にした犯罪のブラック・コメディだったな~。


さて映画 SEVEN PSYCHOPATHS(セブン・サイコパス)…まぁ楽しめたけど
もっと笑えて面白くても良かったかな~。

しかしクリストファー・ウォーケンは言うまでもなくもちろん
ウッディー・ハレルソン最高!
愛犬にはメロメロでも人間には容赦ないサイコパス役ピッタリ!





私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]