<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

EMPEROR  終戦のエンペラー


日本人なら誰もが知っている歴史上の有名人物、
GHQの司令官ダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)の命令により
部下のボナー・フェラーズ准将(マシュー・フォックス)
昭和天皇に太平洋戦争の責任があるか否か、戦犯は誰なのか
調査していく終戦直後の日本が舞台のストーリー。


以下あらすじには触れずネタバレも特にナシ。

d0175590_1038261.jpg


学校の歴史の授業で習ったダグラス・マッカーサー元帥の(写真からの)印象と言うと
カーキ・カラーの軍服、軍帽、そしてサングラスをかけて口元にはコーン・パイプ…
有名な”その姿”ならば背格好さえ合えば外見は比較的カンタンに誰でもソックリさん。

そう、マッカーサー役のトミー・リー・ジョーンズもサングラスをかけていれば
顔が分からないからマッカーサーに見える!
しかし一度サングラスを外せば、その人物はもうトミー・リー・ジョーンズそのもので
実在したマッカーサーとは似ても似つかない顔(笑)。 

もちろんトミーは名優ですよ~。
話し方、立ち居振舞いなどはマッカーサーに成りきっているだろうと予測されるけど
でももともとアクの強い顔だからトミー本人にしか見えないんだな~(笑)。
こればかりはどうしようもない。

映画 LINCOLN リンカーン
ダニエル・デイ=ルイスが、リンカーン大統領そのものソックリだった!と言うようには
この場合言えないな~。
同じ映画 LINCOLN リンカーン
これまた実在したサディアス・スティーヴンスを演じたトミーだけど
カツラを被った髪型は本人に似ているけど
顔はやっぱりトミー・リー・ジョーンズそのものだったな~。 
あの時も数々の賞で助演男優賞をノミネートされただけあって、演技はすばらしかったけど…。

d0175590_10443018.jpg

            マッカーサー元帥を演じるトミー・リー・ジョーンズ

この映画には日本人も製作に関与しているので、当時の日本をシッカリ描いていると思う。
ハリウッド映画(特に太平洋戦争映画)で「(悪役)日本人」が登場すると
日本人でも日系アメリカ人でもない他国のアジア人が演じることも多く
仕草や話し方とか違和感を感じることも多いけど、今回それはなかったし…。

実在した重要な日本人役を
近衛文麿役に中村雅敏、関屋貞三郎役に夏八木勲など日本の俳優が名を連ねていたことが良い。
個人的には木戸幸一役の伊武雅刀が1シーンだけの登場だけど
相変わらず眼ヂカラすごく独特の声で良かったと思う。 
西田敏行も良かったけど彼の役はモデルとなる人物はいただろうけど架空だろうな。

残念ながら映画 EMPEROR 終戦のエンペラー USAではほとんど話題になっていません。
一般公開前、批評が今ヒトツだったので
数ヶ月後にケーブルTVで放送されるなり、DVD化するまで待とうかな~と思って少し悩んだ挙句、
やはり日本人なら観ておかなければ…と思い映画館へ足を運びました。

太平洋戦争を描いた映画と言っても、真珠湾攻撃や原爆投下シーンがあるワケではないので
アメリカ人的には受けないのも無理ないだろうな~と観終わった私の感想。
ドキュメンタリー調のストーリーは少し平坦かな~とも思う一方、
105分の上映時間では描き切れない部分も多く
近代史が好きな私としては、もっと実在の登場人物を詳細に突っ込んで
2時間以上の作品であっても良かったと思うけど、そうなると、もっと一般的に受けないのかな…。
個人的には、ボナー・フェラーズ准将と日本女性の切ないラブ・ストーリーを
あそこまで含む必要があったのか?とも思うけど…
でも結果的に日本人として鑑賞して良かったと思います。

ボナー・フェラーズ准将が来日前から、日本に精通していたことは事実で
USAの大学在籍時に日本女性と知り合い
以前から日本文化についても学んでいたことも事実らしいけど
本当に映画のように日本女性と恋愛関係があったのはどうなのか?
ネット検索したけど判明しませんでした。
本当はどうだったんだろうか…。


EMPEROR 終戦のエンペラー 日本では7月公開予定。





私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)





にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
HOMELAND シーズン2


USAでは昨年9月~12月にかけて放送されたHOMELAND シーズン2は
私にとって昨秋開始の「観続けている数々の既存ドラマ」の中でも一番おもしろかったドラマ!

エミー賞、ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞(SAG)ノミネート&受賞総ナメ状態は
当然納得以外の何ものでもない HOMELAND。 
特にキャリー・マティソン役のクレア・デインズに至っては
彼女以外他に誰が主演女優賞を受賞するワケ?って感じの迫力演技だもん。

毎週楽しみ♪でTVにジ~ッとかじりついて真剣に観ていたドラマ♪

個人的にはシーズン1よりさらに輪をかけておもしろかったと思う!


ニコラス”ニック”ブロディ(ダミアン・ルイス)がアルカイダに転向したスパイと疑いつつも
一人の男性として彼のことが気になって仕方がないキャリー・マティソン(クレア・デーンズ)
遂にブロディと一夜を共にして寝る。

躁鬱病で、精神的にダメージが大きく
ブロディを疑えば疑うほど、抑えが利かない行き過ぎ捜査のため
ブロディにも疎まれ、接触禁止命令を裁判所から命令されるキャリー。 
人生すべてを捧げてきたCIAの仕事までもクビになってしまうキャリー。 
精神病棟で電気ショック治療を受けることを決めたキャリー…そんなシーンで終了したシーズン1

 
以下、シーズン2まとめて 1~12 全話のネタバレ含む簡単なあらすじ&私の感想です。

d0175590_5104648.jpg

シーズン1から半年を経た設定で開始するシーズン2

副大統領(ジェイミー・シェリダン)の強い推薦で
下院議員に立候補して当選したブロディ
表向きは副大統領に賛同すると見せかけ、副大統領の動きを狙っているブロディ。 
次期大統領のイスを狙っている副大統領は
国民的ヒーローとして人気あるブロディを次期副大統領として傍におきたいと考えている。 

ブロディがイスラム教に転向したと言う事実はだけ知っていて、父娘だけの秘密だったが
ジェシカ(モレナ・バッカリン)にもバレ、ジェシカはブチ切れる。

CIAをクビになったキャリーは学校にて、外国からの移民を対象に英語を教え
アラビア語が母国語の生徒たちには得意のアラビア語を交えながら教えている。

そんなある日、アルカイダの幹部のアブ・ナジール(ナヴィド・ネガハバン)捕獲のため
CIA上司デイヴィット・エスティース(デイヴィット・ヘアウッド)に一時的に呼び戻され
師匠と仰ぐソール・ベレンソン(マンディ・パティンキン)が潜伏するレバノンヘ向かうキャリー。
アブ・ナジール捕獲作戦は、計画を知ったブロディのアブ・ナジールへの
携帯電話によるチクリ忠告により寸前のところで失敗に終わる。

間際で取り逃がしたとは言え、キャリーの功績は大きい。
今回の計画をレポートにまとめて自分自身でCIAにて発表できると思っていたが
エスティースはレポートだけキャリーから取り上げ
キャリーを都合良く利用しただけでCIA復帰させる意思はなかったため、意気消沈するキャリー。 

ソールはキャリーが密告者のアパートから命からがら持ち逃げしたバッグの中に
隠されていた小さなディスクを発見する。
それは(シーズン1で未遂に終わった)ブロディの自爆計画告白のビデオ・テープだった!
自分が正しかったと泣くキャリー。

d0175590_5204647.jpg

ソールはエスティースにテープを見せ、臨時にキャリー、ソール、
「今シーズンの目玉キャスト」のCIAアナリスト、ピーター・クイン(ルパート・フレンド)
チームを組んで24時間ブロディを監視する。 
ブロディにカマをかけたりして、逆に怪しまれ過ぎたと思ったキャリーは面と向かって
ブロディに”自爆計画のことを知っている!”と詰め寄り逮捕する。
CIAによる尋問で自分の自爆予告テープを見せられても
自爆ベストは着用していなかったと言い切るブレディ。 
ピーターが悪役を買って尋問の際、キレてブレディの手の甲をナイフで刺す。 
ピーターの代わりにキャリーが尋問。 
”私が恋に落ちたブレディは戦争とテロの違いが分かっている!”と泣きおとし尋問。 
ブレディも泣く。 
長~い長~い尋問の後、ついに告白するブロディ。
 
私的には、この数十分に及ぶ尋問シーンは
あらゆる犯罪系ドラマの中でも歴史に残る秀逸シーンだと思う。
かなりエモーショナルで観ている方もドキドキしちゃう! 

自白したブロディに与えられた選択は…2つ。
①裁判にかけて刑務所入り、軍隊の名誉剥奪
②CIAに協力してアブ・ナジールの計画を探りダブル・スパイになる 
家族も保護されブロディは訴追免除となり有罪にはならない 

②を選択したブロディはキャリーと浮気しているフリをしてアルカイダ側の情報を流し密会を重ねる。 
ジェシカにはCIAに協力していると告白するブロディだがキャリーとは関わっていないとウソをつく。 
アブ・ナジール手下のアジトを捜索中にCIA側はアブ・ナジール一派に惨殺される。 
瀕死の重体だったがギリギリのところでピーターは助かる。

やはりブロディとキャリーは再び愛し合うようになり禁断の世界へ…。 

そして既に、いくつかの事件からブロディとは夫婦であってもお互い隙間風が吹いていたジェシカも
ブロディ帰国後は男女関係を絶っていた海兵隊キャプテンの
マイク・フェーバー(ディエゴ・クラッテンホフ)と再びベッドを共にする。

アナリストであるはずのピーター・クインは実は別のCIA特殊グループ直属のスナイパーで
密かにエスティースからブロディ殺害の命令を受けていたことをソールが突き止める。
エスティースの策略でウソ発見器にかけられ、あわや辞任に追い込まれるソール!

アブ・ナジールがUSAに密入国してブロディと再会。

アブ・ナジールに誘拐されて拷問を受けるキャリー。 
”キャリーの命が惜しければ、副大統領の心臓ペースメーカーの番号を教えろ!”と
言うアブ・ナジールに悩むブロディ。 
悩みながらも番号を教えると
副大統領はアブ・ナジール側にペースメーカー停止の遠隔操作されショック死。 
副大統領が息を引き取る前にブロディは
”アンタの言っていることには全く賛同しない!”と憎らしそうに副大統領にハッキリ言う。

約束通りキャリーを解放したアブ・ナジールは
その後キャリーを含めCIAの綿密な捜査により発見されSWATチームに殺害される。

ブロディとジェシカはお互いの心が完璧に擦れ違っていることを冷静に話し合って離婚することに…。 

d0175590_5305136.jpg

昇格してCIAチーフとして本格的に復帰することが決定したキャリー。 
CIAの仕事とブロディとの恋愛関係両方を続けたいが、できるハズもないと
苦悩しながら一度はブロディを選ぶキャリーだったが…。

副大統領の追悼式に参列するブロディとキャリー。 
ブロディの知らない間に彼の車に爆弾が仕掛けられ
追悼式に参列したゲストはエスティースを含めほとんど死亡。 
しかし別室にいたブロディとキャリーはケガをしただけで助かる。 
アルカイダの仕業か?
ブロディは今でもアルカイダと繋がっているのか? 
一瞬ブロディを疑ったキャリーは激しく憤る。 

既にCIA側から犯人扱いされて捜索されているブロディと一緒に
カナダヘ逃走しようとするキャリーだが、国境寸前のところで
”やはりこのままの状態で逃げることはできない。あなたと逃げ一緒に行きたいけど行けない。
あなたの無実を証明するためCIAに戻る。”とブロディに別れを告げる。  
ブロディも”私たちの関係は本当の愛だった!”と過去形でキャリーに別れを告げ抱き合う。 
ブロディはカナダに逃げたのか? 
ブロディは今でも何かを隠しているのか?それとも無実なのか?

そんな中(シーズン1で未遂に終わった)ブロディの自爆計画告白のビデオ・テープがリークされ
全国ニュースで流れ、アルカイダの声明とともに
あたかも今回の爆破事件もブロディの仕業にされてしまう…。

霊安所にてカッディーシュで弔いの言葉を唱えているソールの前にキャリー本人が現れる。 
てっきりキャリーも死亡していたと覚悟を決め嘆いていたソールが微笑む…
そんなシーンで終了したシーズン2

d0175590_5344374.jpg

シーズン2からレギュラーになった表の顔はCIAアナリスト、
実は裏の顔はCIAスナイパーのピーター・クイン(ルパート・フレンド)が良いんだな~♪
やることすべて鋭くカッコイイ!

ソール役のマンディ・パティンキンも役柄はCIAエージェントと言う厳しく容赦ないキャラだけど
”シカゴ・ホープ”の時も”クリミナル・マインド”の時も
いつも、あのソフト・ヴォイスで私を癒してくれて大好きだな~。


HOMELAND シーズン3 はUSAにて今年秋に放送決定。
楽しみ~♪なんだけど…
マイク役のディエゴ・クラッテンホフが別の新ドラマのレギュラーに決定したので
HOMELAND シーズン3 には、ほとんど出演しないそうで…残念だな~。






にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
DEXTER  デクスター シーズン7


いや~もうシリーズ 1~7 の中でも特におもしろいシーズンでした!

シーズン6 で、デクスター・モーガン(マイケル・C・ホール)のことを
兄と言うより1人の男性と意識しながら "I love you!"
告白するデボラ・モーガン(ジェニファー・カーペンター)
あくまでも妹と言う家族愛の範疇で"I love you, too!"と答えるデクスター。

シーズン6 フィナーレ
シリアル・キラーであるトラヴィス・マーシャル(コリン・ハンクス)を教会で殺害している現場を
デボラにバッチリ見られてしまったデクスター!…と言う超ショッキングなシーンで終了!


以下、シーズン7 まとめて 1~12 全話のネタバレ含む簡単なあらすじ&私の感想です。

d0175590_10452233.jpg


シーズン7 のポイントは 3つ!

① まず何と言っても遂にデクスターの正体がデボラに分かってしまったこと!

トラヴィス殺害現場をデボラに見られても騒いだり否定したりもせず比較的冷静なデクスター。

後日、デボラは自分で調査し、様々な不自然なことに気付き
デクスターに”シリアル・キラーなの?”と問い詰める。
デクスターは”自分は悪人を殺すシリアル・キラーだ!”とアッサリ認める。
”20歳の頃から、法で裁かれる前に殺人犯を捜し出し自分で殺害している。”と告白するデクスター。

法に関わる仕事をしている警部補という自分と
(血の繋がらない兄妹とは言え)一人の男性として意識しデクスターを愛している女性という自分との
狭間にはさまれ、デクスターの正体を知ってどうするべきか…心の葛藤を繰り返すデボラ。
警察に勤務しながらも、自分の兄がシリアル・キラーだと気が付かなかった自分の愚かさに悩み
本当は逮捕すべきだけど、自分の兄が一生を刑務所で過ごす…もしくは死刑…
なんてことになったら堪えられない。
”どうにかデクスターを公正させられないか?”と苦悩するデボラ。

デボラは、”デクスターの殺人犯を殺害する考えは嫌いだけど理解できる…必要悪かも知れない。
でもトロフィー(デクスターが殺人を起こすたび収集している血液のサンプル)は
理解できない。”と言う。 

デクスターは、”自分は変えられない、殺す快感が堪らない。”と答える。 
”昔、自分でも殺人を止めようとしたが出来なかったから
デボラの家族愛で守られても殺人はストップできない。”とハッキリ言うデクスター。
”兄ということに変わりはないし、これからも何も変わらない。”とデクスター。 
”全て変わった、元通りになるとは思わない!”と言うデボラ。

デボラの複雑な胸中が全編通して伝わってくるシーズンだったな~。

d0175590_10555774.jpg


② 次のポイントは…デクスターが
シリアル・キラーのハンナ・マッケイ(イヴォンヌ・ストラホフスキー)と恋に落ちてしまうこと!
 

複雑な環境で育ったとは言え殺人犯には変わらないハンナ。
デクスターはハンナを殺そうとするが全く恐がらない彼女。 
自分が殺されるその瞬間も
"Do what you got to do!"(自分がしたいこと(=殺害)すればいいじゃない!)と
冷静に言うハンナを殺すことができないデクスター。
殺害用テーブルでSEXする2人。 
シリアル・キラーのハンナを殺すことが出来ないどころか、デクスターはハンナと恋に落ちてしまう。

ハンナが殺人を告白したテープを聞くデボラ。 
しかし証拠として使用できないから逮捕できない。
デボラはデクスターにハンナを殺すように命令するがデクスターは断る。

No Fear, No Panic, No Judgment.
何事にも恐れない、パニックしない、他人を批判しない…そんなハンナを気にいるデクスター。

デボラはデクスターとハンナの恋愛関係に気がつく。 
”ハンナとは寝るな!”とデクスターに言うデボラ。 
デボラは、”I’m in love with you! と言うつもりで教会へ行った。”とデクスターに告白。
I’m sorry. 何と言っていいか分からない…。”と言うデクスター。
兄として"I love you."とデボラに答えるデクスター。

d0175590_1113326.jpg


お互いの存在に癒されて、つかの間の幸せを感じていたデクスターとハンナだが、そう長くは続かない。
デボラは神経系の薬入りの水を飲み過ぎて自動車事故を起こすが
実はデクスターとの付き合いを反対された腹いせにハンナが薬の量を細工。  
しかしデクスターに問い詰められ”殺すなら失敗せずに殺す!”と最初は否定するハンナ。 
調査の結果、デボラの水に3倍の薬の量があったことが分かり
デクスターは自分で隠し持っていた「ハンナが過去に殺人を犯したと言う証拠品」をデボラに渡す。 
ハンナを刑務所に入れないとデボラが危ない!と悟るデクスター。 
”警察に突き出さず、私のことを殺せばいいのに!”とデクスターに言うハンナ。
逮捕された刑務所に入所したハンナは薬を服用し、故意に発作を起こして
刑務所から病院へ搬送されたが隙をみて脱走して行方不明に…。

ハンナのことを愛しているが、デボラに危害を加えさせたくない。
ハンナを選ぶか、デボラを選ぶか…デクスターの悩んだ結果…やっぱりそうなるよね~と思ってしまう。

d0175590_11141795.jpg


③ そして…マリア・ラゲルタ警部。

トラヴィスが自殺したように見せかけて、教会を放火したデクスター&デボラ。
しかしマリア・ラゲルタ警部(ローレン・ヴェレス)は教会内で
(デクスターが収集しようとしていた)血の付いたスライドを発見する。
シリアル・キラーの自殺と言うことで事件は解決するように思えたが
不審に思ったマリアは独自で調査を開始し過去の事件まで掘り出す。 
そして調べれば調べるほど、デクスター=シリアル・キラーの事実を掴んでいく。

そしてデクスター逮捕!
しかしデクスターの方が一枚上手。
マリアが証拠をでっち上げたように見せかけ誤認逮捕と言うことに…。

そしてデクスターが実母殺しの犯人を殺害し
マリアにその罪を擦り付け彼女も殺そうとしているショッキングな現場に駆けつけたデボラ。 
”(自分のことを)撃ってもいいよ。警部補として、やるべきことをすればいい。”と
言うデクスターを撃つか、
”あなたは優秀な警部補よ。デクスターを撃ちなさい。”と言うマリアを撃つか、
悩んだ挙句にデボラがマリアを射殺してしまうシーンでシーズン終了。



わぁ~デボラどうなるの?!
遂にデクスターを守るため殺人まで犯してしまった…それも自分の上司!

ハンナのキャラクターが好きだったので、また再登場してくれるとうれしいな。
デクスター、デボラ、ハンナの緊張感ある三角関係も気になるし…。



先頃”シーズン8 にて、いよいよシリーズ終了!”と発表された デクスター!

シリアル・キラーのデクスター・モーガンの結末は?!待望のシーズン8 は 6月開始♪楽しみ!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]