<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

FIFTY SHADES OF GREY

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ


ご存知、大ベストセラー官能小説の待望の映画化です。
USAでは今週末に公開され、既に抜群の興行成績で大ヒット中。

私も初日に映画館に足を運びました。
映画館には男女のカップルも少しいたけど
ほとんどが私も含め、女友達と数人で観に来ていた女性が多かったかな~。

若くてハンサムで容姿抜群の青年実業家クリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)に見初められた、
恋愛に奥手で垢抜けない女子大生アナスタシア“アナ”スティール(ダコタ・ジョンソン)
エレガントなクリスチャンに惹かれつつ
次第に彼の性的嗜好SMの世界に引き込まれ、彼とSM主従関係の契約を結ぶか否か…を描いた

エロティックな官能映画。
通常のラブ・ストーリーならば…
特に取り柄もないごくごく普通の女性が、大富豪で容姿端麗のイケメンと恋に落ちるハッピーな話だけど…フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ では、そのイケメンはサディスティックなセックスが趣味だった!

まぁ配役が発表されてから、すごい話題になりましたね~。


まず私の大好きなチャーリー・ハナムがクリスチャン役に抜擢され、
大ヒット・ドラマ SONS OF ANARCHY サン・オブ・アナーキー の撮影と重なるから降板して
あの俳優、その俳優と紆余曲折あり、ジェイミー・ドーナンがクリスチャン役に決定
熱烈的な原作のファンからは
「ジェイミーではダメ!クリスチャン役のイメージにピッタリなのは△△だ!」と
様々な俳優の名前でネット署名運動があったりして、撮影前から騒がれていた映画でもあります。

映画を観終わった私の感想としては…
「チャーリー!降板して正解だったね。あなたの俳優人生にプラスにはならない映画だわ(笑)。」
チャーリー・ハナムの見事な裸体は
SONS OF ANARCHY サン・オブ・アナーキー で既にタップリ堪能できるし♪

私は原作となった小説は未読だけど
映画だったら結局は…
女性だったら、クリスチャン役に自分が好きなカッコイイ俳優を思い浮かべて
男性だったら、アナ役に自分の好みのカラーに染まりそうな清廉な女優を思い浮かべて
ファンタジーの世界に浸るのではないでしょうか(笑)。

d0175590_4395640.jpg

鑑賞後の感想としては…
エロティックであるかと言えば…まぁエロティックでしょう。
でももっとエロティックであっても良かったと思うな~。

通常のセックス・シーンはロマンティックに描かれ
クリスチャンが鍵を掛けているウワサの“RED ROOM”にはSM道具がズラ~ッと並んでいるけど
実際に使用するシーンは結構“ソフト”に描かれていて
もっと過激なSM描写があると思っていただけに
ソレを期待させた事前の大宣伝に肩透かしかな~。

でもこの映画はUSAにてのレイティングは「R」…
17歳以下の観客は暴力的なシーンや性的描写があるため(17歳以上の)大人同伴に限り鑑賞出来る。
つまり例えば…大学生の姉が高校生の妹を連れて観に行ける程度の内容な訳で
だったらそんなに過激なセックス・シーンも無いだろうな~と思っていたら、ヤッパリそうだった。
(ちなみにUSAでは、裸に関する“ボカシ・モザイク・黒塗り”処理は一切ありません。)
日本でのこの映画のレイティングは「R15+」ですね。

USAでは、ほとんどの映画は
「R」または「PG 13」(13歳以下は大人同伴限定)にカテゴライズされます。
「R」の上は「NC 17」(17歳以下は何が何でもダメ)だけど「NC 17」は滅多にありません。
「NC 17」になると上映映画館も限られるし、観客動員数にも響くので
映画会社は、レイティングに引っ掛かりそうな危ないシーンは最終的に削除して
「R」のカテゴリーに落ち着きます。
だから フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ も「NC 17」レイティングではないから
過激なSMシーンはそれほどナイだろうと事前に予測できました。

クリスチャンがアナに目隠しして顔や胸に氷を垂らしたりして
“彼が何をするのかが分からない目隠しされた彼女がドキドキ興奮する”シーンについては…
ミッキー・ローク&キム・ベイシンガー共演の1986年製作の
官能エロティック映画 9½ WEEKS  ナイン・ハーフ を思い出した!
当時ミッキー・ロークはセックス・シンボルと言われ大人気でしたね~(遠い眼…)。
あの頃のミッキーはボクシングに目覚める前で顔も崩れていなくてカッコ良かったな~。
今のダミ声と違ってネコなで声で声も細かったし(笑)今のようにワイルドでもなかった!

d0175590_4511021.jpg

さてアナ役のダコタ・ジョンソン…彼女の顔や表情が
俳優である父ドン・ジョンソン、女優である母メラニー・グリフィスの両方に似ているな~と
つくづく思いました。
両方の良いところをそのまま受け継いだ顔って感じで
恋愛経験のナイ女子大生役を上手に演じていたと思う。

そしてクリスチャン役の北アイルランド出身のジェイミー・ドーナン
元カルバン・クラインのモデルだからね~カッコイイに決まっているわ(笑)。

私はちょうど今、北アイルランド製作の
犯罪サスペンス・ドラマ THE FALL 警視ステラ・ギブソンシーズン2を観ています。
警視ステラ役のジリアン・アンダーソンがステキなのだけど
このドラマでジェイミー・ドーナン
なんと!表の顔は…妻、娘、息子に囲まれた家族思いの心理カウンセラーだけど
裏の顔は…黒髪のキャリア・ウーマンばかりを狙って、独特な変態的な嗜好を持つ連続殺人犯役
不気味に演じているのだ!
このドラマおもしろくてハマっています!


フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ のラスト・シーンについては
「エッ!コレで終了なの?」と思ったけど…続編あるのかな?
今回のクリスチャン・グレイ役でジェイミー・ドーナンの人気が上昇するかな?して欲しいな~♪
しかしジェイミーって独身生活を謳歌していそうな雰囲気でも
実際は妻も幼い娘もいる良き夫、良きパパなのよね。

映画批評家の批評は良くなかっただけに
私も鑑賞前から特別に期待していなかったので作品の出来としては「こんなもんだろう~。」と。
ストーリーの内容的には★★☆☆☆ (2つ星)だけど
★の数がヒトツ多いのはジェイミーがカッコ良かったから(笑)。



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
クリミナル・マインド シーズン10

エピソード10 AMELIA PORTER


まぁ遅かれ早かれこういう設定になると思っていたけどヤッパリね~という感じ。


以下、エピソード内の事件については一切触れていません。

私の大好きな053.gifアーロン”ホッチ”ホッチナー(トーマス・ギブソン)に関する
プライベートな恋愛小話だけネタバレ。

d0175590_84557.jpg

もともとは…FBIトライアスロン・レースに参加するため
ジョギングしていたアーロン”ホッチ”ホッチナー(トーマス・ギブソン)
ワシントンD.C.の美術館勤務のキュレーター、エリザベス”ベス”クレモンズ(ベラミー・ヤング)
のほうから積極的に声をかけて
恋愛豊富な(笑)デイヴィッド・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)のホッチへのアドバイスのもと(笑)
ホッチとベスの交際がスタート。
そのエピソードのブログ記事詳細はコチラ→

その後、ベスがニューヨークの美術館に転勤。
ヴァージニア州クァンティコ周辺に暮らすホッチと
NYマンハッタンに暮らすベスの飛行機で片道80分の遠距離恋愛がスタート。
その時もホッチはベスの新天地での就職の決断に反対せずに応援。
そのエピソードのブログ記事詳細はコチラ→

そして結局ベス出演の最後のエピソードは…
ホッチの弟ショーン・ホッチナー(エリック・ジョンソン)がNYで事件に巻き込まれて
兄ホッチがショーンをヘルプした
クリミナル・マインド シーズン9 エピソード23 BROTHERS HOTCHNER になってしまいました。
そのエピソードのブログ記事詳細はコチラ→ 

d0175590_8142996.jpg

   過去エピで…トライアスロン・レース本番の日、息子ジャックに初めてベスを紹介したホッチ


さて今回の クリミナル・マインド シーズン10 エピソード10 では…

ホッチのオフィスにて“世話好き”ロッシとホッチの会話(一部のみ抜粋)

ロッシ: なぜ今まで何も言わなかったんだ?!
ホッチ: わざわざ話すチャンスが無かったから。
ロッシ: 何だって?!
     カフェイン入りのコーヒーをカフェインレスで飲むようになったような話とは違うんだぞ。
     キミとベスとの別れ話だぞ!
ホッチ: ケンカ別れとかそんなんじゃなくて…
     香港のとても有名なギャラリーでオーナーとして働ける素晴らしい話が
     ベスに持ち込まれたんだ。
     彼女が私にアドバイスを求めたから…その話を受けるべきだと言ったまで。
ロッシ: …って言うと、転職を後押しして勇気づけたワケか?
ホッチ: 私が彼女へ言ったことは…“この仕事を断ったことで後悔して欲しくない”ってことだけ。
ロッシ: そうか…。じゃあ最近、私生活での社交的な面はどうだい?
ホッチ: 忙しくて誰にも会うチャンスは無いけど…仕事で多忙だし。
ロッシ: オンライン・デートは?
ホッチ: 本気で言っている?!
ロッシ: (微笑んで)悪いアイデアだな。
     そうだ!土曜日にジャズ・クラブヘ行くつもりだけど一緒に行こう!
ホッチ: イヤ、遠慮する。
ロッシ: キミのためだけじゃないんだ。
     お気に入りのステキなジャズ・シンガーがいるから、あくまでもキミは“私の引き立て役”だよ。
ホッチ: それは待ち切れないな(笑)。


私のツッコミとしては「なぜ香港?!」「オンライン・デート?」キャ~止めて(笑)。
ロッシったら!ホッチを妙な誘惑の道へ導くな~!


事件解決後に、小さなジャズ・クラブヘ行くホッチとロッシ。
テーブル席で心地よくライブのジャズ演奏を聴いている2人。

歌い終わった後、2人のそばに来るジャズ・シンガーの女性セリーヌ。
セリーヌ: シャンパンの差し入れありがとう♪ こちらは私の友人のオードリー。

4人で仲良くダブル・デートと思いきや、
セリーヌは「再び歌わなければならないから…夜10:00以降に時間が空くわ♪」とロッシに言う。
ロッシは「それまで待つよ!」と言って、ドリンク追加のためにバー・カウンターヘ移動。

お互いに今日は”引き立て役”として、この場所に来たと分かったホッチとオードリーは
テーブル席で2人っきりで仲良くたわいもない会話を続ける…。

ジャズ・クラブでは肩のチカラを抜いてリラックスしたホッチの優しい笑顔のシーンがいっぱいあって
良かったわ~。
でも今回はロッシの引き立て役だからね~ホッチ!本気にはならないよね(笑)。

d0175590_8271213.jpg

     ジャズ・クラブにてダブル・デート♪のロッシ&ホッチ

もともとベラミー・ヤングがベス役に抜擢された頃
彼女はレギュラーのドラマに出演していなくて、様々なドラマにゲスト出演のみで“時間”があったけど
その後、他局の政治スリラー・ドラマ SCANDAL スキャンダル 託された秘密
大統領夫人メリー役でレギュラー出演して、ドラマが大ヒットしたことはもちろん、
エキセントリックな性格のメリー役が大当たりして人気が出て、現在も出演中だから
「もうクリミナル・マインドには出演が難しいだろうな~。」と予想していたら、ヤッパリね!
スキャンダル 出演後も「クリミナル・マインド」に少し顔を出してはいるが
人気が出れば出るほど、契約などで他ドラマ出演は困難だろうしね。 

今までも彼女が出演していなかった時も
ホッチのセリフで「NYで週末を過ごす。」
ロッシのセリフで「ホッチはベスに会いに行っている。」など結構あったから
このまま別にベスが顔を出さずに
“遠距離恋愛”の設定で関係を続けていても良かったんじゃない?と個人的には思うけど
製作者側はキッチリと“ホッチの恋愛消滅”の線を引きたかったのかな~。

まぁこのまま息子ジャックと仲良くシングル・パパの生活を送ってくれれば良いかな~と思いつつ
いつも厳しい顔のホッチが、すっごく稀に見せる笑顔
(それも父親としての笑顔ではなく恋人に対する笑顔)が私は時々でも見たいから
恋人の存在があってもイイじゃん♪とも思う。
ジャックの担任の若い先生もホッチが好きみたいだし…。
でも相手がコロコロ代わることは嫌だから、無名の女優をホッチの恋人役にして欲しい(笑)。
そうしたら途中でゲスト役を降板することもナイ?!かな~。



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]