<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

THE MAN FROM U.N.C.L.E.

コードネーム U.N.C.L.E.

 
タイトルの U.N.C.L.E. とは、世界の法と秩序に眼を光らせている国際機関
United Network Command for Law and Enforcement のこと。

米国CIA工作員のナポレオン・ソロとソ連KGB工作員イリヤ・クリヤキンが
仕事上のパートナーとなり活躍する1960年代が舞台のスパイ・アクション・アドベンチャー映画。

以降、映画のあらすじにはさほど触れず、ネタバレはありません。
映画版とオリジナルTVドラマ版と比較した私の感想です。

d0175590_112970.jpg


USAでは、1960~70年代の大人気TVドラマ・シリーズを延々と
24時間、再放送しているケーブルTVチャンネルがあります。

今回、映画 THE MAN FROM U.N.C.L.E. コードネーム U.N.C.L.E. を観る前に
1966~73年にTV放送されていたオリジナル版 THE MAN FROM U.N.C.L.E. (全105話)
0011 ナポレオン・ソロ (コードネーム U.N.C.L.E. のTV版邦題)シリーズを改めて数話観ました♪

以前にも、USAで暮らすようになってから、何回かTVで再放送を観たことがある懐かしいドラマです。
レトロ感ありつつコメディ要素もあり、おもしろい!

リアル・タイムでTV版が日本で放送されていた時、私はまだ生まれていなかったけど
その後、多分、TV再放送されていたであろう子供の頃、
TVドラマ版主人公のナポレオン・ソロ(ロバート・ヴォーン)、
イリヤ・クリヤキン(デイヴィッド・マッカラム)のスチール写真を
映画雑誌スクリーンで見た記憶が微かにあります。

その後、日米の俳優が共演した日本映画 復活の日
米国上院議員役で出演していたロバート・ヴォーンを知り、
デイヴィッド・マッカラムに至っては、
2003年に開始したTVドラマ NCIS ネイビー犯罪捜査班 を観るようになってから
エ~ッ!ダッキー検視官とイリヤ・クリヤキンを演じた俳優って同じだったのね?!
35年の月日を経て気が付いたのでした(笑)!
だってその年月の間、SEX AND THE CITY シーズン2 に1回ゲスト出演していた時ぐらいしか
マッカラムの出演していた作品をほとんど観ていないんだもん。

d0175590_129169.jpg


さて、何が言いたいかといえば(笑)
今回、新たに製作された映画版(敢えて”リメイク版”とは言わない)より
オリジナルTVドラマ版のほうがおもしろいよ!なのでした。

映画版は1963年の当時の東ドイツ、ベルリン、イタリア、ローマなどが舞台。
核兵器を使用して世界滅亡を狙う謎のグループを追跡する話。

オリジナルTVドラマ版のロバート・ヴォーン & デイヴィッド・マッカラム・コンビ
それぞれ174cm、170cmと小柄だけど
映画版ナポレオン・ソロ役のヘンリー・カヴィルは185cm、
イリヤ・クリヤキン役のアーミー・ハマーは196cmと長身なので
それだけでも役柄の印象も雰囲気も違う。
2m近いハマーと並ぶとカヴィルが小さく見えるほど!

ヘンリー・カヴィルは正統派ハンサムって感じだけど
首が太くて腕が短くて私のタイプではありません(笑)。
逆にアーミー・ハマーは昔から好き♪
アーミーは「僕は冴えないタートル・ネック姿が多かったけど
ヘンリーはいつもビシッとしたスーツ姿の役でズルイよね(笑)。
ロシア語訛りの英語を話すクリヤキン役については
動画サイトで様々なロシア人が話す英語を参考にしてアクセントを学んだよ。」と
インタビューで語っていました。

この映画では、上司に命令されて
気が進まないままパートナーとなるソロとクリヤキンの出会いから描かれて
一緒に活動していくんだけど、あまり”スパイ諜報活動”って感じではなかったんだな~。

しかし何が一番不満だったかと言うと…!
思わずハミングしたくなるお馴染みのオリジナルTVドラマ版のタイトル・テーマ曲を
映画版では使用していないこと!
全く別の新しい曲だった!

ちょうどUSAでは、同月公開の映画
MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
では、楽曲のアレンジさえ違っても、ちゃんと1960年代に放送された、
オリジナルTVドラマ版 スパイ大作戦 のテーマ曲を使用しているというのに!

他にも不満だった点は…
今回の映画版は、1963年が舞台で、確かに衣装とか当時の雰囲気っぽいけど
全体的にモダン過ぎて違和感。
映画版ではソロとクリヤキンのケミストリーが感じられない。

イギリス諜報機関MI6勤務で、後に2人の上司となるウェーバリー役のヒュー・グラント
合計10分も出演していない!
ヒュー様の大ファンである私には許せん(笑)!
だってストーリー上、もっと登場シーンがあってもイイのに~!
でもさすがヒュー!数少ないシーンでは相変わらず強い印象を残してくれたのでした♪

生粋のドイツ人役にも関わらず、ギャビー役のアリシア・ヴィキャンデルのドイツ語がとにかく下手過ぎ!
結構ドイツ語を話すシーンが多いから、すごく変だった。
ドイツ人の役なんだから、もっとドイツ語のセリフを流暢に話せるように練習すべき。
ギャビーの父親役、叔父役にはドイツ出身の俳優が演じていたから余計その差が目立った。
スウェーデン出身のアリシアでなくドイツ出身の女優を抜擢すれば良かったのに~。
ドイツ語を理解する私からすれば、
欧米製作の映画で、日本語を話せないアジア出身の俳優が日本人役を演じて
付け焼刃の変な発音で日本語を話して演じるくらいの違和感だった。

今までいろいろガイ・リッチー監督作品を観てきているが
考えてみれば好きな作品ってナイかも。
そしてヤッパリ私には合わないかな~。

カメラ・ワークも音響効果音もサウンド・トラックも好きではなかった。

だったら何で観に行ったのか?と言えば…
オリジナルTVドラマ版が好き!ヒュー・グラント大好き!アーミー・ハマー好き!だから。
でも期待が大きかった分だけ、結果的にはガッカリかな~。

続編を期待させるラスト・シーンだったけど
興行成績も批評も今イチだから、続編製作の可能性は低いかも…。


コードネーム U.N.C.L.E.  日本では11月公開予定。



私の採点   ★★☆☆☆ (2つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
GAME OF THRONES

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5


私は、ジェイミー、サーセイ、ティリオンという
ズル賢く歪んだ性格だけど、魅力あふれるラニスター家のキャラクターが好きなので(笑)
このブログ記事には、ラニスター家とバラシオン家についてしか書いていません。
アッ!でもジェイミーは右腕を失ってから他人のことを気遣う優しい性格になりましたね~。

…と言いたいところだけど、今回は…
ティリオンとの関係上、デナーリス・ターガリエンにも触れて
かなり衝撃的だったジョン・スノウの動向についても触れています。

以下、ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5 全10話まとめて
主にラニスター家とバラシオン家についてネタバレ含む簡単なストーリー、そして私の感想です。

d0175590_305661.jpg


① ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4 フィナーレ
タイウィン・ラニスター(チャールズ・ダンス)を殺害後、
ヴァリス(コンリース・ヒル)に助けられ
逃亡中のティリオン・ラニスター(ピーター・ディンクレイジ)。

父親殺害で怒り心頭の姉サーセイ・ラニスター(レナ・ヘディ)は、手下にティリオン殺害を命令。
サーセイから身を隠し、自由に外も歩けず不満を漏らすティリオン。

d0175590_335610.jpg


② 夫である暴虐王ジョフリー・バラシオン(ジャック・グリーソン)の死後、
未亡人となった計算高い妻マージェリー・タイレル(ナタリー・ドーマー)だが
ジョフリーの弟でまだあどけないトメン王(ディーン=チャールズ・チャップマン)を誘惑して結婚。

バラシオン家とラニスター家はお互いの損得勘定から同盟を結んだとは言え、
トメン王の母サーセイと妻マージェリーは険悪の仲。

ほどなくしてサーセイは、ロラス・タイレル(フィン・ジョーンズ)を同性愛の罪で逮捕して
兄ロラスの同姓愛について知りつつも知らないフリをしていたマージェリーを
不貞および反逆罪を牢獄にぶち込む。
妻マージェリーを助けたいが力が及ばないトメン王は苛立つ。

d0175590_310282.jpg


③ ヴァリスと逃亡中、ティリオンは
デナーリス・ターガリエン(エミリア・クラーク
元部下ジョラー・モーモント(イアン・グレン)に誘拐される。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4 で、デナーリスに追放されたジョラーは
再度デナーリスの赦しを請うため、ティリオンを手に入れてデナーリスのもとへ連れて行く。
その道中に奴隷商人との戦いに敗れた2人は奴隷として売買され
紆余曲折を経て、ティリオンとデナーリスは遂に対面する。

ティリオンはデナーリスに「自分をアドバイザーとして傍におくべきだ」とアドバイスする。
ラニスター家に恨みを持っているデナーリスだが、ティリオンのことを気に入りその提案を受け入れる。

d0175590_31274.jpg
 

④ ジェイミー・ラニスター(ニコライ・コスター・ワルドー)は、サーセイに頼まれて
サーセイの娘ミアセラ・バラシオン(ネル・タイガー・フリー)を救出にドーンヘ行く。
ドーンを支配するマーテル家の息子トリスタン・マーテル(トビー・セバスチャン)
婚約しているミアセラ。
政略結婚とは言え、ミアセラとトリスタンは愛し合っているため、お互い離れようとしない。

表向き、ジェイミーは叔父だが、聡明なミアセラはジェイミーこそ本当の父親だと知っていて
「あなたが私の父親でうれしい。」とジェイミーに告白する。
ジェイミーが喜んだのもつかの間、ミアセラは毒を盛られて倒れる!

d0175590_3145033.jpg


⑤ マージェリーを陥れ、彼女を牢獄に入れたサーセイだが
今度はサーセイ自身が、ロバート・バラシオン王(マーク・アディ)暗殺罪、姦通罪、
双子の弟ジェイミーとの近親相姦罪、反逆罪で逮捕される。

サーセイは全て捏造であってウソだと言って罪を認めない。
しかし牢獄生活があまりにも過酷なため、遂に折れて
ロバート王との婚姻中に、従兄弟であるランセル・ラニスター(ユージーン・サイモン)とだけ
性的関係があったと不貞を認め、ジェイミーとの性的関係は否定する。

不貞罪のみ認めたサーセイは一時保釈される。
“贖罪”として、長い髪の毛は短く剃られ、一糸纏わず全裸にされ、大勢の民衆の前を歩かされるサーセイ。人々から「恥を知れ!売春婦!」と罵声を浴びせられながら、物を投げられながら、
ツバを吐かれながら、血だらけになりながらも、
威厳を持って堂々と歩き続け気丈に振舞うサーセイだが、自分が暮らす城に到着する前、
“贖罪”歩行の最後は泣き崩れてしまう。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5 で一番ショッキングなシーンは
レナ・ヘディが演じるサーセイ・ラニスターの“贖罪”苦行でした。

多分、日本での放送では、“ボカシ・モザイク・黒塗り”処理があると思うけど
サーセイが素っ裸スッポンポン!で街中を歩く贖罪シーンは何と6分もあるのでした!
当然、USAのケーブルTV放送では“ボカシ・モザイク・黒塗り”処理はありません。

「エ~ッ?!レナ・ヘディってバスト・トップだけではなく演技とは言え全裸にもなるんだ!」
思ったら…
後日エンタメ・ニュースで取り上げていたけど
レナはボディ・ダブルを使用して、サーセイの顔の部分だけレナ本人だったそうです。
レナいわく「サーセイの精神的な内面部分の演技や表情に集中したかったから。」 
そしてちょうど私生活で妊娠中だったんだよね、レナ。
このサーセイの全裸ヌード・シーンのボディ・ダブル役の公募では
1000人以上の無名女優が応募してきて、
見事、ボディ・ダブル役を勝ち取った女優は
「こんな光栄なコトはないわ!」とインタビューで喜んでいました。

d0175590_3261377.jpg


そして、このサーセイ・ラニスターの“贖罪”シーンに勝るシーンはナイ!と思ったら
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5 のラスト・シーンはさらにショッキングだった!

⑥ Night’s Watch冥夜の守人(ナイツ・ウォッチ)のリーダーに選ばれて
主導していたジョン・スノウ(キット・ハリントン)。
守人たちとの意見の相違から反感を買い、彼らにメッタ刺しにされて
今にも息が絶えそうに血塗れで雪上に横たわるジョン。 

その衝撃的なシーンで ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5 フィナーレ!


原作ではジョン・スノウの運命については未だ触れていないけど
ジョンを演じるキットは「もう今後、ゲーム・オブ・スローンズに出演することはナイ!」と
明言しているので、あの最期と思えるシーンが最後の出演なのかな~。


まぁ毎シーズン本当に!重要なキャラクターが過酷な運命にあったり、容赦なく殺害されたり
眼が離せない七王国ドラマ。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 製作も決定!
次の放送を首を長くして待っているのでした♪



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]

MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION


ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション


このシリーズも遂に第5段ですね~♪

あのテーマ曲を聴いただけで気分ウキウキ♪一緒に口ずさんでしまうくらい大好きなシリーズ!

特にトム・クルーズのファンではない私はここ数年、彼が主役のアクション映画は観ていないけど
ミッション・インポッシブル・シリーズだけは別モノです!

前作 ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル のブログ記事はコチラ→

以下、スパイ・アクション映画なので内容ネタバレなし。 私の感想を少しだけ書いています。

d0175590_693396.jpg


主役はもちろんUSA極秘諜報機関(IMF)エージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)

そしてお馴染みの顔ぶれ、ベンジー・ダン(サイモン・ペグ)、
ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)、ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)
勢揃いとなっては期待も膨らむでしょう♪
特にサイモン・ペグのファンである私にはベンジーの活躍は非常に頼もしい!

今回の敵は謎多き国際スパイ集団“シンジケート”。
黒幕は一体誰なのか?この組織の悪事に立ち向かうイーサンとその仲間たち。

舞台はイギリス(ロンドン)、オーストリア(ウィーン)、モロッコ(カサブランカ)など世界各地。

謎の女性スパイ、イルサ・ファウストを演じるレベッカ・ファーガソンがなかなか良いかも!
今回が彼女にとって初の大作出演となるけど、カッコイイ面もあり、カワイイ面もあり!
好感が持てました。
でもそのままソックリ 007シリーズ でボンド・ガールも出来そうだわ~。

d0175590_6114075.jpg


しかしこの映画の製作も手掛けているトム・クルーズって
どうやったら自分がカッコ良く見えるかについて計算し尽くしているな~!
つくづく彼の気合を感じたな~。

完璧主義者のトムは極力スタントマンに頼らず、
自分で危険なアクションも演じていると聞いているから
「あのシーンはトム本人かな?」「このシーンはスタントマン?」とか
注意深く観入ってしまいました(笑)。
だってトムのスタントマンが
「トムのスタントを担当する場合、通常のアクション映画撮影より自分のスタント出番が少ない。」と
インタビューで話していたしね~。


USAでは、1960~70年代の大人気TVドラマ・シリーズを延々と
24時間、再放送しているケーブルTVチャンネルがあります。
今回 ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション を観る前に
1966~73年にTV放送されていたオリジナル版(全171話)の
ミッション・インポッシブル(スパイ大作戦)シリーズを数話観ました♪
レトロ感ありつつも逆に今、新鮮に感じられておもしろい!

トム・クルーズ主演の映画版とオリジナル版と共通していることは3点。
① テーマ曲♪
② 録音された任務指令(ミッション)の再生は終了すると自動消滅、またはメンバーにより直ちに破棄
③ 必ず誰かに化けてフェイス・マスクを被る
 (ビリビリとマスクを破って正体がバレるシーンが毎回楽しい♪)


ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
主役イーサンは不死身だ~と分かりつつもハラハラ・ドキドキしながら楽しめました。
やっぱりスパイ・アクションの王道は、こういう作品でなくっちゃね!

きっと第6段も製作されるだろうな~♪



私の採点   ★★★★☆(4つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]