<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

11年間、クリミナル・マインドで
デレク・モーガンFBI特別捜査官を演じてきた
シェマー・ムーア
クリミナル・マインド シーズン11 第18話で降板!

d0175590_1391535.jpg

デレク・モーガンを演じるシェマー・ムーアは
クリミナル・マインド シーズン1第1話からシーズン11第18話まで
全てのエピソードに“皆勤賞”で登場した唯一のオリジナル・キャスト!

シーズン1 初回から登場しているアーロン”ホッチ”ホッチナー役のトーマス・ギブソン、
Dr.スペンサー・リード役のマシュー・グレイ・ギュブラーでさえも
この11年間で、1シーンも出演していないエピソードがそれぞれあります。

それだけにとっても残念!
モーガンがいなくなったら、これから誰が真っ先に「FBI!」と叫んで
ドアを思いっ切り蹴り壊して(笑)犯人探しをするのよ~!

通常、人気ドラマで人気俳優が降板する時は、数ヶ月前に発表されます。
例えば、クリミナル・マインド シーズン7
エミリー・プレンティス役のパジェット・ブリュースターが降板した時は
最後のエピソードがUSAで放送される数ヶ月前から
降板ニュースが発表されていたから、ファンは寂しく思いながらも“心の準備”が出来ていたんですよね。 

しかし!今回のモーガン降板話は関係者に箝口令が引かれて
当日エピソード放送後まで秘密だったんですよ~。
モーガン登場最後のエピソードは、前週の予告編(モーガン危機!)を観て“嫌な予感”しつつ、
“クリミナル・マインドから誰かいなくなる!”とのウワサは耳にしていたけど
モーガンの恋人役で時々登場するサヴァンナ・ヘイズ(ロシェル・エイツ)の最後の出演かな~?
サヴァンナと別れる?サヴァンナが殺害される?とか思ったり、
(サヴァンナは4話続けてゲスト出演していた。)
「まさかシェマーが降板するワケないよね?」と半信半疑だったのです。

ご存知のように、USA本土は、東海岸と私が暮らす西海岸では、時差が3時間あります。 
例えば、クリミナル・マインド
ほとんどの都市どこでもその都市の時間(水)9:00p.m. TV放送だけど
東海岸で放送される9:00p.m.は、西海岸ではまだ6:00p.m.なので
その時点で西海岸ではまだ3時間待ちの状態で未放送。 

しかし!どのドラマに関わらず、東海岸の時間帯でエピソードがオンエアされたならば
即座にエンタメ・サイトもツイッターもFBも衝撃的な内容であればあるほど
大きく取り上げられ話題になり、
時差で遅れている西海岸の視聴者は、今回のシェマーのケースを含め、
いつもエピソード放送前に、ニュースを眼にしてしまうのでした(笑)。
私は個人的には映画でもドラマでも実際に観る前にネタバレが分かっても気にならず
充分楽しめるけど、今回の降板ニュースは本当に驚いたな~!

シェマー・ムーアいわく…
「クリミナル・マインドに出演したことを誇りに思っているし、共演者やスタッフのことも大好きだけど、
自分の意思で降板を決意した。今後は何か新しいことに挑戦してみたい!」そうです。
パジェットがプレンティス役を降板した時に、“同じこと”を発言しているんですよね!
ファンとしては、大好きなドラマのキャストにはいつまでも出演していて欲しいけど
ドラマが大ヒットして長年続けば続くほど
俳優としては認知度も高くなり喜ばしいこともあると同時に
その役柄だけに固定されてしまうイメージを嫌って
他のジャンルのことにチャレンジしてみたくなるんだな~!って、つくづく感じますね。
d0175590_1531126.jpg
 
デレク・モーガンが最後の登場となるストーリーは3部構成で
S11第16話は、タイトルもズバリ!“デレク”で
アーロン“ホッチ”ホッチナー役のトーマス・ギブソンが監督、
S11第17話は、デイヴィッド・ロッシ役のジョー・マンテーニャが監督、
S11第18話は、スペンサー・リード役のマシュー・グレイ・ギュブラーが監督を務め、
ペネロープ・ガルシア役のカーステン・ヴァングスネスと
製作総指揮者のエリカ・メッサーが脚本を共同執筆!

もうこの豪華なラインナップを見るだけで
クリミナル・マインド から“旅立つ”シェマーを皆で応援してあげよう!と
どれだけ彼が皆に愛されているか分かりますよね~!
本当にクリミナル・マインドの出演者やスタッフ皆、撮影中はもちろん、
オフの集合写真などから、とても仲良い雰囲気がいつも伝わってきているし!


以下、デレク・モーガン最後の登場シーンのネタバレを含む大まかな3話のエピソード、
そして、私の感想、モーガンへの想い、製作総指揮者とシェマーの抜粋コメントを書いています。

クリミナル・マインド シーズン11

エピソード16 DEREK

エピソード17 THE SANDMAN

エピソード18 A BEAUTIFUL DISASTER


☆ エピソード16 DEREK
d0175590_29666.jpg

エピソード15 A BADGE AND A GUN のラスト・シーンで
帰宅途中、恋人のサヴァンナ・ヘイズと携帯電話で会話中に
何者かに拉致され見知らぬ場所に連れて来られたデレク・モーガン。

犯人グループの拷問により、意識が朦朧とする中で
モーガンは、自分が10歳の頃、
自分の眼の前で射殺された警察官の父ハンク・モーガン(ダニー・グローヴァー)に出会う。
幻覚中の夢で再会した父と、大人になったモーガンは
“自分を誘拐した犯人グループは何者なのか?!どうしたらこの状態から抜け出せるか?!”
一緒に謎を解いていく。
精神的にも肉体的にも痛めつけられたモーガンは自分が亡くなってしまった夢も見てしまう。
d0175590_2111866.jpg

     モーガンが上半身ハダカの拷問シーンは少し行き過ぎかな~結構ツライかも!

BAUチームは独自のルートからモーガンが拉致されている場所を探し出して
ギリギリのところでモーガンを救出。

救出後、病室のベッドで眠るモーガンの横にはサヴァンナがいる。
拉致されていた時に、夢の中で父と家族について話をしていたモーガンは
以前サヴァンナが話そうとしていた“大事な話”が“彼女が妊娠した”ことだと悟る。
サヴァンナは自分が妊娠を告げる前にモーガンが彼女の妊娠を推測したことに驚く。
サヴァンナに
「どれだけキミのことを愛しているか知っている?どれだけキミに感謝しているか分かっている?
俺と結婚してくれるかい?」と、プロポーズするモーガン。
もちろんサヴァンナの答えはイエス!
とてもハッピーな2人!

しかしこの時点で拉致グループは“何者かに大金で雇われたプロの殺し屋”と判明するが
依頼した黒幕は謎のまま。

☆ エピソード17 THE SANDMAN
d0175590_215596.jpg

エピソード16 から、なんと半年が経過している設定!
シーズン途中で半年も“月日が飛ぶ”とはクリミナル・マインドでは珍しいかも! 

この時点でもモーガン拉致事件の黒幕は判明していない。
拉致され拷問され仕事に復帰するまで半年かかったモーガンが、BAUオフィスに戻って来る。
この半年の間にモーガンはサヴァンナと結婚。

しかし、すごく残念なのが!2人の結婚式のシーンはないのだ!
上記の添付した記念写真だけモーガンの机の写真立てに飾られているという設定。
ちょっと~モーガンとサヴァンナの結婚式のシーンも観たかったのに~(笑)。
なんでそんな大事なシーンを描かないんだ(笑)!

BAUオフィスで、サヴァンナのベイビー・シャワー・パーティーと
モーガンのウェルカム・バック・パーティーで賑わっている最中に
いつものことながら事件解決を要する依頼の電話が鳴る。
パーティー途中で、事件現場に向かうメンバー。

事件解決後に、ワシントンD.C.に戻って来たモーガンはサヴァンナと外で待ち合わせ。
そこに拳銃が発砲する音が!
「デレク!」と叫ぶサヴァンナ。
果たして撃たれたのはモーガン?それともサヴァンナ?

☆ エピソード18 A BEAUTIFUL DISASTER

涙…涙…のエピソード。
特にモーガンは最初から最後まで眼に涙を溜めて泣きはらしている状態。
d0175590_224373.jpg

何者かに撃たれた妊娠33週めのサヴァンナを血だらけの手で抱えて救命救急室に運ぶモーガン。
病院に集合するBAUメンバー。
しかしホッチはモーガンに
「キミはサヴァンナ襲撃の目撃者であると同時に犯人の標的でもあるから、捜査に参加できない。」
と告げる。
当然、ホッチの決断に納得いかないモーガンは
「ホッチ!よくそんなことが言えるよな!ジッとして座ってなんかいられない!」と反論。
「キミがしなければならないことは、夫として父親として落ち着くことだ。」と言うホッチに
怒りを抑えきれないモーガン。

休職していた6ヶ月間、モーガンは個人で彼を狙う黒幕の犯人を調査していた。
そして更にBAUチーム全体のより詳細な調査により、
犯人は、シーズン11 エピソード1 THE JOB に登場して
逮捕された必殺仕事請負人ジョゼッペ・モントロに関係していると判明。
ジョゼッペは契約金を積まれたら誰でも殺害するヒットマン。

逮捕されたジョゼッペが刑務所内で毒殺されたことを逆恨みした父チャズ・モントロ
モーガンの命を狙っているのだった。
なぜならば、モーガンが刑務所にジョゼッペの面会に訪れていた時に彼が毒殺されたから
チャズは息子ジョゼッペをモーガンが殺害したと思い込んでいたのだ。

そして病院内の監視カメラを調査した結果、サヴァンナが運ばれた時に
チャズは病院内にいて、病院職員のふりをしてBAUに電話していたことが分かる。
そして謎のメモを残したまま病院から消えていた。
メモを見つけたジェニファー“JJ”ジャロウ(A.J.クック)は、ホッチにそのメモを見せる前に
「モーガンは捜査に参加できない。」と言うホッチの命令に反して、内緒でメモをモーガンに見せる。
モーガンはJJに「メモに書かれている言葉の意味が分からない。」とシラを切るが
実はその内容にピン!ときていて、誰にも言わず1人で病院から抜け出す。

モーガンの携帯に電話して「チャズの居場所は?どこへ行くんだ?」と問うホッチに
「チャズは俺たちに危害を加えることを止めることはない。
これ以上、誰も傷つけたくないから場所を教えられない。1人で解決する!」と電話を切るモーガン。

チャズの居場所を突き止めたモーガン。
「病院内には自分の手下が潜入していて、いつでもサヴァンナとBAUメンバーを殺害できる!」と
脅すチャズ。

モーガンが最後にホッチに残した“ある言葉”と“謎のメモの言葉”を結び付け、
チャズの居場所を突き止めたBAUメンバーたちは急いで現場に向かう。

2ツだけ弾丸をこめた拳銃のシリンダーを回転させて、モーガンの額に銃口を向けるチャズ。
チャズが引き金を弾くたびに、次こそ撃たれる!と死を決意するモーガン。
チャズの命令で、BAUメンバーに電話をするモーガン。
メンバー全員が会話を聞いている中で
「こういう結果になると分かっていて自分は行動した。責任は自分にある。
サヴァンナとベイビーのことを頼む!」と、涙ながらに語って眼を閉じるモーガンに
チャズの引き金の音がカチッ、カチッ、バ~ンと響く。

(実はここでコマーシャルが入るので…もしかして!とドキドキ!)

バ~ンと響いた銃弾は
「BAUメンバーに危害を加える!」とのチャズの言葉はウソだと気がついたモーガンが
瞬時に反撃に出たことで、モーガンには命中しなかった。
拳銃を奪ったモーガンにチャズは
「男になれよ!私を撃て!
さもなければ私が死ぬまでオマエが安心して眠れることはないぞ!」と扇動する。
モーガンはチャズを睨みつけ銃口を向けるが、撃つことを断念。
そして、BAUメンバーが駆けつけチャズは逮捕される。

d0175590_2394448.jpg

事件解決後は…メンバーのハッピーな笑顔、モーガンのベイビー誕生のうれしい涙、
モーガンとのお別れの悲しい涙のシーンの連続!

モーガンを含め、病院に戻ったBAUメンバー。
サヴァンナは無事にベイビーを出産。
モーガンの長男誕生に抱き合って大喜びするメンバー。
メンバーそれぞれと個別に話していくモーガン。

新生児室でベイビーを見ながら、ホッチと2人きりのモーガン。

ホッチ:   ジャックが生まれた時はこんなに小さくなかったな(笑)。
モーガン:  ホッチ、やっと分かったよ。皆が話していることが!
       親になるって気持ちがどういうものかって(笑)!
ホッチ:   (家族のために)ゆっくりと充分な休暇を取ることを約束しろよ(笑)。
モーガン:  そのことなんだけど…ホッチ…。(と真剣な眼差し)

しかし!どんな会話か聞きたいのに~(笑)!
ホッチとモーガンのセリフはガラス越しの部屋で、視聴者には聞こえないシーンになっていくのでした。 
モーガン、どんな言葉でホッチに辞職を伝えたのかな~?!

そして、ロッシが花束を持ってサヴァンナの病室を訪問。

ロッシ:   子どもの存在は癒されるよ。子どものためにそばにいるだけでいいんだ。
       キミの父親もそうしたかったはずだよ。
モーガン:  おかしいけど…近くの新生児室にいる長男にすぐ会いたくなるんだ(笑)。
ロッシ:   今すぐ会いに行こう!ロッシ叔父さんに会う時間だ(笑)!

別の日に、FBIオフィスにて
BAUメンバー、サヴァンナ、ベイビーの集合写真立てをプレゼントするJJに感激するモーガン。

JJ:     皆がベイビー・シッターするから困らないわよ(笑)!
       いつでもあなたのために私たちがいることを忘れないでね!
モーガン:   ありがとう!
と、涙をいっぱい溜めてハグするモーガンとJJ。  

別オフィスにて、モーガンとリード。

モーガン:  オマエが“別れ”と“変化”を好きではないことは分かっているよ。
リード:   このオフィスからモーガンがいなくなるなんて想像できないよ。
モーガン:  いつでもそばにいるよ。電話さえかけてくれれば、いつでも話せるよ。
       でも…ごめんな。もうここには居られないんだ。
リード:   ここには居て欲しくないよ。だっていなくなる理由が分かっているんだもん。
       これ以上、ハッピーな気持ちはないよ(涙)!
モーガン:  長男誕生を知らせるカードを皆に送るんだけど、まずオマエに見せたいんだ!

モーガンのベイビーの名前…これがまた泣かせる!
誕生した長男の名前!ハンク・スペンサー・モーガン!
ファースト・ネームのハンクは、モーガン父の名前から、
ミドル・ネームのスペンサーは、もちろんリードのファースト・ネームから!

リード:   ハンク・スペンサー・リード(笑)!
モーガン:  他に誰も考えられないほど、俺の最高の弟から名付けてスペンサーとしたんだ!

「I LOVE YOU!」と言って強く抱き合うモーガンとリード。
リードの頬には涙がポロポロ伝わる。 

モーガン:  息子にチェスを教えてくれよな!
リード:   (思いっ切り笑顔)

別ルームにて、モーガンとガルシア。

モーガン:  初めて会った瞬間から、俺たち2人が一緒にしてきたこと全てが魔法だったよ。
ガルシア:  でももう終わっちゃう。恐いの。あなたはいつも私に勇気を与えてくれるから。
モーガン:  キミはいつも俺を安心させてくれるよ。
ガルシア:  (モーガンの子どもがBABY BOYで良かった。)
       BABY GIRLじゃなくて良かった。私って変よね?
モーガン:  そんなことないよ。キミはいつでも俺のオリジナルのBABY GIRLだよ!
ガルシア:  (涙がポロポロ止まらない)
モーガン:  ペネロープ・ガルシア! I LOVE YOU SO MUCH!
ギュ~ッとハグし合うモーガンとガルシア。

FBIオフィスを出て行くモーガンの姿…。

d0175590_345066.jpg

この3話に渡るエピソードは
モーガンの父ハンクから息子モーガンへ、
モーガンを狙った犯人チャズ・モントロから息子ジョゼッペ・モントロヘ、
パパになりたてホヤホヤのモーガンから息子ハンクヘの
それぞれの父性愛が描かれたエピソードでもあるんですよね!

モーガン登場の最後のエピソードで
BAUメンバーが流した涙は決して演技ではなく、
11年間ずっと一緒に共演してきた俳優シェマー・ムーアの”新たな旅立ち”に対して
心の奥から湧いてきた本当に素直な気持ちからなんだな~と、観ていてヒシヒシと伝わってきた!
観ている私もジ~ンときちゃいました(泣)!
クリミナル・マインドのキャストは本当に仲が良いんだな~固い絆で結ばれているんだな~と
感じずにはいられないエピソード!

あぁ~モーガンがいないと寂しくなるな~。
これからモーガンはどうするのかな~?
まずは子育てに専念して良きパパになるでしょう!
サヴァンナは夜勤もこなす女医だから産休後の彼女はまた忙しくなるかな~?
モーガンは過去のセリフにも時々あるように
不動産に興味があって、中古物件を購入しては改築して売り出し
現在8件の物件の所有主だから、不動産関係の仕事とか(笑)?
FBIを退職したモーガンの将来は謎のままなのでした。

しかし…頼れる兄モーガンがいなくなっちゃったら、弟リードは大丈夫かな~?
モーガンとの絶妙な波長がすばらしい名コンビ!オリジナルBABY GIRLのガルシアは
どうなるのかな~?

クリミナル・マインド 製作総指揮者のエリカ・メッサーには
“主要キャストを演じる俳優が降板する時は、彼らが演じる役を殺害しない!”という自論があって
今回もシェマーが「“モーガン殉職”というストーリーも考えてみてはどうか?」とエリカに相談したら
「それは絶対にありえない!」と言われてしまったそう(笑)。

エリカいわく、
BAUチーフ、エリン・ストラウス(ジェーン・アトキンソン)は、
シーズン8で殺害されたが、彼女はレギュラー・キャストではなかった。
ジェイソン・ギデオン(マンディ・パティンキン)は、シーズン10で殺害されたが
彼がシーズン3開始早々で降板してから、既に7年も過ぎていて
降板後、一度もゲスト出演していないから、降板時に“殉職”させる話とは違う。
俳優には、降板後もゲストとして時々出演して欲しいから、役柄を殺すことはしない!
とのこと。

シェマーも「将来的に喜んでゲスト出演するよ!」と言っています。

肉体派モーガンがいなくなったら、次の新しいキャストも男性で、きっと肉体派だよね~。
知性派や頭脳派のメンバーは既にいるし、
女性キャストもシーズン11から出演している、
Dr. タラ・ルイス(アイシャ・タイラー)もいるから充分だし!
でも現在の時点では、ルイスはレギュラーではないので時々出演していないエピもあるけど…。

11年間、ファンに愛され親しまれたキャラクター、モーガンの代役は
誰が演じることになっても、きっとファンは不満だよね~。
どんな人がBAUチームに加入するのかな~?
モーガンって他人を思いやる優しい性格で頼りになってカッコイイもん!
彼を超越する新キャラクター発掘はかなり困難を極めるだろうな~。


デレク・モーガンは永遠!
11年間ありがとう!シェマー・ムーア!



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]