<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クリミナル・マインド シーズン11 をシーズン通して振り返ってみると
興味深いおもしろいエピソードが多かったと思います!

その理由として…一話完結というより、
インターネットによって殺人契約依頼を受ける“必殺仕事請け負いヒットマン”事件がドンドン派生して
実はその後のエピソードで描かれる事件にも繋がっていた!というストーリーが多かったこと。

上記の正体不明の“ヒットマン・グループ”から命を狙われた、
ペネロープ・ガルシア(カーステン・ヴァングスネス)
数ヶ月に渡って自宅に帰れず、BAUオフィスに宿泊しなければならなかったエピソード数話
シーズン途中まで続いたストーリーで(ガルシアかわいそうだったけど)おもしろかった!

そして、前シーズンの クリミナル・マインド シーズン10
個々のストーリーが今ヒトツだっただけではなく、
1年間レギュラー出演していたケイト・キャラハン役のジェニファー・ラブ・ヒューイット
私にとって、BAUメンバーとしてシックリこなかった、好きなキャラではなかったことも
クリミナル・マインド シーズン11 が更に楽しめた大きな理由だと思う。

d0175590_7282464.jpg

クリミナル・マインド シーズン11 で
特に印象に残ったエピソードと見所は…

以下、犯人の動機や事件解決についての詳細については触れていないけど
ストーリーについて少々ネタバレあり。

☆ エピソード1 THE JOB

DR.タラ・ルイス(アイシャ・タイラー)がBAUメンバーに新加入!
ルイスは シーズン11 全22話の中、18話に渡って登場。
しかしドラマの契約上、“レギュラー”扱いではないので
ずっとオープニング・タイトル・ロールに写真が紹介されずにシーズンが終了してしまった。
来シーズンはどうなるのかな~?
好きなキャラだから、もっと活躍の場を増やして登場を続けて欲しいけど!
ルイス初登場についての詳細なブログ記事はコチラ→

☆ エピソード9 INTERNAL AFFAIRS

アーロン“ホッチ”ホッチナー(トーマス・ギブソン)ファン必見のエピソード♪
NSA(アメリカ国家安全保障局)とDEA(アメリカ麻薬取締局)が絡むストーリーで
FBIが彼らとドラッグ・カルテルについて合同捜査。
正義感あふれるホッチが上層部を相手に
内部の腐敗を追及して何事も恐れず正面から挑む姿はホントにカッコ良かった♪ 
事件解決後にガルシアに見せるホッチの笑顔がステキ!
ホッチの超マジメな“オン”の姿とリラックスして微笑む“オフ”の姿!このギャップが堪らない!
このエピソードについてのブログ記事はコチラ→

d0175590_747296.jpg

☆ エピソード11 ENTROPY

スペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)が主役!
オシャレなレストランでテーブルに座って向かい合いながら
口達者で頭脳派の2人が1対1の話術で戦ってお互いを追い詰める!
リード VS 犯人キャット(オーブリー・プラザ)の心理追い込みゲーム作戦が見応えバッチリ!
事件解決後のデレク・モーガン(シェマー・ムーア)とリードの“兄弟愛”がまた泣かせる。
リード・ファンには永久保存版のエピソード!

☆ エピソード16 DEREK
  エピソード17 THE SANDMAN
  エピソード18 A BEAUTIFUL DISASTER

シェマー・ムーアが演じるデレク・モーガンが最後の登場となる降板へ向けての3部作!
さようなら!モーガンの詳細ブログ記事はコチラ→

☆ エピソード19 TRIBUTE
イギリス・ロンドンのインターポール(国際刑事警察機構)に勤務する、
エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)がゲスト出演!
詳細ブログ記事はコチラ→


そして…

クリミナル・マインド シーズン11 フィナーレ

エピソード22 THE STORM
 
d0175590_80879.jpg

               ホッチが逮捕される衝撃的なシーン!

ある朝、ホッチの自宅に
ジェニファー“JJ”ジャロウ(A. J.クック)とJJの長男ヘンリー(A.J.クックの実の息子)が訪ねて来て
ホッチの息子ジャックと一緒に学校へ行く準備をしている。
ジャックとヘンリーが仲良く話している時、
いきなりMPD(メトロポリタン・ワシントンD.C.警察)SWATチームがドアを蹴破り
ホッチに拳銃を向けて入って来る。

素早く自分でも銃口をSWATチームに向けて「私はFBIエージェントだぞ。」と言うホッチ。
SWATチームは「そんなことは承知だ!拳銃を捨てろ!ひざまずけ!」と言う。
JJを始め、ジャックとヘンリーは眼の前で起こったことに大きなショックを受け、
ジャックは「ダディ!なんで?どうして?!」と泣いてしまう。
「大丈夫だから!何かの間違えだから!」とジャックに冷静に言ったホッチは
手錠を掛けられSWATチームによって連れ去られてしまう。

d0175590_854227.jpg

        息子ジャックの前で手錠を掛けられSWATチームに連行されるホッチ!

FBIビルでは、BAUチームのデイヴィット・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)を始め、
リード、ガルシア、ルイス
「どの法執行機関が、何の理由でホッチを逮捕したか?」理由を探って話し合っている。

そこへJJが、ジャックとヘンリーとJJの次男マイケル(A.J.クックの実の息子)を連れて
JJの夫ウィリアム“ウィル”ラモーンテンJR. (ジョシュ・スチュワート)と一緒に
オフィスに入って来る。

いや~久々の登場のジャックとヘンリー大きくなったな~。
ジャックはセリフも上手になりました。
残念だったことは、ヘンリーは大きな黒縁メガネをかけていたので
カワイイ顔があまり見えなかったこと(笑)。
JJの夫ウィルもせっかく久々に登場したんだけど…セリフが少な過ぎる!
もっとしゃべらせてあげてよ~もったいないゲスト出演だったわ!
ウィルって、MPD(メトロポリタン・ワシントンD.C.警察)勤務の刑事だよね。
JJと同じく多忙なハズだけど、
久々に登場すると、いつもウィルが仕事がオフの日で子どもの世話をしている設定なんだけど…
今回もそうだった~!
刑事として働いているウィルが見たいんだけど(笑)。


警察の尋問室で手錠を掛けられた状態のホッチ。
取り調べ官はホッチに、警察の緊急電話番号に掛かってきた録音テープを聞かせる。
テープには、直接ホッチの携帯電話からホッチ自身の声で“今日ですべてが変わる!”と入っていた。
もちろんホッチには身に覚えのないこと!

そしてロッシが調査した結果、ホッチを逮捕した法的機関は
DOJ(アメリカ合衆国司法省)だと判明する。

一切あわてることなく、ブレることもなく、冷静なホッチは、警視総監管轄の取り調べ官に
「誰かが私を陥れたに違いない。
私を陥れた何者かは、もっと何か大きなことを計画しているはずだ。
私が誤認逮捕されていることで、私が率いるチームの眼をそらして
その間に何か起こそうと企んでいるに違いない。」と言うが
取り調べ官は聞く耳を持たない。

取り調べ官は
ホッチが爆弾を製造できる化学薬品を購入した履歴があると
ホッチのクレジット・カードによって購入されたという証明コピーを見せて
ある信用できる情報源からのタレコミによって
数週間前から、司法省はホッチを見張っていて
ホッチの過去の行動も吟味して犯罪心理および行動分析をすると
ホッチが爆弾事件を起こそうとしていることが証明される!とまで言い切るのであった。

一方、ホッチなしのBAUチームは、ホッチ誤認逮捕の裏に潜む“大きな計画”について分析する。
そして大規模な刑務所脱獄が計画されていることを突き止める。

事態を把握した司法省側はホッチを釈放。

d0175590_8202358.jpg

刑務所の銃撃戦でも、取り乱すことなく、常に冷静沈着でカッコイイ♪ホッチと新加入のDr.ルイス

刑務所脱獄計画を阻止するためBAUチームに合流するホッチ。
刑務所内の囚人の暴動による銃撃戦で多数の死者が出る。
そして更に脱獄の裏では白人原理主義グループが爆弾事件を計画していることも突き止める。

d0175590_8304213.jpg

無事に事件が解決した翌日の夜、ロッシはBAUメンバーとその家族を家に招待する。

唯一の娘ジョイの母親でもある2番めの元妻ヘイデン・モンゴメリーと再び付き合っているロッシは
BAUメンバーにヘイデンを紹介する。

リードはジャックとヘンリーに手品を見せて
父ホッチの逮捕でショックを受けていたジャックも笑顔を取り戻す。

ロッシの自宅にてのガーデン・パーティーで楽しくオシャベリするBAUメンバーとその家族。

通常の クリミナル・マインド ならば、
このアットホームなロッシ主催のパーティーで、シーズン・フィナーレ!となるが
シーズン11 は違った!

今回の事件で逮捕されたと思った犯人グループのパートナーたちが
更に、異なる3州で3ヶ所の刑務所で脱獄を計画して
13人のシリアル・キラーが脱獄に成功したことが判明。
そしてその中の1人は…
今回のホッチ誤認逮捕にも深く関わっていた、
クリミナル・マインド シーズン10 エピソード21 Mr. Scratch に登場した、
あのシリアル・キラー!…と
ストーリーは クリミナル・マインド シーズン12 に続く!…という
珍しいタイプの“クリフハンガー”で クリミナル・マインド シーズン11 フィナーレ!


モーガンがいなくなって、クリミナル・マインド シーズン12 は誰か新たに加入するのか?

私としては、やっぱりBAUチームに体育会系の男性捜査官がいたほうがイイな~。
でもその人物がクリミナル・マインドという大人気ドラマに上手くフィットするかどうかは
分かりませんね~。
なにしろモーガンは11年間も一緒だったから
誰が加入しても少なくとも最初は違和感があるだろうな~。


クリミナル・マインド シーズン12 楽しみ♪



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
NCIS ネイビー犯罪捜査班 シーズン1プレミアに登場して以来、
NCIS特別捜査官アンソニー“トニー”ディノッゾ役
13年間、演じてきたマイケル・ウェザリー
NCIS シーズン13 フィナーレで降板!

d0175590_6411979.jpg

この降板ニュースが流れた時についてのトニー降板について考察ブログ記事を書きましたが
私がいくつか考えた“トニー最後の登場”ストーリー予想で当たっていた点もありました!
その考察ブログはコチラ→ 

マイケル本人というより、“トニー”というキャラクターの大ファンである私としては
この降板は残念で仕方がない!

私にとってNCIS=100%アンソニー“トニー”ディノッゾで
彼がいたからこそ!13年間もずっとNCISを観続けてきたのにな~。

今後つまらないよ~来シーズンからどんな気持ちで観ればいいのよ(怒)!

13年も観続けているから、このままシリーズが終了するまで観ると思うけど
今後“観る気合い”が絶対に違ってきちゃうわ(笑)。

マイケルいわく、NCIS シーズン11撮影途中から
NCIS 以外のドラマにチャレンジしたい!」とずっと考えていて
製作側との交渉の末、やっと降板が決定。

今回、最後の登場となるエピソードが放送される前に
いくつかのTVトーク番組に出演して、心境を語ったマイケル。
番組を見ていて、なんかもうトニー・ファンとして残念なくらい(予想できたけど)
本人は、すごくリラックスして NCIS 降板に対してスッキリした表情というか、
気持ちは既に次の新ドラマ出演!って感じだったな~。

普通、大人気ロングランヒット・ドラマを降板した俳優は
だいたい数年間オフを取ってユックリしたり俳優の仕事を休業したりするけど
マイケルの場合、NCIS 降板のニュースが流れてすぐ
マイケル本人が主役の新ドラマ BULL の製作発表がありました。
もう現在の時点で撮影も開始されていて、今秋には BULL 放送開始も決定!

おまけに、この BULL は、CBS TVで
毎週(火) NCISNCIS: ニューオリンズ に挟まれた黄金の時間帯に放送ですよ~。
NCIS シリーズ・ファンなら(火)3時間は外せないし続けて観ちゃうよね~。
スゴイ!というか上手なマーケティング戦略だよね~局側からのマイケルへの後押し!

ちなみにこの BULL は
USAでは知らない人はいないほど知名度があるDR.フィルという、
実在の心理学者フィル・マクグロウの若い頃について自叙伝的に描かれるドラマです。 
マイケルは、このDr.フィルという人物を演じます。
このDR.フィルが胡散臭い人なんだよね~(笑)。
現在も放送中の Dr.PHIL という冠番組があって
一般人やセレブリティの悩み事を聞いて、いろいろアドバイスするけど
まぁ偉そうな態度で話まくるワケです(笑)。 
まぁ BULL が開始されたら、取り敢えず私も観てみようと考えています。
観続けるかは疑問だけど(笑)。


以下、事件や犯人については詳しく書いていないけど
なぜこのエピソードでトニーが最後の登場になるか?についてネタバレあります。

d0175590_646810.jpg

NCIS ネイビー犯罪捜査班 シーズン13

エピソード24 FAMILY FIRST

NCIS オフィスにあるTVで緊急の国際ニュースとして
イスラエル、テル・アヴィヴ郊外の農場にある、
元モサド(イスラエル諜報特務庁)局長イーライ・ダヴィードが所有する家が
テロリスト・グループによって爆破された!と報道。
現在、その家には、イーライの娘で
元NCISエージェントのジヴァ・ダヴィード(コート・デ・パブロ)が暮らしているはず!

かつてイスラエルでジヴァと別れる時にプレゼントされた、
ジヴァが大事にしていたダビデの星のネックレスを
ギュ~ッと強く握り締めるアンソニー”トニー”ディノッゾ(マイケル・ウェザリー)。

さらに、「身元不明だが生存者がいるようだ!」とリポーターが伝える。

TVニュースを見ながら
「(ジヴァのことが心配で、このまま何もせずに)米国にいることは出来ない。」と、つぶやくトニー。
背後から、「分かっている!」と、リロイ・ジェスロ・ギブス(マーク・ハーモン)が声をかける。
「(生存者が)ジヴァだったら…イスラエルへ行かなければ!」と、トニー。
「皆、そんなことは分かっているぞ!マクギー、トニーが搭乗する飛行機の予約をしろ。」と、ギブス。
「4時間後にテル・アヴィヴに出発する飛行機を予約済み!」と、
すばやく答えるティモシー”ティム”マクギー(ショーン・マーレイ)。
TVニュースを見ながらボ~ッとたたずむトニーに
「おい!早く行け!」とギブス。
我に返ったトニーはNCISオフィスを出発する。

d0175590_65671.jpg

     トニー最後の登場ということで、父アンソニー・シニア(ロバート・ワグナー)も登場。

トニーは自宅に戻って、父アンソニー・シニア(ロバート・ワグナー)と話ながら
イスラエル行きの準備をしていた。
そこに、アビゲイル“アビー”シュート(ポーリー・ペレット)とマクギーが訪ねて来て
ジヴァの訃報を知らせる!

NCIS オフィスに戻って、
この理不尽な出来事に感情を乱して大声でギブスに怒りをぶつけるトニーの眼には大粒の涙が!
息子トニーのことが心配で追い駆けてきた父アンソニーが「家に帰って落ち着こう。」というが
「嫌だ!」と怒鳴るトニー。
ギブスは「シニアと一緒に帰宅しろ。あとは私たちに任せろ!」と言う。

しばらくして、レオン・ヴァンス局長(ロッキー・キャロル)に呼ばれて
再度NCISオフィスに戻って来たトニー。
そしてトニーは、レオンのオフィスにギブスと同席している、
オーリ・エルバズ現モサド局長にも怒りを抑えられず辛辣な言葉を投げる。
オーリは「大事な話があってここに来たのよ。あなたにとって個人的なことよ。」と、トニーに言って
「タリを連れて来て!」と部下に命令する。
「タリってジヴァの妹の名前…?」とレオン。
「(亡き)妹の名前から取ったのよ。」と言うオーリ。
「生存者が1人いたってあなたもニュースで聞いたでしょう。」
そして部下が幼い少女を連れてオフィスに入って来る。
「タリは…ジヴァの娘…そしてトニー、あなたの娘よ!」と、言うオーリに
驚きの表情を隠せないトニー、レオン、ギブス。

d0175590_742798.jpg

NCIS シーズン11 ジヴァの最後の登場シーン(そのブログ記事はコチラ→)から…トニー&ジヴァ

タリの眠る姿を見ながらトニー&オーリ・エルバズ現モサド局長の2人の会話。

トニー: ジヴァの妊娠を知っていたら、すぐにでもイスラエルに飛んでいったのに…。
オーリ: きっとあなたはそうするだろうと思ったから、ジヴァは連絡しなかったのよ。
     これ以上、あなたに迷惑をかけたくなかったから。
トニー: 迷惑かどうかは俺が決めることで彼女が決断することではないのに!
オーリ: あなたは誰よりもジヴァのことが分かっているはずよ。
     彼女がどれほど自立している女性で、自分1人で娘タリを育てることに自信を持っていたか。
トニー: 俺に何も言わないで(1人で勝手に決めた)!
オーリ: 本当のことを言えば、ジヴァはタリが成長するにつれて
     あなたに真実を伝えなかったことを後悔していたわ。
     でもずっと秘密にしていたから、どうやってタリのことを伝えたら良いか迷っていた。
     秘密にしていたことに対してあなたが不満に思うだろうと考えていた。
トニー: そんな風に考えていたならば、
     ジヴァは俺のことを全く理解していなかったということだな(苦笑)。

その後、“ジヴァとトニーの間に娘がいた!”ニュースを聞きつけ、NCISメンバーたちがオフィスに登場。

休暇を取って、自宅でタリとの生活に奮闘しながらも楽しむトニー。

子育ての先輩であるジミー・パーマー(ブライアン・ディーツェン)が協力する中で放った、
「子どもが生まれてから責任感が強くなって、自分自身の安全についてもいろいろ考えるようになった。
飛行機に搭乗する時、車を運転する時などにね。僕の仕事はトニーほど危険じゃないけど…。」という
言葉がフッと気になったトニー。

トニーは、“トニーが父親だ”ということについて、ジヴァがタリに伝えていなかったかどうか…
ずっと疑問に思っていた。
しかし別の日、トニーとジヴァが一緒に写った写真を見て
タリはヘブライ語で「パパ!ママ!」と指す。
「ジヴァはタリに誰が父親か教えていたんだ…。」と分かるトニー。

その後、ジヴァ殺害の犯人を捜索してメンバー全員で殺害後、ギブスの自宅に顔を出すトニー。

「これからは娘タリのために自分たちの人生を考えたい。
まずタリと一緒にイスラエルに行って、ジヴァが好きだったフランス・パリを訪れようと思っている。」
というトニーの辞職の決意に対して
引き止めることはせず、“こうなることは分かっていた”とでも言いたげなギブス。
「THANK YOU!」と握手を求めるトニーに対して
「自分と家族のことを大事にしろ!」と、トニーをギュ~ッとハグするギブス。

翌日、NCISオフィスに立ち寄り、メンバーそれぞれに別れを告げるトニー。

d0175590_71563.jpg

やっぱり!当然というか!トニーがNCISを離れる理由はジヴァが絡むストーリーでした。

ジヴァを演じるコート本人は、このエピソードにゲスト出演はしなかったけど
回想シーンでジヴァは何回も登場しましたよ~。 
私が以前に書いた考察ブログの予想では…
トニーとジヴァはジヴァの NCIS 辞職後、めでたく結ばれていて
ジヴァはトニーの知らない間に、誰にも言わずにトニーの子どもを生んでいて…
ここまで予想は当たっていたけど…
“これからは3人でイスラエルでハッピーに暮らす!”この部分は外れちゃいましたね~(笑)。

でも私はこのトニーがNCISを辞職するストーリーの結末には納得かな~。
やっぱり!トニー=ジヴァなのよ!

しかし NCIS って犯罪捜査ドラマの中でも際立って
犯人のみならず、レギュラー、準レギュラー、誰でも登場するキャラクターを殺害してしまうよね~。


ところで、この NCIS シーズン13 エピソード24 及びその前話エピソード23には、
FBIエージェント、テス・モンロー役でサラ・クラークが、
MI6(英国情報局秘密情報部)所属のクレイトン・リーヴス諜報員役でデュアン・ヘンリー
登場しています。
ウワサでは…
この2人がマイケルの代わりに新しくシーズン14からレギュラー加入する可能性もあるとのこと!
どうなるのかな~?
デュアンは今までこれといったドラマ出演がない新星なので
どんな感じになるか想像できないけど、
私は、サラについては、 24 -TWENTY FOUR- での
裏切り者スパイのニーナ・マイヤーズ役が好きだったから、レギュラー入りしてくれたらうれしいかな。
なにしろSECNAV海軍長官サラ・ポーター(レスリー・ホープ)とは 24 以来の再共演だからね~。
24 で、レスリーが演じていたテリ・バウアーはサラ・クラークが演じるニーナに殺害されたし、
再共演したら「きっとアイツまた裏切るだろう!」とか考えちゃう(笑)。

でも誰にもトニーの代役は務まらないよね、きっと!

あ~NCIS シーズン14 どうなるのかな~。
おちゃらけトニーが登場しないと、絶対にコメディ要素の面白みが半減すると思うわ。
ギブスは誰の頭を叩けばいいのよ?!

最近は、NCISNCIS:LA よりも NCIS: ニューオリンズ がおもしろいから
ニューオリンズ編に期待しようかな~(笑)。


アンソニー“トニー”ディノッゾは永遠!
13年間ありがとう!マイケル・ウェザリー!



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]