7月8日、第62回エミー賞ノミネート発表されました。

詳しいノミネート情報は、コチラ

TVドラマ受賞式の有名な祭典は、毎冬開催される、
ゴールデン・グローブ賞、SAG賞(スクリーン・アクターズ・ギルド賞)、
そして毎夏開催のエミー賞です。

受賞式は8月29日(USA時間)。

あまりにもノミネート・カテゴリーが多いので、
私の受賞希望・独断も含めてメインだけ紹介します。


OUTSTANDING DRAMA SERIES (ドラマ・シリーズ作品賞)

☆BREAKING BAD (2年連続ノミネート)
☆DEXTER (3年連続ノミネート)
☆THE GOOD WIFE (初ノミネート)
☆LOST (3年連続4回ノミネート、うち2005年受賞)
☆MAD MEN (3年連続ノミネート、2008年、2009年の2回受賞)
☆TRUE BLOOD (初ノミネート)

今月からシーズン4が開始した1960年代の広告業界を舞台としたドラマ
″MAD MEN”(マッド・メン)の3年連続受賞が注目されますが…果たして?!

私的には"DEXTER"(デクスター)に受賞してほしいです。
オモテの顔はマイアミ警察鑑識官、ウラの顔は犯罪者を殺すシリアル・キラーの
主人公デクスター(マイケル・C・ホール)。
今回対象となったシーズン4は、特に秀作だと思う。(9月にシーズン5開始)
3年連続ノミネートなんだから、もうこの辺で…頼む!受賞して~(笑)。

THE GOOD WIFE”は、シーズン1終了したばかり。
昨年スタートした新しいドラマでは、人気もあり視聴率も良いです。
シカゴを舞台に州検事(クリス・ノース…古くは″LAW & ORDER”のマイク・ローガン役、
最近は″SEX AND THE CITY”のMR.BIG役でお馴染み)である夫の
スキャンダル、汚職不祥事(刑務所入り)によって
専業主婦から弁護士に十数年振りに復帰する女性
(ジュリアナ・マルグリーズ…″ER"のキャロル・ハサウェイ役で有名)を中心に
繰り広げられる法廷・弁護士ドラマ。
コレは複雑な人間関係が絡む、おもしろいドラマですよ~。

″BREAKING BAD”(ブレイキング・バッド)は、シーズン3終了したばかり。
末期ガンを宣告された高校の化学教師が、ドラッグ・ディーラーの道へ?!
これも評価の高いドラマです。

″TRUE BLOOD”(トゥルー・ブラッド)は、
今シーズン3放映中のヴァンパイア・ドラマです。
しかしヴァンパイア作品は映画もTVも人気ですよね~。

説明するまでもない″LOST”は既にシーズン終了したけど
2005年に受賞しているので、今更…かな?

さて、どの作品が受賞するでしょうか?!


OUTSTANDING LEAD ACTOR IN A DRAMA SERIES

(ドラマ主演男優賞)


☆ブライアン・クランストン "BREAKING BAD"
  (3年連続ノミネート、2008年、2009年の2回受賞)
☆マイケル・C・ホール "DEXTER" (3年連続ノミネート) 
☆カイル・チャンドラー "FRIDAY NIGHT LIGHTS" (初ノミネート)
☆ヒュー・ローリー "HOUSE" (4年連続ノミネート)
☆マシュー・フォックス "LOST" (初ノミネート)
☆ジョン・ハム "MAD MEN" (3年連続ノミネート)

6人のうち、4人がここ数年ノミネートされている常連ですからね~
この4人誰が受賞しても不思議ではないって感じ。

3年連続受賞なるか?のブライアン・クランストンの演技は確かにすばらしいです。
数年前にコメディ助演男優賞で3回もノミネート
(″MALCOLM IN THE MIDDLE"の父親役)されていた時と
ホントに同じ俳優なの?! 想像できません!
(外見もあの時は髪の毛フサフサ、今はスキンヘッドだし…)

でも個人的に、"DEXTER"のマイケル・C・ホールに受賞して欲しいな~。
シーズン4はホント良かったです!
数年前にも″SIX FEET UNDER"のディヴィット役で、
エミー賞ノミネートされている彼、
今年は彼が、ゴールデン・グローブ賞もSAG賞も獲得しているので
エミー賞もカタイかな…と思うけど、どうでしょうか?
ホジキンリンパ腫を克服した彼に栄冠を…。


OUTSTANDING LEAD ACTRESS IN A DRAMA SERIES 

(ドラマ主演女優賞)


☆キーラ・セジウィック "THE CLOSER" (5年連続ノミネート)
☆グレン・クローズ "DAMAGES" 
 (3年連続ノミネート、2008年、2009年の2回受賞)
☆コニー・ブリットン "FRIDAY NIGHT LIGHT" (初ノミネート)
☆ジュリアナ・マルグリーズ "THE GOOD WIFE" (初ノミネート)
☆マリシュカ・ハージティ "LAW & ORDER SVU"
 (7年連続ノミネート、2006年受賞)
☆ジャニアリー・ジョーンズ "MAD MEN" (初ノミネート)

常連3人と初ノミネート3人に分かれました。
グレン・クローズのパティ・ヒューズ役(ダメージ)、
まぁ嫌な策略家の弁護士なんですよね~。
今シーズンも魅せてくれました、彼女! 3年連続受賞なるか…?

しかしマリシュカ・ハージティの7年連続ノミネートってスゴイですよね。
この枠は誰も入り込む余地ないのか?

ジュリアナ・マルグリーズは、この作品では初ノミネートだけど
既に、″ER”のキャロル役でエミー賞主演女優賞4回ノミネート、
助演女優賞2回ノミネート、うち1回受賞している賞レースの常連です。
今年は既に、"THE GOOD WIFE"のアリシア役で、
シーズン1まだ半分しか放映されていない時点で、
ゴールデン・グローブ賞、SAG賞を両方共受賞しているほどなので、
このままエミーも彼女のところにいくかも!


この他にも助演男優、女優、TVムービー、ミニシリーズなど
いろいろな部門があるのですが、
OUTSTANDING GUEST ACTOR IN A DRAMA SERIES
(ドラマ・ゲスト男優賞)は、ジョン・リスゴーに決定!と言いたいほどです。
″DEXTER”でのアーサー”トリニティ”ミッチェル役は
背筋が凍るほどの不気味なシリアル・キラーでした。

この部門ではグレゴリー・イッツェン(″24"のチャールズ・ローガン大統領役)
もノミネートされています。
相変わらず、ズル賢い嫌な元大統領を好演。
私は″24"シリーズ大好きなのですが、
5月に終了した、シリーズ最後のシーズン8
今ひとつストーリーがおもしろくないというか、
話に無理があり過ぎて(…って、だいたい″24"は全て無理があるけど…)
あまり好きではなかったんですよね。
そう言えば、昨年エミー主演女優賞を獲得したチェリー・ジョーンズ
(″24”のアリソン・テイラー大統領役)は、今年は、ノミネート発表される前から
自分で、エミー賞を辞退して話題になりました。
俳優として演じる、シーズン8の大統領のキャラが共感できなかったらしいです。
確かに、大統領の行動は、シーズン7と比べてチョット疑問だった。




エミー賞コメディ部門については次回に…続きます。




楽しみですね、エミー賞!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]

”クリミナル・マインド”の”ホッチ”役も大好きだけど、
トーマス・ギブソンに惹かれたのは、この役柄を観てから!

d0175590_15182875.jpg

″CHICAGO HOPE”(シカゴ・ホープ)のドクター、ダニエル”ダニー”ナイランド

いや~カッコイイ、カッコ良過ぎだわ♪ 若いですね~!

約15年ほど前の写真だけど…髪型以外は今とあまり変わっていないかな?
この時代、このヘアスタイル流行ったよね。(ヒュー・グラントとか…)

USAで大ヒットした、”シカゴ・ホープ”は、シカゴのとある総合病院
を舞台とした(主にER、救急救命)医療ドラマ。
全シーズン1~6(1994年~2000年)のうち
トーマス・ギブソンが出演しているのは、シーズン1~3(1994年~1997年)。

向上心旺盛、自信あふれる野心家の若手ERドクター、ダニー・ナイランド。
別名ナースキラー。
ちょっとモラルに欠ける点のあるハンサムなプレイボーイだけど、
女性に優しく魅力的なんです、とっても!
手術中に手がよく映るので、彼の”大きな手”がたっぷり観れます!

d0175590_15191776.jpg

こんなステキなドクターがいたら、わざとケガして、いつもERヘ行っちゃうな~。

おもしろいことは、”クリミナル・マインド”で共演している
FBIエージェント、ジェイソン・ギデオン役の俳優マンディ・パティンキンが
このドラマでもドクター、ジェフリー・ガイガー役で共演していることです。
ダニー(若手ドクター)&ジェフリー(ベテランチーフ・ドクター)の絡みシーンは
ついつい”クリミナル・マインド”のホッチ&ギデオンのシーンを思い出して
比べて観てしまいます。

同じく大ヒットした同年代のドラマ″ER”と”シカゴ・ホープ”の後に、
どんどん医療系ドラマ(すぐキャンセルになったドラマも沢山)が放映されたけど、
この”シカゴ・ホープ”は、もう10年以上も前の医療ドラマなのに
今でも色あせることなく新鮮な、よくできた秀作ドラマ・シリーズです。

でも医療系ドラマは、とにかく出演者が多いので
エピソードによっては、ダニーがメイン・キャストの時もあれば
少ししか出演しない回もあって不満かな…。



トーマス・ギブソンをもっとたっぷり思いっきり観たいならコチラですよね!

d0175590_1520033.jpg

″DHARMA & GREG"(ふたりは最高!ダーマ&グレッグ)のエリート検事、
グレゴリー”グレッグ”モンゴメリー


グレッグ役のトーマスは、キュート♪のひと言!

とにかく彼のコミカルな演技、困った表情、最高の笑顔がたっぷり観れるコメディ。

”シカゴ・ホープ”のダニー役で人気沸騰中だったトーマスが選んだのは
ダニーとは全く違うキャラのグレッグ・モンゴメリー。
これまた大ヒットした、”ダーマ&グレッグ”は、全5シーズン(1997年~2002年)。

サンフランシスコを舞台に、ヒッピー家庭で育った天真爛漫、自由奔放のヨガ講師、
ダーマ(ジェナ・エルフマン)の破天荒な行動に悩まされながらも
彼女を愛し優しく包む、上流家庭で育った真面目なエリート検事グレッグ。

この価値観が全く違う夫婦が両方の両親を交え、数々の騒動に巻き込まれながらの
愛情タップリのシット・コム。
コメディだけど毎回観終わると、ハッピーになり、心がほんわか温かくなるんですよね~。
ダーマのすることは無鉄砲なことが多いけど彼女には憎めない可愛さがあふれ、
グレッグみたいな夫がいたらホントしあわせだろうな~とつくづく思ってしまう。

d0175590_15203334.jpg

                           見て~この笑顔!



さてトーマス・ギブソン、この3つの代表作の他にも、
単発TVドラマ&TVムービーや劇場公開映画にもいくつか出演しているけど
2000年公開 ″PSYCO BEACH PARTY"(サイコ ビーチ パーティー)
ブラック・ホラー・コメディ、B級パロディ映画は、
くだらないんだけど、ちょっとカルトっぽくて好きかも…。
トーマスは、変態趣味のサーフィン・グル ”ザ・グレート・カナカ”役で、
かなり!はじけています(笑)。
…ちょっとトーマスのイメージが崩れるけど笑えます!
彼のお尻も見れたりして(笑)。
共演者は、ローレン・アンブロース(HBOドラマ″SIX FEET UNDER”
(シックス・フィート・アンダー)のクレア役)、
エイミー・アダムス(映画″JULIE & JULIA”(ジュリー&ジュリア)のジュリー役)など。



誕生日おめでとう、トーマス!

これからもますます活躍してほしい大好きなトーマス・ギブソンです!



”ダニー”&”グレッグ”ファンの方、クリックしてくださいね!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
HAPPY BIRTHDAY !!! THOMAS GIBSON


d0175590_2272754.jpg


今日7月3日は、"CRIMINAL MINDS"(2005年~現在)のアーロン”ホッチ”ホッチナーこと、
トーマス・ギブソンの48才の誕生日です!(1962年7月3日生まれ)

トーマス・ギブソンと言えば、次の3つの大人気TVドラマ・シリーズのキャラクターで有名ですよね♪

″CHICAGO HOPE”(シカゴ・ホープ)のドクター、ダニエル”ダニー”ナイランド

″DHARMA & GREG"(ふたりは最高!ダーマ&グレッグ)のエリート検事、
グレゴリー”グレッグ”モンゴメリー

″CRIMINAL MINDS”のFBIエージェント、アーロン”ホッチ”ホッチナー


人気TVドラマが終了して、次に出演決定した新しいドラマがヒットせず
番組自体も上手くいかずにキャンセルされ、落ち込む俳優も多いなか、
”シカゴ・ホープ”から16年にも渡り、出演している3つの連続TVドラマ全てが大ヒット!
…って、それだけでもかなりスゴイことなのに、これらのドラマ3つのキャラが全く違う!
トーマス・ギブソンって、すばらしい役者です!

皆さんはどのトーマス・ギブソンが好みですか?
私は全部大好きです!
でも取り合えず、現在の人気シリーズ、”クリミナル・マインド”かな~。

d0175590_2552122.jpg


いつも眼光鋭いホッチ!
正義感が人一倍強く、真面目で誠実。
完璧・完全主義者(机の引き出しや棚の整理、出張用バッグのパッキングとか得意そう…)。
ホッチが上司だったら?
部下に厳しい(でも実は優しい眼差しで見守ってくれる)けど、自分には更に厳しい。
ホッチだったら信頼、尊敬できる。
常に冷静沈着、でもときどき子供(特に男の子)が絡むケースには、
自分の家族を重ねてしまい、少し感情的に…←そこがまた人間味あふれてイイ。
他人には、ユーモアのセンスが無いと言われ、仕事中ほとんど笑わないが
大事な家族にだけステキな笑みを浮かべるホッチ。
息子ジャックとのシーンはいつも心をなごませてくれる…。
ホッチが自分の夫だったらどうかな~。
忙し過ぎて一緒にいられる時間は少ない、家でくつろいでいても、すぐ連絡が入りオフィスヘ。
例え月に1週間しか家に帰らなくても、私だったら離婚せずなんとか頑張りたい…。
シーズン5は、ホッチの感情あふれるエピソードが多くて、
もう観ている私まで、いや~感情移入して大変でした…。

あ~シーズン6が待ち遠しい!
残念ながら”J.J.&エミリーを辞めさせるな!キープして!署名嘆願運動”
(今日現在で、44000人署名)の甲斐むなしく
J.J.(A.J.クック)は、最初の2話で降板、
エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)も10~15話ほどしか
出演しないみたいだけど…。
ともかく新シーズン開始の9月下旬まで待つのみです。



そして素顔のトーマス・ギブソンがまたステキなんですよね~

d0175590_3244175.jpg


こんな姿で見つめられたら、もうどうしよう?!って感じです(笑)!

クラッシック・ハンサムと言われる彼は、ダークヘア&ブラウンアイ。
柔らかく低いステキな声(彼の声ってとても心地良いんですよね♪)。
188cmの長身で、16年前の”シカゴ・ホープ”の時から、
そのスリムなスタイルは変わっていない…って、すばらしい。
そしてよく見ると、”手”が大きいんですよね、彼って。
ゴルフ大好き、プロ・アマコンテストによく出場。
離婚が多いハリウッドの世界で、1993年(つまり俳優として人気がでる以前より)から、
ずっと妻、クリスティーンひとすじ。
クリスティーンの出身地で、彼女の家族&親戚が沢山暮らす、
テキサス州サンアントニオ在住。
平日は、”クリミナル・マインド”の撮影が行われるロスアンジェルスで、ひとり暮らし、
週末は飛行機で片道3時間かけ、家族の待つサンアントニオヘ。
TVトークショーやインタヴューを観ると、
男の子2人、女の子1人の計3人の良きパパといった様子がよくうかがえます。
そんなところが、また魅力的なんですよね。

トーマス・ギブソン大好きです♪

でも”ホッチ”以外の役も、たまらなく好きなんですよね~なので彼のコトまだ続きます!




トーマス・ギブソンファンの皆さん、”お誕生日おめでとう”クリックを!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
現在USAの文芸アート系シアターで、数ヶ月に渡りロングラン上映している、
"THE SECRET IN THEIR EYES"は、
2010年度アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画です。
原題"EL SECRETO DE SUS OJOS"(邦題:瞳の奥の秘密
全編スペイン語、日本では8月公開予定。

1999年の現在でも決して忘れることの出来ない、
25年前の納得いかない未解決の殺人事件に話は、さかのぼり
新たな真実に迫る!サスペンス映画。

サスペンスは、ネタがばれてはつまらないので、あまり内容にはふれられないけど…

少しだけ…

ハラハラ・ドキドキの全編と言うよりは、最初は、たんたんと話が流れ…
舞台は現在から1974年ヘ…
そして1999年、思いもしなかった衝撃的な結末を迎えます。
この映画は、サスペンスと同時に、”大人の切ない恋愛映画”でもあります。
お互いに好きなのに、好きと言えずに時は流れ…。
主人公、裁判員ベンハミン(リカルド・ダリン)の感情を押さえたオトナの男性像が
よく描かれています。
見終わった後、”愛”とは一体何なんだろう…としみじみ考えてしまいました。

この映画を観て、ふと思ったことは、
もし英語圏の俳優が、このベンハミン役を演じるなら誰かな~
イギリス俳優、アラン・リックマンがピッタリかも…。
それも”ダイハード”の悪役ハンスや、”ハリー・ポッター”シリーズのスネイプ教師ではなく
"SENSE AND SENSIBILITY"(いつか晴れた日に)の
ブランドン大佐役のアラン・リックマン。

でもこのアルゼンチン俳優、リカルド・ダリンもいい味だしていました。
アルゼンチン映画を観る機会は、ほとんどないので初めて彼を観たけど
もっと他の作品も観てみたいなと思わせる俳優です。


私の採点 ★★★★☆(4つ星)





にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
"THE HANGOVER" (ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い)
"THE A-TEAM"(特攻野郎Aチーム THE MOVIE)
…と記事が続いたなら当然?私の大好きな053.gifブラッドリー・クーパーのコトを少し書きます!

BRADLEY COOPER (ブラッドリー・クーパー)

1975年1月5日生まれ、現在35才。
身長185cm、ブラウンヘア、透き通るようにきれいなブルーアイ。

d0175590_3575274.jpg


作品によって、金髪だったり、短髪だったりするけど、
この写真の映画 ”ハングオーバー!”の時のように
チョット長めのカールがかった髪、少し無精ヒゲの残る顔が私は一番好き。

デビュー作は、あの有名な″SEX AND THE CITY"(セックス アンド ザ シティ)
HBOで放映されていたリアルタイム(1999年)で、″SATC”を観ていた時は、
全く気にも止めず!後で、彼の名がチョット知れ渡って来た頃に
”ナニ?″SATC”に出ていた~?”と再び観直してわかった次第。
シーズン2、エピソード4の最後に、ジェイク役で出演。
クラブでキャリーをナンパして、車に乗って、キスして
煙草を買おうと寄った売店で、雑誌″NEW YORK”の表紙に、
”煙草を片手に、やつれきった顔で写るキャリー”を見つけ
”コレって君~?!”と、ジェイク。
店頭に雑誌が並んだ時から、その表紙の自分が嫌いだったキャリー、
”もう帰るわ!”と車を降りて、ジェイクにバイバイ
…って、たった3分のシーンだった。

″SATC”は大好きなドラマ・シリーズのひとつだけど、
なかでもおもしろいのは、彼女たち、4人の1~2回ぐらいだけの”相手”に
まだブレイクする前の俳優が結構出演していること!
数年後に再び観て、”エ~ッ、こんな役で出ているよ!”と、後で分かった驚きが楽しい。

去年”ハングオーバー!”で大当たりしたブラッドリー。

それまでの彼の典型的な役柄(準主役)は…

主人公の性格いまひとつの元カレ…
″WEDDING CRASHERS”(ウェディング・クラッシャーズ)では、
主人公(レイチェル・マクアダムス)の性格の悪いボーイフレンド役で、
最後は結局、初対面から気に入らなかった男(オーウェン・ウィルソン)に
彼女をとられてしまう。

主人公俳優がよくつるんでいる友達のひとり…
"FAILURE TO LAUNCH"(恋するレシピ~理想のオトコの作り方~)では、
主人公(マシュー・マコノヒー)の悪友役で登場。
この映画で再びサラ・ジェシカ・パーカーと共演。

妻にウソつき浮気するどうしようもない夫…
″HE'S JUST NOT THAT INTO YOU”(そんな彼なら捨てちゃえば?)では
妻(ジェニファー・コネリー)がいながら別の女性(スカーレット・ヨハンソン)と浮気し、
おまけに、煙草は絶対吸っていないと妻に誓いながら裏で喫煙。 (女の敵だね~!)

今冬公開された映画 ″VALENTINE'S DAY"(バレンタインデー)では、
飛行機で、陸軍キャプテン(ジュリア・ロバーツ)の
隣席に座る感じの良いナイスなビジネスマン役。
あら、ロマンスに発展…と思ったら、到着後、彼の家には愛するゲイ・パートナー、
フットボール選手(エリック・デーン)が待っていたのでした。
映画全体はそれほどでもないけど…心をほんわかさせる、このエピソードは結構好きだった。

今や次々と出演作(ロバート・デ・ニーロなどと共演)目白押し。
TVのトークショーにゲスト出演、映画のプレミアに登場すれば、
女性客からハートの嬌声の嵐!

たった4ヶ月で別れたバツいちの過去もあるブラッドリー、
現在は、レネー・ゼルウィガーと交際中。(彼女のほうが6才年上!)

今後、お得意のコメディ&ラブ・コメディはもちろん、
アクション、シリアスドラマへと
ドンドン役柄の幅を広げていって欲しい期待の星です!


その後またブラッドリー・クーパーについて熱く語っています! (詳細はコチラ→




↓ ブラッドリー・クーパーファンの方はクリックしてくださいね!
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]