タグ:アクション・アドヴェンチャー映画 ( 49 ) タグの人気記事


THOR: RAGNAROK


マイティ・ソー
バトルロイヤル



アメコミ・スーパー・ヒーロー・アクション映画。


大ヒット・シリーズ 
THOR マイティーソー 

THOR: THE DARK WORLD マイティ・ソー/ダーク・ワールド

に続く第
3段!


以下、ネタバレありません。私の感想のみ。


d0175590_09284152.jpg


1
作め、2作めより、更にコメディ要素が強くなったかな~?と思ったけど
笑えるシーンも迫力ある戦うシーンも楽しめました♪

兄ソー(クリス・ヘムズワース)と弟ロキ(トム・ヒドルストン)との
愛憎まみれる複雑な関係も惹かれる!
なんだかんだ言っても、お互い本心から嫌いになれないし、
お互いを騙しながらも協力する時は一致団結する兄弟。

d0175590_09371926.jpg


マーベル・コミック・シリーズの登場キャラクターで
私の一番大好きな人物はロキ162.png

ロキを演じるトムヒってホント!カッコイイ!

ロキってウソツキで、ヒガミっぽく、ズル賢く、
他人を巧妙に操ろうと企てるし、平気で裏切るし、信用ならない奴だけど、
愛おしくてカワイイんだよね~♪

兄ソーもきっとそう思っているハズ!


ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、
思っていたより登場シーンが短くて
もっと登場していたら、おもしろかったのにな~。

ソーの姉ヘラを演じるケイト・ブランシェット。
邪悪で美しいヘラ役がピッタリだった。

ルーク、クリス、リアム・ヘムズワース3兄弟の長男ルーク・ヘムズワース
映画の中の舞台劇で“俳優ソー役”を演じていたけど
やっぱりクリスに似ているね~。

マット・デイモンのロキは似ていなかったけど
それはまたそれでおもしろかった。
マットっていろいろな映画やバラエティ番組にカメオ出演して
毎回笑わせてくれる!


マイティ・ソー シリーズ第4段も楽しみ!


私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

ところで、しばらくブログ記事を書いていなかったら
エキサイトブログが勝手に新投稿画面に変更されていて、
フォントも文字の大きさも以前と異なり、
画像ファイルの仕方も変わって使いにくくて困りました。



[PR]
KING ARTHUR: LEGEND OF THE SWORD

キング・アーサー


キング・アーサーを演じる俳優は…

私の大好きな053.gifチャーリー・ハナム



おなじみ中世の騎士道ストーリー、アーサー王伝説をもとに描いた、
エンターテイメントあふれるアクション映画。

以下、ストーリーのネタバレなしで私の感想のみを書いています。

d0175590_6102470.jpg


売春宿スラム街が育ったアーサー(チャーリー・ハナム)は、
ある日、聖剣エクスカリバーを手にしたことで人生が変わってしまう。
両親を裏切った宿敵の打倒を目指してアーサーが仲間と戦っていくストーリー。

ジュード・ロウって、善良な役よりも、悪役のほうが魅力的だわ~!
今回も冷酷で卑劣な暴君王ヴォーティガン役がピッタリ。

d0175590_6155161.jpg

キング・アーサー役のチャーリー・ハナムは、わざわざ言及するまでもなく(笑)カッコイイ♪

ストーリーはおもしろかった! このメンバーで続編も観たい!がしかし…
もはや忠実な “アーサー王伝説”とは違う!という感想。

製作、監督、脚本、出演(1シーンのみカメオ出演)まで全て手掛ける人物は…ガイ・リッチー。

リッチーが手掛けた、ロバート・ダウニー・JR & ジュード・ロウというコンビが活躍する、
映画 SHERLOCK HOLMES シャーロック・ホームズ シリーズと同じく、
KING ARTHUR: LEGEND OF THE SWORD キング・アーサー も
かなり斬新な作風に脚色化されています。

アクション・シーンはガイ・リッチー節が炸裂!って感じで
スローモーションあり、寸止めあり、かと思えば、
いきなり怒涛のごとくスピード感あふれる激しい戦闘シーン連続で
いつものリッチーらしさあふれるアクション・シーンがいっぱい!
でも、観続けていると眼が疲れてしまうんだよね~(笑)。

d0175590_622754.jpg

            弓矢の名手ビルを演じるエイダン・ギレン

そして、この映画で、特に私が喜んだことは(笑)…
GAME OF THRONES ゲーム・オブ・スローンズ の
私の大好きな♪策士リトルフィンガーことピーター・ベイリッシュ役で知られるエイダン・ギレン
キング・アーサーの仲間の1人ビル役で出演!
出演シーンはそれほど多くないけど
要所要所でポイント押さえたアクション・シーンやセリフがあってイイんだわ~♪

d0175590_6291283.jpg

キング・アーサー プレミア上映会に登場したチャーリー・ハナム&デイヴィッド・ベッカム

ちなみに…良い意味でも悪い意味でも(笑)話題となったデイヴィッド・ベッカムの映画出演シーン!
ガイ・リッチー監督と仲良し♪ってことでチョットだけ出演したけど…
そりゃ~ベッカムはカッコイイよ!
サッカー選手として一流だし、
スーツでキメたモデルとしても下着モデルとしても、鍛えられた身体バッチリでステキ!
でも俳優まで手を伸ばしてはダメでしょう(笑)。
あの甲高い声で下手なセリフを言われるとガッカリ(笑)。


KING ARTHUR: LEGEND OF THE SWORD キング・アーサー 日本では6月劇場公開。


私の採点   ★★★★☆ (4つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
GUARDIANS OF THE GALAXY VOL. 2

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス


マーベル・コミックス原作のアメコミ・ヒーロー・アクション映画。

私の大好きな053.gif
クリス・プラット & ブラッドリー・クーパー(声のみ)が
出演しているシリーズ第2段。

以下、ストーリーには触れていないのでネタバレありません。 私の感想のみを書いています。

d0175590_231129.jpg

宣伝ポスターと同様、映画も“ギャラクシー”が色彩豊かに描かれていてキレイだった。

まぁね~ブラッドリー・クーパーは出演しているといっても
ロケット役で声のみ出演だから、彼のハンサムな姿が全く見えないことは残念だけど(笑)!

でもロケットって凶暴で生意気だけど、強気な性格の裏にチラッと見える弱気な面がカワイイ♪

ベビー・グルートもカワイイ♪

今回は、前回より、更に家族愛がテーマでしたね。

今回は、邪悪なブルーフェイス、ヨンドゥ(マイケル・ルーカー)が特にカッコ良かった!
ヨンドゥとロケット(ブラッドリー・クーパー)が捕らわれの身となっている時の
ベビー・グルート(ヴィン・ディーゼル)を含めた漫才のような会話のシーンと
ヨンドゥとピーター・クイル(クリス・プラット)の心と心を交わす最後のシーンが特に好きだったな~。

d0175590_2373775.jpg

どうかな~? 第1段より、ストーリー内容の対象年齢が低くなったように思えたかも…。

個性が豊かなキャラクターが揃っていて、ソレだけでおもしろいから
私は、もともとそれほど、この作品にストーリー性は求めていないので
ストーリーがさほどおもしろくなくても別にいいかな~(笑)。

観ていて素直に笑えるセリフもあったけど
「観ている者を笑わそう!」と無理に笑いに持っていくようなセリフやアクションがあって
少し気になった。

私の大好きなトミー・フラナガンがタルク役で出演していたけど
2~3のセリフのみの出演だけで寂しかったな~。


最後のクレジットまで、いろんな俳優がカメオ出演していて楽しめた。
第3段も決定しているとのことで楽しみ!


GUARDIANS OF THE GALAXY ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 第1段

のブログ記事はコチラ→


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
THE LOST CITY OF Z


イギリス陸軍少佐(後に中佐)であり、地理学、考古学にも精通した、
実在の冒険家パーシー・フォーセットの伝記アドベンチャー映画。

デイヴィッド・グラン原作のベストセラー
「The Lost City of Z: A Tale of Deadly Obsession in the Amazon」
「ロスト・シティZ 探検史上、最大の謎を追え 」をもとに製作。

主人公パーシー・フォーセットを演じる俳優は…

愛しのチャーリー・ハナム053.gif

d0175590_9161656.jpg

パーシー率いる探検隊のメンバーで陸軍伍長役にロバート・パティンソン。
パーシーの妻役にはシエナ・ミラー。

ハリスン・フォードが演じたことで有名な映画 インディ・ジョーンズ・シリーズの
主人公インディアナ・ジョーンズというキャラクターは
パーシー・フォーセットをヒントにしてクリエイトされたと言われています。

以下、ストーリーのネタバレなし。 あらすじをチラッと紹介。
チャーリー・ハナムがTVトーク番組で語った恐ろしい!撮影秘話もアリ!

d0175590_9165148.jpg

時は、1900年代前半。
南米大陸ブラジルとボリビアの国境を測量するため、
南米アマゾンに奥深く進入していったパーシー・フォーセット(チャーリー・ハナム)
探検隊メンバーたちには想像を超える出来事が待ち構えていた。
そして、アマゾンに存在すると言われる伝説の都市Zを探し求めて更に秘境に足を踏み入れていく。

THE LOST CITY OF Z は、アドベンチャー映画であっても
インディ・ジョーンズ・シリーズのようなアクション映画ではありません。
パーシーがなぜそこまで南米アマゾンに魅了されていったか、
家族や周囲の人々との関係を描きながら、シリアスな冒険ドラマに仕上がっています。

チャーリー・ハナムのファンは、最初から最後までチャーリーの魅力にタップリ浸れますよ~(笑)。

でも、パーシー・フォーセットという人物は
1人の冒険家としては魅力あっても
陸軍少佐として、探検隊のリーダーとして、堂々とした威厳ある態度で、信頼できる統率力があっても
彼の妻としてみれば、どんなに誠実で優しい夫でも
数回に渡って、何ヶ月も何年も南米に行ったきりで(第一次世界大戦中の従軍時代も含めて)
自分にとっては夫、子どもたちにとっては父親という存在が常に家庭に不在で
寂しかっただろうし大変だっただろうな~と思ってしまった。

d0175590_922216.jpg

左側はチャーリー・ハナム。右側は誰よ?って一瞬思ってしまうほどの風貌のロバート・パティンソン。

ちなみに、ロバート・パティンソン目当てで、この映画を観に行くと
彼の登場シーンは少なくないけど、寡黙な役柄なので
それほどセリフがなく、ガッカリするかもしれません。

d0175590_9255651.jpg

映画 THE LOST CITY OF Z は、イギリスのシーンはアイルランドとイギリスで撮影。
そしてアマゾンのシーンは南米コロンビアで撮影。

TVトーク番組で「アマゾンでの撮影秘話は?」と聞かれたチャーリー・ハナム。
「撮影中は、サソリ、毒グモ、無数の蚊に悩まされたけど特に問題なかったよ。
しかし、滞在していたホテルである朝、起きた時、耳の中が変な音がして痛かった。
何か耳に入ってきたな~と思って、自分で取ろうとしたけど取れなかった。
再度、寝て起きてもまだ耳の中で何かがゴソゴゾ動くような違和感があったので
ようやく医者に診てもらったんだ。」
なんと蛾が!耳の奥に侵入していて既に鼓膜の一部を食べられてしまったそう!
ヒェ~恐るべしアマゾンの蛾!
「今でも鼓膜に大きな穴が開いていてよく聞こえないんだけどね(笑)!」って
本気か冗談かチャーリー?!


映画 THE LOST CITY OF Z は日本公開未定。


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
DOCTOR STRANGE XD

ドクター・ストレンジ


マーベル・コミックス原作のアメコミ・スーパーヒーロー・アクション映画!

興行開始3日間で既に爆発的な動員数!USAで大ヒット上映中!

ベネディクト・カンバーバッチ &

私の大好きな053.gifマッツ・ミケルセン共演!


以下、少々のあらすじと私の感想のみを書いています。
ストーリーの詳細については触れていません。

d0175590_2535051.jpg

ドクター・ストレンジこと、
天才脳神経外科医スティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)
医師としては凄腕の技術を持つが故に、プライドが高く傲慢な性格。

しかし、あることがキッカケで、両手の神経をズタズタにされたことで、彼の外科医としての運命は?!

最良の治療を求めて、ネパール・カトマンズに向かったドクター・ストレンジは
魔術師のもとで修行をすることになるが、別人となった彼の人生はどう変わる?!

d0175590_2551643.jpg

    ベネディクト・カンバーバッチが演じるドクター・ストレンジのマジック・パワー炸裂!

いやぁ~おもしろかった!


これぞアメリカン・コミックス!魅力的なキャラクターがいっぱい!

今後、シリーズで続編がドンドン製作されるであろう、
ドクター・ストレンジを紹介するプロローグとしては、良く出来た序章だと思う。

d0175590_25643.jpg

       ドクター・ストレンジと戦う魔術師カエシリウス役のマッツ・ミケルセン

やっぱりマッツは悪役を演じると、より輝くな~カッコイイ♪
印象的なアイメイクもすばらしいけど(笑)ポニーテール姿がこれまたステキ!

カンバーバッチもミケルセンも、とっても楽しんでキャラクターを演じている様子が
スクリーンを通して感じられました。
彼らがフッと口にするシニカルなジョークが結構笑える!


そして実は…今からもう1年後が楽しみ!

USAでは来年11月に THOR: RAGNAROK が劇場公開予定。

カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジ
ソー(クリス・ヘムズワース)、ロキ(トム・ヒドルストン)が共演!早く観たい!



ベネディクト・カンバーバッチ主演の映画 ドクター・ストレンジ は日本では来年1月公開予定。


私の採点   ★★★★☆ (4つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
THE MAGNIFICENT SEVEN

マグニフィセント・セブン



黒澤明監督の1954年製作の映画 SEVEN SAMURAI 七人の侍 をもとに製作された、
1960年USA製作の映画 THE MAGNIFICENT SEVEN 荒野の七人
これら2作品をもとにリメイクされた西部劇映画

冷酷非情な悪者たちに悩まされて苦しんでいる町人を守るべく、
様々な場所から集まった、拳銃さばき、ナイフ投げ、弓矢の名手など
“腕に自信のある”7人の男たちが立ち向かう!

男気あふれるアクション・シーン満載のウェスタン映画!

以下、私の感想のみを書いていて、ストーリーのネタバレありません。
d0175590_618916.jpg

ウェスタン映画が大好きだった父親と一緒に
子どもの頃、TVで繰り返し再放送されていた 荒野の七人 を観た記憶があります。
今でもテーマ曲は口ずさめるほど良く覚えているけど
ストーリーの概要は掴めていても、詳細な内容は記憶の彼方で微かに覚えているぐらいなので
本当は今回、このリメイク版を観る前に
何十年ぶりかに 荒野の七人 を観たかったんだけど
チャンスがなくて観直すことが出来なかったことは残念。

d0175590_619413.jpg

写真左から…ヴィンセント・ドノフリオ、マーティン・センズメアー、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、
イーサン・ホーク、デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イ・ビョンホン

ここ数年、特にハリウッド映画やドラマ業界では
DIVERSITY ダイヴァーシティ”という言葉が囁かれ、
映画やドラマに、人種や性別を問わず、もっと多種多様な人々に活躍の場を与えよう!という
動きが顕著だけど、この映画はまさにそのことが実行されたような配役バランス。

7人の内訳は…白人3人、黒人1人、ネイティヴ・アメリカン、メキシコ人、
アジア系(映画のストーリーではイ・ビョンホンについて韓国人とは明記ナシ)…と多種多様!


個人的には、この7人の俳優の中では、以前から
ヴィンセント・ドノフリオ、イーサン・ホーク、クリス・プラットが大好き♪

ヴィンセント・ドノフリオは、私の大好きなドラマ・シリーズ
LAW & ORDER: CRIMINAL INTENT  LAW & ORDER: クリミナル・インテント
初期の頃と比較すると、ドンドン体格が横にデカくなってしまって、どうしちゃったの~?って少し心配。
今回の野生熊のようなキャラクターは良かったけど、もっと彼について描いて欲しかった!

イーサン・ホークはね~少し物足りない役柄だけど
もっとカッコイイ役柄を他の映画で観たことがあるから…今回は、まぁいっか(笑)。

クリス・プラットは、デンゼル・ワシントンと肩を並べるほど立派な俳優になって
TVコメディ・シリーズ PARKS AND RECREATION にての
“ポッチャリ体型のマヌケなキャラ”の頃から、
いや、さらに前の THE. O.C. で不思議な高校生キャラを演じた頃から
クリプラのファンである私からすれば
涙が出るほど(笑)今回のカッコイイ“ガンマン”役には、ますます惚れた!

しかし!今回の映画で、一番カッコイイな~と思った役柄
クリプラと同じく拳銃さばきが見事なヴァスケス役を演じた、
メキシコ出身の俳優マヌエル・ガルシア=ルルフォなのでした!
今後、彼の出演作品に要チェックだ~♪

肝心の映画そのものについては、途中、ストーリーの展開に“中だるみ”を感じたことも否めなく、
上映2時間13分は少し長かったかな~。
同時に7人のキャラクターの違いをもっと詳細に描いて欲しかったな~とも思う。
激しい戦闘シーンもおもしろかったけど、期待していたほど緊迫感が伝わってこなくて
もっとハラハラ・ドキドキ感が欲しかった。

しかし悪役リーダーのバーソロミュー役のピーター・サースガードって
いつもながら憎々しい悪者役にピッタリですばらしい!

ちなみに町民役のマット・ボマーはあまりにも登場シーンが少なくて
「エッ?!コレだけ?」って感じでした。


ウェスタン映画 THE MAGNIFICENT SEVEN マグニフィセント・セブン
日本では2017年1月公開予定。



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
SUICIDE SQUAD

スーサイド・スクワッド

DC コミックスのアンチ・ヒーローが集結したアクション映画!

刑務所に服役中の凶暴な悪い奴らを活用して、さらに悪い奴らを叩きのめそう!という米国政府。
政府に減刑を約束されて、渋々そのアイデアに賛同して戦うアンチ・ヒーローたちを描いた作品。


以下、ストーリーのネタバレはありません。私の感想のみを書いています。

d0175590_99426.jpg

この映画を観よう!と思ったキッカケは私の大好きな俳優が2人出演しているから!

d0175590_9112930.jpg

まずはリック・フラッグ大佐役のジョエル・キナマン053.gif

スーサイド・スクワッドをまとめる政府から派遣されたリーダー。
だから“悪い奴”ではありません。
キナマンって身長190cm近いから戦う姿がサマになってカッコイイんだわ~。

d0175590_9121371.jpg

そしてジョーカー役のジャレッド・レト053.gif

映画 DALLAS BUYERS CLUB ダラス・バイヤーズ・クラブ の熱演で
(この映画のブログ記事はコチラ→
アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いたことは記憶に新しい!

ジャレッドはTVインタビューで
ダラス・バイヤーズ・クラブのトランスジェンダー役と同じく、ジョーカー役でも
①眉毛を剃る ②全身の毛も剃ってワックスでツルツルにする ③口紅を塗る
この3点を実行したことで
「2作品続けて、この3ツを実行したのは俳優の中でもきっと僕だけだ~!」と笑っていました。

USAで、映画 SUICIDE SQUAD スーサイド・スクワッド
いろんな媒体で宣伝されてから1年近くになるけど
どちらかと言えば、ずっと“ジョーカー”が中心に大々的に宣伝されていたんですよ。
だから当然、ジャレッドのファンとしては
「ぶっち切れたジャレッド版ジョーカーがいっぱい観れる!」と楽しみにしていたら…
ジョーカーはスクワッド・メンバーとは別行動だから登場シーンが少なかった!
でも、思いっ切りハジケてブッチ切れたジョーカーで良かった!
本当はジョーカーのシーンは沢山撮影したけど、編集段階でかなりカットされてしまったそうで
残念極まりないったら!

「不必要に多いジューン・ムーン(エンチャントレス)役のカーラ・デルヴィーニュのシーンを削って
もっとジョーカーのシーンを増やすべきだった!」と語っていた評論家がいたけど、激しく同意するわ。

d0175590_920266.jpg

   リック・フラッグ役のジョエル・キナマン & ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー

映画 SUICIDE SQUAD スーサイド・スクワッド を観て一番良かった点は…

マーゴット・ロビーが演じるハーレイ・クイン
とってもカワイイこと!

自由奔放なサイコパスでクレイジーで恐ろしい性格だけど、ジョーカーを一途に想う乙女心がカワイイ。
オバカな発言も仕草もハジケっぱなしな行動もすべてがキュート!
マーゴットはハーレイ役を演じていて楽しかっただろうな~。

次はジョーカーとハーレイ・クインがメインのスピンオフを製作して欲しいくらい!
とっても気に入ったキャラクターでした♪


ストーリーは全く筋道が立っていなくてナンセンス(笑)。 
しかし、映画ポスターから分かるように
ポップでカラフルでキッチュなビュジュアル面はとても楽しめました♪


SUICIDE SQUAD スーサイド・スクワッド は日本では9月公開予定。



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
JASON BOURNE

ジェイソン・ボーン


マット・デイモン主演!

お馴染み大人気スパイ・キャラクター、ジェイソン・ボーン
大活躍するスパイ・アクション映画!

2007年に劇場公開された前作から9年ぶり久々に登場。

ジェイソン・ボーンが主役のシリーズとしては
THE BOURNE IDENTITY ボーン・アイデンティティ
THE BOURNE SUPREMACY ボーン・スプレマシー
THE BOURNE ULTIMATUM ボーン・アルティメイタム
と言う3部作に続く4作め。

マット・デイモンが演じるジェイソン・ボーンが登場せず、
ジェレミー・レナーが演じるスパイ、アーロン・クロスが主役の
スピンオフ映画 THE BOURNE LEGACY ボーン・レガシー を含めると
ボーン・シリーズでは5作め。
ボーン・レガシー についてのブログ鑑賞記事はコチラ→

以下、ストーリーのネタバレはありません。
鑑賞後の私の感想を少し書いています。

d0175590_2222396.jpg

金銭が絡む違法ファイト・クラブで黙々と戦っているジェイソン・ボーン(マット・デイモン)のところに
かつてCIAの秘密工作“トレッドストーン計画”に絡んでいた、
ニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)が訪ねて来て再会したことで
ジェイソンとジェイソンの父親に関する過去の出来事が暴かれていくストーリー。

ヨーロッパ各地やUSAを舞台に
シリーズ通して、米国政府に“追跡され逃走する”ジェイソン・ボーンの姿はこの映画でも変わりません。

ジェイソン・ボーンの厳しい表情、キビキビとした素早い行動、頭脳明晰でストイックでブレない性格が
シリーズ通して健在なことはうれしい限り!

ギリシャの街中でのカー・チェイスは
ヨーロッパ特有の古い石畳の道や狭くて細い石の階段を縦横無尽に走りまくって迫力あって良かった!
実際には、ギリシャにての撮影ではなく、
大西洋カナリア諸島のテネリフェ島で“ギリシャの街”を再現して撮影されたとのことだけど
雰囲気ピッタリ!

しかし、ストーリー後半のラスヴェガスのカー・チェイスは“やり過ぎでウソっぽい”と思った。
実際には、ラスヴェガスの中心の“ザ・ストリップ”と呼ばれるラスヴェガス大通りは
いつも大混雑していて車も多過ぎて大渋滞で、あんなにスピード出して暴走できないよ~(笑)!
SWAT特殊部隊の厳重な車に、一般車が立ち向かって突破することも…なんかな~。
実際に“ザ・ストリップ”を1週間、毎日数時間、交通止め閉鎖して撮影したらしいけど。


鑑賞前の期待度が大きかっただけに
新作 JASON BOURNE ジェイソン・ボーン
ジェイソン・ボーン・シリーズの前3作品に匹敵するほど、おもしろい作品とは言えないかな~。

でもこのシリーズ大好きだから、次回作が製作されるならば観るよ~♪ 


映画 JASON BOURNE ジェイソン・ボーン 日本公開は10月。


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
THE NICE GUYS

ナイスガイズ!


私の大好きな2人053.gif

ラッセル・クロウ & ライアン・ゴズリング 共演


1977年、ハリウッドで起きた殺人事件を追跡するアクション・コメディ映画!

以下、ストーリーのネタバレなし。
d0175590_1382763.jpg


もともと、この映画製作の話が持ち上がった時に
最初にラッセル熊クロウライアン・ゴズリング
”一緒に仕事しないか?”と連絡したそうです。
当初、ライアンは”マジ?俺たちが共演して大丈夫か(笑)?”と思ったそうだけど
実際に会って話してみたら意気投合♪しちゃったとのこと!

分かるわ~!
だってラッセル熊とライアンって
イメージとして、かなりクセのある我の強い俳優という印象がありますよね~。
だからこの2人が共演して、もし彼らの“ケミストリー”が合わなかったら
マジで撮影現場でケンカしそうだし(笑)
すごくつまらない作品になってしまうだろうな~とか、フッと考えちゃうくらい…。

映画公開前に宣伝のために
USA、イギリスの複数のトーク・ショーに一緒に出演したラッセルとライアンの姿をTVで観ました。
(冗談で)お互いの悪口を言いながらも、すごく楽しそうで波長が合っていて
きっと映画もおもしろいだろうな~!と予測していたら、観てみたらおもしろかったのでした!

d0175590_1422835.jpg

役柄としては…
ラッセル熊は、探偵業の資格を持っていない“私立探偵もどき”で、カッとなりやすく少々乱暴な性格、
でも女性には優しい!…って本来の熊ちゃんの姿そのままじゃないか(笑)!

ライアンは、探偵として免許資格を持つ“真の私立探偵”で、頭脳がハッと閃く時もあるけど
かなり“まぬけ”なキャラクター。
13歳の1人娘のほうが父ライアンよりもシッカリしている。(この娘役の子役が大活躍!)


いがみ合いながら、一見ミスマッチで凸凹な関係の“探偵”たちが
“奥が深~い”殺人事件を解決していくコメディ・タッチのストーリー。
ジョークいっぱいのユーモアあふれるアクション作品に仕上がっています。
1977年のハリウッド界隈のノスタルジックなイメージも楽しめました!

70年代らしいデザイン&カラーの衣装を着こなすライアンがオシャレ。

d0175590_1464533.jpg

後半、マット・ボマーがヒットマンで登場するけど、彼には珍しいヘアースタイル!


映画 THE NICE GUYS ナイズガイズ! おもしろかった!
続編が製作されたら、うれしいな~♪

日本では2017年2月に劇場公開予定。



私の採点   ★★★★☆(4つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
007 SPECTRE

007 スペクター


スパイ映画と言えば、何と言っても!007=ジェームズ・ボンドですよね~。

あのテーマ・ソングを聞くと毎回ゾクゾクしてしまう♪

ボンド役の俳優は交代しても、007シリーズは永遠!

今回の 007 スペクターは、通算24作め。
もちろん全作を観ています。

007 スペクター は、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じて4作め。


以下、あらすじには触れず、ストーリーのネタバレなし、私の感想だけを書いています。

d0175590_6543848.jpg

オシャレなスーツを着て、激しいアクション・シーンをこなしてもサマになるスパイの代表格と言えば…
何と言ってもジェームズ・ボンド!
歴代のボンド役の俳優は皆スーツ姿がステキ♪

敵と戦っても、爆発に巻き込まれても着崩れないスーツなのだ!

しかしデザイナー、トム・フォードのスーツは男性をより魅力的に見せるわ~。
フォードのスーツを着こなすダニエル・クレイグ、カッコ良かった!
雪上シーンで、ダニエルが着ていた同じくフォード制作のニットの黒ブルゾンもオシャレだったな~。
なにしろトム・フォード自身がカッコ良いんだから
男性をステキに魅せることにかけては、ファッション業界でトップだよね~。


さて、今回、
レア・セドゥ、モニカ・ベルッチ という2人の女性がボンド・ガールが抜擢されていたけど…

レアは予想していた以上に、登場シーンも多く活躍していた。

しかしモニカは、映画公開前に
”史上最年長(51歳)のボンド・ガール!”と、かなり騒がれていたから、とても楽しみにしていたのに
フタを開けてみれば「エッ!たったあれだけしか登場しないの?!」と、上映終了後は少しガッカリ。
キレイですよね~彼女!もっと多くのシーンに登場することを期待していたのにな~。

なんだかんだ言ってもやっぱり若い女性のほうが好みなのね~ジェームズ(笑)!


前作までジュディ・デンチが演じていたボンドの上司M役は好きだったから
彼女に会えないことはとっても残念なんだけど
新しいM役のレイフ・ファインズは役柄が若返った分、活動的で良かったと思う。


そして悪役のクリストフ・ヴァルツ
私の大好きな俳優です♪
ホント!彼って芸達者ですよね~。
でも、もう少し“憎たらしい敵”でも良かったかも…。

やはり、クリストフが2度のアカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いた
INGLOURIOUS BASTERDS イングロリアス・バスターズ
DJANGO UNCHAINED ジャンゴ 繋がれざる者
で、彼が演じた印象深過ぎる強烈な役柄と比較すると
今回の悪役は少し物足りなかったかな~。


個人的には、 007 スペクター の内容は歴代24作の中では平凡かな~と思います。

前作 007 SKYFALL 007 スカイフォール のブログ記事はコチラ→ 


007 ファンは、それぞれお気に入りのジェームズ・ボンドがいると思うけど
やっぱり私は、フェロモンばりばりの初代ショーン・コネリー、
エレガントでチャーミングなピアース・ブロスナンが演じるジェームズ・ボンドが特に好き♪



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]