タグ:イーサン・ホーク ( 2 ) タグの人気記事

BOYHOOD

6才のボクが、大人になるまで。


ただいま全米公開中で大絶賛されている映画です!

2時間45分の長編映画だけど全く退屈せずに観入ってしまいました!

この映画のスゴイ点は…撮影期間がなんと12年間!

ある家族の12年間の出来事を、父役イーサン・ホーク、母役パトリシア・アークエット、
娘役ローレライ・リンクレイター、息子役エラー・コルトレーンという
“同じ俳優で2002年から2013年の12年間に渡って撮影”していること。
家族愛、それぞれの登場人物の成長を描いたドラマです。

以下、ストーリーのネタバレはありません。

d0175590_11173687.jpg

イーサンやエラーのインタビューによると
2002年から2013年の12年間、毎夏1~2週間ぐらい撮影して
その成長ぶりを自然に撮影していったそうです。

普通、映画で“12年間の描写”と言うと
子供は成長が早いから、2~3年でも別々の子役がそれぞれの年代を演じていたり
大人だったらメーキャップで“シワを作ったり、老けたり”するけど
この映画は同じ俳優が12年間を演じているので
イーサンやパトリシアは自然に12年という年月を重ねているし
子役のエラーやローレライを、それぞれ6~7歳から18~19歳の12年間を描いていて
特に男の子エラーはカワイイ6歳頃から
ティーン特有のニキビができてヒゲが生えてきて声変わりもしてドンドン大きくなっていく様子が
自然に描かれているので
この映画を観ている側としても、まるで“1年に1回会う遠い親戚”のような感覚で
「あぁ~1年会わない間に随分大きくなったね~!」と親近感を覚えます。

d0175590_11185621.jpg

家族生活は決して円満ではありません。

物語の最初から父メイソンSr.(イーサン・ホーク)
母オリヴィア(パトリシア・アークエット)は離婚しているし
父は再婚、母は再婚、再々婚。

長女サマンサ(ローレライ・リンクレイター)長男メイソンJr.(エラー・コルトレーン)
小学校低学年から大学生になるまで、多感な幼少時期をどう過ごし
感受性の高いティーンに成長し、自分のしたいことをどう見つけていくか…がテーマ。

とにかく家族4人の会話や表情が演技とは思えないくらい“自然”。
特に、この映画の監督リチャード・リンクレイターイーサンとの付き合いは何十年にも渡るから
監督の実の娘で今回イーサンの娘サマンサ役を演じたローレライも
生まれたときから身近で良く知っている間柄ということで
イーサンともまるで本当の父娘みたいに違和感ナシ! 

リチャード・リンクレイターと言えば
イーサンジュリー・デルピーが主役の映画
BEFORE SUNRISE ビフォア・サンライズ
BEFORE SUNSET ビフォア・サンセット
BEFORE MIDNIGHT ビフォア・ミッドナイト
というBEFOREシリーズ3部作を監督、脚本を担当していてイーサンとは旧知の仲。
3部作シリーズの詳細と私の感想はコチラ→

あの3部作シリーズは、9年ごとに製作して、27年間に渡り継続しているし
今回の映画 BOYHOOD 6才のボクが、大人になるまで。の12年間に渡る撮影と言い
リンクレイター監督はかなりの忍耐強い人でしょうね(笑)。
なにしろこの映画も内容がバレないように12年間も秘密にしてきたのだから(笑)。


イーサン・ホーク♪昔から大好きだけど、ますます好きになってしまいました♪

何回も観たくなる、切なくも心温まるドラマ映画です!


BOYHOOD 6才のボクが、大人になるまで。 
日本では11月公開予定。



私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
BEFORE MIDNIGHT ビフォア・ミッドナイト


アメリカ人のジェシー(イーサン・ホーク)& フランス人のセリーヌ(ジュリー・デルピー)
の会話が楽しいインディーズ映画、ロマンティックな恋愛ストーリー第3段。


以下、ネタバレはありません。

d0175590_11413076.jpg


映画3作品とも監督・脚本はリチャード・リンクレイター。 
そして前作品に続きイーサン・ホーク&ジュリー・デルピー自身も脚本を共同執筆。

全作品が半日から24時間以内の出来事を描き
ほとんどジェシー&セリーヌ2人の会話で成り立っているストーリー。

1995年公開の1作め BEFORE SUNRISE ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)
ハンガリー・ブタペストからフランス・パリヘ向かう国際長距離列車の中で出逢ったジェシーとセリーヌが
途中駅オーストリア・ウィーンで降車して夜明けまでウィーンの街を歩いて
いろいろなことについて楽しくオシャベリするストーリー。

しかし当時は今のようにメールも携帯電話もまだまだ普及していない時代。
再会の約束をしても実現することなく音信不通のまま時は過ぎて…9年が経ち…

9年後の2004年公開の2作め BEFORE SUNSET ビフォア・サンセット では
小説家として成功したジェシーがヨーロッパをプロモーション・ツアー中。
9年前のウィーンでのあの想い出の一夜のことを書いた小説のサイン会でパリを訪れる。 
サイン会にはなんと9年ぶりに会うセリーヌの姿が! 
飛行機が出発する日暮れまでの数時間、
9年前のウィーンでのこと、その後の自分たちの生活について
パリの街を歩きながら話して盛り上がる2人のストーリー。

そしまたまたさらに9年後を描く
今回2013年公開の3作め BEFORE MIDNIGHT ビフォア・ミッドナイト

前作で、ジェシーとアメリカ人の妻との生活は破綻していたことが会話でチラッと出てくるが
現在、ジェシーとセリーヌの間には、6~7歳のかわいいふたごの娘が誕生していて
一緒にフランス・パリで暮らしている。 
(今回の映画ではギリシャの田舎で数ヶ月暮らしている設定)
人気小説家のジェシーは元妻との間に生まれて今はティーンになっている息子と
離れて暮らさなければならないことで悩んでいる。 
元妻とUSA・シカゴで暮らすティーンの息子とは夏休み、クリスマスぐらいしか会えないジェシー。 
セリーヌは仕事が上手くいかず、子育て、崩れていく自分のボディ・ラインに悩んでいる。 
そんな2人が夜中まで喜怒哀楽オシャベリし続けるストーリー。

d0175590_1151586.jpg

     3作めの今回はギリシャの田舎町で過ごしている設定のジェシー&セリーヌ

イーサン・ホーク大好きです♪
 
子役の頃から顔は変わらないままステキに年を重ねている感じがする。 
イーサンとジュリーは私生活でも親友だそうで
”20年近く家族ぐるみで付き合っている!”とインタビューで話していました。

私生活でも仲が良い2人だからこそ!この3作品は”ホントにある出来事”のようにナチュラルで
実際の時間と同じく18年の年月が過ぎ…40代前半になり、
それぞれ悩みを抱えるジェシー&セリーヌの会話のキャッチ・ボールがおもしろい。

ホーム・パーティーのシーンもあるので他の共演者との会話もあるけど
ほとんどジェシー&セリーヌ2人だけの会話ばかり。 
カメラ・ワークをカットすることなく、何十分も2人だけ絶え間なくオシャベリするので
まるで舞台劇を観に行っているみたいな気分に浸れます。 
2人で脚本を書いているだけあって、会話にすごくリアリティがあり
”こんなこと言うな~自分も!”と頷きながら、ドンドン2人の世界に引き込まれてしまう感じ。 

1作め、2作め、3作め…順番に観ていくことをオススメします!
よりジェシー&セリーヌに感情移入できて楽しめます。

この映画の宣伝のため出演したトーク・ショーでイーサンが
”4作めも9年後にありえるよ!”と話していたので是非実現して欲しいな~!と思う私です。

BEFORE MIDNIGHT ビフォア・ミッドナイト ステキな恋愛映画です。




私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]