タグ:コメディ映画 ( 31 ) タグの人気記事

SEVEN PSYCHOPATHS

原題:セブン・サイコパス


犯罪ブラック・コメディ映画。


なにしろ出演している俳優が
クリストファー・ウォーケン、コリン・ファレル、ウッディー・ハレルソン、
サム・ロックウェル、トム・ウェイツとくれば
タイトル知らなくても妖しげな危険な香りのするコメディだと分かりそう(笑)!


以下、カンタンな短いあらすじのみでネタバレなし

d0175590_8241097.jpg


イギリス製作映画だけど、舞台はロスアンジェルス・ハリウッド周辺。

見ず知らずの人々の大事な飼い犬たちを誘拐して、大きな倉庫の中で飼ったり自宅に連れて帰り
しばらくして本来の飼い主に“さも自分が偶然に犬を見つけたように”家まで届けて
あわよくば、お礼の大金をせしめようとする…そんなどうしようもない商売をしている奴らと
大事な愛犬を盗まれ、爆発するマフィアのリーダーと
サイコパスについて映画の脚本を書いている脚本家の卵の話。

パーソナリティー障害のサイコパスを扱ったブラック・コメディなので
血ドロドロ、残虐な殺害方法(動物は対象外)も結構多いです。
でもあくまでも”コメディ”なので、シリアスではありません。

監督マーティン・マクドナーと俳優コリン・ファレル
2008年の映画 In Bruges(ヒットマンズ・レクイエム)でもチームを組んでいます。
↑しかしスゴイ邦題だな~(笑)。
あの映画もベルギー・ブルージュを舞台にした犯罪のブラック・コメディだったな~。


さて映画 SEVEN PSYCHOPATHS(セブン・サイコパス)…まぁ楽しめたけど
もっと笑えて面白くても良かったかな~。

しかしクリストファー・ウォーケンは言うまでもなくもちろん
ウッディー・ハレルソン最高!
愛犬にはメロメロでも人間には容赦ないサイコパス役ピッタリ!





私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]

HIT & RUN (原題:ヒット&ラン)


俳優ダックス・シェパードが主演・監督・脚本を一手に引き受けるコメディ・カーチェイス映画。

なんで観に行ったかと言えば、大好きなブラッドリー・クーパーが友情出演しているから♪

以下、ネタバレありません。

d0175590_8273311.jpg


ストーリーはカンタンに…

チャールズ(ダックス・シェパード)
どこかぬけているUSマーシャル(連邦保安官)のランディ(トム・アーノルド)に見守られながら
米国連邦政府のWitness Protection(証人保護プログラム)のもと
カリフォルニアの田舎で身分を偽って暮らしている。

ガールフレンドのアニー(クリステン・ベル)が新しい仕事の面接に
ロスアンジェルスまで行くことになり、自分の車で送ることにしたチャールズだが
以前、司法取引により自分が裏切った仲間のギャング、アレックス(ブラッドリー・クーパー)
隠していた所在を知られることになり、ハチャメチャな旅のスタート!

d0175590_831167.jpg

   映画 HIT & RUN プレミアにて、左から、ダックス、クリステン、ブラッドリー

2010年に同じくダックス・シェパードが主演・監督・脚本した
ドキュメンタリー風コメディ映画 BROTHER'S JUSTICE
トム・アーノルドブラッドリー・クーパーも共演していて
観たけど内容がつまらなかったし(笑)
だから今回も別に最初から期待して観に行ったわけではありません(笑)。

ダックス&ブラッドリーは日頃から“ツルんでいる仲間”。
そう!この映画に出演している俳優たち、私生活でもホントに仲の良い友人たち。
ダックスの恋人役のクリステン・ベルは私生活で、ホントにダックスと婚約しているし、
1~2分のカメオ出演の俳優たちも皆トモダチ。

d0175590_8364228.jpg

こんな感じのドレッド・ヘアーで、だらしないジャージ姿のアレックス役のブラッドリー・クーパーを
観たいがために!この映画を観に行った私(笑)。

d0175590_8373825.jpg

          キャーいくらなんでも!二枚目ハンサムが、ここまでするか?!


映画HIT & RUN コメディなのに、あまり笑う要素のない大して面白い作品でもないけど(笑)…
ダックス・シェパード・ファンの人、
どんな変な役柄でも(笑)ブラッドリー・クーパーが観たい人(私のように…)、
チョット変わったカーチェイスが好きな人にはオススメです!




私の採点   ★★☆☆☆ (2つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
筋肉モリモリのイケメン俳優勢揃い!今夏一番セクシーな♪男性ストリッパーを描く映画


   MAGIC MIKE   マジック・マイク


ストリップ・ダンス盛り沢山の映画で、観客席の女性の黄色い声がスゴかった~(笑)。


俳優になる前はホントに!フロリダ州タンパのストリップ・クラブで、ストリッパーだった
チャニング・テイタムの自叙伝的ストーリー。


フットボール部で問題を起こし退学、その後、何の仕事をやっても上手くいかなくて
ヤル気のないアダム”ザ・キッド”(アレックス・ペティファー)
大人気のストリッパー、マジック・マイク(チャニング・テイタム)と知り合い
若手ストリッパーとして成功していくが…。

以下、ストーリーのネタバレは全くありません。

d0175590_10531986.jpg

まず、こんな出演者たち7人がストリッパー!

☆ マジック・マイク(チャニング・テイタム)
…数々の映画で主役やっていますよね。

☆ アダム”ザ・キッド”(アレックス・ペティファー)
…映画 BEASTLY(ビーストリー)のカイル役で知られているかな。

☆ ケン(マット・ボーマー)
…ドラマ WHITE COLLAR(ホワイト・カラー)のニール。

☆ ビッグ・ディック・リッチー(ジョー・マンガニエロ)
…ドラマ TRUE BLOOD(トゥルー・ブラッド)のアルシード。

☆ ティト(アダム・ロドリゲス)
…ドラマ CSI:マイアミ のエリック・デルコ。

☆ ターザン(ケヴィン・ナッシュ)
…身長208cm 本職は現役プロレスラー。

☆ ダラス(マシュー・マコナヒー)
…ご存知これまた数々の映画にて主役。


いきなりチャニングの全身全裸(背中)でスタートする、この映画。

出演者、皆 THONG(Tバック)だけのシーンがいっぱい、ある、ある(笑)。
ファンの皆さん、大喜び、間違いナシ!

d0175590_110010.jpg

   さすがストリッパー経験者チャニング・テイタム(中央)!一番ダンスが美味かった!

この映画の宣伝で、いろんなトーク番組に出演していた彼ら。

特にチャニング・テイタムは、出演した全てのトーク番組で
”ホントにストリッパーだったんだよね?!”と必ず質問され、
”そうなんだよ~!”と、アッケラカンとニコニコ顔で答え
”ストリップ始めた当初の19歳の頃は、ダンスも下手で身体も一番鍛えられていなかったんだよね!”
と、これまたスマイル。
普通、ストリッパーをしていた過去なんて、絶対に話題にするのもタブー…なんてコト多いのに
もともと、この映画の企画もチャニング自らの提案だそうで!
今まで数々の彼の映画を観て、首が太過ぎて(笑)タイプじゃないな~と思っていた私も
今回、素顔の彼を見て、かなり好感が持てました♪

それぞれ別々のトーク番組に出ていた、マシュー・マコナヒージョー・マンガニエロ
口を揃えて言っていたのは、チャニング・テイタムのストリップ・ダンスの素晴らしさ!
そして彼らが言っていたことは…
”ダンスの初日リハーサルで出演者が揃ったとき
皆、どんな風に踊ればいいのか全く分からなくて、ボ~ッと立ち尽くすだけで困っていたところ
チャニングは最初からバッチリ!ストリップ・ダンス独特のキメの動きをバシッ、バシッと見事に披露して
他の出演者たちは、エ~ッ、あんなコトできるかな~俺…と、驚きの眼差しだった…。”だって!
”ダンスを激しくすればするほどTHONG(Tバック)がズレてきて
ハズれないようにするのが大変だった!”…とか、いろいろな撮影裏話も面白かった。

d0175590_11121812.jpg

       女性客の大声援を受けて、ソロ・ダンス披露のマシュー・マコナヒー

激しいストリップ・ダンス練習の努力の甲斐あって(笑)
映画後半のマシューのソロ・ダンスはスゴかった!見モノです♪
ストリップ・クラブのオーナーでもあるダラス役のマシュー・マコナヒー。
ダラスの軽妙なトークも、マシューのコメディ映画では欠かせない!
水を得た魚のように彼にピッタリの役。

しかし驚いたのが、アレックス・ロドリゲス。 
CSI:マイアミ のエリック役の時は、あまり気が付かなかったけど(笑)
見事に引き締まった身体だった。

あまりセリフがないけど、ケヴィン・ナッシュも52歳なのに、立派な肉体だな~と思ったら
現役の人気プロレスラーでした。
毎日鍛えているから、あれだけスゴい身体も納得。

d0175590_11194868.jpg

       セクシーな消防士のユニフォームが似合うジョー・マンガニエロ

7人のストリッパーのうち、誰が一番素晴らしく鍛えられた身体だったでしょうか?
人それぞれ好みがあると思うけど、客観的に見て、やっぱりジョー・マンガニエロかな。
195cmの均整の取れたまるでギリシャ彫刻のような肉体で(笑)
6パックの割れた腹筋がクッキリの35歳!


そう言えば、日本だと、消防士=セクシーなイメージって無いですよね?
日本だと、マジメに火消しの仕事に徹する職人イメージが強いんだけど…
USAでは、消防士→鍛えられた身体→セクシー→抱かれたい…となるんですよね、一般的に。

32歳のチャニング・テイタムが筋肉ムキムキで素晴らしいのはもちろん、
マシュー・マコノヒーも42歳と言う年齢からすると、見事な6パック!

d0175590_1125443.jpg

USAの男性ストリップ・クラブは健康的で?明るくて、楽しいんですよ~。

ストリッパーは最後の一枚?THONG(Tバック)だけはハズしちゃダメ。
(ハズすならカーテンのシルエット越し) 
観客はチップを渡す以外、ストリッパーに自分から触っちゃダメ。
(ストリッパーから観客を触ったり抱きかかえてくれる)などルールあり。

よくあるのが、結婚前の新婦になる女性を祝う Bachelorette party(バチェロレッテ・パーティー)で
女性がグループで訪れて、クラブでワイワイ・ガヤガヤ騒ぐってパターン。
私も友人のパーティーで行ったことあるけど(笑)楽しい!
でもこの映画のようにハンサムばかりとはいかないけどね(笑)。


スティーヴン・ソダーバーグ監督が届ける映画 MAGIC MIKE マジック・マイク
チャニング・テイタムはじめ出演者のセクシー・ダンスてんこ盛り♪ 楽しめました!





私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
週末、劇場公開されたばかり、興行成績トップ1の爆笑コメディ映画

          TED テッド


主人公ジョン(マーク・ウォールバーグ)
8歳のクリスマス・プレンゼントにもらったテディ・ベアのぬいぐるみ、テッド。 

いつも仲間ハズレにされ、仲の良い友達もいなくて寂しがっていたジョンが
”テッドが話せたらイイな~!”と、お祈りした翌朝、なんとテッドが動いてペラペラしゃべった!

ぬいぐるみが話すからと言って、子供向け映画では全くありません。
むしろ子供には観せたくない(笑)大人向けのコメディです!


以下、予告編で観られる程度のあらすじ&感想のみで、ネタバレほとんどありません。


d0175590_945313.jpg


テディ・ベアのぬいぐるみ、テッドと27年間いつも一緒のジョンも、もう35歳。
一応レンタカー会社で働いてはいるが、勤務態度は”適当”の一言。
テッドと飲んで、バカ騒ぎして、いつまでも学生気分で中身は全然成長していない。

しっかり者の恋人ローリー(ミラ・クニス)と付き合って4年。
優しいけど、将来について、いつまでも煮え切らない態度で
テッドとばかりツルんで遊んでいるジョンに
いい加減、シビレを切らしたローリーは、テッドに、ひとり暮らしを勧めるが…。

d0175590_9474650.jpg

          いい年して、カミナリが恐いジョン&テッドに呆れるローリー

さて、このテッド、愛くるしい外見と違って、中身は普通の男性?どころか悪フザケ多過ぎ(笑)!
メチャクチャな車運転する、ビールは飲む、タバコ、マリワナ&コカインやる、
売春婦を連れ込んで女遊びする、近所迷惑なドンチャン騒ぎパーティーする…
おまけに卑猥なエッチな下品な差別的な、くだらないジョークばかり発言する。

d0175590_9531099.jpg

               ワ~イ、パーティーだ、乾杯!

通常、主人公と(オシャベリする)ぬいぐるみの関係は
その2人だけ聞こえる、見える想像上の出来事であって
周囲の人々には単なる”動かない話さない”ぬいぐるみ…ってパターンが多いのに対して
このドラマのポイントは、
テッドが人間のように動いて話して生活していることを
全米中の皆が知っている、認めているってコト!

人間&くまのぬいぐるみと言う男同士の友情BROMANCE(ブロマンス)を描いた異色のコメディ。
ホロリ…と少し感動させられるシーンもありながらも
根本的には、放送禁止用語の多い痛烈な風刺ジョーク、下品でエッチな会話も多いので
そこを冗談と割り切って楽しめるか、マジメに受け取って楽しめないかがポイント。


d0175590_1012591.jpg


ちなみに、このテッド役の声優セス・マクファーレン
長年続いている FAMILY GUY と言う大人向けの風刺コメディ・アニメで知られていて
USAでは大人気の声優です。
今回はテッド役のみならず、この映画の製作、監督、脚本すべて兼ねて大活躍。

もし彼氏がテッドと一緒に暮らしていたら、大歓迎するくらい(笑)私は多いに楽しみました!
映画 TED(テッド)は、くだらないけど面白い!笑ってストレス解消できる♪そんな映画。
かわいいテッドが再び活躍する続編も観たいくらい!


追記: その後、あまりにも欲しくて等身大テッドのぬいぐるみを購入!
    会いたかったテッドが家に来た♪(詳細はコチラ→






私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)






にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
映画 MIRROR MIRROR (原題:ミラー ミラー)


"Mirror, Mirror, on the wall, who is the fairest one of all?"

”鏡よ、鏡よ、鏡さん、この世で一番美しいのは誰?”

誰でも知っているグリム童話、またはディズニー・アニメ?
"SNOW WHITE" ”白雪姫”の実写版映画。

そう言えば、英語では、Mirror, Mirror と2回だけ語りかけるのに
日本語では、鏡よ、鏡よ、鏡さん…と3回なのね~なぜ(笑)?


d0175590_9393093.jpg


配役は…

クレメンティアナ女王(=意地悪な白雪姫の継母)… ジュリア・ロバーツ

スノー・ホワイトこと白雪姫… リリー・コリンズ

アルコット王子… アーミー・ハマー

執事ブライトン… ネイサン・レーン

王様(=女王の夫であり白雪姫の父)… ショーン・ビーン

そして、ユニークな7人の小人たち

d0175590_9482499.jpg

            カッコイイけど…かなり3枚目のアルコット王子


インド出身のターセム・シン監督が描く、この映画は
華やかさ(特に衣装がカラフル)そして踊り、歌が溢れていて
なんとなくインド”ボリウッド”映画的な要素いっぱい!

ストーリーは白雪姫をもとにしているけど、かなりアレンジしていて
毒リンゴや王子&白雪姫のKISSのシーンはオリジナルとは違う点も面白い。

超イジワルで、年の離れた若い王子に色目を使う女王は
大げさな演技で早口で喋り捲るジュリア・ロバーツにピッタリ。

白雪姫も童話やアニメのように、おとなしいばかりではない。
最近のヒロインは強くなきゃね!ってワケで、7人の小人たちに剣さばきを習って
どんどん精神的にも強くなっていくのだった。
小人たちも個性豊かで彼らのセリフが結構笑える。



映画 MIRROR MIRROR
幼稚園の子供も充分楽しめる、お子さま向けファミリー映画!

そんなお子さま向け映画を私が観に行った理由は…

☆ 6月公開の同じく白雪姫を扱った映画 SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN
  と見比べたい…しかしフタを空けてみれば後者の映画は、ダークで大人向けっぽい。
  6月公開の映画の方はイジワル女王役はシャリーズ・セロン、白雪姫はクリステン・スチュワート
  追記:その後、観た映画の感想はコチラ→

☆ 私の好きな俳優が3人出演している↓
d0175590_1052884.jpg

   アーミー・ハマーショーン・ビーン、一人おいてネイサン・レーン

いや~でも想像していた通り、ショーン・ビーンは最後の5分しか登場しないのでした(笑)もぉ。

ちなみに主役のリリー・コリンズは、有名シンガー、フィル・コリンズの娘。

この映画の中の色鮮やかでステキな衣装は日本を代表するデザイナー、石岡瑛子さんが担当しています。
残念ながら映画公開前に今年亡くなった石岡さんを讃え
映画の一番最後に "in memory of Eiko Ishioka" と言葉が捧げられています。






映画 MIRROR MIRROR、日本公開時には邦題はどうなるかな? 
カタカナで”ミラー、ミラー”? まさか”鏡よ、鏡”じゃないよね(笑)。


追記: その後、映画 MIRROR MIRRORの邦題は

白雪姫と鏡の女王に決定しました。



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
ベン・スティラー&エディ・マーフィー共演


犯罪アクション・コメディ映画


TOWER HEIST   (原題:タワー・ハイスト)


以下、予告編で見れる程度のネタバレ少しあり、あらすじ&感想


d0175590_11483570.jpg


ニューヨークの一等地にそびえ建ち、
超リッチな人々が暮らす超高級高層コンドミニアムTHE TOWER は
超豪華ホテル並みの24時間きめ細かいサービスで沢山の従業員が働いている。

そんな中、最上階プール付きのペントハウスに暮らす大富豪で実業家の
アーサー・ショー(アラン・アルダ)が巨額詐欺の罪でFBIに逮捕される。

タワーで働く従業員たちのまとめ役で
マネージャーのジョシュ(ベン・スティラー)はじめ従業員は皆、
老後のリタイアメント・プランのための資産運用をアーサーに委託していたから
さあ大変! 彼らが貯めた金はすべてゼロに?!

信用して投資した金をアーサーに、だまし取られ、裏切られ怒り奮闘のジョシュたちは
アーサーに多大な隠し財産があると嗅ぎ付け、奪い取ろうと緻密な計画を練る。


その泥棒(HESIT)チームのメンバーは…

☆ タワーの構造を知り尽くしているマネージャーのジョシュ

☆ タワーのコンシェルジェで、住民のことを熟知しているチャーリー(ケイシ―・アフレック)

☆ タワーの新人エレベーター係で、電気関係に詳しいエンリケ(マイケル・ペーニャ)

☆ タワーのルーム・サービス係で、鍵開け商売の父の影響で金庫開けも”お手のもの”の
オデッサ(ガボレイ・シディベ)

☆ タワーの住人で、かつてはウォール街で投資家として大成功していたが
今は破産して妻子にも愛想を尽かされてズタズタだが
数字に強いMr.フィッツヒュー(マシュー・ブロデリック)

☆ そして、泥棒、スリなどで常に警察に世話になっているチンピラで
ジョシュの近所に暮らすスライド(エディー・マーフィー)が泥棒チームの要に!

彼らの計画は上手くいくのか?!



ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンが出演した犯罪アクション・コメディ、
”オーシャンズ11”の三部作シリーズを、なんとなく彷彿させるかも…。
オーシャンズ・シリーズより、犯罪チームの人数は少なく、小粒で洗練されていないけど(笑)。
そう言えば、ケイシ―・アフレックは両方の映画に出演してます。

ベン・スティラー・ファンの私としては、彼のコメディで、もっと面白い作品いっぱいあるけど
この映画も、まぁそれなりに楽しめたかな。

エディ・マーフィーは、前半ほとんど登場しなくて
”いつ出て来るの?”と、やきもきしてしまったけど、出てくれば相変わらず笑わせてくれる。
昔のような勢いがなくても、やっぱり笑いのセンスは抜群だなと思わせるエディ。
楽しみにしていたのに、来年2月のアカデミー賞の司会を降板してしまって、ガッカリだな~。



TOWER HEIST(原題:タワー・ハイスト)は、来春日本公開予定です。

追記: 映画"TOWER HEIST" 邦題は"ペントハウス"に決定。




私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)





にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
監督・脚本 ウッディ・アレン

主演 オーウェン・ウィルソン

MIDNIGHT IN PARIS

(原題: ミッドナイト・イン・パリ)

フランス・パリを舞台に、現代と1920年代を時間旅行するロマンチック・コメディ映画。

以下、予告編で観れる程度のネタバレあり。

d0175590_5473812.jpg


脚本家のギル(オーウェン・ウィルソン)は、小説を出版しようと試みているが
今ひとつ上手くいかない。
婚約者のイネス(レイチェル・マクアダムス)と、裕福な彼女の両親と一緒に
USAからフランス・パリを訪れ旅行中。

パリ観光中もレストランでの食事の時も
ギルとイネスの仲は、どこかギクシャクしてケンカばかり。
ある夜、2人は別行動し、出先からホテルヘ帰る途中、
ギルは道に迷い、石畳の階段に座り途方にくれる。
ボ~ン、ボ~ンと真夜中24:00を知らせる教会の鐘。
そんな彼の前に時代錯誤な馬車が現れ、
馬車の中から顔を出した人に”乗りなよ!”と勧められるまま、ギルは同乗する。
…すると!1920年代の芸術の都パリヘ、タイム・スリップ。

華やかなパーティーに忍び込むギル。
そんな彼の前に実在の偉大な作家たち
アーネスト・ヘミングウェイ(コリー・ストール)、
F・スコット・フィッツジェラルド(トム・ヒドルストン)、
ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ
これまた実在した画家パブロ・ピカソ、
サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)などが現れて、彼に話しかけて来る。
そして魅力的な女性エイドリアナ(マリオン・コティヤール)に出逢い、
すっかり1920年代に魅了されたギルは
毎晩24:00になると迎えに来る馬車に乗り、古き良き時代ヘ…。

d0175590_6271243.jpg


ちなみに右の二人、レイチェル・マクアダムス&マイケル・シーン
この映画がキッカケで、恋愛関係に発展。 ただいまプライヴェートで交際中。


ウッディ・アレンの映画だから、とにかく皆オシャベリです(笑)。
特に実在した作家や画家たちが、ホントに言いそうなセリフを
おもしろ可笑しく表現しています。
観客もギルと一緒に時間旅行して、当時の雰囲気をタップリ堪能できます。

オーウェン・ウィルソン&レイチェル・マクアダムス
映画 WEDDING CRASHERS でも恋人役で共演していて
あの時の彼女は、強きな性格でもカワイイ役だったのに
今回は、”こんな嫌なオンナは見たことない!”ってくらい(苦笑)
ぜいたくでワガママな婚約者役を演じています。
オーウェンは、お得意の”のらりくらり・つかみどころのない”役を好演。

フランス・サルコジ大統領の妻で、モデルのカーラ・ブルーニ
ミュージアム・ガイドとして出演しています。




私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]

5月下旬に全米公開して、早10日間
コメディ映画歴代最高オープニング3日間(及び3連休含めた前後の5日間)
観客動員数新記録樹立! わ~い、パチパチ!

私も公開1週目で既に2回も観てしまいました!

THE HANGOVER PART II

ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える

日本では7月公開予定。


ご存知、世界中で大大大ヒット(日本では、まぁまぁ?)、
特にUSAでは超ロングラン・ヒットとなった2009年公開のコメディ映画

THE HANGOVER

ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

の続編、パート2です。

パ-ト1は、何十回も観ているほど大好きな映画です。

以下、予告編で観れる程度のネタバレ含みます。

d0175590_661496.jpg


ストーリーは至ってシンプル。

主役の3人はコチラ…

フィル(ブラッドリー・クーパー)…小学校の先生(←こんなカッコイイ先生いないって!)
ステュ(エド・ヘルムズ)…歯科医
アラン(ザック・ガリフィアナキス)…両親の家で優雅に暮らす無職の変人


パート1の舞台ラスヴェガスから、パート2の舞台は、タイ・バンコクヘ。

前回パート1で、ラスヴェガスで、酔ったはずみで
ストリッパーのジェイド(ヘザー・グラハム)と結婚してしまったステュ。
残念ながらジェイドとは、その後、別れてしまったようで今回は
タイ人の彼女と結婚するため、皆を連れてタイヘ!

前回ラスヴェガスでのダグ(ジャスティン・バーサ)のバチェラー・パーティーでの
記憶喪失の恐ろしいドンチャン騒ぎを教訓に、
”バチェラー・パーティーは遠慮したい。”と拒否するステュに
フィルは”バチェラー・パーティー無しに結婚するなんて有り得ない!”と大反対。
”じゃ~仕方ないな、1杯だけ…。”と、夜のビーチに繰り出す
フィル、ステュ、アラン、ダグ、そしてステュの花嫁ローレンの弟テディの5人。

…翌朝、眼を覚ましてみれば、見知らぬ部屋で二日酔いの彼ら。
アランの髪の毛はスキンヘッドに!
前回、前歯を引っ張り抜いていたステュは、
今回なんとマイク・タイソン(彼も出演しています。)のように顔にタトューが!
前回、部屋にいたのはライオン、今回はサル!
当然何が起こったか全く覚えていない3人。

そこへ電話が鳴る。
前夜、妊娠中の妻の具合が悪いと、ひとりだけ先にホテルヘ帰ったダグから
”どこにいるんだ? 何をしている? 朝食を一緒に食べる約束だろ?
テディがいないって騒いでいるぞ!”

そう今回は、ステュの花嫁ローレンの弟テディが行方不明に!
おまけにテディは、まだティーンエイジャー。
テディを探しに失われた記憶を辿り次々とハプニングに巻き込まれる彼ら。

d0175590_673165.jpg


主役4人全員めずらしく、皆キレイなブルー・アイなんですよ~。

ステュ役のエド・ヘルムズ曰く、
”ブラッドリーの瞳の中で泳げるくらい”フィル役のブラッドリー・クーパーの
アクアマリン・ブルーの瞳が特に美しいんですよね~。

大ヒットしたコメディ映画の続編は、あまり面白くないことが多いけど
この映画は、(さすがにパート1を超えるほどの爆笑モノでは無いけど…)
文句なく楽しめます!

前回活躍したミスター・チョウ(ケン・チョン)が、またまた全裸で笑わせてくれます!

ストーリーが、”ハチャメチャなバチェラー・パーティー”と分かり切っているので
ソレを観ている方が一緒に楽しめるかどうかがポイント。
”な~んだ、また記憶喪失の馬鹿騒ぎ!”と言われれば、そうだけど
観客はソレを期待しているんだからね~。
くだらないと思いつつも、思いっ切り笑いたい人にオススメ映画です!


ハングオーバー・パート1は、私にとって、5つ星の映画だけど(映画評はコチラ→)
ハングオーバー・パート2は… ↓

私の採点   ★★★★☆ (4つ星)




あまりにも、パート2が大好評なので、パート3制作の話も既に出ているそうです。
そうしたら今度はアランのバチェラー・パーティー?!





にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
2010年最後に観た映画は
クリスマスの週末の北米映画興行収入ランキング初登場1位に輝いた
コメディ・シリーズ第3作目

大ヒット・コメディ映画 "MEET THE PARENTS"(ミート・ザ・ペアレンツ)

その続編"MEET THE FOCKERS"(ミート・ザ・ペアレンツ2)に続く


LITTLE FOCKERS

原題のままだと、リトル・フォッカーズになるけど
日本公開時には、やっぱり邦題は、ミート・ザ・ペアレンツ3になるのかな?

d0175590_1249212.jpg


映画宣伝用ポスターを観てわかるように
シリーズ初登場のジェシカ・アルバを除けば
ダスティン・ホフマン&バーブラ・ストライサンドは前作から
写真上位5人は第1作目から変わらない、お馴染みメンバー。

やはりシリーズ作品に登場するメンバーが変わらないのは大事ですよね。
脚本や俳優の都合で、レギュラー・メンバーが登場しなくなるのは、つまらないし。

今回は映画タイトル"LITTLE FOCKERS"(リトル・フォッカーズ)通り
前作から数年後、グレッグ(ベン・スティラー)&パム(テリー・ポロ)夫婦に
5歳になる男女双子が誕生して
グレッグの両親バーニー(ダスティン・ホフマン)&ロズ(バーブラ・ストライサンド)、
パムの両親ジャック(ロバート・デ・ニーロ)&ディナ(ブライス・ダナー)を
巻き込んで、相変わらずのドタバタ騒ぎのストーリー。

双子は宣伝用ポスターの左下に写っていますが
女の子はグングン成長し、
男の子は、女の子より身長20cm以上低く、なかなか大きくならないと言う設定で、
この子たちが、またヒトクセもフタクセもある子供たち。

仲良さそうに見えて、なかなかそうもいかず…の微妙な関係の
グレッグ&義理父ジャック。
今回も看護士グレッグと、
仕事上接触のある製薬会社のセールス・レディであるアンディ(ジェシカ・アルバ)
との関係をジャックが疑い始めて、何やら不穏な雰囲気…。

そして、パムの元恋人で投資会社で大成功している
のほほん、ポワ~ンとしているケヴィン(オーウェン・ウィルソン)も絡んできて…。


ロバート・デ・ニーロ大好き!

ベン・スティラー大好き!

オーウェン・ウィルソン大好き!

彼らの作品は、ほぼ全部観ているといっても過言でないほど
大好きな私ですが…

以下、私の観終わった感想です…。

”ミート・ザ・ペアレンツ”は、とにかく大好きな映画で何回観ても大笑い。
”ミート・ザ・ペアレンツ2”も、まぁ笑えるから好き。
でもこの”ミート・ザ・ペアレンツ3”(リトル・フォッカーズ)は
そんなに笑えなかったんですね…正直言うと。

ロバート・デ・ニーロとベン・スティラーのケミストリーの素晴らしさは
1作目&2作目で保証済み!
そしてベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンは10作品ほど共演している
”お馴染みコンビ”で、これまた安心して観ていられる。

でも今回は、ストーリーが今いとつヒネリが足りないかな…。
登場シーンが少ないダスティン・ホフマン&バーブラ・ストライサンドも
宝の持ち腐れって感じ…。
もっとストーリーを、おもしろくできたはずなのに…ちょっと残念。


期待が大きい分、やはり大ヒットしたコメディ映画のシリーズは難しいですね…。




私の採点   ★★☆☆☆(2つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
映画"DUE DATE"

主演は、シリアスものからコメディものまで幅広い活躍で大人気の
ロバート・ダウニー・JR

そして映画”ハングオーバー!”大ヒット以降、その不思議キャラが大人気の
ザック・ガリフィアナキス

監督は映画”ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い”の
トッド・フィリップス

d0175590_7235064.jpg


どんな映画かと、ひと言で言うと…

BROMANCE FILM (BUDDY FILM) + ROAD MOVIE

"BROMANCE"とは、BROTHER + ROMANCEの造語で
”恋愛対象となる人物は女性であって、ゲイではないが、
いつも一緒に行動して(時には彼女の存在より大事)悪ふざけしたり
とても仲良しな男同士の友情”のことです。
例えばTVシリーズ”'アントラージュ★オレたちのハリウッド”の主演4人の関係は、
まさにBROMANCEです。
ロバート・ダウニー・JRの映画”シャーロック・ホームズ”の
ホームズ&ワトソンの関係もそうですね~。
私生活でも仲の良い俳優たち、
ベン・アフレック&マット・デーモンや
オーウェン・ウィルソン&ウッディ・ハレルソンも、そう言えますね。

このジャンルのハリウッド映画は、とにかく人気があるので、
とても多く製作されるんですよね~。
私の大好きな映画ジャンルのひとつでもあります。


さてストーリーは…(ネタバレなし)

d0175590_724251.jpg


ピーター(ロバート・ダウニー・JR)は仕事を終えて
出張先のジョージア州アトランタから
自宅のあるカリフォルニア州ロスアンゼルスへ帰るため空港へ。
しかし、売れない風変わりな役者、イーサン(ザック・ガリフィナーキス)と
ふと知り合ったことにより予期せぬ出来事が次々と起き
飛行機会社のブラック・リストに載り、搭乗拒否され
数時間で帰れるはずのL.A.ヘ、車で数日かけて帰ることに!
しかも運転するのは元凶のもと、ハリウッドでのオーディションに向かうイーサン!
待望のベイビー出産予定日(DUE DATE)まで、あと5日!
ピーターは無事、予定日までに間に合うことができるか?!
波乱万丈のアメリカ横断ロード・ムービーが始まる…。

まぁBROMANCE FILMには、よくありがちですが、
ブラック・ジョークたっぷり、下品なセリフ多々あり(笑)。

d0175590_7244830.jpg


若い頃のロバート・ダウニー・JRって、あまり好みの俳優ではなかったけど
ここ数年の彼は大好きです。
映画”ゾディアック”、”トロピック・サンダー”(←あの役柄は最高!)、
”アイアンマン”シリーズ、”シャーロック・ホームズ”シリーズ良いですよね~。
若い頃にドラッグ問題をおこして刑務所に入っていたことすらも遠い昔…
本人もトーク番組に出ると当時のことをジョークにして話す余裕すらあり。
トークもおもしろいし、才能ある役者だと思います。


この映画、日本では来年1月公開予定で、またもや長い副題が付いているようで(笑)。

”デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜”

まぁ確かにカタカナで”デュー・デート”だけでは何の映画か分かりにくいかも…。


何も考えず爆笑したい人にオススメです!


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]